WFS Tools一覧


GameGaz Daily 2017.9.20

複数の方からflogの起動の情報をいただいておりますが、この記事に追記しており、別記事にはしておりませんのでご了承ください。(karageさん、はえてないさん情報ありがとね)

●PSXHAXで、s1cp(Some1CP)氏がNoNPDRMのRIFファイルを展開することができるWindows向けユーティリティVita RIF Eextractor v0.1をリリースしたことを伝えていました。ソースコードはGitHubで公開されています。

●ツイッターで、Rinnegatamante氏がPS VitaのHomebrewやHENkaku/taiHEN環境向けのプラグインなどをデータベース化して保管するVPKリポジトリVitaDBがVitaShellの新機能QRコードリーダーを利用して簡単にダウンロードができるようQRコード表示に対応したことを発表していました。

●GitHubで、ONEluaチームがVitaのeCFW 6.61Adrenalineのバブルアイコンを作成・管理することができるユーティリティAdrenaline Bubble Manager v3.06をリリースしたことを伝えていました。新しいバブルのイメージリソースを8ビットに変換したことなどが変更点です。

●Supercardフォーラムで、PentiumMMX氏がPSP向けのアーケードエミュレータFinal Burn AlphaをSupercard DSTWOのプラグインとして移植したFBA4DStwoをリリースしていました。

●WiiDatabaseで、FIX94氏がニンテンドーWii UのvWii(Wiiモード)でゲームキューブ起動を可能にするバックアップローダーNintendont v5.457をリリースしたことを伝えていました。Wii VC内のgame.isoファイルが起動するようになったことなどが変更点です。

●GitHubで、FIX94氏がHomebrewでWii U GamePad入力を実装するための開発者向けライブラリlibwiidrc v1.1をリリースしていました。プレビルド版とデモのboot.dolファイルが公開されています。

●wololo.netで、Yellows8氏とPlutoo氏がNintendo SwitchでユーザーモードHomebrewを開発するための開発者向けCライプラリlibnxをリリースしたことを伝えていました。3DS向けのライブラリlibctruをベースにしています。ソースコードはGitHubで公開されています。

●GBATempで、KhaderWelaye氏がWiiのISOファイルをWii UのバーチャルコンソールとしてインストールできるようにするためのWindows向けユーティリティWiiVC Injector Script v2.0.2をリリースしていました。GCM(GameCube ROM)のインジェクションサポート(要Nintendont)などが変更点です。(ディグダさん、yuyuyuさん情報ありがとね)

●GitHubで、koolkdev氏がニンテンドー Wii Uのファイルシステム(WFS)向けのライブラリとツールWFS Tools v0.6.43をリリースしていました。wfslib v0.6.43への更新などが変更点です。


GameGaz Daily 2017.8.13

●GBATempで、Normmatt氏やSciresM氏、kitling氏らがmagnethax + DS Flashcartでbrickした3DSを起動可能にするためのNTRBootをリリースしたことを伝えていました。サポートしているDS Flashcartは現時点では
Acekard 2i HW-44
Acekard 2i HW-81
R4i Gold 3DS RTS
です。(しゃるんさん、そりゅうさん情報ありがとね)

●GitHubで、koolkdev氏がニンテンドー Wii Uのファイルシステム(WFS)向けのライブラリとツールWFS Tools v0.5.39をリリースしていました。変更内容がv5.1.7と同じですが、v5.1.7自体がv0.5.39に差し変わってします。

●PSXHAXで、zecoxao氏がPS4の 1.76でwebkit exploitを利用し各種ハックを行うポータルサイトを1.50bのファームウェアに移植したPS4 playground 1.50bをリリースしたことを伝えていました。

●GBATempで、CTCaer氏がNintendo SwitchのJoy-Conの表示色を変更したりSPI flashメモリのバックアップなどをすることができるWindows向けユーティリティJoy-Con Toolkit v1.5.2をリリースしていました。バッテリー表示を追加したことなどが変更点です。最近出荷されたJoy-Conへの互換性向上などが変更点です。

●GitHub、koolkdev氏がWii Uを過去にハックしたことがありOTPやSEEPROMのバックアップファイルを持っているような場合、これらファイルを入れ替えることで5.5.2に過ってアップデートしてしまったWii Uを再びハック可能な状態に戻すことができるユーティリティHaxchi PC Installer v0.2.18をリリースしていました。(通りすがりさん情報ありがとね)

●GitHubで、GabyPCgeeK氏がRyuzaki_MrL氏の開発したWii U/vWiiのセーブデータをSDカードにバックアップしたりSDカードからリストアしたりすることができるユーティリティSavemiiのMOD版Savemii 1.2.0.mod5をリリースしていました。ゲームリストには小さいアイコンを、タスク画面には大きいアイコンを表示するようにしたことなどが変更点です。

●GitHubで、DavisDev氏がFTPサーバーに接続してファイルのやりとりを行うことができるPS Vita向けのFTPクライアントアプリケーションFTPzilla Vita v0.9をリリースしていました。


GameGaz Daily 2017.8.12

●/talkフォーラムで、VitaHEX gamesがVitaのカメラアプリにはない明るさやコントラスト、ホワイトバランス、アスペクト比などをタッチパネルを使って設定することができるカメラアプリPRO Camera Vita v1.0をリリースしたことを伝えていました。

●Maxconsoleで、xorloser氏がPS4/PS4 Slim/PS4 ProのマザーボードでシリアルUART/Sysconと接続するポイントやPS4 MTX Keyを接続するFlashメモリのピン配列の情報を公開したことを伝えていました。

●PSX-Placeで、CaptainCPS-X氏がEstwald氏の開発したPS3の温度に応じてファンの速度を管理してくれるユーティリティControl Fan Utility v1.7のソースコードのリポジトリをGitHubに用意したと発表していました。リポジトリはhttps://github.com/CaptainCPS/controlfanutilityです。

●GitHubで、koolkdev氏がニンテンドー Wii Uのファイルシステム(WFS)向けのライブラリとツールWFS Tools v0.5.17をリリースしていました。セクターサイズ検出に失敗するエラーの修正が変更点です。

●leecherman(LMAN)氏が、PSP/PS1バックアップゲームやHomebrewをVitaのLiveAreaのバブルから直接起動することができるプラグインAdrBubbleBooter(Adrenaline Bubble Booter) v0.5をリリースしていました。ゲームを起動できるuma0パーティションサポートなどが変更点です。(KOHさん情報ありがとね)


GameGaz Daily 2017.8.7

●PSX-Placeで、Joel16氏がVitaでVSH Menuを表示するVita向けtaiHENプラグインUltimate VSH Menu v1.00をリリースしていました。

●GitHubで、Yifan Lu氏がUSBストレージデバイスをVitaのメモリーカードとしてマウントすることができるプラグインusbmc v4をリリースしていました。

●GitHubで、Voxel9氏がHENkaku EnsoをインストールしたVitaにTestkitファームウェアをインストールしたりTestkitバージョン偽装プラグインをインストールすることによりデバッグ設定を有効にすることができるユーティリティTestkit Installer Deluxe v0.1-alphaをリリースしていました。

●GitHubで、koolkdev氏がニンテンドー Wii Uのファイルシステム(WFS)向けのライブラリとツールWFS Tools v0.4をリリースしていました。wfs-file-injectorの不具合修正が変更点です。

●GitHubで、d0k3氏がニンテンドー3DSのSDカードやNANDパーティションのファイル/フォルダコピーや削除、リネームなどを行うことができるファイルブラウザGodMode9 v1.3.0をリリースしていました。RTC (リアルタイムクロック)サポートなどが変更点です。

●GitHubで、RiiConnect24チームのlarsenv氏がWii/Wii UのIOS31とIOS80にパッチをすることでRiiConnect24(WiiConnect24のサードパーティによる代替サービス)に接続するためのMac/Windows向けユーティリティIOS Patcher v1.7.5をリリースしていました。自動アップデート機能の実装などが変更点です。

●PSX-Placeで、BenMitnicK氏がuma0をサポートした上で最新のAdrenalineソースコードでコンパイルしたAdrenalineのMOD版adrenaline-ENをリリースしていました。umaはUSBドライブをマウントするディレクトリで、SD2Vita(ゲームカードのmicroSDアダプター)がuma0:へマウントできたりします。