Xbox Series S一覧

GameGaz Daily 2020.11.6

●TheVergeで、PlayStation 5は発売時にはSSDストレージの拡張には未対応となっていることを伝えていました。具体的な時期は不明ですが将来のアップデートでSSDストレージ増設に対応する予定となっているようです。

●IGNで、Sony Europeが公式に認めた話としてPlayStation 5は1440pの解像度をネイティブサポートしていないことを伝えていました。1440pのゲーミングモニターでは性能を発揮できないことになります。

●Destructoidで、マイクロソフトのXbox Series Sは512GBのSSDのうちシステムが29%を使用しているためユーザーに開放されているのは364GBしかないことを伝えていました。『Call of Duty:Black Ops ColdWar』をインストールするには136GBの空き容量が必要なため、364GBはかなり心許ない数字です。

●任天堂が、2020年9月中間連結決算を発表し四半期純利益が前年同期(620億円)の3.4倍となる2131億円となったことを発表していました。Switch本体も前年同期の683万台に対して1253万台と1.8倍に増え、全世界累計販売台数は6300万台を超えています。

●GitHubで、capsterx氏がオープンソースの2DアクションRPG向けゲームエンジンsolarus engine 1.6.4 for switch v0.4(Switch GUI 0.4-luajit)solarus engine 1.6.4 for switch v0.4.1(Switch GUI 0.4.1-luajit)していました。alt/shift/controlが押された際の動作の修正が変更点です。

●GitHubで、 Roet-Ivar氏がwebMAN MODをインストールしたPS3でPS1/PS2/PS3/PSPのISOをマウントして直接XMBから起動できるようにするためにISOをPS3へインストールできるPKGに変換するWindows/Linux向けユーティリティwebMAN Classics Maker v2.2.0 RC-7をリリースしていました。


マイクロソフトの本気 予約開始前にXbox Series Sの価格改定で値下げ発表

日本マイクロソフトが、次世代ゲーム機Xbox Series Sの価格を改定し32,980円(税抜)から29,980円(税抜)への値下げを発表していました。

xbox series s
→→→この記事の続きを読む


Xbox Series S発表は予定外だった。本来発表イベントで流すべきだった動画が流出

Thurrottで、本来なら来週マイクロソフトはXbox Series S(Series Xの価格なども)を発表するバーチャルイベントを予定していたが、事前に情報がリークされてしまいご破算になったことを伝えていました。

xbox-series-s-and-x-together

→→→この記事の続きを読む