VitaGrafix一覧

GameGaz Daily 2018.11.4

●GitHubで、 Electry氏がVitaのゲームの解像度やフレームレートを変更することができるプラグインVitaGrafix v3.2をリリースしていました。サポートタイトル追加(Wipeout 2048 [EU/US/JP/ASIA] 、Fate/EXTELLA LINK [JP/ASIA]、The Legend of Heroes: Trails of Cold Steel [EU/US/JP/ASIA]など)が変更点です。

●GitHubで、iref-use氏がPS4のpkgファイルをネットワーク経由でインストールすることができるクロスプラットフォーム(Windows/ Linux/ MacOS)ユーティリティPS4 Remote PKG Sender v1.0.1をリリースしていました。機能追加や内部構造改良などが変更点です。

●GitHubで、Princess-of-Sleeping氏がVitaの起動時にスプラッシュ画面を表示させることができるプラグインCustom Boot Splash向けとしてで簡単にスプラッシュ画像を変更することができるユーティリティCustomBootSplash-Image-Changer v1.1をリリースしていました。

●GitHubで、SciresM氏がNintendo Switchで使われているフォーマットのファイルの情報表示や復号化、展開を行うことができるWindows向けコマンドラインユーティリティhactool 1.2.1をリリースしていました。抽出でエラーを吐かないようになったことや6.xキーデータを不明扱いしないようにしたことなどが変更点です。


GameGaz Daily 2018.10.21

●GitHubで、xXxTheDarkprogramerxXx氏がPS4のエラーコードの内容を表示してくれるWindows向けユーティティPS4 Error Code Viewer V1をリリースしていました。

●GitHubで、 pearlxcore氏がPS4のエラーコードの内容を表示してくれるWindows向けユーティティPS4 Error Code Checker v1をリリースしていました。

ちなみに、公式サイトでPS4/PS3/Vitaのエラーコードは調べられます。

●GitHubで、 Electry氏がVitaのゲームの解像度やフレームレートを変更することができるプラグインVitaGrafix v3.1.1をリリースしていました。不具合のあったゲームの修正などが変更点です。

●GitHubで、tumGER氏がNintendo Switch向けのペイロードhekateやAtmosphere / ReiNXを実行するために必要なファイルをまとめたオールインワンパッケージツールSDFilesSwitch v10をリリースしていました。SDFiles ToolkitやSDFilesUpdater、Atmosphere 0.7、Hekate v4.2の追加などが変更点です。

●GitHubで、Reisyukaku氏がNintendo SwitchのカスタムファームウェアReiNX v1.7.1をリリースしていました。安定性向上もありますが、ハロウィンスペシャルエディションとなっていて、10月末までスプレッシュ画像がハロウィンになるようです。近年では日本でもハロウィンがメジャー化してきたので特に言うこともありませんが、私の年代だとハロウィンというのは海外でそういうしきたりがあるのねという教科書にしか出てこないような遠い世界の文化で、例えるとイスラムのラマダンみたいな感覚なのでいまいちピンと来ません。
そんなことを言いながら、来週職場でハロウィンパーティーなるものがあったりするのでがんばって仮装します。


GameGaz Daily 2018.10.17

●GitHubで、 Electry氏がVitaのゲームの解像度やフレームレートを変更することができるプラグインVitaGrafix v3.1をリリースしていました。ioPlusを使うようにしたためioPlus.skprxのインストールのインストールが必要になりました。

●GitHubで、Kirezar氏がVitaGrafixプラグインの設定をGUIで行うことができるユーティリティVitaGrafix Configurator v1.2をリリースしていました。
VitaGrafix Configurator

●GitHubで、lantus氏がMAME(Multiple Arcade Machine Emulator:マルチアーケードエミュレータ) v0.72をNintendo Switchに移植したMAME-NX (Based on MAME 0.72) Release 2.1をリリースしていました。不具合修正が変更点です。

●GitHubで、 spacemeowx2氏がNintendo Switch Onlineを使わずにオンラインプレイを行うことができるWindows向けクライアントアプリケーションswitch-lan-play v0.0.4をリリースしていました。もちろんクライアントだけではオンラインプレイができませんが、パブリックサーバー(35.236.10.223:11451と189.222.60.255:11451)が稼働しており、任天堂からBANされた方々の集いの場にすることもできそうです。チュートリアルがGBATempで公開されています。

●GitHubで、 Aida-Enna氏が動画ファイルのあるフォルダのHTMLファイルを生成し、Switchで再生できるフォーマットに変換することができるWindows向けユーティリティVideoSetupNX 1.2をリリースしていました。
VideoSetupNX


GameGaz Daily 2018.10.14

●Redditで、Electry氏がVitaのゲームの解像度やフレームレートを変更することができるプラグインVitagrafix 3.0 alpha preview buildをリリースしたことを伝えていました。正式版ではなくアルファ版となります。対応ゲームの追加やkuioの代わりにoPlus v0.1を使うようにしたことなどが変更点です。

●GitHubで、mdbell氏がJavaによるNintendo Switch向けのマルチプラットフォームグラフィカルリモートデバッガNoexes v1.1.2をリリースしていました。

●GBATempで、midstor氏がHomebrewのnroファイルをapp.nroという名称にして”sdmc:/NXRedirect/app.nro”に保存することでNintendo Switchのホーム画面からHomebrewを起動することができるユーティリティNXRedirect 1.0.0をリリースしていました。

●GitHubで、gibaBR氏がNintenso Switchのローカルストレージ(XCI & NSP)やSDカードのバックアップを管理することができるユーティリティSwitch Backup Manager v1.1.8をリリースしていました。
Switch Backup Manager

●GitHubで、CaitSith2氏がeショップで購入したSwitchのタイトルをNANDダンプからその都度チケットを抜き出して再パッキングすることができるWindows向けユーティリティSwitchSDTool 1.08をリリースしていました。
SwitchSDTool


GameGaz Daily 2018.9.2

●GitHubで、 Electry氏がVitaのゲームの解像度やフレームレートを変更することができるプラグインVitaGrafix v2.4 pre-releaseをリリースしていました。『初音ミク -Project DIVA- f』『初音ミク -Project DIVA- f 2nd』などのゲームサポート追加が変更点です。

●GitHubで、Blastrock氏がNoNpDrmの偽ライセンスやVita上でのpkgやダウンロードコンテンツ、PSXの直接ダウンロード・アンパック化、インストールを行うことができるユーティリティpkgj v0.34をリリースしていました。pkgjのアップデートがあると起動時にメッセージを表示するようにしたことなどが変更点です。

●GitHubで、StudentBlake氏がNintendo Switchのカートリッジダンプデータ(XCIフォーマット)の証明書の取り出しやインジェクト、ROMトリミングなどを行うことができるWindows向けユーティリティXCI Explorer v1.4.2をリリースしていました。ハッシュの検証チェック追加などが変更点です。

●GitHubで、The-4n氏がSwitchのカートリッジイメージであるXCIファイルをeショップタイトルに使われているNSPファイルに変換することができるWindows向けユーティリティ4NXCI v1.21をリリースしていました。ダウンロードコンテンツを1つ含むゲームカードを変換するとクラッシュする不具合の修正が変更点です。


GameGaz Daily 2018.8.28

●GitHubで、dots-tb氏がPS VitaのCPUクロック周波数を500MHzまでオーバークロック動作させることができるカーネルプラグインLOLIcon 1.0.1.1をリリースしていました。LOLIconメニューでO/Xボタンの役割入れ替えに対応したことや3.68でAdrenalineが動作せずエラーになっていた不具合の修正などが変更点です。

●GitHubで、 Electry氏がVitaのゲームの解像度やフレームレートを変更することができるプラグインVitaGrafix v2.3 pre-releaseをリリースしていました。『うたわれるもの 二人の白皇』『ドラゴンクエストビルダーズ』などに対応したことが変更点です。

●GitHubで、Princess of Sleeping氏がVitaをhttpサーバーとして動作させることができるユーティリティPSP2-HTTP-Server v1.0をリリースしていました。
http://host:8080/でアクセスするのはux0:www/index.htmlとメモリーカード内のディレクトリになっています。プロトコルはhttpですが、面白そうなことができそうな気がします。

●GitHubで、CrazyVoid氏がPS4 OrbisオープンソースSDK向けのstubファイル生成スクリプトOrbisLibGen Version 1.00をリリースしていました。

●GitHubで、dnasdw氏が3DSのROMを展開・生成することができるマルチプラットフォーム向けコマンドラインユーティリティ3dstool v1.2.2をリリースしていました。暗号化しない不具合を修正したことが変更点です。

●Xbox Wireで、北米Microsoft Storeにおいて期間限定でXbox One SまたはXbox One X本体とXbox Game Pass (100以上のゲームプレイし放題)、Xbox Live Gold(オンラインプレイし放題)を頭金なしの月額費用だけで入手できる月額制2年間プランXbox All Accessを発表していました。いわゆる本体と月額制プランのセットを割賦販売のような感じですが、Xbox One S 1TBの場合は21.99ドル(約2500円)/月、Xbox One Xの場合は34.99ドル(約3900円)/月ですが、金利が0%のため計算してくれたEngadget日本版によると新規に購入するよりお得になるようです。