Nintendo Direct一覧

GameGaz Daily 2018.6.6

●ツイッターで、Draqen氏がESP8266 Wi-Fiモジュール基板をWi-Fiに繋ぐだけでPS4の4.55 exploitを発動させることができるESP8266向けファームウェアDraqen-Esp8266-fw505-V1.18をリリースしていました。ReactPsPlusのペイロード追加が変更点です。

●プレイステーション公式ツイッターが、E3 2018に合わせて開催される「PlayStation E3 2018 Showcase」を日本時間6月12日午前10時よりストリーミング中継すると発表していました。

●任天堂公式ツイッターが、E3 2018に合わせ6/13(水)午前1時より「Nintendo Direct:E3 2018」を放送すると発表していました。

●ツイッターで、AluProductions氏がPS4の4.05でHomebrewを起動できるようにするFake PKG Generator 3.12をリリースしていました。以前のバージョンは4.50 SDK,ベースでしたがこのバージョンは5.00 SDKベースです。

●GitHubで、GerbilSoft氏がゲームROMやディスクイメージを管理するためのWindows/Linux向けファイルブラウザROM Properties v1.3をリリースしていました。
ROM Properties

●VG247で、マイクロソフトがE3期間中Xbox One Xを公式としては初めてとなる値下げを発表すると伝えていました。値下げ額は50ドルです。Xbox One Sについては6月7日から50ドル値下げされるようです。


GameGaz Daily 2018.3.9

●本日放送された「Nintendo Direct 2018.3.9」の中で、2018年中にNintendo Switch向けに『大乱闘スマッシュブラザーズ』が発売されることが発表されました。
Nintendo Direct 2018.3.9はこちら。エンディングで「もう一本映像をご用意している」と小泉氏に紹介されるというサプライズ扱いされています。

『大乱闘スマッシュブラザーズ』のみの映像はこちら。

●PSX-Placeで、PS3XploitではPS3 3000以降のモデルでHomebrewサポートはされないが内蔵エミュレータ(PS1/PS2/PSP)を利用しスーパーファミコンエミュレータを起動できることが確認されたと伝えていました。

●GitHubで、TheFloW氏がHENkakuのプラグインを単独で動作するようにするhenkaku plugins standaloneを公開していました。

●GitHubで、CelesteBlue氏がVitaのシステムを解析したりモディファイするた目のツール集PSVita-RE-tools (PSVita Reverse Engineering Tools) release1をリリースしていました。

●GitHubで、TheFloW氏がVitaで偽ライセンスを使ってDRM(デジタル著作権管理)を回避することができるHENkaku環境向けプラグインNoNpDrm v1.2をリリースしていました。3.65/3.67サポートが変更点です。

●GitHubで、Robz8氏がニンテンドーDSi/3DSでDSとゲームボーイ(カラー含む)のバックアップROMをSDカードから起動することができるローダーSRLoader v3.4.1をリリースしていました。フォルダを非表示にする機能を追加したことが変更点です。


GameGaz Daily 2018.3.8

●Maxconsoleで、一部サードパーティディベロッパーに新型PlayStation(PlayStation 5?)のアルファ版開発機が渡っているらしいとの情報を掲載していました。ソニーは拡縮装置及び操作装置の特許も取得していたようです。

●GitHubで、TheFloW氏がVitaのウェブブラウザで全てのファイルのダウンロードを可能にするプラグインDownload Enabler v4をリリースしていました。市販機3.65/3.67と3.60 PTEL(テスト機)/3.60 PDEL(開発機)のサポート追加が変更点です。

●Polygonで、ワイヤレスコントローラーをペアリングしてUSB接続することで他のシステムで使えるようにする8BitdoのWireless USB AdapterはNintendo Switchを対応機種にあげており、DualShock 4をJoy-Conの代わりに使うことができることを伝えていました。

●ツイッターで、LightningMods氏がDualShock 4での操作に対応したPS4のHomebrewゲームRoll a Ball for PS4をリリースしていました。

●ツイッターで、任天堂が3月9日(金)朝7時から「Nintendo Direct 2018.3.9」を放送すると発表していました。

●ツイッターで、naehrwert氏がNintendo SwitchのColdboot exploitらしきデモ動画を公開していました。

●GitHubで、8BitWonder氏がNintendo Switch向けのドローソフトPixel-Painter v1.5.1をリリースしていました。最新のCライプラリlibnx (1.1.0)に対応したことが変更点です。

●GitHubで、KunoichiZ氏がLuma3DSとSigHaxユーザー向けの3DS HomebrewとしてのLuma3DSアップデータLuma Updater v2.3をリリースしていましたが、テストアップデートなので「まだ使わないでね」だそうです。一応紹介するだけしておきます。

●GitHubで、LiquidFenrir氏が3DSのSDカードにあるArm9LoaderHaxペイロードや.cia HomebrewなどのファイルをアップデートすることができるユーティリティMultiUpdater v4.0.2をリリースしていました。GitHubからのダウンロードが再び可能になったことが変更点です。

●VentureBeatで、ファミコンゲームを3Dライクに表示してくれるWindows向けファミコンエミュレータ3DNes V2がリリースされたことを伝えていました。Pro機能としてOculus RiftやHTC Viveを使ったVR対応追加という、3D化だけでも想像を超えているのにそのさらに斜め上を行く進化を遂げています。


GameGaz Daily 2017.11.3

●Zer0xFF氏が、CMake(ソフトウェア開発のためのマルチプラットフォームツール)をPS4のHomebrew開発向けとしたPS4 CMake toolchainを公開していました。

●WiiDatabaseで、FIX94氏がニンテンドーWii UのvWii(Wiiモード)でゲームキューブ起動を可能にするバックアップローダーNintendont v5.479をリリースしたことを伝えていました。『テイルズ オブ シンフォニア』のバトル開始/終了時の音声不具合の修正などが変更点です。(Realさん情報ありがとね)

●ツイッターで、任天堂が 11月7日(火)23時より「ゼノブレイド2 Direct 2017.11.7」を放送すると発表していました。


GameGaz Daily 2017.10.25

●GitHubで、esmjanus氏がPSP(ePSP)向けのスーパーファミコンエミュレータ(173210氏のsnes9xTYL MODの改良版) snes9xTYL Mod 171023をリリースしていました。『Far East of Eden – Tengai Makyou Zero』(天外魔境ZERO)の英訳サポート追加が変更点です。

●任天堂が、突然予告なく「スマートフォン版 どうぶつの森 Direct 2017.10.25」を放送しました。スマートフォン版どうぶつの森が基本プレイ無料で11月下旬に配信されます。スマホ版でもどこをどう見てもどうぶつの森ですが、暇な時間にちょこっとプレイするどうぶつの森は意外とスマートフォン向きかもしれません。

●Cemuチームが、ニンテンドーWii Uの市販ゲームのバックアップを起動することができるWindows向けWii UエミュレータのPatron版Cemu 1.11.0bをリリースしていました。ネイティブオンラインプレイに対応したそうです。(LLKさん情報ありがとね)


GameGaz Daily 2017.9.11

●GitHubで、d0k3氏がニンテンドー3DSのSDカードやNANDパーティションのファイル/フォルダコピーや削除、リネームなどを行うことができるファイルブラウザGodMode9 v1.3.8をリリースしていました。空のEmuNANDパーティション対策が変更点です。

●GitHubで、Kartik氏が9.0.0から11.3.0までのニンテンドー3DSでsoundhaxを利用し、ワンクリックでノーマル3DSをカスタムファームウェアLuma3DSが起動した状態にすることができるユーティリティOCS v1.1をリリースしていました。GodMode9が表示されない不具合とHBLにアクアセスできな不具合の修正やログ機能の追加(SDカードのルートにログファイルocs.logを保存)などが変更点です。

●GBATempで、KhaderWelaye氏がWiiのISOファイルをWii UのバーチャルコンソールとしてインストールできるようにするためのWindows向けユーティリティWiiVC Injector Script v1.0.4をリリースしていました。使い方の概要は以下です。
Java 8をインストールしたPCの SOURCE_FILESフォルダに
・バックアップISO(game.iso)
・128×128のpngフォーマットのアイコン(iconTex.png)
・1280×720のpngフォーマットのバナー(bootTvTex.png)
・[オプション]854×480のpngフォーマットのバナー(bootDrcTex.png)
・[オプション]起動時に再生するサウンドファイル(bootSound.wav)
をコピーし、WiiVC Injector Scriptを実行。最初の起動時にTitle ID/ Title Key/ Wii U Common Keyやゲーム名、パブリッシャー名などのメタ情報を聞かれるので事前に調べておく。

●PSX-Placeで、Akabane87氏がVita向けの3DシューティングゲームProject Void v0.1.0をリリースしていました。最初にGekiHENコンテストに応募した時からかなり進化しているようでびっくりしました。プレイアブルアルファ版としての初正式リリースだそうです。

●ツイッターで、任天堂が9月14日(木)朝7時より「Nintendo Direct 2017.9.14」を放送すると発表していました。