NEWS一覧

ゲーム最新情報 2010年5月31日のニュース

●Nitendomaxで、Drakon氏とShadow氏がNintendomax Wii開発コンテスト2010応募作品となるJellyCar Wiiをリリースしたことを伝えていました。いや、PSPのJellyCarはお気に入りなもので…

JellyCar Wii

●浅草マッハ!!で、予約ですら売り切れが多い(あるいはプレミアム価格上乗せが多い)オリジナルカラー”ターコイズ・グリーン”のPSP-3000と初音ミク Project DIVA 2ndがセットになった初音ミク Project DIVA 2nd いっぱいパック PSP同梱パック【特典Ver チャーム付】26,980円で2010年06月10日01時00分〜2010年06月10日01時59分の期間限定ながら予約販売すると告知していました。

●GameGazフォーラムで、CLOVERS氏がKreationz氏のPSP用NINTENDO64エミュレータDaedalusX64 Alpha Revisions (506)をアレンジしたSiren EmuPack r506をリリースしていました。ゼルダの伝説 時のオカリナとゼルダの伝説 ムジュラの仮面へ最適化したZELDA64-O&M(r506)もリリースしています。

●Endless Paradigmで、DaNS氏がtakka氏のiso_toolをベースにPrometheus v0.3を追加したISO Tool v1.52 (UR)をリリースしていました。1.51をベースにHEX Codeで編集してファイルを置き換えたそうです。
これに対しtakka氏は出来ればもっとすごい改良をしてもらえればありがたいとコメントしています。ただし、混乱を防ぐ意味でiso_tool v1.52は欠番にするそうです。
普通は本家の名称で勝手にバージョン上げたりしないんですけどね。ISO TOOL MODとかに名前変えるとか。



ゲーム最新情報 2010年5月30日のニュース

●サードパーティー製品として3D Motion Freedom Remoteという見た目まんまWiiリモコンであるPlayStation 3用モーションコントローラーが6月に発売されるとお伝えしていましたが(ゲーム最新情報 2010年1月10日のニュース参照)、NEWS10で、デザインおよび製造を手掛けるKomodoが既存の多数のゲーム(特にレーシング系ゲーム)で動作させることが困難なためとても販売できないとして3D Motion Freedom Remoteの発売を中止したことを伝えていました。

●楽天ブックスでPSP-3000各色が期間限定特価として15,456円(税込・送料無料)で販売されていました。

●楽天ブックスで、PS3専用地上デジタルレコーダーキットtorne(トルネ)8,982円(税込・送料無料)で販売されていました。9,000円切ってますから安くなりましたね。

●楽天市場で、モンスターハンター2ndG以来のPSP用モンハン最新作(ただしスピンオフ作品)となるモンハン日記 ぽかぽかアイルー村3,192円〜で予約受付されていました。

●レッドスター社が、韓国GPH社から新型携帯ゲーム機『Caanoo』が発売されることを伝えていました。2010年8月発売予定で価格も未定だそうです。GP2X Wizの廉価版?

●IGNが、E3で詳細が発表される”Nintendo 3DS(仮称)”について3D表示以外にもなんらかの次世代に相応しい機能があるだろうと伝えていました。そう考える理由として2004年にもゲームボーイアドバンスの後継機としてデュアルスクリーンの携帯機を開発中であることを明かしたが、実際発表された時には言及されていなかったタッチパネルが一番のビッグニュースだったことを挙げています。3DSは任天堂にとってスクラッチ&ビルドで完全新設計するチャンスにも関わらず、比較的古典的な技術を使ったDSに3D機能を付加するだけというのは確かに考え辛いです。
IGNでは、記事の中で次のことを挙げています。
・もう任天堂対ソニーの携帯ゲーム機戦争は終わった。ライバルはApple。
・任天堂はDS LiteからDSiへの進化の過程で、DSとの互換性という制限がある中でカメラや内蔵ストレージ、Wi-Fi機能強化をしてAppleのiPhone/iPod Touchに近づこうとした。
・3DSではAppleがしていないこと、あるいはできないことをする必要がある。
ですから、今のiPhone/iPod Touch(あるいはiPad)にないものが売りとして搭載されてくるのかもしれません。

●Wii-infoで、Snouk氏がWiiにWADファイルをインストール/アンインストールするためのユーティリティI/S Wad 2.5をリリースしたことを伝えていました。Hermes氏のCios v5.1互換、wadリストを正しく表示するための修正、”WAD”フォルダをデフォルトフォルダとして使用するよう修正(設定ファイルで変更可)などが変更点です。

●GBAtempで、XFlak氏が任天堂Wiiに必要な純正系ハック系のファイルを自動でダウンロードしSDカードに保存しておくことができるPCユーティリティNUS Auto Downloader for Windows Version 4.1.1をリリースしていました。北米版お天気チャンネルダウンロード時にハッシュチェックに失敗するバグを修正、WadMiiの新バージョンを使うよう修正などが変更点です。

●Wii-infoで、crediar氏がSDカード上にあるWiiのNANDへアクセス/起動できるNANDエミュレーションSNEEKに必要なファイルをSDカードにインストールするためのPCユーティリティSneek Installer 0.1 beta 2をリリースしたことを伝えていました。

●1UPが、Xbox 360のモーションコントローラーは’Wave’との情報(ゲーム最新情報 2010年5月28日のニュース参照)について、マイクロソフトはMicrosoft Waveという名称はすでに使用しているのでマイクロソフトが同じ名前で2つの製品をだすことは考えにくいため、E3では別の名前が発表されるだろうと伝えていました。

●Connected Consolesが、US PlayStation Blogでユーザーがいつものように「PSP2とかPSP Phoneはあるの?ないの?」的な質問をしたところ、Senior Social Media担当Sid Shuman氏が真面目に噂話にコメントしませんのでご自身がE3で確認してください、とコメントしたことを伝えていました。「噂や憶測の類いにはお答えしかねます」ではなくて、です。

●AMEinfoで、UAE当局がXbox 360の海賊版撲滅の一環としてUAEの首都アブダビやドバイ、シャールジャのゲーム販売店へ強制捜査に入りXbox 360の海賊版ゲームおよそ29,000本以上を押収したことをマイクロソフトが発表したと伝えていました。ダウンロードされた本数ではなく実物の話ですが29,000本って想像がつかない量…

●ElOtroLadoで、Hermes氏がWaninkoko氏らのWii用ローダーをベースにしたuLoader v0.51Dをリリースしていました。dev/mload shadow engine追加と.wipサポート追加、USBポート1のサポート除外(動かないから)が変更点です。



ゲーム最新情報 2010年5月29日のニュース

●Endless Paradigmで、liquidzigong氏がPSPのCFW 5.00 M33や5.50 GENで要求ファーム6.20のゲームを起動するためのPrometheus Module v0.3をリリースしたことを伝えていました。コード最適化、Anti NPDRMチェックでNO-UMDとNP9600で動作するよう変更、モジュール起動に失敗したときにはゲームを終了するよう変更などが行われたようです。

●Examinerで、ソニーがPS2のゲームをPS3用にリマスターして発売することに関する調査をしていることを伝えていました。PS2God of WarをGod of War Collection HDリマスター版として移植発売し好調だったようです。ソニーが調査をしていると言うことはPS2エミュレーターではなくリマスターして移植することで付加価値を付けていこうとしているのかもしれません。

●Maxconsoleで、イギリスの販売サイトArgos発売日が正式にアナウンスされていないPS3の『グランツーリスモ5』予約販売をしており、2010年8月27日発売で48ポンドのプライスタグがついていると伝えていました。ちなみにコメント欄には8月はあり得ないといった書き込み多数です。まもすけがArgosのサイトを探しましたがどこにあるのか分からずじまい(消された?)でした。

GT5

●Xbox Media Center teamが、改造したXbox 360用のメディアプレーヤーXBMCについてXboxに制限が増えてきたのでXbox専用ではなくマルチプラットフォーム対応メディアプレイヤーとして開発すると伝えていました。Xbox 360用は別個に開発は続ける予定だそうです。

●Xbox-sceneフォーラムで、knightPhlight氏がXboxまたはXbox360のISOファイルの読み書き、展開が可能なMac用ユーティリティOSxiso360 v0.5 Betaをリリースしていました。バグ修正が行われたそうです。

●Xbox-sceneフォーラムで、Xbox1CrewのScuba156氏がBANされたXbox 360のプロファイルからセーブデータを救出するユーティリティConsaver V1.4.8をリリースしていました。gamerpic view追加、メニューにSTFS folder batch extraction追加などが行われたようです。

●ファミ通.comで、2010年6月24日発売予定のニンテンドーDS用ソフト『ラブプラス+』のニンテンドーDSiLLとの同梱版が予約受付が来週の平日(2010年5月31日〜6月4日)中に始まることを伝えていました。内田明理プロデューサーがツイッターでつぶやいたことから発覚したそうです。

●asahi.comで、ソニーが、携帯電話やゲーム機などの機能を持つ新型情報端末を、日本を含む世界各地で今年度中に発売する方向で検討していることを伝えていました。タブレット型など複数の新製品を投入するとしており、「アンドロイド」OSを採用するようです。iPhoneとiPadに対抗する製品でゲーム機能搭載としていることから3G対応PSP(PSP2?)としての発表が現実味を帯びてきたのかもしれません。VG247が伝えたPSP2情報(ゲーム最新情報 2010年5月18日のニュース参照)とも整合性が取れています。(4コアCPUはバッテリー容量考えてあり得ないと思います。デカXperiaでPSPエミュレータ搭載とかならあり得るかな?以前PS1エミュ搭載の話もあったのでそっちかも)

●Maxconsoleで、PSPgo専用のアップデータの展開に対応したNew psardumper with support for PSPgo updateが公開されていました。ただしPSP goのkernel prx復号まではできないようです。(NAKKANさん情報ありがとね)



ゲーム最新情報 2010年5月28日のニュース

●Now Gamerが、マイクロソフトに近い筋からの情報として来月E3で正式発表されると言われるXbox 360のモーションコントローラー‘Project Natal’の正式名称は’Wave’であると伝えていました。PS3’Move’のライバルは’Wave’、’動’のライバルは’波’。’Natal’でいいのに…

●スクエア・エニックスが今年のE3前にプロジェクトXと呼ばれるロールプレイングゲームを発表するとされた件(ゲーム最新情報 2010年5月25日のニュース)について、Examinerが日本のスクエア・エニックスのスタジオではなく北米で制作していると伝えていました。となると日本での発売は北米から遅れる?まさか発売されないとか?それはないか…

●GBAtempで、Yellow Wood Goblin氏がニンテンドーDS用Flashcart R4/ AcekardのオープンソースオリジナルファームウェアWood Firmware v1.08をリリースしたことを伝えていました。fatfs coreを0.08にアップデート、チートを有効にすると動作速度が落ちていたゲームがあった問題を修正、ソフトリセットとチートのARM7コアをアップデート、チートカスタムコードプロセスのバグ修正などが修正点です。



ゲーム最新情報 2010年5月27日のニュース

●MCVで、SCE UKのセールスディレクターMark Howsen氏がMCVのインタビューの中で4月1日以降にPSP goを購入し登録したユーザー向けに6月から無料で10種類のゲームをダウンロードできるようにすると語ったことを伝えていました。無料ゲームはベスト版のような古いタイトルだけではなく、更にはサードパーティーのゲームも含まれており、Gran Turismo、LittleBigPlanet、2010 FIFA World Cup、Grand Theft Autoといったゲームも含まれているそうです。ソニーがようやくPSP goに本腰を入れ始めたのかもしれません。日本ではどんな販売促進策がとられるのか楽しみです。

●PSPGENが、ゲームのレビューを担当するテスタースタッフを募集していました。PSPGENが一般ゲームサイト化するのかもしれません。これが何を意味するのかはそのうち見えてくるでしょう。

●Wagic, Magic the Gathering, and PSP homebrewsで、wololo氏がPatapon2 USデモ版の脆弱性を利用して公式ファームウェアのPSPでHomebrew起動を可能にするHalf Byte Loader revision 85をリリースしたことを伝えていました。r80からメモリーパーティション関連の変更をしましたが、現時点ではwololo氏自身あまり気が進まない変更だったようで、r85から元に戻したみたいです。ただ、将来的にはr80で変更したメモリーパーティション5を使う方法のほうが良いと考えているため、並行して開発を進めてうまく行けばメインプロジェクトとして復活させたい意向のようです。

●EDGEで、マイクロソフトXbox 360のモーションコントローラー”Project Natal”の価格について信頼できる情報筋によると北米での単体価格は149ドル、Xbox 360 Arcadeとのバンドル版が299ドルであると伝えていました。日本など海外での販売価格については為替相場により決定するとしています。発売は10月26日の予定ですが、数週間単位で前後する可能性はあるようです。また、正式名称は”Project Natal”とはならないようで、来月行われるE3で製品名が正式発表されるとしています。
また、Games on Smashではバンドルされる本体がアーケードモデルであることに着目しNatalの動作にはHDDが必要ないということだとしたうえで、Xbox LiveでのNatal専用ゲームはアーケードモデルを主に販売するせいでユーザーにはコンテンツを保存するスペースがないわけだから用意しないつもりかもしれないと予想していました。

●Xbox-sceneで、BestPig氏がXbox 360のFreeBootイメージを簡単に作成することができるユーティリティfreeBOOT ToolBox v2.4をリリースしたことを伝えていました。”DumpDir”にあった問題を修正、Dashlaunch 1.0を統合、freeBOOTイメージのカスタマイズに対応が変更点です。

●Xbox-sceneフォーラムで、Codew氏がNandProベースでXbox 360のXenon基板NANDの読み書きに対応したNandchunker 360 V0.1 Betaをリリースしたことを伝えていました。ベータ版のためXenon基板とXBR_Xenon_8955_3.binにのみ対応だそうです。

●Xbox-sceneフォーラムで、knightPhlight氏がXboxまたはXbox360のISOファイルの読み書き、展開が可能なMac用ユーティリティOSxiso360 v0.4をリリースしていました。Growlサポート追加とプロセスの優先順位を変更したそうです。

●Maxconsoleが、スペインのとあるブログに掲載されていた情報として噂のWii HDがE3で発表されると伝えていました。情報源不明ですが、そのブログでは自信たっぷりに証拠としてHD版『スーパーマリオワールド』のスクリーンショットを掲載しています。

Wii HD Super Mario World

●EDGEが伝えた”Project Natal”の価格149ドルという情報について、Maxconsoleはそんな価格はあり得ないと反論していました。以前の「情報筋」は70ドルだったこと、ライバルのMoveは50ドルと言われていること、149ドルという価格がとてもユーザーを引き付ける価格ではないこと、過去にHD-DVD199ドルで失敗していることなどを挙げ、Wiiの価格に近付こうとしているXboxなのにあり得ないとしてその「信頼できる情報筋」をこきおろしています。



ゲーム最新情報 2010年5月26日のニュース

●Maxconsoleで、PS3をハックしたと公開してから音沙汰がないGeohot氏について、情報を持っているのか想像なのか不明ですがDark-AleX氏の過去から学んで今は裏で活動しているだけだと伝えていました。
Geohot氏がPS3のハックに成功したと言っても、実際にはきっかけを見つけたにすぎない段階で大々的に発表した結果が”OtherOS”機能の削除などの現状につながっており、ソニーに行く手を先回りして塞がれた形となっています。結果としてGeohot氏のソニーに対するアプローチは間違っていたと言わざるを得ません。

そこでAppleで実績を挙げた方法を捨て、同じソニーに対してのハッカーとして成功したDark-AleX氏の手法を学び、形になるまでは公開を控え、その後のイタチごっこに備えて準備をしているということです。

●US公式プレイステーションブログで、SCEE社長のAndrew House氏が公式PlayStationフォーラムでの質問に答える形で各種質問に答えていました。
内容としては

・ダウンロードコンテンツ充実により、消費者がUMDかダウンロード購入かを選べるようにして行くのはソニーの責務。
・3Dはゲームに最適なので消費者に興味を持ってもらえるよう積極的に対応して行く。
・クロスゲームチャット機能は要望が多いのは知っている。早めにソニーとしての回答を出す。
・PlayStation Moveを使ってコアなユーザー向け(SOCOM 4)や一般ユーザー向け(Move Party)を用意する。
・『グランツーリスモ5』の次のビッグタイトルは『リトルビッグプラネット2』で、自分自身も楽しみにしている。
・3D対応ゲームとしてはWipEout HD、Super Stardust HD、Pain、MotorStorm Pacific Riftデモ版がダウンロードできるようになる。その他の3Dタイトル発表はもう少し待ってほしい。
・PS3の”OtherOS”機能削除は非常に難しい決断だったが今後のPlayStationにとってベストな手段だったと思っている。
・PSN有料化の話があるが、現状のPSNサービスは今後も引き続き無料である。ただ、平井 一夫CEOは現状のサービスはそのままにプレミアムサービスを検討しているようなので近々発表できると思う。
・3Dには大きな可能性があるが、3Dテレビが高額なのは承知しているし、3D対応テレビを購入した消費者には3Dゲームを楽しんでもらう環境を提供して行く。といっても優先すべきはブルーレイタイトルの充実であるが、3Dをないがしろにするということではない。
・発売が遅れている『グランツーリスモ5』はびっくりするようなものを近く発売する。
・限定版のような黒以外のPS3多色展開は生産プロセスが変わるため高コストである。需要を見極めた上で検討したい。
・PS3Slim発売で不調だったPS3が好調に転じたことが節目だったと思う。

●Joystiqで、PSNの有料プレミアムサービスについて“PSN+”と呼び、さらにある情報筋によると月額9.99ドルであるようだと伝えていました。

●Xbox-sceneフォーラムで、Xbox1CrewのScuba156氏がBANされたXbox 360のプロファイルからセーブデータを救出するユーティリティConsaver V1.4.2をリリースしていました。破損ファイル読み込み後リスト表示がおかしくなる問題を修正などが変更点です。

CONSaver

●Maxconsoleで、最近良く名前を聞くhrimfaxi氏がPSPの6.20 mesg_led_02g.prxをベースにprx decryptorを改造したPSPCipherをリリースしていました。まだ実験段階に近いようですが、既にpspdecrypt.prxでうまく扱えない0x2e5e10f0のkey tagを復号化できるようです。またPBOOT.PBP(ゲームパッチ)も復号できるとしています。
使い方は
1 unpack-pbpを使ってPBOOT.BINを展開
2 DATA.PBPをEBOOT.BINにリネームしms0:/enc/へコピー
3 PSPCipherを起動しEBOOT.BINを復号
4 オリジナルISOのEBOOT.BINとPARAM.SFOとを差し替え。Prometheusモジュール使用の場合はEBOOT.OLDを代わりに
God Eater 1.01 patchとIdol Master SP patchをテスト済みだそうです。

●Yanko Designで、デザイナーHiromi Kiriki氏による2020年に発売されるソニーのウェアラブルコンピューターというコンセプトのデザイン画を公開していました。フレキシブルOLEDタッチスクリーンにホログラムプロジェクターと夢のような話です。PSPもこんな感じかも。

nextep1

●きまぐれBLOGで、takka氏がPSPのISOファイル管理ツールiso_tool_151をリリースしていました。きまぐれBLOGが現在全くつながりません。GameGazフォーラムにミラーしてありますのでそちらをご利用ください。
GameGazフォーラム:iso_tool(v1.51) released by takka