Lunar Magic一覧

GameGaz Daily 2019.6.3

●GitHubで、joel16氏が再生可能な対応フォーマットが多いVita向けの音楽再生プレーヤーElevenMPV v2.00をリリースしていました。メタデータでID3v1規格よりもアルバムのタイトルやアーティスト名などで64キャラクターまで表示できるID3v2規格に対応したことやFLAC/ WAVデコーダーのdr_libsを最新版に更新したことなどが変更点です。

●Brewologyで、xdanieldzd氏がVitaのアプリケーションが持っている言語設定を上書きすることで任意の言語表示を行うことができるtaiHENプラグインforcelang v0.2Uをリリースしたことを伝えていました。

●GitHubで、fgsfdsfgs氏がFPSゲームDoomの改造エンジンZDoomにOpenGLレンダリングを加えたものをNintendo Switchに移植したGZDoom nx4.2pre-2をリリースしていました。

●GitHubで、julesontheroad氏がNintendo SwitchのNSPファイルからチケットや証明書類を消去したりマルチコンテンツXCI/NSPファイルを作成することができるユーティリティNSC_BUILDER v0.86をリリースしていました。ファイルベリファイシステムの実装など変更点です。
[追記]
チケットの検証での不具合を修正したNSC_BUILDER v0.86bがリリースされました。

●FuSoYa氏が、『スーパーマリオワールド』のレベルエディタLunar Magic v3.04をリリースしていました。エディタがクラッシュする不具合の修正などが変更点です。


GameGaz Daily 2019.4.3

●ツイッターで、Lapy05575948氏がUnityで開発されたフル管理者権限で動作するPS4向けのファイルエクスプローラアプリケーションPS4-Xplorer BETA 1.10をリリースしていました。5.05以下(4.55、4.75、5.01)のファームウェアのサポートや.sfo/.pkgファイルからの情報読み出しや.ddsイメージのサポートなどが変更点です。本人も大興奮の凄い機能を実装ってどれ?

●FuSoYa氏が、『スーパーマリオワールド』のレベルエディタLunar Magic v3.03をリリースしていました。マリオが水面上を泳いでしまう可能性があった不具合の修正などが変更点です。

●GitHubで、WemI0氏が『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』のSwitch版とWii U版のセーブデータを相互変換することができるWindows向けユーティリティBOTW_SaveConv v1.2をリリースしていました。セーブデータの相互利用が可能になりますが、セーブデータを作成するゲーム自体のバージョンは同じである必要があります。

●Xbox Japan Blogで、マイクロソフトがホワイトの本体色にスケルトンデザインを採用した『Xboxワイヤレスコントローラー(ファントムホワイト)』を2019年4月18日(木)に6,980円(税抜)で数量限定発売すると発表していました。
Xbox_Controller_PhantomWhite


GameGaz Daily 2019.2.12

●GitHubで、theheroGAC氏がYouTubeで動画を見るためのアプリケーションTubeVita 1.05をリリースしていました。YouTubeでのリブートの不具合修正が変更点です。

●FuSoYa氏が、『スーパーマリオワールド』のレベルエディタLunar Magic Version 3.02をリリースしていました。不具合修正が変更点です。

●GitHubで、Maschell氏がNintendo Wii Uのディスクイメージの変換/解凍/検証/復号することができるユーティリティJWUDTool 0.2aをリリースしていました。

●GitHubで、pathartl氏がプレイステーション クラシックでUSBストレージからゲームを起動することができるユーティリティBleemSync 1.0.1をリリースしていました。ソースコードのみ公開で、1月末位までの期間に修正されたコードがマージされている感じです。コードに機能追加は見当たりません。

●SIEが、2019年4月1日付でSIEの現在の社長である小寺剛氏が副社長に、SIE副社長であるJim Ryan(ジム・ ライアン)氏がSIE社長 兼 CEOに就任する旨を発表していました。小寺剛氏はプレイステーションネットワークの業務に集中しするための布陣だそうですが、立場的には降格になるためよく分かりません。一言で言うと社長と副社長をスワップして、元社長はPSN業務に専念してもらうという人事です。適材適所というよりもなんかやらかした感が…

●Xbox Japan Blogで、マイクロソフトが『ディビジョン2』ダウンロード版を同梱したXbox One XおよびXbox One S 1TBを2019年3月15日(金)より数量限定で発売すると発表していました。『Xbox One X (ディビジョン2 同梱版)』は49,980円(税抜)、『Xbox One S 1 TB (ディビジョン2 同梱版)』は29,980円 (税抜)です。