NSZ一覧

GameGaz Daily 2019.12.30

●ツイッターで、Nathanr3269氏(=Evilnat氏)がSEN EnablerでサポートするPS3のCEX/DEXファームウェアに移植したCobra v8.2を公表していました。GitHubで公開されています。

●GitHubで、 Electry氏がVitaのゲームの解像度やフレームレートを変更することができるプラグインVitaGrafix v5.0.2をリリースしていました。”Your game version is not supported”(このゲームのバージョンはサポートされていません)というメッセージを表示すべきときに表示されない不具合の修正が変更点です。

●GitHubで、pearlxcore氏が PS4のPKGファイルをリネームしたりPKG内のファイルリストをエクスポートしたりすることができるWindows向けユーティリティPS4 PKG Tool v6.4をリリースしていました。新しくダークテーマを追加したことやpkgを復号化して展開するpkgdec昨日の追加などが変更点です。

●GitHubで、nicoboss氏がNintendo Switch向けの圧縮フォーマットであるNSZの解凍やNSZへの圧縮を行うことができるPythonスクリプトNSZ 3.1.0NSZ 3.1.1をリリースしていました。v3.0.0で解凍がうまくいかない不具合の修正(3.1.0)やXCZの伸張/検証の不具合修正(3.1.1)などが変更点です。

●GitHubで、KirovAir氏がファミコンやスーパーファミコン、ゲームボーイ、メガドライブなどのレトロゲームを含むTwilightMenu++が対応しているゲーム機のパッケージアイコン画像(ボックスアート)を簡単にダウンロードすることができるWindows(exeファイル)/MacOS・Linux(ターミナルから実行)向けユーティリティTwilightBoxart 0.6をリリースしていました。GBA ROMの画像を1:1サイズにしたことなどが変更点です。既にGBA ROMの画像(ボックスアート)がある場合は消去すれば1:1バージョンのものが再ダウンロードできます。

●byuu氏が、Windows/Mac向けマルチシステムエミュレータhiganについてWindows版として配布してるバイナリがGoogleに悪意のあるコードを実行する可能性があると判断されChromeやFirefoxで警告表示されてしまったため、やむなくWindows版の配布を中止せざるを得なくなったことを公表していました。悪意のあるコードなどは含まれていないことは証明できるにもかかわらず、byuu氏自身は「取得は無理」と言っている別途デジタル情報を保護するためのコード署名証明書を購入するなりして入手することを求められており、仮に購入したとしてもGoogleが警告を取り下げてサイトにアクセスできるようにさせてくれるかは不透明なため、確実な解決策としてやむなくWindows版の配布を取りやめにするしか手がなかったそうです。Googleに目を付けられたら逃げようがない今のインターネットシステムに不満をぶちまけています。

●GitHubで、FIX94氏が開発したオリジナルのWindows向けファミコンエミュレータfixNES Alpha v1.2.8をリリースしていました。マッパー40/ 43/ 50のサポート追加などが変更点です。

●GitHubで、Gericom氏がDS/DSi/3DSのDSモードでGBAゲームを起動するハイパーバイザとして動作するバックアップローダーGBARunner2 v20191229-211552_bad46f4をリリースしていました。サウンドをメインメモリから直接エミュレートするようにしたことなどが変更点です。

●GitHubで、phacox_cll氏がWii UのバーチャルコンソールにNES/SNES/N64/GBA/NDSのROMをインジェクトするこためのWindows向けユーティリティPhacox’s Injector 1.0.6をリリースしていました。Nintendo64のROMの検証を改良したことなどが変更点です。

●GitHubで、kwsch氏がWindows向けのポケモンセーブデータエディタPKHeX 19.12.26をリリースしていました。


GameGaz Daily 2019.12.24

●GitHubで、bucanero氏がVitaにオリジナルpkgをインストールしたり、NoNpDrmの偽ライセンスを使いpkgファイルをVitaに直接ダウンロード/アンパックしたりすることができるユーティリティpkgiをPS3に移植したPKGi PS3 v1.1.0をリリースしていました。TTFフォントで日本語をサポートしたことやSSLサポートによりhttpsのリンクからアプリをダウンロードできるようにしたことなどが変更点です。

●GitHubで、nicoboss氏がNintendo Switch向けの圧縮フォーマットであるNSZの解凍やNSZへの圧縮を行うことができるPythonスクリプトNSZ 3.0をリリースしていました。全機能をGUIで使えるようにしたことやXCZのサポートなどが変更点です。
NSZ GUI

●GitHubで、vgmoose氏がSwitch/Wii U向けのオープンソースアプリケーションストアHomebrew App Store 2.2をリリースしていました。画像とメタデータをオンザフライでダウンロードすることでローディング中の画面をなくしたことなどが変更点です。

●GitHubで、RiiConnect24チームのKcrPL 氏がWiiConnect24のサードパーティによる代替サービスRiiConnect24を簡単にインストールするためのWindows/macOS/Linux向けユーティリティRiiConnect24-Patcher v1.1.2をリリースしていました。バグ修正やパッチスクリプトの最適化による30%の高速化などが変更点です。

●GitHubで、Extrems氏がSD GeckoやIDE-EXIからゲームキューブのバックアップを起動させることができるオープンソースユーティリティSwiss v0.4r743をリリースしていました。GCLoaderのサポートやUSB Geckoでの2ディスクのサポートなどが変更点です。

●Raxoft氏が、イギリスのSinclairが開発・販売していた8ビットコンピュータZX SpectrumをNintendo DS/3DSで再現するエミュレータZXDS 2.0.0(3DS/2DS)とZXDS 1.3.4(DS/DSi)をリリースしていました。
ZXDS

●GBATempで、geod80氏が開発中であるファミコンゲームを3Dライクに表示してくれるマルチプラットフォーム向けエミュレータ3DNesのPC版とVR版を発表していました。PC版は3dSen PC、VR版は3dSen VRとしてSteamで公開されています。3dSenVRはDemo版が配布されていますが3dSen PCは現状2020年初頭公開という情報のみです。

●GitHubで、Universal-TeamがNintendo 3DS向けのHomebrewを簡単にアップデートすることができるユーティリティUniversal-Updater v2.1.0をリリースしていました。ダウンロード進捗状況のプログレスバーを追加したことや30MBより大きなファイルのダウンロードをサポートしたことなどが変更点です。


GameGaz Daily 2019.11.15

●GitHubで、nicoboss氏がNintendo Switch向けの圧縮フォーマットであるNSZの解凍やNSZへの圧縮を行うことができるPythonスクリプトNSZ 2.1をリリースしていました。Pythonパッケージのインストールなどを行うツールであるpipのサポートなどが変更点です。
[追記]
pipのブロック圧縮などの不具合を修正したNSZ 2.1.1がリリースされました。

●GitHubで、13xforever氏がPS3のゲームディスクをPCでダンプすることができるWindows向けユーティリティPS3 Disc Dumper v3.0.5b2をリリースしていました。.NET Core 3.0へ移行したそうです。

●GitHubで、Ryochan7氏がDualShock 4をWindowsが標準で対応しているXbox 360のコントローラーとしてエミュレートすることでWindowsPCでの使用を可能にするユーティリティDS4Windows v1.7.22をリリースしていました。サードパーティーコントローラーのランタイムMAC生成ルーチンを追加したことなどが変更点です。

●ファミ通.comで、マイクロソフトのゲームストリーミングサービスProject xCloudが日本でのプレビューが2020年に実施されることを伝えていました。

●Team XBLSが、Xbox360でHomebrewソフトウェアを直接起動させることができるユーティリティDashLaunch v3.21とXbox 360のNANDイメージを作成することができるユーティリティxebuild v1.21をリリースしていました。17559カーネルに対応したことなどが変更点です。