L4T Ubuntu一覧

GameGaz Daily 2019.5.31

●PSXHAXで、zecoxao氏がPS4にSyscall 112をインストールしてPS4でroot権限によるJailbreak(Homebrewの実行)を可能にすることができるペイロードPS4 Jailbreak (Syscall 112) Installerをリリースしたことを伝えていました。5.05以降のファームウェアをJailbreakするという物ではなく、3.50、3.55、4.05 、4.55、4.74、5.01、5.05がターゲットらしいので、例えば5.05向けになっているHomebrewを5.05より古いファームウェアでもサポートしやすくするためのものという感じのようです。

●ツイッターで、Lapy05575948氏がファミコン初期のゲーム『ダックハント』をVitaに移植したDuck Hunt Remake for PSVitaをリリースしていました。

●GitHubで、joel16氏がPSP向けのファイルマネージャーCMFileManager PSP v3.00をリリースしていました。.PCX画像の読み込みに対応したことや音声関連の改良などが変更点です。

●任天堂が、5月31日の17時頃からインディーゲームの紹介映像「Indie World 2019.5.31」を公開すると発表していました。17時頃というあいまいな時間がなんとも…任天堂インディー担当によるNintendo Directになります。

●GBATempで、SwitchrootチームがTegraプロジェクトのNvidia LinuxをベースにしたNintendo Switch向けのLinuxディストリビューションL4T Ubuntu 1.3とL4T Ubuntu 1.3.1をリリースしていました。電源ボタン押すことで実現するスリープ機能の追加(1.3)やスリープ時のバッテリー消費量削減(1.3.1)などが変更点です。(FOWさん情報ありがとね)

●Eurogamerで、マイクロソフトがXbox One向けの100以上のゲームプレイし放題月額制サービスXbox Game PassのPC向けサービスをXbox Game Pass for PCを正式発表したことを伝えていました。もともとXbox Game Passには昨年末の時点でPCでの展開計画があると言われていましたが、正式発表まで時間がかかった印象です。詳細はE3で発表されるようです。

●弁護士ドットコムで、公道を走るカートのレンタルサービスを展開する「MARIモビリティ開発」を相手取り任天堂が不法競争行為の差し止めなどを求めていた訴訟の控訴審判決でMARIモビリティ開発社側の主張を知財高裁が退け、二審も任天堂が勝訴したことを伝えていました。損害賠償金額については今後も審議が続けられるそうです。


GameGaz Daily 2019.5.7

●GitHubで、ONEluaチームがVitaのeCFW 6.61Adrenalineのバブルアイコンを作成・管理することができるユーティリティAdrenaline Bubble Manager v5.25をリリースしていました。”Suspend game”、”Enable/Disable Plugins”、”NonpDRM Engine”、”High Memory”、”Change game cpu clock speed”といった設定項目追加などが変更点です。

●PlayStation.Blogで、PlayStationの新情報発表・動画配信イベント「State of Play」第2回目を日本時間の5月10日(金)午前7時に放送すると発表していました。わざわざ「次世代機についてのアップデートはございません。ご了承ください。」とコメントを出してフィーバーしないよう釘を刺してます。
State of Play May 10 2019

●GBATempで、SwitchrootチームがTegraプロジェクトのNvidia LinuxをベースにしたNintendo Switch向けのLinuxディストリビューションL4T Ubuntu 1.2をリリースしていました。ntfs、nfs、squashfsとカーネルでのイーサネットドライバー有効化や2.0GHzオーバークロック機能追加などが変更点です。

●GitHubで、RetroGamer74氏がNintendo Switch向けのカスタムファームウェアを選択して起動するブートマネジャーRetroReloaded CFW 2.07をリリースしていました。 ReiNXのsigpatch修正などが変更点です。

●Libretroチームが、マルチプラットフォームのマルチシステムエミュレーターRetroArch v1.7.7をリリースしていました。OpenGL 1.1ドライバーを用意したのでベンダーの純正ドライバーが不要になったようです。


GameGaz Daily 2019.5.1(令和元年)

年号が令和に変わりましたが、個人的にはただのGWまんなかの5月1日でした。祝賀ムードに包まれた改元ってこんな風なんですね。前回とは大違い。お祝いムードは年末年始と似た感じでしたが、実際には改元と年明けとは感覚が全然違いました。

●PSX-Placeで、NiHuShu氏がRetroArchを初めとしたPS3向けエミュレータの最新版を自動的にダウンロードすることができるWindows向けユーティリティMultiEmu Downloader 0.1をリリースしたことを伝えていました。

●GBATempで、SwitchrootチームがTegraプロジェクトのNvidia LinuxをベースにしたNintendo Switch向けのLinuxディストリビューションL4T Ubuntu 1.1をリリースしていました。USBマスストレージとカーネルでのbinfmtの有効化やタッチ感度が全域使われていなかった不具合やJoy-ConとProコントローラーの右スティックとY軸が正常にどうさしていなかった不具合の修正などが変更点です。


L4T Ubuntu – Switch向けフル機能Linux

GBATempで、SwitchrootチームがTegraプロジェクトのNvidia LinuxをベースにしたNintendo Switch向けのLinuxディストリビューションL4T Ubuntuをリリースしたことを伝えていました。

・・・この記事の続きを読む