VitaGrafix一覧

GameGaz Daily 2019.2.11

●Bitbucketで、kylon氏がVitaのプラグインの有効/無効などを管理するための ユーティリティPlugins Manager (Vita) v2.5をリリースしていました。xmc0パーティションのサポートなどが変更点です。

●GitHubで、 Electry氏がVitaのゲームの解像度やフレームレートを変更することができるプラグインVitaGrafix v4.1.1をリリースしていました。[MAIN]オプションが機能しない場合がある不具合の修正などが変更点です。

●GitHubで、nikolaevich氏が23氏がPS3Xploit v3を利用してPS3のバックアップを作成することができるユーティリティMake Pkg Han Tools 3.4.0をリリースしていました。DLC再署名ボタン追加などが変更点です。

●GitHubで、fourminute氏がSwitch向けタイトルマネージャーTinfoilにNSPファイルをUSB/ネットワーク経由で送るためのPC(Windows/Mac/Linux)で動作するPython GUIアプリケーションFluffy v2.7.1をリリースしていました。v2.7.0と同じURLのまま v2.7.1に差し替わっています。一部機能の動作に問題があったため元に戻しているようです。

●GitHubで、RiiConnect24チームがWiiConnect24のサードパーティによる代替サービスRiiConnect24を簡単にインストールするためのWindows/macOS/Linux向けユーティリティRiiConnect24-Patcher v1.0.7(Win)/v1.0.0-BugFix2(Mac/Linux)をリリースしていました。Nintendo Channelが復活したことなどが変更点です。

●GitHubで、piepie62氏がニンテンドーDS/3DS向けのポケモンタイトルのセーブデータエディタPKSM 6.1.0をリリースしていました。ストレージボックス間をZL/ZRでムーブできるようにしたことなどが変更点です。

●Switchエミュレータyuzu開発チームが、Patreonで月5ドル以上の資金協力をしてくれるユーザー向けにyuzuのプレビュー版yuzu Patreon Preview Releaseを配布することを公表していました。


GameGaz Daily 2019.2.10

●GitHubで、 Electry氏がVitaのゲームの解像度やフレームレートを変更することができるプラグインVitaGrafix v4.1をリリースしていました。Config/patchlist(設定とパッチリスト)で大文字小文字を区別しないようにしたことなどが変更点です。

●GitHubで、Electry氏がVitaのゲームのIDやモジュールの情報などを画面に表示してくれるプラグインVGi v0.6VGi v0.7をリリースしていました。Depth/Stencil Surfaces/Textures/Threadsの表示に対応したことや十字キー上下で高速スクロールをサポートしたこと(v0.6)や、VGiメニューを開くとゲームがクラッシュする不具合の修正(v0.7)などが変更点です。

●GitHubで、Ps3itaTeamがPS4のArch Linux(Psxitarch Linux v2)向け3Dハードウェアアクセラレーションに必要なビデオドライバーps4-video-driversをリリースしていました。

●PSX-Placeによると、PS4 ANDROID EXPLOIT 1.xというのはFAKEらしいのでご注意下さい。
こんなやつです。

●GitHubで、fourminute氏がSwitch向けタイトルマネージャーTinfoilにNSPファイルをUSB/ネットワーク経由で送るためのPC(Windows/Mac/Linux)で動作するPython GUIアプリケーションFluffy v2.7.0をリリースしていました。Goldleafで連続インストールがうまくいかない不具合の修正などが変更点です。

●VG247で、来週2月13日(水)にニンテンドーダイレクトが放送される可能性があると伝えていました。内容はSwitch版の『メトロイドプライム トリロジー』と『スーパーマリオメーカー2』とされています。情報源は過去に何度も情報をリークしてきたため正確な情報源と言われているking zell氏がreseteraフォーラムで書き込んだ情報のようです。

●GitHubで、ppeccin氏がウェブブラウザ上で動作するクロスプラットフォームオンラインMSXエミュレータWebMSX v5.2をリリースしていました。インテリジェントステートセーブ実装などが変更点です。


GameGaz Daily 2019.1.7

●GitHubで、 Electry氏がVitaのゲームの解像度やフレームレートを変更することができるプラグインVitaGrafix v4.0をリリースしていました。今後のVitaGrafixは新機能実装またはバグ修正のみとするため、コード内にあったパッチ類はすべて削除したそうです。

●GitHubで、toxxic407氏がネットワーク経由(リモート)でパッケージファイルをインストールするためのHombrewストアアプリケーションPS4 PKG Store 1.2PS4 PKG Store 1.2.1をリリースしていました。若干の改良(1.2)やindex.htmlおよびmindex.htmlの修正(1.2.1)などが変更点です。

●Cemuチームが、ニンテンドーWii Uの市販ゲームのバックアップを起動することができるWindows向けWii Uエミュレータの正式版Cemu 1.15.1eをリリースしていました。Wiiリモコン操作の改良などが変更点です。

●GitHubで、RocketRobz氏がDS/DSi/3DS/2DS向けのオープンソースメニューTWiLight Menu++ v7.0.0をリリースしていました。Slot-1のSCFGアクセスに対応したことによりFlashcartのHomebrewにおいて拡張メモリーモードの設定などが可能になったことなどが変更点です。


GameGaz Daily 2018.12.29

●PSX-Placeで、m0rph3us1987氏が35C3でPS4ビデオアプリを使ったハックについての発表を行ったことを伝えていました。発表を行うこと自体は事前にお伝えしていましたが、内容は既報の通りファームウェアのバージョンには関係なくPS4ビデオアプリの脆弱性を利用して非署名コードを実行すると言うもののようですが、発表をドイツ語で行っているためごめんなさい、ワタシドイツゴワカリマセン。少なくとも見ている感じはexploit自体の発表ではないことだけは分かります。

●PSX-Placeで、ShaolinAssassin氏がPS3Xploit Tools v3.0(HAN)をXMBに配置するアドオンツールHAN Toolbox v6.1をリリースしていました。マルチランゲージサポートの有効化などが変更点です。

●GitHubで、lazydevyo氏がPS Vitaの画面をPCヘストリーミングで送信することができるプラグインPSVitaDock v2.1をリリースしていました。不具合修正などが変更点です。

●GitHubで、 Electry氏がVitaのゲームの解像度やフレームレートを変更することができるプラグインVitaGrafix v4.0 Alpha.1をリリースしていました。パッチリストファイルをサポートしたことに伴い個別にパッチをリライトしなくても澄むようにしましたが、バグがある可能性があるためアルファ版としてテストを目的にビルドして配布されました。


GameGaz Daily 2018.11.4

●GitHubで、 Electry氏がVitaのゲームの解像度やフレームレートを変更することができるプラグインVitaGrafix v3.2をリリースしていました。サポートタイトル追加(Wipeout 2048 [EU/US/JP/ASIA] 、Fate/EXTELLA LINK [JP/ASIA]、The Legend of Heroes: Trails of Cold Steel [EU/US/JP/ASIA]など)が変更点です。

●GitHubで、iref-use氏がPS4のpkgファイルをネットワーク経由でインストールすることができるクロスプラットフォーム(Windows/ Linux/ MacOS)ユーティリティPS4 Remote PKG Sender v1.0.1をリリースしていました。機能追加や内部構造改良などが変更点です。

●GitHubで、Princess-of-Sleeping氏がVitaの起動時にスプラッシュ画面を表示させることができるプラグインCustom Boot Splash向けとしてで簡単にスプラッシュ画像を変更することができるユーティリティCustomBootSplash-Image-Changer v1.1をリリースしていました。

●GitHubで、SciresM氏がNintendo Switchで使われているフォーマットのファイルの情報表示や復号化、展開を行うことができるWindows向けコマンドラインユーティリティhactool 1.2.1をリリースしていました。抽出でエラーを吐かないようになったことや6.xキーデータを不明扱いしないようにしたことなどが変更点です。