PS5一覧

GameGaz Daily 2018.10.10

●GamesIndustry.biz Japan Editionで、CEO吉田憲一郎氏がFinancial Timesのインタビューの中でPlayStation 4のライフサイクルが終わりを迎えつつあることを示唆した上で「次世代のハードウェアが必要だ」とPS4の後継機について必要であるとの認識を示したことを伝えていました。Financial Timesは、PS4後継機となる新デバイスについて「PS4を大きな出発点とし,基本的なアーキテクチャは似たものとなる」と予測しています。なお、Financial Timesは有料会員にならないと記事が読めないことと、Gamesindustryの日本版が「GamesIndustry.bizとのライセンス契約のもとで翻訳されています」としておきながら、かなり翻訳ぶりが微妙なのでネタとして引用してみました。
例えばGamesindustryの元記事タイトルは
オリジナル: Sony confirms PlayStation 5 (but doesn’t call it PlayStation 5)
日本語翻訳版: ソニー,PlayStation 5を確認(しかしPlayStation 5とは呼ばれていなかった)
英語文化と日本語文化の違いから、直訳するとよく分からない日本語に化けるときがあります。私なら元記事タイトルの意図に配慮しこうします。
「ソニー PlayStation 5の存在認めるも、PlayStation 5とは呼称せず」

●Cemuチームが、ニンテンドーWii Uの市販ゲームのバックアップを起動することができるWindows向けWii Uエミュレータの正式版Cemu 1.13.2dをリリースしていました。Cemu UIでフリーズしてしまう不具合の修正が変更点です。

●GitHubで、Robz8氏がDS/DSi/3DS/2DS向けのオープンソースメニューTWiLight Menu++ v6.4.4をリリースしていました。SDカードやCIAで実行した際の未偽装AceKard 2iサポートなどが変更点です。

●Githubで、d3m3vilurr氏がNVIDIAのGameStreamテクノロジーをオープンソース実装したMoonlight EmbeddedをHENkaku環境のVita向けに移植したvita-moonlight 0.4.0をリリースしていました。アプリケーションリストのアルファベット順並び替えに対応したことなどが変更点です。

●PlayStation.Blogで、PSNのオンラインID変更機能プレビュープログラムのベータテスト参加者を募集すると発表していました。プレビュープログラムへの参加応募サイトも公開されています。正式実装は2019年初頭予定です。2018年4月1日(日)以降に発売されたPS4用ソフトウェアタイトルはオンラインID変更に対応していることも発表されました。かなり以前から準備をしていたことになります。2018年3月31日(土)以前に発売されたソフトウェアタイトルのうち、ID変更に対応しているタイトル名は別途公式サイトで発表されます。

●PlayStation.Blogで、2018年10月10日(水)から10月28日(日)まで通常のPS Plus「12ヶ月利用権」の価格 5,143円(税込)でさらに2ヶ月分がついてくる利用権の販売を開始したと発表していました。


PlayStation 5 やはり発売は2020年か

PlayStationLifeStyleで、PlayStation 5のリリース日は2020年の可能性が高いと伝えていました。

PS5

続きを読む


見た目はFake間違いなし PS5の内部資料がリーク

PlayStation Universeで、コードネーム「Project Epsilon」というPS5の内部資料が流出したことを伝えていました。

続きを読む


PlayStation 5の開発はかなり進んでいた

SemiAcccurateで、ソニーの次世代据え置きゲーム機PlayStation 5についての情報を公開していました。

続きを読む


GameGaz Daily 2018.3.8

●Maxconsoleで、一部サードパーティディベロッパーに新型PlayStation(PlayStation 5?)のアルファ版開発機が渡っているらしいとの情報を掲載していました。ソニーは拡縮装置及び操作装置の特許も取得していたようです。

●GitHubで、TheFloW氏がVitaのウェブブラウザで全てのファイルのダウンロードを可能にするプラグインDownload Enabler v4をリリースしていました。市販機3.65/3.67と3.60 PTEL(テスト機)/3.60 PDEL(開発機)のサポート追加が変更点です。

●Polygonで、ワイヤレスコントローラーをペアリングしてUSB接続することで他のシステムで使えるようにする8BitdoのWireless USB AdapterはNintendo Switchを対応機種にあげており、DualShock 4をJoy-Conの代わりに使うことができることを伝えていました。

●ツイッターで、LightningMods氏がDualShock 4での操作に対応したPS4のHomebrewゲームRoll a Ball for PS4をリリースしていました。

●ツイッターで、任天堂が3月9日(金)朝7時から「Nintendo Direct 2018.3.9」を放送すると発表していました。

●ツイッターで、naehrwert氏がNintendo SwitchのColdboot exploitらしきデモ動画を公開していました。

●GitHubで、8BitWonder氏がNintendo Switch向けのドローソフトPixel-Painter v1.5.1をリリースしていました。最新のCライプラリlibnx (1.1.0)に対応したことが変更点です。

●GitHubで、KunoichiZ氏がLuma3DSとSigHaxユーザー向けの3DS HomebrewとしてのLuma3DSアップデータLuma Updater v2.3をリリースしていましたが、テストアップデートなので「まだ使わないでね」だそうです。一応紹介するだけしておきます。

●GitHubで、LiquidFenrir氏が3DSのSDカードにあるArm9LoaderHaxペイロードや.cia HomebrewなどのファイルをアップデートすることができるユーティリティMultiUpdater v4.0.2をリリースしていました。GitHubからのダウンロードが再び可能になったことが変更点です。

●VentureBeatで、ファミコンゲームを3Dライクに表示してくれるWindows向けファミコンエミュレータ3DNes V2がリリースされたことを伝えていました。Pro機能としてOculus RiftやHTC Viveを使ったVR対応追加という、3D化だけでも想像を超えているのにそのさらに斜め上を行く進化を遂げています。


GameGaz Daily 2017.6.26

●/talkフォーラムで、Rinnegatamante氏がHENkaku環境のVita向けにFPSゲーム『Quake II』を移植したvitaQuakeII v.1.0をリリースしていました。ソースコードはGitHubで公開されています。
vitaQuakeII

●golemで、SIEAのプレジデント兼CEOのShawn Layden氏がインタビューの中でPlayStationの次世代機PlayStation 5の計画の存在を示唆したことを伝えていました。PS4とPS4 Proの関係を見てもPS5は独自のアーキテクチャは採用せず、PS4からの大幅な方針転換もないのではないでしょうか。