SwitchSD2Vita一覧

GameGaz Daily 2019.5.27

●GitHubで、theheroGAC氏がVitaのゲームカードスロットに差して使用するmicroSDアダプターSD2Vitaのマウント場所をux0:とuma0:間での簡単に切り替えることができるユーティリティ非公式アップデート版SwitchSD2Vita 2.11Uをリリースしていました。3.69/3.70に対応したことが変更点です。
SwitchSD2Vita

●/talkフォーラムで、Rinnegatamante氏がオープンソースのアクションダンジョンゲームMeritousをVitaに移植したmeritous v.1.1をリリースしていました。
meritous

●PSXHAXで、SnakePlissken氏がPS4向けのピンボールゲームPinball Wizardをリリースしたことを伝えていました。

●GitHubで、ONEluaチームがVitaでストレージデバイスを任意の場所にマウントできるようにするプラグインの非公式版PSVita-StorageMgr 3.01 Unofficialをリリースしていました。3.69/3.70のサポートが変更点です。

●ツイッターで、sthetix氏がNintendo Switchの内蔵メモリを256GBに増量する改造方法を紹介していました。メモリモジュールからeMMCチップを取り外して容量大きいチップに載せ替えて再インストールしてNAND書き戻しするというもので、まったくやってみようという気は起こりません。

●GitHubで、fourminute氏がSwitch向けタイトルマネージャーTinfoilにNSPファイルをUSB/ネットワーク経由で送るためのPC(Windows/Mac/Linux)で動作するPython GUIアプリケーションFluffy v2.9.1をリリースしていました。v2.9のままmac版だけ若干修正して v2.9.1に更新したっぽいです。Windoes向けに.exe形式のFluffyを配布知ることにしたことや今後リリースされる予定となっているGoldleaf v0.6への対応などが変更点です。

●GitHubで、LyfeOnEdge氏がNintendo SwitchのHomebrewをバージョン管理し最新版へのアップデートや任意のバージョンのインストールを行うことができるユーティリティHBUpdater 0.7をリリースしていました。
HBUpdater

●GitHubで、bvschaik氏が古代ローマを舞台にした都市開発シミュレーションゲームCaesar IIIのオープンソース版JuliusをPC(Windows/Mac/Linux)とSwitch/Vitaに移植したJulius 1.1.0をリリースしていました。Juliusは先にrsn8887氏がSwitch/Vitaに移植していますが、rsn8887氏のものはbvschaik氏のJuliusをベースにしていますので実はこちらがオリジナルですが、Switch/Vitaにはこのバージョンで初めて移植されました。

●Wiimm氏が、マリオカートWiiやスーパーマリオギャラクシーのモディファイをするためのWindows/Linux/Mac用コマンドラインユーティリティWiimms SZS Tools v2.03a r7854をリリースしていました。新たにBMGファイルをロードしてマクロライブラリへ追加や上書きをするコマンドオプション--macro-bmg=fileを追加したことなどが変更点です。

●Wiidatabaseで、Nintendo 3DSのYouTubeアプリに不具合があり、起動直後にクラッシュしてしまうことを伝えていました。私も調べてみましたが、YouTubeヘルプに先月の段階で同じような症状を報告しているユーザーがいました。New 3DSのインターネットブラウザでモバイル版を使わないと事実上YouTubeが見られないようです。
YouTube on 3DS

●GitHubで、RedGuyyyy氏がスーパーファミコンのFlashカートリッジSD2SNESの公式ファームウェアsd2snes 1.10.3をリリースしていました。SD2SNES Proのサポートが変更点です。


GameGaz Daily 2017.8.21

●/talkフォーラムで、OperationNT氏がPS Vita TVでDualShock 3またはDualShock 4コントローラー使用時にモーションコントロールを有効にすることができるtaiHENプラグインDSMotion 1.0をリリースしていました、ソースコードはGitHubで公開されています。

●GitHubで、yosh氏がVitaのSDカードメモリーのマウントをux0:とuma0:間で切り替えるSD2Vita向けのドライバーマネージャーSwitchSD2Vita 1.1をリリースしていました。

●GitHubで、Freakler氏がVitaのAdrenaline eCFWでPSPゲームのカメラの動きなどを右アナログスティックを使い制御を可能にするプラグインpsp-camera_patch_lite v1.1をリリースしていました。

●PSX-Placeで、CaptainCPS-X氏がマルチアーケードエミュレータFB Alphaの改良版FB Alpha Retro Loader (Light) v1.0をリリースしていました。過去にCaptainCPS-X氏は同様のFB Alpha RLをリリースしていましたが、違いはPS3SDKではなくPSL1GHT,で開発したことと、 C++ではなくCで開発したことだそうです。

●GitHubで、erman1337氏がニンテンドー3DS向けのテーマ管理マネージャーThemely v1.4.0をリリースしていました。テーマサイト3dsthem.esの統合などが変更点です。

●GitHubで、ReSwitchedチームがNintendo SwitchのデバッグモードをエミュレートしたCage The Unicornをリリースしていました。グラフィックやサウンドのサポートはまだされておらず、コードのデバッグ用途(exploitの動作確認等)に利用するもので、ゲーム起動などは当然ながら全くできません。(poppoさん情報ありがとね)

●GitHubで、 d3m3vilurr氏がNTRbootHaxで利用できるようFlashcart(Acekard 2iとR4i Gold)のファームウェア書き換えるためのユーティリティak2i_ntrcardhax_flasher v2.2をリリースしていました。

●MajorNelsonで、新型Xbox One Xに開発時のコードネームを冠したXbox One X Project Scorpio Editionを発売することを発表していました、通常モデルのXbox One Xは11月7日発売とE3で発表されていますが、Project Scorpio Editionは限定版としての同時発売で、すでに海外では予約が始まっています。

●MrNbaYoh氏が『RPGツクール フェス プレイヤー』を利用し、単体でHomebrew Launcherを起動することができるファーストexploit RPwnGを公開していました。(通りすがりさん情報ありがとね)

●Maxconsoleで、ntrboothax / magnethaxにも対応したニンテンドー3DS向けの新型Flashcart StarGate 3DSが9月にも発売されると伝えていました。