vitaGL一覧

GameGaz Daily 2020.6.17

●ツイッターで、Rinnegatamante氏がPS VitaのグラフィックライブラリvitaGL 0.1をリリースしていました。

●CBPS Forumsで、Graphene氏が本来はPS Vitaのシステムプロセス側でのみ使えるCPUコア(CPU3)をゲームモードアプリケーションで使用できるようにすることができるカーネルプラグインCoreUnlocker80000H v1.0をリリースしていました。

●IGN Japanで、PlayStationのUXデザイン部門を統括するMatt MacLaurin氏がPS5の新たなUIについて完全に設計し直し、いじっていない部分は1ピクセルもないと語ったことを伝えていました。

●ツイッターで、Team RebugのAboshi2011氏(evilsperm氏)がNintendo SwitchのMODチップSwitchMEが標準ペイロードとしているhekate – CTCaer modのアップデートを受けてのSwitchME向けペイロードUF2_SwitchME_Payloads/CTCaer_5.3.0_Nyx_0.9.2をリリースしていました。

●GitHubで、HarukoNX氏がNintendo Switchのカスタムファームウェアで非書名NSPや変換XCIをインストール・起動するために必要な署名パッチPKG2 Patches for 10.0.4 and below(10.0.4-2)をリリースしていました。FuséeとHekateのACID PatchesをAtmosphère 0.13.0に対応させたことが変更点です。

●GitHubで、XorTroll氏がSwitchのバックグランドプロセスとしてamiiboをエミュレートするカスタムファームウェア向けカスタムプロセスemuiibo v0.5.1をリリースしていました。libnxなどのライブラリを更新し、Atmosphère 0.13.0に対応したことなどが変更点です。

●GitHubで、Synecdoche氏がNintendo SwitchのカスタムファームウェアAtmosphereをベースにオールインワンパッケージツールKosmos同様必要なものをすべてSDカード内に用意することで機能的に内包するような形にしたオールインワンカスタムファームウェアVöid 4.6Vöid 5.0をリリースしていました。Atmosphere 0.13.0のsigpatchesの更新(4.6)や、結局パッチなし版の需要がなかったとしてレギュラー版とHBG版というものを配布(5.0)するようにしたらしく、しかもeMMCという呼び方をVOIDに変えたが故に、一般的に使われるsysNANDやemuMMCと呼ばれるものをsysVOID/emuVOIDとしてしまいました。

●GitHubで、 Team-NeptuneがNintendo SwitchのカスタムファームウェアAtmosphereをベースにオールインワンパッケージツールKosmos同様必要なものをすべてSDカード内に用意することで機能的に内包するような形にしたオールインワンカスタムファームウェアDeepSea v1.4.0DeepSea v1.4.1をリリースしていました。Atmosphéreを0.13.0にしたこと(v1.4.0)やパッチのアップデート(v1.4.1)が変更点です。

●GitHubで、DarkMatterCore氏がWiiのインストール用のWADパッケージをコンソール固有のキーを使うことでSDカードインストールできるバックアップWADパッケージに変換することができるwad2bin v0.5をリリースしていました。

●GitHubで、DarkMatterCore氏がNintendo Wii/Wii U vWiiのOTPおよびSEEPROM暗号鍵を入手することができるユーティリティxyzzy-mod v1.3.0をリリースしていました。

●GBATempで、SuperrSonic氏がニンテンドーWiiのメディアプレーヤーユーティリティWiiMCの非公式版WiiMC-SS Update June 16, 2020をリリースしていました。字幕のパフォーマンス改善のため起動時にフォントを読み込むようにしたことが変更点です。

●GitHubで、RiiConnect24チームのKcrPL氏がWiiConnect24のサードパーティによる代替サービスRiiConnect24を簡単にインストールするためのWindows向けユーティリティRiiConnect24-Patcher v1.2.2をリリースしていました。パッチプロセスの高速化などが変更点です。

●GitHubで、Ryochan7氏がDualShock 4をWindowsが標準で対応しているXbox 360のコントローラーとしてエミュレートすることで、DualShock 4のパフォーマンスを発揮させつつWindowsPCで多くのゲームに対応するコントローラーとしての使用を可能にするユーティリティDS4Windows v2.1.3をリリースしていました。最新のViGEm.NETクライアントライブラリを使うようにしたことなどが変更点です。

●GitHubで、vvanelslande氏がCitraをベースにしたWindows/Linux(Ubuntu)向けニンテンドー3DSエミュレータvvctre 34.0.1をリリースしていました。毎日複数回細かいことでバージョンを複数上げたりしていた割にここ最近アップデートがないことには気がついていましたが、突然昨日から過去に配布していたビルドをGitHubに全部上げ直し始めていました。もともと動きが読めなかったのですが、vvanelslande氏の行動の理解は難関です。


GameGaz Daily 2018.1.11

●GitHubで、Aftnet氏がマルチプラットフォームのマルチシステムエミュレーターRetroArchのLibretroコアをWinRTコンポーネントに移植しUniversal Windows Platform(UWP)に対応したLibretroRT v1.9.4(RetriX.UWP_1.9.4.0)をリリースしていました。ローテーションサポートが変更点です。

●Rinnegatamante氏はグラフィックライブラリOpenGLをVitaGLとしてVitaに移植していますが、3DゲームQuakeをOpenGL版として移植したGLQuakeのVitaへの移植(VitaGLを利用したvitaQuake)に取り組んでいます。ツイッターで、Rinnegatamante氏が現状報告としてvitaQuakeの動画を公開していました。将来はOpenGLを使ったHomebrewの移植が容易になりそうですね。


GameGaz Daily 2018.1.3

●ツイッターで、 Rinnegatamante氏がVitaのハードウェアレンダリングのためのOpenGLラッパーvitaGLのアップデートを公表していました。libvita2dに依存しなくなったことなどが変更点です。

●GitHubで、d0k3氏がニンテンドー3DSのSDカードやNANDパーティションのファイル/フォルダコピーや削除、リネームなどを行うことができるファイルブラウザGodMode9 v1.5.1をリリースしていました。3DSファイルからCIAファイルをビルドする際の不具合修正などが変更点です。(イベイベ_CFWさん情報ありがとね)

●GitHubで、KcrPL氏ががRiiConnect24(WiiConnect24のサードパーティによる代替サービス)に接続するためにnwc24msg.cfgにパッチをする/Windows向けユーティリティRiiConnect24 Mail Patcher v1.0.7をリリースしていました。

●sourceforgeで、dj_skual氏がニンテンドーWii Uでタイトルのインストールやゲームのアップデータ及びダウンロードコンテンツをNANDシステムメモリやUSBストレージにインストールすることができるユーティリティWUP-Installer GX2 v1.3 r21をリリースしていました。長いタイトルのスクロール機能追加などが変更点です。