spine一覧

GameGaz Daily 2021.9.25

●GitHubで、yyoossk氏がNintendo SwitchのカスタムファームウェアAtmosphereをベースに必要なツールをまとめた初心者に優しいオールインワンパッケージAtmosphere-with-Hekate 13.0.0をリリースしていました。Atmosphere 1.1.1とhekate v5.6.2 & Nyx v1.0.7が含まれています。

●GitHubで、borntohonk氏がNintendo SwitchのAtmosphereでタイトルマネージャーTinfoilをネイティブサポートすることを目的としたモディファイ版カスタムファームウェアNeutOS 1.1.1-99c74469をリリースしていました。Atmosphere 1.1.1更新に伴うリリースです。

●GitHubで、THZoria氏がNintendo SwitchのカスタムファームウェアAtmosphereを中心に、勝手なブートロゴなどを付けないようにしたカスタムファームウェアオールインワン詰め合わせセットPack Atmosphere Vanilla(AtmoPack-Vanilla) 2.0.7をリリースしていました。Atmosphere 1.1.1更新に伴うリリースです。

●GitHubで、carcaschoi氏がNintendo SwitchのカスタムファームウェアAtmosphereを中心に必要なものをすべてSDカード内に用意することで機能的に内包するような形にしたカスタムファームウェアオールインワン詰め合わせセットShallowSea v2.4.3をリリースしていました。Atmosphere 1.1.1更新に伴うアップデートです。sys-con v0.6.4、下記のMissionControl 0.6.0、AIO-switch-updater 2.14.0が更新されています。

●GitHubで、ndeadly氏がNintendo SwitchでBluetoothで純正以外のコントローラーをネイティブに使用することができるカスタムモジュールMissionControl 0.6.0をリリースしていました。13.0.0のサポート(Bluetoothオーディオサポートが加わったので、HIDデバイスに関する部分を更新した)や13.0.0向けBluetooth ipsパッチ追加などが変更点です。

●GitHubで、HamletDuFromage氏がNintendo Switchでカスタムファームウェア(Atmosphere/ ReiNX and SXOS)やsigpatch(署名パッチ)、チートコードをダウンロードしてアップデートすることができるユーティリティAIO-switch-updater 2.14.0をリリースしていました。特定のゲームのチートファイルを削除できる設定を追加したことなどが変更点です。

●ツイッターで、notzecoxao氏が開発者のspinedev氏から(特に言及されてないが前回そうだったので多分)公開許可を得たとしてLinux向けのPS4エミュレータのアップデート版spine 23-09-2021をリリースしていました。/dev/shmが実行禁止のnoexecになっていていると実行できない不具合の修正が変更点です。
spineで使用可能なコントローラーについては基本的にLinuxで使用可能なものであれば動作するはずで、テストした結果Dualsence、Dualshock 4、DualShock 3とXbox 360コントローラーは動作したそうです。

●PlayStation.Blogで、SIEでPS5などのシステムソフトウェアアップデートに関わるサービスを担当するプラットフォームエクスペリエンスSVPを務める西野秀明氏へのインタビュー記事を掲載していました。PS5のM2.SSDサポートについて、M.2 SSDの機能を設計したのがPS5発売時にGen4 SSDが発売されているかどうか分からなかった2018年で、製品が存在すると仮定して設計していたという興味深い話などをしています。

●GitHubで、piratesephiroth氏がWiiのISOファイルをWii UのバーチャルコンソールとしてインストールできるようにするWiiVC Injector Scriptの後継となるWindows向けユーティリティTeconmoonWiiVCInjector v3.0.12をリリースしていました。

●GitHubで、KMFDManic氏がファミコンミニ・スーパーファミコンミニ・メガドライブミニのRetroArch向けモジュールKMFDManic Mini Classic Xtreme Core/HMOD Set(NESC-SNESC-Modifications) v.2K21-09-23-2021をリリースしていました。不具合修正が変更点です。


PS4エミュレータ Spineが公開 Linux向け

ツイッターで、notzecoxao氏が開発者のspinedev氏から公開許可を得たとしてLinux向けのPS4エミュレータSpine-20210901をリリースしていました。

ps4-slim

→→→この記事の続きを読む


GameGaz Daily 2019.6.11

●GitHubで、ONEluaチームがVitaのeCFW 6.61Adrenalineのバブルアイコンを作成・管理することができるユーティリティAdrenaline Bubble Manager v5.30をリリースしていました。複数バブル作成時のエラーを修正し、それぞれのバブルに名前を付けられるようにしたことが変更点です。

●/talkフォーラムで、UnLuck3R氏がPSP向けの見下ろし型FPSゲームCSPSPを独自にアップデートしたCSPSP 1.92+ [c1]をリリースしていました。cspsp/data/masterserver.txtを編集することでどのマスターサーバーにも接続できるようにしたことなどが変更点です。マスターサーバーはよくIPアドレスが変わってしまうので、アップデートを待たなくても対応できるようなりました。

●GitHubで、ShaolinAssassin氏がPS3HENに対応した最新のHomebrewをPS3でダウンロード・インストールすることができるユーティリティHENBrew Store 2019.06.10をリリースしていました。バックアップマネージャーやHomebrewゲーム、エミュレータなどをHENBrew StoreのpkgをPS3にインストールしてダウンロード・インストールできます。

●wololo.netで、ByLaws氏がNintendo SwitchでGPUアクセラレーションを実現したAndroidを準備ができた段階でリリースすることを伝えていました。Redditで動画が公開されています。Google Driveに置いてある動画なので埋め込みできませんが…
https://photos.app.goo.gl/MKSs3oERVFEW7gwd9
ちなみにGPUアクセラレーションが効いていないSwitchでのAndroidの動作はこんな感じです。

●ツイッターで、DeViL303氏がPS3HENが有効なPS3のXMBで各種ツールを配置するHEN Toolbox Betaを近くリリースすることを発表していました。

●PSX-Placeで、devofspineチーム(もしかしたら個人名かも)がLinuxでPS4のゲームを起動するPS4エミュレータープロジェクト“spine”を開発中で、アルファ版ながらデモ版が公開されたことを伝えていました。
GitHubでデモ版が公開されています。

●Gamesindustryで、マイクロソフトのPhil Spencer氏が次期XboxであるProject Scarlettはディスクドライブを搭載していると語ったことを伝えていました。ドライブレスのXbox One S All-Digital editionを発売したものの、Project Scarlettをダウンロード専用モデルとする計画ではないようです。派生モデルとしては発売するかもしれませんが。

●Engadgetで、マイクロソフトが次期XboxであるProject ScarlettではXboxの過去4世代の後方互換を備えているが、代わりにXbox Oneでの今後の初代XboxおよびXbox 360への後方互換対応タイトルリストは更新しないことを伝えていました。今回新たに初代Xbox向けの『Splinter Cell 』シリーズやXbox 360向けの『Prince of Persia The Forgotten Sands』などが後方互換タイトルとして追加されましたが、今後はProject ScarlettでのXbox One後方互換などに注力するために、Xbox One向け後方互換にはリソースを振り分けられないというのが理由のようです。

●IGN Japanで、マイクロソフトは100以上のゲームをプレイし放題の月額制サービスXbox Game Passを日本でも展開したいという意向を持っていることを伝えていました。Xbox Game Passの日本展開について後日続報があるようで、時期は不明ながらPC向けのXbox Game Pass for PCも日本でリリースされそうです。