L4T Ubuntu一覧

GameGaz Daily 2019.5.7

●GitHubで、ONEluaチームがVitaのeCFW 6.61Adrenalineのバブルアイコンを作成・管理することができるユーティリティAdrenaline Bubble Manager v5.25をリリースしていました。”Suspend game”、”Enable/Disable Plugins”、”NonpDRM Engine”、”High Memory”、”Change game cpu clock speed”といった設定項目追加などが変更点です。

●PlayStation.Blogで、PlayStationの新情報発表・動画配信イベント「State of Play」第2回目を日本時間の5月10日(金)午前7時に放送すると発表していました。わざわざ「次世代機についてのアップデートはございません。ご了承ください。」とコメントを出してフィーバーしないよう釘を刺してます。
State of Play May 10 2019

●GBATempで、SwitchrootチームがTegraプロジェクトのNvidia LinuxをベースにしたNintendo Switch向けのLinuxディストリビューションL4T Ubuntu 1.2をリリースしていました。ntfs、nfs、squashfsとカーネルでのイーサネットドライバー有効化や2.0GHzオーバークロック機能追加などが変更点です。

●GitHubで、RetroGamer74氏がNintendo Switch向けのカスタムファームウェアを選択して起動するブートマネジャーRetroReloaded CFW 2.07をリリースしていました。 ReiNXのsigpatch修正などが変更点です。

●Libretroチームが、マルチプラットフォームのマルチシステムエミュレーターRetroArch v1.7.7をリリースしていました。OpenGL 1.1ドライバーを用意したのでベンダーの純正ドライバーが不要になったようです。


GameGaz Daily 2019.5.1(令和元年)

年号が令和に変わりましたが、個人的にはただのGWまんなかの5月1日でした。祝賀ムードに包まれた改元ってこんな風なんですね。前回とは大違い。お祝いムードは年末年始と似た感じでしたが、実際には改元と年明けとは感覚が全然違いました。

●PSX-Placeで、NiHuShu氏がRetroArchを初めとしたPS3向けエミュレータの最新版を自動的にダウンロードすることができるWindows向けユーティリティMultiEmu Downloader 0.1をリリースしたことを伝えていました。

●GBATempで、SwitchrootチームがTegraプロジェクトのNvidia LinuxをベースにしたNintendo Switch向けのLinuxディストリビューションL4T Ubuntu 1.1をリリースしていました。USBマスストレージとカーネルでのbinfmtの有効化やタッチ感度が全域使われていなかった不具合やJoy-ConとProコントローラーの右スティックとY軸が正常にどうさしていなかった不具合の修正などが変更点です。


L4T Ubuntu – Switch向けフル機能Linux

GBATempで、SwitchrootチームがTegraプロジェクトのNvidia LinuxをベースにしたNintendo Switch向けのLinuxディストリビューションL4T Ubuntuをリリースしたことを伝えていました。

→→→この記事の続きを読む