Phacox’s Injector一覧

GameGaz Daily 2020.1.13

●GitHubで、Kirezar氏がVitaGrafixプラグインの設定をGUIで行うことができるユーティリティVitaGrafix Configurator v3.0をリリースしていました。VitaGrafix 5.0以降のサポートが変更点です。

●GitHubで、 cuevavirus氏がPS VitaのPSボタンを長押しして出るクイックメニューでボリュームを変更することができるプラグインQuick Volume v1.0.0をリリースしていました。
quickvolume

●/talkフォーラムで、Rinnegatamante氏がFPSゲーム『Quake 3: Arena and Quake 3』をVitaへ移植したvitaQuakeIII v.0.9をリリースしていました。データファイルがない場合にファイルをダウンロードする機能を追加したことなどか変更点です。

●GitHubで、phacoxcll氏がWii UのバーチャルコンソールにNES/SNES/N64/GBA/NDSのROMをインジェクトするこためのWindows向けユーティリティPhacox’s Injector 1.0.8をリリースしていました。NDS ROMのタイトルが正しく表示されるようになったことなどが変更点です。

●Engadget 日本版で、マイクロソフトの次世代機Xbox Series Xは発売後2年間マイクロソフトが投入するゲームはXbox Series X専用とはならず、Xbox Oneでもプレイ可能なものとなり、専用タイトルが用意されないと伝えていました。Microsoft StudioトップのMatt Booty氏がそう語ったようです。その戦略だと次世代機というのは何のために存在するのでしょうか。ゲームを開発する側には都合がいい話だとは思いますが…。

●GitHubで、Yohoki氏がPS VitaのVitaCheatプラグインで使用するためのAction Replay (PSPAR)チートコード互換のポインタスキャンを行うWindows向けユーティリティTempAR – Vita Edition v3.5をリリースしていました。中国語ローカライズを追加したことなどが変更点です。

●GitHubで、nkrapivin氏がGameMaker Studio 2を使ってSwitchのHomebrewをビルドすることができるユーティリティRussellNX v1.2.0RussellNX v1.2.1をリリースしていました。シェーダー編集の不具合修正(v1.2.0)や複数のExeFSサポート(v1.2.1)などが変更点です。

●GitHubで、weihuoya氏が3DSエミュレータCitraを非公式にAndroidに移植したCitra for Android 20200113をリリースしていました。


GameGaz Daily 2020.1.10

●GitHubで、RetroGamer74氏がNintendo Switch向けのカスタムファームウェアを選択して起動するブートマネジャーRetroReloaded CFW 4.12をリリースしていました。アップデート動作の不具合修正が変更点です。

●GitHubで、phacoxcll氏がWii UのバーチャルコンソールにNES/SNES/N64/GBA/NDSのROMをインジェクトするこためのWindows向けユーティリティPhacox’s Injector 1.0.7をリリースしていました。ファミコンROMの容量が正しい値でインジェクトされない不具合の修正が変更点です。

●GitHubで、kwsch氏がWindows向けのポケモンセーブデータエディタPKHeX 20.01.10をリリースしていました。第8世代ポケモンのセーブデータサポートなどが変更点です。

●GBATempで、LeonPro12氏がNintendo DS向けのゲーム管理マネージャーDS GameMan 1.01をリリースしていました。
DS GameMan

●PSXHAXで、Fernthedev氏がPS4のリモートプレイで使うアカウントを切り替えて使うためのWindows向けユーティリティMultipleUserPS4RemotePlay 1.0をリリースしたことを伝えていました。

●ツイッターで、AngryDevs氏がVita向けの格闘ゲームVita Fighters v0.92をリリースしていました。UI更新などが変更点です。

●ファミ通.comで、マイクロソフトがXbox OneおよびWindows PC用として障害者向けにプログラム可能な大きなボタンが付いているXbox アダプティブコントローラーを日本で発売したことを伝えていました。海外では以前から販売されていました。販売はオンラインのMicrosoft Storeにて、価格は10,978円(税込)です。
xbox-adaptive-controller


GameGaz Daily 2019.12.30

●ツイッターで、Nathanr3269氏(=Evilnat氏)がSEN EnablerでサポートするPS3のCEX/DEXファームウェアに移植したCobra v8.2を公表していました。GitHubで公開されています。

●GitHubで、 Electry氏がVitaのゲームの解像度やフレームレートを変更することができるプラグインVitaGrafix v5.0.2をリリースしていました。”Your game version is not supported”(このゲームのバージョンはサポートされていません)というメッセージを表示すべきときに表示されない不具合の修正が変更点です。

●GitHubで、pearlxcore氏が PS4のPKGファイルをリネームしたりPKG内のファイルリストをエクスポートしたりすることができるWindows向けユーティリティPS4 PKG Tool v6.4をリリースしていました。新しくダークテーマを追加したことやpkgを復号化して展開するpkgdec昨日の追加などが変更点です。

●GitHubで、nicoboss氏がNintendo Switch向けの圧縮フォーマットであるNSZの解凍やNSZへの圧縮を行うことができるPythonスクリプトNSZ 3.1.0NSZ 3.1.1をリリースしていました。v3.0.0で解凍がうまくいかない不具合の修正(3.1.0)やXCZの伸張/検証の不具合修正(3.1.1)などが変更点です。

●GitHubで、KirovAir氏がファミコンやスーパーファミコン、ゲームボーイ、メガドライブなどのレトロゲームを含むTwilightMenu++が対応しているゲーム機のパッケージアイコン画像(ボックスアート)を簡単にダウンロードすることができるWindows(exeファイル)/MacOS・Linux(ターミナルから実行)向けユーティリティTwilightBoxart 0.6をリリースしていました。GBA ROMの画像を1:1サイズにしたことなどが変更点です。既にGBA ROMの画像(ボックスアート)がある場合は消去すれば1:1バージョンのものが再ダウンロードできます。

●byuu氏が、Windows/Mac向けマルチシステムエミュレータhiganについてWindows版として配布してるバイナリがGoogleに悪意のあるコードを実行する可能性があると判断されChromeやFirefoxで警告表示されてしまったため、やむなくWindows版の配布を中止せざるを得なくなったことを公表していました。悪意のあるコードなどは含まれていないことは証明できるにもかかわらず、byuu氏自身は「取得は無理」と言っている別途デジタル情報を保護するためのコード署名証明書を購入するなりして入手することを求められており、仮に購入したとしてもGoogleが警告を取り下げてサイトにアクセスできるようにさせてくれるかは不透明なため、確実な解決策としてやむなくWindows版の配布を取りやめにするしか手がなかったそうです。Googleに目を付けられたら逃げようがない今のインターネットシステムに不満をぶちまけています。

●GitHubで、FIX94氏が開発したオリジナルのWindows向けファミコンエミュレータfixNES Alpha v1.2.8をリリースしていました。マッパー40/ 43/ 50のサポート追加などが変更点です。

●GitHubで、Gericom氏がDS/DSi/3DSのDSモードでGBAゲームを起動するハイパーバイザとして動作するバックアップローダーGBARunner2 v20191229-211552_bad46f4をリリースしていました。サウンドをメインメモリから直接エミュレートするようにしたことなどが変更点です。

●GitHubで、phacox_cll氏がWii UのバーチャルコンソールにNES/SNES/N64/GBA/NDSのROMをインジェクトするこためのWindows向けユーティリティPhacox’s Injector 1.0.6をリリースしていました。Nintendo64のROMの検証を改良したことなどが変更点です。

●GitHubで、kwsch氏がWindows向けのポケモンセーブデータエディタPKHeX 19.12.26をリリースしていました。


GameGaz Daily 2019.12.28

●GBATempで、Storm21氏がNintendo SwitchのSDカード上にある最大3つのemuNAND(SXOS用やAtmosphere用としてファームウェアごとに用意されたものなど)をクリックで簡単に切り替えできるようにしたペイロードEmunand Switcher 2.1をリリースしていました。
Emunandswitcher

●GitHubで、Huntereb氏がNintendo SwitchにSDカードやネットワーク経由でNSP/NSZファイルをインストールすることができるユーティリティAwoo Installer 1.3.0をリリースしていました。新たにUSBを介したインストールをサポートしたことや起動時のアップデートチェック追加などが変更点です。

●GitHubで、RetroGamer74氏がNintendo Switch向けのカスタムファームウェアを選択して起動するブートマネジャーRetroReloaded CFW 4.03をリリースしていました。設定ページの追加や設定ページにSX Autloaderを追加したことが変更点です。

●GitHubで、Extrems氏がSD GeckoやIDE-EXIからゲームキューブのバックアップを起動させることができるオープンソースユーティリティSwiss v0.4r747Swiss v0.4r748をリリースしていました。メタデータキャッシュから2枚目のディスクを探すようにしたこと(v0.4r747)やWiikey Fusionでの不具合の修正(v0.4r748)などが変更点です。

●GitHubで、RiiConnect24チームのKcrPL氏がWiiConnect24のサードパーティによる代替サービスRiiConnect24を簡単にインストールするためのWindows向けスクリプトRiiConnect24-Patcher v1.1.2.3をリリースしていました。EU向けパッチの不具合修正やカスタムインストール時に選択したコンポーネントのみの進捗状況を表示するようにしたことや変更点です。

●GBATempで、KirovAir氏がファミコンやスーパーファミコン、ゲームボーイ、メガドライブなどのレトロゲームを含むTwilightMenu++が対応しているゲーム機のパッケージアイコン画像(ボックスアート)を簡単にダウンロードすることができるWindows(exeファイル)/MacOS・Linux(ターミナルから実行)向けユーティリティTwilightBoxart 0.5.3をリリースしていました。
TwilightBoxart

●GitHubで、phacox_cll氏がWii UのバーチャルコンソールにNES/SNES/N64/GBA/NDSのROMをインジェクトするこためのWindows向けユーティリティPhacox’s Injector 1.0.4Phacox’s Injector 1.0.5をリリースしていました。短い名称が常に長い名称扱いになっていた不具合の修正(v1.0.4)やCNUSPackerの更新(v1.0.5)などが変更点です。

●GitHubで、Gericom氏がDS/DSi/3DSのDSモードでGBAゲームを起動するハイパーバイザとして動作するバックアップローダーGBARunner2 v20191228-021638_ee7f6a0をリリースしていました。ジャイロ入力の不具合修正が変更点です。

●GitHubで、 Electry氏がVitaのゲームの解像度やフレームレートを変更することができるプラグインVitaGrafix v5.0.0をリリースしていました。パーサ/インタプリタのコード一新などが変更点です。

●GitHubで、theheroGAC氏がVitaの各種プラグインをワンクリックでインストールしてconfig.txtも書き換えてくれるプラグインユーティリティAutoplugin 4.15 FINAL CUT 4をリリースしていました。3.73向けのモジュールの更新や3.73をサポートするSD2VITAへのアップデートなどが変更点です。UIなどの改良や

●GitHubで、theheroGAC氏がPS VitaのゲームカードをmicroSDアダプターとして利用するためのカーネルプラグインの非公式版gamecard-microsd v1.6Uをリリースしていました。3.73のサポートが変更点です。

●GitHubで、theheroGAC氏がVitaのmicroSDアダプターSD2VitaのドライバーインストールやVita専用メモリーカードに対するファイルマネージャー機能、FTP機能などを実装したユーティリティTF Card Plugin Tool 2.27をリリースしていました。3.73のサポートが変更点です。

●PS2-HOMEで、krat0s氏がPS2向けのHomebrew Launcher FORTUNA_rev2をリリースしていました。メモリーカードSLOT2をサポートしたことなどが変更点です。

●PSX-Placeで、VTSTech氏がPS2向けのHomebrew Launcher FORTUNA Homebrew Launcher v0.45をリリースしていました。
FORTUNA Homebrew Launcher

●PSX-Placeで、VTSTech氏がPS2向けのHomebrew Launcher FortunaをPS2のメモリーカードを使って起動するFORTUNA FMCB Launcher v0.1をリリースしていました。

●GBATempで、OsirisX氏がマルチシステムエミュレーターRetroArch v1.81を非公式版としてPS4に移植したRetroArch PS4 r1(Unofficial)をリリースしていました。
retroarch_ps4

●Xbox Japan公式ツイッターが、2020年1月7日(火)から2020年1月13日(月)まで、Xbox One X本体から10,000円(税抜)、Xboxワイヤレスコントローラー (Xbox Elite ワイヤレス コントローラー シリーズ以外)から1,000円(税抜)引きで販売する「年始Xbox One本体及びXboxワイヤレスコントローラーセールキャンペーン」を実施すると発表していました。

●GitHubで、Ryochan7氏がDualShock 4をWindowsが標準で対応しているXbox 360のコントローラーとしてエミュレートすることでWindowsPCでの使用を可能にするユーティリティDS4Windows v2.0.1をリリースしていました。スクロールの改善やプロファイルエディタでの感度範囲の修正などが変更点です。


GameGaz Daily 2019.12.26

●GitHubで、RocketRobz氏がニンテンドー3DSでFlashcartなしにndsファイル(バックアップファイル)をSDカードから起動することができるユーティリティnds-bootstrap v0.28.1をリリースしていました。nds-bootstrap.iniを読み込むためにiniファイルを読み書きするためのオープンソースライブラリlibeasysaveを使うようにしたことなどが変更点です。

●GitHubで、RocketRobz氏がDS/DSi/3DS/2DS向けのオープンソースメニューTWiLightMenu++ v11.2.0をリリースしていました。GBA ROMはROMリストに表示されるようになり、GBARunner2から起動するようにしたことなどが変更点です。

●GitHubで、phacox_cll氏がWii UのバーチャルコンソールにNES/SNES/N64/GBA/NDSのROMをインジェクトするこためのWindows向けユーティリティPhacox’s Injector 1.0.2をリリースしていました。暗号化されたベースゲームをロードするとエラーになっていた不具合の修正が変更点です。

●GitHubで、Fledge68氏がニンテンドーWii UのvWii(Wiiモード)でゲームキューブ起動を可能にするバックアップローダーWiiFlow Lite v5.4.0をリリースしていました。iniファイル上で通常設定を記述する[GENERAL]とプラグインを記述する[PLUGINS]に分離したことなどが変更点です。今回v5.3.0をスキップしたために変更点が膨大にあります。

●PSX-Placeで、sandungas氏がPS3のdev_hdd0/mms/db/metadata_db_hddをスキャンしてXMBのデータベース情報を出力することができるWindows向けユーティリティDB3crawler v0.1をリリースしていました。

●ツイッターで、Libretroチームが視覚障害者がアクセスしやすくなる機能を実装することが発表されているRetroArch 1.8.2についてまずはAndroid版をGoogle Playでリリースしたことを発表していました。RetroArch 1.8.2はプラットフォームごとに時期をずらして公開していくそうです。

●ツイッターで、byuu氏がWindows/Mac向けマルチシステムエミュレータhigan v107のユーザーインターフェースを紹介するデモ動画を公開していました。

●GitHubで、Ryochan7氏がDualShock 4をWindowsが標準で対応しているXbox 360のコントローラーとしてエミュレートすることでWindowsPCでの使用を可能にするユーティリティDS4Windows v2.0.0をリリースしていました。GUIクラスをWindowsフォームからWindows Presentation Foundation(WPF)に変更しユーザーインターフェースのコードを書き直したことなどが変更点です。