VitaGrafix一覧

GameGaz Daily 2019.12.30

●ツイッターで、Nathanr3269氏(=Evilnat氏)がSEN EnablerでサポートするPS3のCEX/DEXファームウェアに移植したCobra v8.2を公表していました。GitHubで公開されています。

●GitHubで、 Electry氏がVitaのゲームの解像度やフレームレートを変更することができるプラグインVitaGrafix v5.0.2をリリースしていました。”Your game version is not supported”(このゲームのバージョンはサポートされていません)というメッセージを表示すべきときに表示されない不具合の修正が変更点です。

●GitHubで、pearlxcore氏が PS4のPKGファイルをリネームしたりPKG内のファイルリストをエクスポートしたりすることができるWindows向けユーティリティPS4 PKG Tool v6.4をリリースしていました。新しくダークテーマを追加したことやpkgを復号化して展開するpkgdec昨日の追加などが変更点です。

●GitHubで、nicoboss氏がNintendo Switch向けの圧縮フォーマットであるNSZの解凍やNSZへの圧縮を行うことができるPythonスクリプトNSZ 3.1.0NSZ 3.1.1をリリースしていました。v3.0.0で解凍がうまくいかない不具合の修正(3.1.0)やXCZの伸張/検証の不具合修正(3.1.1)などが変更点です。

●GitHubで、KirovAir氏がファミコンやスーパーファミコン、ゲームボーイ、メガドライブなどのレトロゲームを含むTwilightMenu++が対応しているゲーム機のパッケージアイコン画像(ボックスアート)を簡単にダウンロードすることができるWindows(exeファイル)/MacOS・Linux(ターミナルから実行)向けユーティリティTwilightBoxart 0.6をリリースしていました。GBA ROMの画像を1:1サイズにしたことなどが変更点です。既にGBA ROMの画像(ボックスアート)がある場合は消去すれば1:1バージョンのものが再ダウンロードできます。

●byuu氏が、Windows/Mac向けマルチシステムエミュレータhiganについてWindows版として配布してるバイナリがGoogleに悪意のあるコードを実行する可能性があると判断されChromeやFirefoxで警告表示されてしまったため、やむなくWindows版の配布を中止せざるを得なくなったことを公表していました。悪意のあるコードなどは含まれていないことは証明できるにもかかわらず、byuu氏自身は「取得は無理」と言っている別途デジタル情報を保護するためのコード署名証明書を購入するなりして入手することを求められており、仮に購入したとしてもGoogleが警告を取り下げてサイトにアクセスできるようにさせてくれるかは不透明なため、確実な解決策としてやむなくWindows版の配布を取りやめにするしか手がなかったそうです。Googleに目を付けられたら逃げようがない今のインターネットシステムに不満をぶちまけています。

●GitHubで、FIX94氏が開発したオリジナルのWindows向けファミコンエミュレータfixNES Alpha v1.2.8をリリースしていました。マッパー40/ 43/ 50のサポート追加などが変更点です。

●GitHubで、Gericom氏がDS/DSi/3DSのDSモードでGBAゲームを起動するハイパーバイザとして動作するバックアップローダーGBARunner2 v20191229-211552_bad46f4をリリースしていました。サウンドをメインメモリから直接エミュレートするようにしたことなどが変更点です。

●GitHubで、phacox_cll氏がWii UのバーチャルコンソールにNES/SNES/N64/GBA/NDSのROMをインジェクトするこためのWindows向けユーティリティPhacox’s Injector 1.0.6をリリースしていました。Nintendo64のROMの検証を改良したことなどが変更点です。

●GitHubで、kwsch氏がWindows向けのポケモンセーブデータエディタPKHeX 19.12.26をリリースしていました。


GameGaz Daily 2019.12.29

36C3で、予定されていた
3DSのすれ違い通信ハック
PS3/PS4のブルーレイドライブハック
が発表されています。
時間ができたら記事にします。しなかったらごめんなさい。
[追記]
とりあえず3DSのすれ違い通信ハックはLazyPixieとして記事にしました。
[追記2]
asさんからブルーレイハックは7.02で対策されているとコメントをいただいております(情報ありがとね)。記事を書けたらなぜ対策されているのか書こうと思いますが、対策が完了しているからこそ発表したと表現した方がいいのかもしれません。

●GitHubで、 Electry氏がVitaのゲームの解像度やフレームレートを変更することができるプラグインVitaGrafix v5.0.1をリリースしていました。バグ修正などが変更点です。

●GitHubで、RealYoti氏とTheFloW氏がVitaに便利な機能を追加するプラグイン集VitaTweaksの3.72/3.73対応版をリリースしていました。
DownloadEnabler
NoLockScreen
NoTrophyMsg
の3種類です。それぞれの機能については「Vitaに便利な機能を追加するプラグイン集 VitaTweaks by TheFloW 」をご覧下さい。

●GitHubで、theheroGAC氏がVitaの各種プラグインをワンクリックでインストールしてconfig.txtも書き換えてくれるプラグインユーティリティAutoplugin 4.16 FINAL CUT 5をリリースしていました。3.73に対応したVitaTweaksへのアップデートやVitaGrafix v5.0.1へのアップデート、アナログスティックの動作を無効化するプラグインAnalogStickDisableを追加が変更点です。

●GitHubで、theheroGAC氏がHENkaku環境のVita向け多機能シェルアプリVitaShellの非公式版VitaShell 2.1Uをリリースしていました。3.73をサポートしたことが変更点です。

●ツイッターで、Nathanr3269氏(=Evilnat氏)がCFWをインストールしたPS3でバージョン偽装を利用することによりPSN/SENへ接続できる設定を有効化/無効化することができるユーティリティSEN Enabler 6.2.4 [BETA]をリリースしていました。要望が多かったRebug 4.85.1 LITEハッシュサポートなどが変更点です。

●Engadget 日本版で、SIEがPS5のコントローラーに採用されるかもしれない背面ボタンについての特許を出願していたことを伝えていました。左右のアナログスティック裏あたりに、中指を引っ掛けて引きやすいトリガー的なボタンが設けられています。DualShock 5に採用されることになるかもしれません。特許自体は「入力デバイス」として日本語で閲覧できます。来月発売される△○×□ボタンや方向キーなどの全部で16種類の操作を割り振ることができるアタッチメント「DUALSHOCK 4背面ボタンアタッチメント」が背面に2つのボタンを割り当てできるもので、同じ発想だとすると今回の特許も割り当て設定ができるものかもしれません。
PS5 controller patent

●GBATempで、PS4のx86-64アーキテクチャのシステムコールをWindowsのネイティブコールに変換することでPS4のゲームをWindows PCで起動できるようにするPS4エミュレータPS4Deltaの(おそらく)開発メンバーの一人であると思われるJoeakuaku氏がシステムコール実装に協力してくれる開発者を募集していました。

●GitHubで、github-actions氏がSwitchでローカルワイヤレスプレイに対応しているゲームをオンラインでプレイすることができるユーティリティldn_mitm v1.3.0ldn_mitm v1.3.1-alphaをリリースしていました。libstratosphereをAtmosphere-libsへアップグレードしたこと(v1.3.0)などが変更点です。

●Team-Kodiが、マルチプラットフォーム向けメディアプレーヤーKodi(旧名称XBMC)をNIntendo Switchに移植しているようです。GitHubにあるソースのコメントに”[WIP] Nintendo Switch port”の文字が見受けられます。

●ModMyClassicが、The Project Lunar Teamと共同でセガ メガドライブミニにゲームを追加したりゲームをモディファイしたりすることができるWindows 7/Windows 10/MacOS/Linux向けモディファイツールProject Lunar 1.0.0を正式にリリースしていました。


GameGaz Daily 2019.12.28

●GBATempで、Storm21氏がNintendo SwitchのSDカード上にある最大3つのemuNAND(SXOS用やAtmosphere用としてファームウェアごとに用意されたものなど)をクリックで簡単に切り替えできるようにしたペイロードEmunand Switcher 2.1をリリースしていました。
Emunandswitcher

●GitHubで、Huntereb氏がNintendo SwitchにSDカードやネットワーク経由でNSP/NSZファイルをインストールすることができるユーティリティAwoo Installer 1.3.0をリリースしていました。新たにUSBを介したインストールをサポートしたことや起動時のアップデートチェック追加などが変更点です。

●GitHubで、RetroGamer74氏がNintendo Switch向けのカスタムファームウェアを選択して起動するブートマネジャーRetroReloaded CFW 4.03をリリースしていました。設定ページの追加や設定ページにSX Autloaderを追加したことが変更点です。

●GitHubで、Extrems氏がSD GeckoやIDE-EXIからゲームキューブのバックアップを起動させることができるオープンソースユーティリティSwiss v0.4r747Swiss v0.4r748をリリースしていました。メタデータキャッシュから2枚目のディスクを探すようにしたこと(v0.4r747)やWiikey Fusionでの不具合の修正(v0.4r748)などが変更点です。

●GitHubで、RiiConnect24チームのKcrPL氏がWiiConnect24のサードパーティによる代替サービスRiiConnect24を簡単にインストールするためのWindows向けスクリプトRiiConnect24-Patcher v1.1.2.3をリリースしていました。EU向けパッチの不具合修正やカスタムインストール時に選択したコンポーネントのみの進捗状況を表示するようにしたことや変更点です。

●GBATempで、KirovAir氏がファミコンやスーパーファミコン、ゲームボーイ、メガドライブなどのレトロゲームを含むTwilightMenu++が対応しているゲーム機のパッケージアイコン画像(ボックスアート)を簡単にダウンロードすることができるWindows(exeファイル)/MacOS・Linux(ターミナルから実行)向けユーティリティTwilightBoxart 0.5.3をリリースしていました。
TwilightBoxart

●GitHubで、phacox_cll氏がWii UのバーチャルコンソールにNES/SNES/N64/GBA/NDSのROMをインジェクトするこためのWindows向けユーティリティPhacox’s Injector 1.0.4Phacox’s Injector 1.0.5をリリースしていました。短い名称が常に長い名称扱いになっていた不具合の修正(v1.0.4)やCNUSPackerの更新(v1.0.5)などが変更点です。

●GitHubで、Gericom氏がDS/DSi/3DSのDSモードでGBAゲームを起動するハイパーバイザとして動作するバックアップローダーGBARunner2 v20191228-021638_ee7f6a0をリリースしていました。ジャイロ入力の不具合修正が変更点です。

●GitHubで、 Electry氏がVitaのゲームの解像度やフレームレートを変更することができるプラグインVitaGrafix v5.0.0をリリースしていました。パーサ/インタプリタのコード一新などが変更点です。

●GitHubで、theheroGAC氏がVitaの各種プラグインをワンクリックでインストールしてconfig.txtも書き換えてくれるプラグインユーティリティAutoplugin 4.15 FINAL CUT 4をリリースしていました。3.73向けのモジュールの更新や3.73をサポートするSD2VITAへのアップデートなどが変更点です。UIなどの改良や

●GitHubで、theheroGAC氏がPS VitaのゲームカードをmicroSDアダプターとして利用するためのカーネルプラグインの非公式版gamecard-microsd v1.6Uをリリースしていました。3.73のサポートが変更点です。

●GitHubで、theheroGAC氏がVitaのmicroSDアダプターSD2VitaのドライバーインストールやVita専用メモリーカードに対するファイルマネージャー機能、FTP機能などを実装したユーティリティTF Card Plugin Tool 2.27をリリースしていました。3.73のサポートが変更点です。

●PS2-HOMEで、krat0s氏がPS2向けのHomebrew Launcher FORTUNA_rev2をリリースしていました。メモリーカードSLOT2をサポートしたことなどが変更点です。

●PSX-Placeで、VTSTech氏がPS2向けのHomebrew Launcher FORTUNA Homebrew Launcher v0.45をリリースしていました。
FORTUNA Homebrew Launcher

●PSX-Placeで、VTSTech氏がPS2向けのHomebrew Launcher FortunaをPS2のメモリーカードを使って起動するFORTUNA FMCB Launcher v0.1をリリースしていました。

●GBATempで、OsirisX氏がマルチシステムエミュレーターRetroArch v1.81を非公式版としてPS4に移植したRetroArch PS4 r1(Unofficial)をリリースしていました。
retroarch_ps4

●Xbox Japan公式ツイッターが、2020年1月7日(火)から2020年1月13日(月)まで、Xbox One X本体から10,000円(税抜)、Xboxワイヤレスコントローラー (Xbox Elite ワイヤレス コントローラー シリーズ以外)から1,000円(税抜)引きで販売する「年始Xbox One本体及びXboxワイヤレスコントローラーセールキャンペーン」を実施すると発表していました。

●GitHubで、Ryochan7氏がDualShock 4をWindowsが標準で対応しているXbox 360のコントローラーとしてエミュレートすることでWindowsPCでの使用を可能にするユーティリティDS4Windows v2.0.1をリリースしていました。スクロールの改善やプロファイルエディタでの感度範囲の修正などが変更点です。


GameGaz Daily 2019.2.11

●Bitbucketで、kylon氏がVitaのプラグインの有効/無効などを管理するための ユーティリティPlugins Manager (Vita) v2.5をリリースしていました。xmc0パーティションのサポートなどが変更点です。

●GitHubで、 Electry氏がVitaのゲームの解像度やフレームレートを変更することができるプラグインVitaGrafix v4.1.1をリリースしていました。[MAIN]オプションが機能しない場合がある不具合の修正などが変更点です。

●GitHubで、nikolaevich氏が23氏がPS3Xploit v3を利用してPS3のバックアップを作成することができるユーティリティMake Pkg Han Tools 3.4.0をリリースしていました。DLC再署名ボタン追加などが変更点です。

●GitHubで、fourminute氏がSwitch向けタイトルマネージャーTinfoilにNSPファイルをUSB/ネットワーク経由で送るためのPC(Windows/Mac/Linux)で動作するPython GUIアプリケーションFluffy v2.7.1をリリースしていました。v2.7.0と同じURLのまま v2.7.1に差し替わっています。一部機能の動作に問題があったため元に戻しているようです。

●GitHubで、RiiConnect24チームがWiiConnect24のサードパーティによる代替サービスRiiConnect24を簡単にインストールするためのWindows/macOS/Linux向けユーティリティRiiConnect24-Patcher v1.0.7(Win)/v1.0.0-BugFix2(Mac/Linux)をリリースしていました。Nintendo Channelが復活したことなどが変更点です。

●GitHubで、piepie62氏がニンテンドーDS/3DS向けのポケモンタイトルのセーブデータエディタPKSM 6.1.0をリリースしていました。ストレージボックス間をZL/ZRでムーブできるようにしたことなどが変更点です。

●Switchエミュレータyuzu開発チームが、Patreonで月5ドル以上の資金協力をしてくれるユーザー向けにyuzuのプレビュー版yuzu Patreon Preview Releaseを配布することを公表していました。


GameGaz Daily 2019.2.10

●GitHubで、 Electry氏がVitaのゲームの解像度やフレームレートを変更することができるプラグインVitaGrafix v4.1をリリースしていました。Config/patchlist(設定とパッチリスト)で大文字小文字を区別しないようにしたことなどが変更点です。

●GitHubで、Electry氏がVitaのゲームのIDやモジュールの情報などを画面に表示してくれるプラグインVGi v0.6VGi v0.7をリリースしていました。Depth/Stencil Surfaces/Textures/Threadsの表示に対応したことや十字キー上下で高速スクロールをサポートしたこと(v0.6)や、VGiメニューを開くとゲームがクラッシュする不具合の修正(v0.7)などが変更点です。

●GitHubで、Ps3itaTeamがPS4のArch Linux(Psxitarch Linux v2)向け3Dハードウェアアクセラレーションに必要なビデオドライバーps4-video-driversをリリースしていました。

●PSX-Placeによると、PS4 ANDROID EXPLOIT 1.xというのはFAKEらしいのでご注意下さい。
こんなやつです。

●GitHubで、fourminute氏がSwitch向けタイトルマネージャーTinfoilにNSPファイルをUSB/ネットワーク経由で送るためのPC(Windows/Mac/Linux)で動作するPython GUIアプリケーションFluffy v2.7.0をリリースしていました。Goldleafで連続インストールがうまくいかない不具合の修正などが変更点です。

●VG247で、来週2月13日(水)にニンテンドーダイレクトが放送される可能性があると伝えていました。内容はSwitch版の『メトロイドプライム トリロジー』と『スーパーマリオメーカー2』とされています。情報源は過去に何度も情報をリークしてきたため正確な情報源と言われているking zell氏がreseteraフォーラムで書き込んだ情報のようです。

●GitHubで、ppeccin氏がウェブブラウザ上で動作するクロスプラットフォームオンラインMSXエミュレータWebMSX v5.2をリリースしていました。インテリジェントステートセーブ実装などが変更点です。