MechaPwn一覧

GameGaz Daily 2022.5.1

●ツイッターで、LightningMods_氏がPS4のブルーレイドライブ故障でアップデートできない本体を9.00にアップデートするためのアップデータNoBD Updaterをテスト用途でリリースしていました。今まではPS4の6.72と7.55向けだけでしたが今回は5.03から7.5xと対象ファームウェアが増えています。

●GitHubで、Rinnegatamante氏がYoYo Gamesのゲーム開発ツールGameMaker Studioで作成したAndroid向けゲームをVitaで動作するようにするためのローダーYoYo Loader Vita Nightly 2022-04-30をリリースしていました。メモリ確保のため起動時にランタイムシェーダーコンパイラを解放するようにしたことなどが変更点です。

●GitHubで、balika011氏がPS2のSCPH-5000XからSCPH-90000XまでのモデルでMechaconチップのデータを書き換えることによりリージョンチェックの無効化してPS2ディスクを起動したりバックアップPS1ディスクを起動したりすることができるMechaPwn 3.0 Release Candidate 3 (RC3)をリリースしていました。インフォメーションスクリーンの追加などが変更点です。

●GitHubで、exelix11氏がNintendo Switchのゲームキャプチャ動画出力をUSBまたはネットワーク(TCP)でPCへ送ることができるシステムモジュールSysDVR v5.3をリリースしていました。SysDVRのクライアントアプリ(Windows)を.NET 6でビルドしたことなどが変更点です。

●GitHubで、Crementif氏がWii UでWii U/Wiiのゲームディスクダンプやダウンロードタイトルのゲーム本体やアップデート、ダウンロードコンテンツのダンプやCemuのオンラインプレイのセットアップに使うためのファイルをダンプすることができるユーティリティdumpling v2.4.0をリリースしていました。Wiiのゲームディスクダンプに対応したことなどが変更点です。

●GitHubで、V10lator氏がWii Uのコンテンツを任天堂のアップデートサーバー(NUS: Nintendo Update Server)から直接Wii Uにダウンロード・インストールすることができるユーティリティNUSspli v1.90をリリースしていました。SDL_FontCacheの不具合修正などが変更点です。

●GitHubで、xemuチームがWindows/macOS/Linux(Ubuntu)向けの初代Xboxエミュレータxemu 0.6.5をリリースしていました。

●NIKKEI Asiaで、任天堂は需要が旺盛なNintendo Switchについて増産をしたいが半導体不足の影響で今年度の販売台数を2021年度の10%減と見込み、売り上げ減少を補うため代わりにソフトウェアをより多く投入する計画だと伝えていました。


GameGaz Daily 2022.4.28

●Game Developerで、情報筋からの話としてSIEがゲームディベロッパに対して卸売価格が34ドル/33ユーロ/日本円だと4000円を超えるゲームについては最低でも2時間はお試しでプレイできるようにするトライアル版を制作することを要求していると伝えていました。(liyuqiさん情報ありがとね)

●ツイッターで、テスターを募集していたnobd updater(ブルーレイドライブ故障でアップデートできない本体を9.00にアップデートするためのアップデータ)のテストが完了し起動率100%だったとしてそれをペイロードの形でnobd_payloadをリリースしていました。今後ガイドを作成してウェブサイトで公開する計画もあります。

●GitHubで、Chronoss09氏がPS4のGoldHENに導入されたチート機能を利用して適用できるチートをゲームプレイ時にHOME画面でメニュー形式で表示し適用させることができるユーティリティGoldHEN Cheats Pack PKG v1.0.4をリリースしていました。”FINAL FANTASY XV POCKET EDITION HD”などのチートが追加されています。

●GitHubで、Rinnegatamante氏がYoYo Gamesのゲーム開発ツールGameMaker Studioで作成したAndroid向けゲームをVitaで動作するようにするためのローダーYoYo Loader Vita Nightly 2022-04-27をリリースしていました。アニメバナーの不具合修正などが変更点です。

●GitHubで、DRok17氏がPS VitaのLiveAreaバブルを簡単に作成することができるRetroBuilder(RetroArchとDaedalusX64用)/ FAKE08-Builder(ゲーム開発ツールPICO-8用)/ ScummVM-Builder(クラシックグラフィックアドベンチャーゲームエンジンScummVM用)/ Bubble-Builder(VitaのHomebrewやAdrenalineのPSP/PS1バックアップ)をまとめたWindows向けユーティリティMulti-Builder v1.1をリリースしていました。YoYo Loader Vita対応ゲーム(Game Maker Studioでビルドした.apkファイル)のためのモジュール追加などが変更点です。

●GitHubで、Inori氏がPC向けのPlaystation 4エミュレータGPCS4 v0.1.0をリリースしていました。仮想CPUの導入などが変更点です。

●GitHubで、xemuチームがWindows/macOS/Linux(Ubuntu)向けの初代Xboxエミュレータxemu 0.6.3-8-g30a872fa83をリリースしていました。

●GitHubで、wavemotion氏がNintendo DS/DSi向けのコレコビジョンエミュレータColecoDS 7.0をリリースしていました。1982年に発売されたVTechのCreatiVisionサポートなどが変更点です。

●Valveが、ポータブルゲーム機Steam DeckのSteam OSおよびファームウェアのアップデートをリリースしていました。Windows 11用にfTPMサポートを提供する新BIOSが準備中とされていましたが、今回の注目はそのfTPMのアップデートによりWindows 11のインストールを可能にしたことです。Windowsドライバーは既に提供開始されています。

●ツイッターで、NXTeam Studiosが、ゲームの互換性を向上させたAndroid向けのNintendo SwitchエミュレータEgg NS Emulator 3.0 Beta4をリリースしていました。まだ最終版ではなく、あくまでもベータ版となっています。

●PushSquareで、SIEが6月1日から開始するPS PlusとPS NOWを統合した新サービス”PlayStation Plus”(PS Plus)の上位サービスPlayStation Plus Premiumでプレイできるゲームが公式サイトから流出し始めていると伝えていました。ゲームのボックスアートがソニーのサーバー上にあって見える状態になっていることが海外掲示板のRedditで話題になっています。リージョン毎にプレイできるゲームが異なるため日本でリリースされるかどうかは分かりませんが、少なくとも北米では『Tekken 2』『Ridge Racers 2』『Mr. Driller』が存在するようです。

●GitHubで、balika011氏がPS2のSCPH-5000XからSCPH-90000XまでのモデルでMechaconチップのデータを書き換えることによりリージョンチェックの無効化してPS2ディスクを起動したりバックアップPS1ディスクを起動したりすることができるMechaPwn 3.0 Release Candidate 2 (RC2)をリリースしていました。PSX DESRのサポートやUSB HDDのシャットダウンサポートなどが変更点です。3.0 RC1も存在したようですが、バグがあったため引き下げたようです。


GameGaz Daily 2021.4.6

●GitHubで、balika011氏がPS2のSCPH-5000XからSCPH-90000XまでのモデルでMechaconチップのデータを書き換えることによりリージョンチェックの無効化してPS2ディスクを起動したりバックアップPS1ディスクを起動したりすることができるMechaPwn 2.00をリリースしていました。ディスクドライブへのアクセスが可能になる、Neo GeoエミュレータやCDやDVDのROMディスクを使うPS2 Linuxに必要な強制アンロック機能の追加などが変更点です。

●GitHubで、TheFearsomeDzeraora氏が任天堂が使っているフォントデータを編集することができるWindows/Linux向けユーティリティNintyFont v1.0-alpha2をリリースしていました。Shift-JISフォントのサポートなどが変更点です。

●GitHubで、RocketRobz氏がDS/DSi/3DS/2DS向けのオープンソースメニューTWiLightMenu++をインターネットに接続したデバイス上で直接アップデートすることができるユーティリティTWiLightMenu-Updater v4.5.0をリリースしていました。これで開発終了のようで、アーカイブ化されました。Universal-Updaterの使用推奨とされています。

●ツイッターで、MorsGames氏がデコンパイル版の『スーパーマリオ64』のPC移植版をモディファイしてより応答性の高いコントロールやカメラの改善などを施したSuper Mario 64 Plusをリリースしていました。オリジナルゲームのROMがないと全てのデータが揃わない仕組みになっています。

●Dolphin Teamが、Windows/macOS/Android向けのGamecube/WiiのエミュレータDolphinの2020年12月および2021年2月および3月の開発進行状況レポートを公表していました。ユーザーがカメラを操作するFree Look機能の拡張やソフトウェアレンダラーの改良などが行われたことなどが報告されています。