Stadia一覧

GameGaz Daily 2021.2.3

●Kotakuで、GoogleがゲームストリーミングサービスGoogle Stadiaについてモントリオールとロサンゼルスにある社内のファーストパーティスタジオであるゲーム開発スタジオを閉鎖し、ゲームパブリッシャーが直接ゲームストリーミングをするためのプラットフォームを提供する方針に変更したことを伝えていました。これは鳴り物入りでゲーム事業に参入したGoogle Stadiaが思ったように収益を上げられていないことを意味していますが、収益性がないと判断するとすぐサービスをやめるGoogleにしては緩やかな方針転換です。AppleのゲームサブスクリプションサービスApple Arcadeも同様に不調のようですし、任天堂もスマホゲーム自体で収益を上げている訳ではないため、汎用ハード向けのゲームサービスというのは今のところゲーム単体のヒットこそあるものの、ゲームプラットフォームとして成功している状況にはなっていません。

●GitHubで、 Team-NeptuneがNintendo SwitchのカスタムファームウェアAtmosphereをベースにオールインワンパッケージツールKosmos同様必要なものをすべてSDカード内に用意することで機能的に内包するような形にしたカスタムファームウェアオールインワン詰め合わせセットDeepSea v2.0.0DeepSea v2.0.1をリリースしていました。Atmosphereを0.18.0にアップデートしGoldleaf/NSAInstaller/DeepSea Updaterの削除とTinWoo/AiO-switch-updater/DeepSea Assets/MissionControlの追加を実施(v2.0.0)したことが変更点ですが、そのv2.0.0に不具合があったようで修正版としてv2.0.1がリリースされています。

●GitHubで、tomvita氏がNintendo Switchでチートをするためにゲームに影響を与えるメモリーの位置を検索したりチートコードを作成したりすることができるユーティリティSE-tools v1.5をリリースしていました。EdiZon-SE 3.8.09やPointerSearcher-SE 0.5.10、Noexes 1.4.153のコンポーネントを更新したことなどが変更点です。

●GitHubで、larsenv氏がNintendo Wiiでメールの送受信をサービスが終了しているWiiConnect24から代替サービスRiiConnect24に切り替えるためにパッチを行うことができるユーティリティMail Patcher v1.3.2をリリースしていました。チェックの追加やDolphin起動時の終了時間増加が変更点です。

●GitHubで、Ryochan7氏がDualShock 4をWindowsが標準で対応しているXbox 360のコントローラーとしてエミュレートすることで、DualShock 4のパフォーマンスを発揮させつつWindowsPCで多くのゲームに対応するコントローラーとしての使用を可能にするユーティリティDS4Windows v2.2.4をリリースしていました。ジャイロのスワイプ方向出力モードの追加や不具合修正などが変更点です。

●GitHubで、 dborth氏がニンテンドーWii向けのスーパーファミコンエミュレータSnes9x GX 4.5.0をリリースしていました。スクリーンショット用に最大画像サイズを640×480に変更したことや不具合修正などが変更点です。

●GitHubで、dborth氏がニンテンドーWii/GameCube向けのファミコンエミュレータFCE Ultra GX 3.4.9をリリースしていました。スクリーンショット用に最大画像サイズを640×480に変更したことや不具合修正が変更点です。

●GitHubで、dborth氏がニンテンドーWii/GameCube向けのGBA/GBC/GBエミュレータVisual Boy Advance GX 2.4.3をリリースしていました。スクリーンショット用に最大画像サイズを640×480に変更したことや不具合修正が変更点です。

●GitHubで、weihuoya氏が3DSエミュレータCitraを非公式にAndroidに移植したCitra for Android 20210202をリリースしていました。

●GitHubで、Rubberduckeycooley氏が『ソニック・ザ・ヘッジホッグ1&2 』海外版(iOS/Android版)のデコンパイル版としてWindowsに移植したSonic-1-2-2013-Decompilation v1.1.1をリリースしていました。最新のsyntaxスクリプトで動作するようコンパイラを更新したことなどが変更点です。


GameGaz Daily 2019.11.23

●GitHubで、RetroGamer74氏がNintendo Switch向けのカスタムファームウェアを選択して起動するブートマネジャーRetroReloaded CFW 3.77をリリースしていました。Checkpoint 3.7.3へのアップデートが変更点です。

●GitHubで、Gericom氏がDS/DSi/3DSのDSモードでGBAゲームを起動するハイパーバイザ’として動作するバックアップローダーGBARunner2 v20191122-155912をリリースしていました。masterとwifi_linkのコードのマージが変更点です。

●GitHubで、 niuus氏がニンテンドーWii/GameCube向けのスーパーファミコンエミュレータSnes9x GXをベースにした改良版Snes9x RX v4.5.0 – 20191122をリリースしていました。Xbox 360の有線コントローラーをサポートしたことなどが変更点です。

●PSX-Placeで、esc0rtd3氏がPS3のHFW 4.85向けのPS3XploitツールFlash Writer v2.0.2をリリースしたことを伝えていました。4.85 HFWをサポートしたことは変更点です。

●Gamesindustry Japan Editionで、GoogleのゲームストリーミングサービスGoogle Stadia海外レビューのまとめ記事を掲載していました。評論家陣のレビューは全体的には画質面で辛口コメントで、今後の可能性への期待だけは評価がそこそこあるという感じのようです。

●Cemuチームが、ニンテンドーWii Uの市販ゲームのバックアップを起動することができるWindows向けWii Uエミュレータの正式版Cemu 1.15.19をリリースしていました。アカウントマネージャ0追加したこと(アカウントごとのセーブデータ作成に対応)したことなどが変更点です。

●Wiimm氏が、マリオカートWiiやスーパーマリオギャラクシーのモディファイをするためのWindows/Linux/Mac用コマンドラインユーティリティWiimms SZS Tools v2.10a r8023をリリースしていました。一部コマンドにオプションを追加したことなどが変更点です。

●GitHubで、noahc3氏がNintendo Switchに”フェイクニュース”を含むセーブデータをインジェクトすることでブラウザ起動のエントリーポイントとすることができるユーティリティFake News Injector v1.1.0をリリースしていました。


月額600円と発表の定額制ゲームサービス Apple Arcadeから考えるこれからのゲームとは

本日早朝にApple Special Eventが開催され、Appleのアーケードゲーム定額プレイし放題サブスクリプションサービス「Apple Arcade」が正式発表されました。

Apple Arcade

→→→この記事の続きを読む