Dumpling一覧

GameGaz Daily 2020.8.17

●GitHubで、spacemeowx2氏がSwitchでローカルワイヤレスプレイに対応しているゲームをオンラインでプレイすることができるユーティリティldn_mitm v1.5.0をリリースしていました。READMEの更新(Atmosphère 0.14サポート)が変更点です。

●GitHubで、tomvita氏がNintendo Switchのセーブデータダンプやインジェクトを行うことができるユーティリティEdiZonの改良版EdiZon-SE 3.6.7をリリースしていました。UIの改良などが変更点です。

●libretroチームが、ハッカーにサーバー攻撃を受けビルドボットとGitHubが損害を受けたことを発表していました。その影響で現在コアインストーラーとRetroArchのオンラインサービスが利用できなくなっているようです。


[追記]
LibretroチームはGitHubに対してリポジトリを復元できないか問い合わせたようですが、GitHubからは以前の状態に戻すことは不可能との回答だったため、復旧は手作業しかできないと報告しています。

●GitHubで、vvanelslande氏がCitraをベースにしたWindows/Linux(Ubuntu)向けニンテンドー3DSエミュレータvvctre 36.4.0をリリースしていました。UI改良などが変更点です。
[追記]
SoundTouchを更新したものを元に戻し、citra本体のマージを行ったvvctre 36.4.1がリリースされています。

●GitHubで、Crementif氏がWii UでiosuhaxとMocha CFWを利用しWii Uのゲームディスクダンプやダウンロードタイトルのゲーム本体やアップデート、ダウンロードコンテンツのダンプやCemuのオンラインプレイのセットアップに使うためのファイルをダンプすることができるユーティリティdumpling v2.0.1をリリースしていました。Haxchiサポートの修正やダウンロードコンテンツダンプの不具合修正が変更点です。

●VG247で、マイクロソフトXbox部門最高責任者のPhil Spencer氏がポッドキャストの番組の中でマイクロソフトとしてはソニーや任天堂よりもゲーム機の販売台数を上回ることを重要だとは考えていないと語ったことを伝えていました。数だけを求めるならばXboxのゲームをPCでもプレイできるようになどはしないし、xCloudもスマートフォンでプレイできるようにしたりはしない、として、単純なゲーム機本体の販売台数を追求するアプローチは取っていないとしています。


GameGaz Daily 2020.8.14

●ファミ通.comで、Epic Gamesの人気バトルロイヤルゲーム『Fortnite(フォートナイト)』がガイドライン違反を理由にiOSデバイス向けストアApp StoreとAndroid向けストアGoogle Playから削除されたことを伝えていました。課金の仕組みをAppleやGoogleのシステムを経由しないEPICディレクトペイメントという仕組みに置き換えたことがガイドライン違反と判断されました。
Epic Gamesの言い分は、AppleやGoogleに支払う利用料(App Storeの場合は売り上げの30%)を値引きの原資に回して独自の課金システムで価格を安くするための変更としています。
要するにAppleとGoogleのプラットフォーマーが寡占状態による支配的立場を利用してぼったくっていることに対し、世界的に大人気になっているコンテンツ(Fortnite)を人質にして反旗を翻している絵図になっています。

●ツイッターで、frostysodev氏がネットワーク経由(リモート)でPS4にパッケージ ファイルをインストールすることができるWindows向けユーティリティPs4 Package Sender(Ps4 Pkg Sender) v1.04をリリースしていました。カラムごとのソートに対応したことなどが変更点です。

●GitHubで、sleirsgoevy氏がPS4 Homebrew Store向けにカスタムパッケージリポジトリをホストするためのユーティリティhbstore-cdnをリリースしていました。

●ツイッターで、EdiTzZMoDz氏がPS4の6.72に対応したwebkit exploitをエントリーポイントとして各種ハックを行うポータルサイトPS4 Playgroundを公開していました。

●ツイッターで、Joonie86氏がPS4でHomebrew実行を可能にするHomebrew Enabler PS4HEN(ps4-hen-vtx)を5.50/5.55/5.56/6.20向けにリリースしていました。

●PSX-Placeで、bucanero氏がPS3でPSL1GHT SDKを使う開発者向けとしてファイル共有プロトコルSMB2/SMB3でアクセスするためのクライアントライブラリlibsmb2をリリースしていました。

●CBPS Forumsで、Graphene氏が本来はPS Vitaの仮想ドライブ(cache0:など)をマウント可能にしたりシステムプロセス側でのみ使えるCPUコアをゲームモードアプリケーションで使用できるようにするカーネルプラグインCapUnlocker v1.1をリリースしていました。旧バージョンはCoreUnlocker80000Hと呼んでいましたが、第4コアを使えるようにしてCapUnlockerと名称を変更しました。

●GitHubで、Crementif氏がWii UでiosuhaxとMocha CFWを利用しWii Uのゲームディスクダンプやダウンロードタイトルのゲーム本体やアップデート、ダウンロードコンテンツのダンプやCemuのオンラインプレイのセットアップに使うためのファイルをダンプすることができるユーティリティdumpling v2.0をリリースしていました。転送速度の改善などが変更点です。

●GitHubで、weihuoya氏が3DSエミュレータCitraを非公式にAndroidに移植したCitra for Android 20200813をリリースしていました。


GameGaz Daily 2020.5.12

●GitHubで、Core-2-Extreme氏がNintendo 3DS向けのLINEアプリLine for 3DS v1.4.2をリリースしていました。起動にCFWが不要になり、Homebrew Launcherで起動できるようになりました。

●GitHubで、jakcron氏が3DSのROMファイルから3DS用のCXI / CFA / CCI / CIAファイルを作成することができるWindows/Linux(ubuntu)/macOS向けユーティリティMakeROM v0.17をリリースしていました。CXI Homebrewロゴの更新などが変更点です。

●PSXHAXで、OpenOrbis TeamがPS4でpupファイルをインストールするカスタムファームウェアと同様の機能を実現するためのPS4向けツール集Mira Projectをリリースしたことを伝えていました。2年前にMiraCFWプロジェクトとしてお伝えしたもののリリースのようです。

●GitHubで、fincs氏がNintendo SwitchでユーザーモードHomebrewを開発するための開発者向けライブラリlibnx v3.2.0をリリースしていました。threadGetSelfの追加などが変更点です。

●devkitProで、fincs氏がNintendo Switchの開発環境devkitA64 release 15をリリースしていました。

●GitHubで、Lia氏がWii UでiosuhaxとMocha CFWを利用しWii Uのゲームディスクダンプやダウンロードタイトルのゲーム本体やアップデート、ダウンロードコンテンツのダンプやCemuのオンラインプレイのセットアップに使うためのファイルをダンプすることができるDumpling v1.1.2をリリース していました。システムアップデータを含むディスクでフリーズする不具合の修正などが変更点です。

●GBATempで、DismissedGuy氏がニンテンドーWi-Fiコネクションの代替サービスWiimmfiで何のゲームをプレイしているのかをDiscordに表示することができるWindows/Linux向けユーティリティWiimmfi-RPC v1.5.2をリリースしていました。

●GitHubで、vvanelslande氏がCitraをベースにしたWindows/Linux(Ubuntu)向けニンテンドー3DSエミュレータvvctre 31.2.0をリリースしていました。プラグインの追加などが変更点です。その前にCitra本体のマージなどがvvctre 31.1.0がリリースされています。

●GitHubで、Yoti氏がメモリースティック PRO DuoのIDをPSPでダンプすることができるユーティリティCardDump v3.1をリリースしていました。

●GitHubで、Creckeryop氏がPS Vitaで漫画を読むことができるコミックリーダーNOBORU 0.52をリリースしていました。クッキーの追加などが変更点です。

●GitHubで、ONEluaチームのDevDavisNunez氏がPS Vitaのプラグインをux0またはur0(SD2VITAを使用している場合)にワンクリックでインストール/アンインストールすることができるユーティリティAutoPlugin II v1.06をリリースしていました。taiライブラリの更新やPSPプラグインのアップデートサポートなどが変更点です。

●ツイッターで、SpecterDev氏がPS4向けの開発ツールとしてソニーのSDKを使わず独自のオープンソース開発環境を使用するツールチェーンOpenOrbis PS4 Toolchain v0.1 BETAをリリースしていました。

●GitHubで、fincs氏がNintendo SwitchでNRO形式のHomebrewをロードして実行することができるHomenrewローダーnx-hbloader v2.3.2をリリースしていました。システムの安定性向上などが変更点です。

●GitHubで、DevL0rd氏がWindows PCゲームをNintendo Switchに60FPSでストリーミングして最大4つのJoy-Conでマルチプレイをすることが可能な、Switch上でのタッチ操作も可能にすることができるユーティリティSkyNx v1.4をリリースしていました。AMD/Intelエンコーディングの追加などが変更点です。

●GitHubで、masagrator氏がNintendo Switchでオーバーレイ表示を実現するTeslaを使いコアごとのCPU使用率やCPU/GPU/RAMのクロック周波数、RAMの割当量などをリアルタイムに表示することができるオーバーレイメニューStatus Monitor 0.5.3をリリースしていました。libnx 3.2.0へのアップデートなどが変更点です。

●GitHubで、turtle-insect氏がNintendo Switchのセーブデータをバックアップ/リストアすることができるユーティリティNeumann 0.0.10をリリースしていました。libnx 3.2.0への更新が変更点です。

●GitHubで、TarableCode(TaraHoleInIt)氏が4MBメモリのMacintosh PlusのエミュレータMini vMacをニンテンドー3DSに移植したMini vMac 3DS v3.0pre2をリリースしていました。”Insert Disk”のUI追加などが変更点です。

●ツイッターで、m4xw氏がマルチプラットフォームのマルチシステムエミュレーターRetroArchのコアとしてニンテンドー64の磁気ディスクドライブ64DDをサポートするなどしたMupen64Plus-Next 2.1 RC1がリリース目の最終テストフェーズに入ったことを公表していました。リリースについての具体的な言及はありません。

●ツイッターで、m4xw氏がNintendo Switch向けのRetroarchでPSPエミュレータPPSSPPを起動することができるPPSSPPコアPPSSPP Standalone bf6357a5をリリースしていました。