OpenTTD port for Switch一覧

GameGaz Daily 2019.5.17

●Engadgetで、マイクロソフトとソニーがクラウドゲーミングで提携したことを伝えていました。形としてはソニーがクラウドプラットフォームMicrosoft AzureとMicrosoftデータセンターを使いエンターテイメント分野で活用するという話で、PlayStationとXboxが使うクラウドはマイクロソフト担当ということになります。

●GitHubで、joel16氏が再生可能な対応フォーマットが多いVita向けの音楽再生プレーヤーElevenMPV v1.20をリリースしていました。最後に使ったフォルダにデータを保存するようにしたことやSELECTボタンを押すと出る設定メニューの追加などが変更点です。

●GitHubで、rsn8887氏が輸送会社の社長となって鉄道やバス、トラック、列車、船、飛行機を使い街を発展させ資金を稼ぐシミュレーションゲームTransport Tycoon Deluxe(トランスポートタイクーンDX)をSwitchに移植したOpenTTD port for Switch v1.05をリリースしていました。右クリックのドラッグスクロールの不具合修正が変更点です。

●GitHubで、retronx-teamのp-sam氏がNIntendo Switchでのプレイモードごと(TVモード/携帯モード)とアプリケーション毎(タイトルIDごと)にCPU/GPU/メモリのクロック周波数(オーバークロック/アンダークロック可)をConfigファイルで設定することができるユーティリティsys-clk 0.12.3をリリースしていました。スケーリングタイトルに対応するためポーリングのタイミングを変更したマイナーアップデートです。

●GitHubで、RetroGamer74氏がNintendo Switch向けのカスタムファームウェアを選択して起動するブートマネジャーRetroReloaded CFW 2.10をリリースしていました。SX Dumper 2.0.2とChoiDujourNX v1.0.2のアップデートなどが変更点です。

●GitHubで、fourminute氏がSwitch向けタイトルマネージャーTinfoilにNSPファイルをUSB/ネットワーク経由で送るためのPC(Windows/Mac/Linux)で動作するPython GUIアプリケーションFluffy v2.8.0をリリースしていました。Goldleaf v0.5への対応などが変更点です。

●IGN Japanで、9月19日に発売予定の「メガドライブミニ」の収録タイトルについて、これまでに発表されていた20タイトルに加え発表第3弾として10タイトルが発表されたことを伝えていました。

・『大魔界村』
・『ストリートファイターII ダッシュプラス CHAMPION EDITION』
・『ロックマンメガワールド』
・『ゴールデンアックス』
・『ザ・スーパー忍』
・『ファンタシースター~千年紀の終りに~』
・『ストーリー オブ トア ~光を継ぐ者』
・『タントアール』
・『パーティクイズMEGA Q』
・『幽☆遊☆白書 魔強統一戦』

また、セガは『メガドライブミニ』対応のコントロールパッドも発売します。

●ファミ通.comで、Nintendo Switchの国内累計販売台数が812万台を突破し、PS4とPS4 Proの合計累計販売台数を上回り現行の家庭用ゲーム機でトップとなったことを伝えていました。なお、ニンテンドーWiiは任天堂の据え置きゲーム機の中で最も販売台数が多いハードですが、Nintendo Switchの販売はそのWiiを上回るペースで売れているようです。


GameGaz Daily 2019.5.3

●ツイッターで、Lapy05575948氏がUnityで開発されたフル管理者権限で動作するPS4向けのファイルエクスプローラアプリケーションの次期バージョンPS4-Xplorer 1.14での各種言語の翻訳入力フォームを公開したことを公表していました。翻訳フォームはここに用意されています。要するに下の画面を各種言語で表示する予定です。
PS4-Xplorer 114
日本語も募集対象ですが、数を表すための日本語にはない概念(具体的には1 elementと5 elementsという数字の後に来るelement/elementsの日本語翻訳)が対象になっており、どんな数字が来ても必ず使える日本語になるようにするのはちょっと…そういうときは必殺のカタカナが定番ですが、「1エレメント」「5エレメント」…だと何のことか余計分からなくなります。さらに言うとelementとelementsの差を出さないと、日本語知らない外国の方は理解してくれないですし。一応、応募はしておきました。

●PSX-Placeで、Znullptr氏がマルチプラットフォーム向けのセガDreamcastエミュレータReicastをPS4に移植したReicast PS4のベータ版を開発中で、現時点でのデモ動画が公開されたことを伝えていました。動画では『Rayman 2: The Great Escape』(日本版は『レイマン 海賊船からの脱出!』)をプレイしていますが、再現度はまだまだという感じです。

●PSX-Placeで、SocraticBliss氏がPS4のクラッシュダンプデータを復号化するpythonスクリプトCrash Dump Decryptorをリリースしたことを伝えていました。オリジナルはかつてfail0verflowチームがリリースしていたもので、現状に合わせてリニューアルしたようです。

●GitHubで、RetroGamer74氏がNintendo Switch向けのカスタムファームウェアを選択して起動するブートマネジャーRetroReloaded CFW 2.04をリリースしていました。8.0.xをサポートしたSX OS 2.7 Betaへのアップデートが変更点です。
[追記]
具体的にどこなのかは不明ですがリリースバージョンの修正だけを施したRetroReloaded CFW 2.05が公開されています。機能としては2.04と変わっていないようです。
[さらに追記]
SX OS 2.7.1 BetaへとアップデートしたRetroReloaded CFW 2.06が公開されています。

●GitHubで、rsn8887氏が輸送会社の社長となって鉄道やバス、トラック、列車、船、飛行機を使い街を発展させ資金を稼ぐシミュレーションゲームTransport Tycoon Deluxe(トランスポートタイクーンDX)をSwitchに移植したOpenTTD port for Switch v1.04をリリースしていました。8.0.xでクラッシュする可能性があるためlibnx v2.2.0で再コンパイルしたことが変更点です。


GameGaz Daily 2019.4.26

●ツイッターで、Lapy05575948氏がUnityで開発されたフル管理者権限で動作するPS4向けのファイルエクスプローラアプリケーションPS4-Xplorer BETA 1.12をリリースしていました。タイトルIDを変えた(旧バージョンはアンインストール必要)ことなどが変更点です。

●GitHubで、RetroGamer74氏がNintendo Switch向けのカスタムファームウェアを選択して起動するブートマネジャーRetroReloaded CFW 2.02をリリースしていました。8.0.0/8.0.1をサポートしたReiNXのアップデートなどが変更点です。ただしReiNXにはsigpatchが抜けているとRetroGamer74氏は言ってます。

●GitHubで、bearoso氏がLibretroコアとして使用するスーパーファミコンエミュレータSnes9x 1.60をリリースしていました。最適化よる若干のスピードアップなどが変更点です。

●GitHubで、rsn8887氏が輸送会社の社長となって鉄道やバス、トラック、列車、船、飛行機を使い街を発展させ資金を稼ぐシミュレーションゲームTransport Tycoon Deluxe(トランスポートタイクーンDX)をSwitchに移植したOpenTTD port for Switch v1.03をリリースしていました。AI互換スクリプトファイルをバンドルしたことなどが変更点です。

●ツイッターで、Team RebugのAboshi2011氏(evilsperm氏)がSwitchME向けペイロードhekate ctcaer 4.10.1J.uf2をリリースしていました。

●任天堂が、過去に販売したゲーム機すべての2019年3月末時点での販売実績データを公式サイトで公表していました。バカ売れしたNinendo DSがいかに凄かったのかが分かります。ファミコン+スーファミ+64+ゲームキューブでようやくDS超えるレベルです。なお、Switchの販売台数はすでにNINTENDO 64を超えました。
なお、IRカレンダーによると昨日4月25日(木)に2019年3月期 決算発表があり(今日は2019年3月期 決算説明会)、日経は古川俊太郎社長が「スイッチが非常に早いペースで売れている」と語ったものの、Switchが3年目に入り、Wiiでさえ3年目には売れ行きが失速した「魔の3年目」を超えるために持ち運びが一段と容易なスイッチの小型版を投入する計画であると伝えています。
小型版SwitchについてはE3での発表が期待される流れですが、発表会に参加したと思われるコンサルティングビジネス会社カンタンゲームズのCEOであるSerkan Toto氏のツイートによると、決算発表の場で任天堂は6月のE3では新ハードの発表はないと明言したようです。

●Xbox Japan Blogで、マイクロソフトがゴールデンウィーク期間中の2019年4月27日(土)から2019年5月6日(月)まで、Xbox One本体を5,000円(税抜)引きで販売する「Xbox One 本体どれでも5,000円OFFセールキャンペーン」を実施すると発表していました。「Xbox One S 1TB All-Digital Edition」は発売前のため対象外です。

●GitHubで、Reisyukaku氏がNintendo SwitchのカスタムファームウェアReiNX v2.2.1をリリースしていました。8.0.xのスリープモードバグの修正が変更点です。


GameGaz Daily 2019.3.14

●PSX-Placeで、RandomDude氏がPS3のXMBをモディファイしたいユーザー向けに.PNGファイルをGIMファイルに変換したりファイルのダンプやコンパイルをすることができるWindows向けユーティリティRCOMAGE Mod 1.4をリリースしていました。Ps3dxt1変換やGIM > PNG変換設定を追加したこなどが変更点です。

RCOMAGE Mod 1.4

RCOMAGE Mod 1.4

●GitHubで、Blastrock氏がNoNpDrmの偽ライセンスやVita上でのpkg、ダウンロードコンテンツ、PSP/PSXの直接ダウンロード・アンパック化、インストールを行うことができるユーティリティpkgj v0.51をリリースしていました。ISOファイルで一部PSPゲームをダウンロードする際の不具合の修正が変更点です。

●GitHubで、rsn8887氏が輸送会社の社長となって鉄道やバス、トラック、列車、船、飛行機を使い街を発展させ資金を稼ぐシミュレーションゲームTransport Tycoon Deluxe(トランスポートタイクーンDX)をSwitchに移植したOpenTTD port for Switch v1.02をリリースしていました。lzmaとlzo2のデータ圧縮ライブラリを使ってコンパイルすることで昔のセーブデータやシナリオをロードできるようにしたことや、左アナログスティックでのポインター操作をしやすくするために ZR(遅) / ZL(早)ボタンを押しながら操作できるようにしたことなどが変更点です。

●GitHubで、emu_kidid氏がSD GeckoやIDE-EXIからゲームキューブのバックアップを起動させることができるオープンソースユーティリティSwiss v0.4 r634をリリースしていました。開発中段階ではあるもののバックアップの読み込み方法改良版を実装したことなどが変更点です。


GameGaz Daily 2019.3.9

●ツイッターで、SpecterDev氏がPS4の6.50で対策されてしまったことが明らかになったWebkit exploitを6.20向けでPS4 6.20 WebKit Code Execution PoCとしてリリースしていました。「俺のWebkit exploitが対策されていた」と言っていたexploitのリリースです。GitHubで公開されています。脆弱性にはCVE-2018-4441という識別子が与えられているので対策されるのは時間の問題だったことになりますね。

●ツイッターで、RetroGamer_74氏がオープンソースの横スクロール型フリーゲームRedRunnerをVitaに移植したRedRunner 1.0をリリースしていました。
RedRunner

●GitHubで、angguss氏が輸送会社の社長となって鉄道やバス、トラック、列車、船、飛行機を使い街を発展させ資金を稼ぐシミュレーションゲームTransport Tycoon Deluxe(トランスポートタイクーンDX)をVitaに移植したOpenTTD Vita v0.3をリリースしていました。

●GitHubで、rsn8887氏が輸送会社の社長となって鉄道やバス、トラック、列車、船、飛行機を使い街を発展させ資金を稼ぐシミュレーションゲームTransport Tycoon Deluxe(トランスポートタイクーンDX)をSwitchに移植したOpenTTD port for Switch v1.01をリリースしていました。
OpenTTD

●GitHubで、CTCaer氏がbootloader/package1のリプレイスペイロードhekate_iplを 全NAND(USER/BOOT0/BOOT1パーティション)をダンプするようにしたMOD版hekate – CTCaer mod v4.9をリリースしていました。AtmosphereのFuséeセカンダリーストレージの構文解析をサポートしたことや、バックアップ/リストア/ベリファイのパフォーマンス向上などが変更点です。

●ツイッターで、Team RebugのAboshi2011氏(evilsperm氏)がMODチップSwitchMEが標準ペイロードとしているhekate – CTCaer modのアップデートを受けSwitchME向けペイロードCTCaer hekate 4.9 uf2をリリースしていました。

●GitHubで、 WerWolv氏がNintendo Switch向けのセーブデータダンパEdiZon v3.0.0EdiZon v3.0.1をリリースしていました。RAMエディタライクなチートエンジンを実装およびAtmosphèreのチートをサポートしたこと(v3.0.0)や、アイコンの変更とスタックオーバーフローを起こす不具合の修正(v3.0.1)などが変更点です。

●GitHubで、noahc3氏が旧SDFilesSwitchから名称を変更したNintendo Switch向けのペイロードhekateやAtmosphereを実行するために必要なファイルをまとめたオールインワンパッケージツールKosmos v11.11をリリースしていました。AtmosphereとHekate、EdiZonのアップデートやLockpick_RCMの追加などが変更点です。

●Cemuチームが、ニンテンドーWii Uの市販ゲームのバックアップを起動することができるWindows向けWii Uエミュレータの正式版Cemu 1.15.3bをリリースしていました。マイクロスタッター(動きがチラチラしたりカクカクすること)を減らしたことなどが変更点です。