VitaKeyboard一覧

GameGaz Daily 2022.1.31

●GitHubで、mswlandi氏がPS VitaをUSBキーボードとしてデバイスに認識させ実際キーボードとして使うことができるようにするカーネルプラグインおよびアプリケーションVitaKeyboard Alpha v0.1をリリースしていました。hidkeyboard.skprxのプラグインをconfig.txtの*KERNELに記述し、vitakeyboard.vpkを起動させて使います。

●GitHubで、rodentcat氏がWindows向けの『Dead Knight: Pocket Edition』をPS Vitaに移植したdeadknight-vita-port 1.0をリリースしていました。オリジナルのDead Knight – Pocket Edition.exeが必要で、それをDEAD.exeにリネームして同時に配布されているDeadKnightPatcherのフォルダにコピーしMakeTheIdiotDoTheThing.batのバッチファイルを起動、出てきたPutThisOnTheVitaThingyの中身を/app/DEADKNI01/gamesにコピーするという手順が必要です。『Dead Knight: Pocket Edition』はいわゆるシェアウェアのような形で配布されていますが無料でもダウンロードできます。
Dead-Knight

●GitHubで、bucanero氏がPS4のセーブデータのマウントや復号、コピーやSaveWizardコードの適用を行うことができるユーティリティApollo PS4(Apollo Save Tool) v1.0.0をリリースしていました。暗号化したセーブデータをサポートしたことやユーザーが定義したアカウントIDでのオフラインアクティベーションに対応したことなどが変更点です。

●GitHubで、PaulJenkin氏がaspberry Pi(Zero W/ Zero 2 W/ 4 B)にウェブサーバーおよびDNSサーバー、ボタン押下エミュレーション、USBデバイスエミュレーションなどを行わせることでexFATの脆弱性を利用したカーネルexploitを利用し簡単にPS4をJailbreakすることができるようにしたRaspberry Pi用SDカードイメージPS4RaspberryPi Version 11をリリースしていました。

●GitHubで、victorrjimenezz氏がPS4でHomebrewのPKGをPS4で直接リポジトリからダウンロード・インストールすることができるユーティリティPS4 Package Manager(4PT) v2.30をリリースしていました。テーマとアップデートをサポートしたことなどが変更点です。victorrjimenezz氏は4PT向けのリポジトリを自分でホストするためのリポジトリテンプレート4PT-Repository v2.01もリリースしています。リモートパッケージインストーラーをrpiに名称変更したことが変更点です。

●ツイッターで、shiningami3(ScriptSK)氏がJailbreakしたPS4でチートファイルを読み込んでゲームをカスタマイズすることができるユーティリティMultiTrainer II V1.1.7.1( Early Access )をリリースしていました。不具合修正などが変更点です。

●GitHubで、zaksabeast氏がNintendo Switch『ポケットモンスター ソード・シールド』をプレイ中にTeslaを使ってポケモンのデータなどを表示することができるオーバーレイメニューCaptureSight v0.12.0-rc.1をリリースしていました。『Pokémon LEGENDS アルセウス』v1.0.1のサポートなどが変更点です。

●GitHubで、dezem氏がNintendo SwitchのXCIファイルの分割やマージ、ゲームアップデートの統合やNSP等別フォーマットへの相互変換などを行うことができるWindows向けユーティリティSwitch Army Knife (SAK) v0.7.14 Small update: (28.01.2022)をリリースしていました。XCIからファームウェアを抽出するために必要な13.2.1のnca_idを追加したことなどが変更点です。

●GBATempで、lifehackerhansol氏がDSiのHOMEから直接DSのndsファイルを起動できるようhiyaCFWのnds-bootstrapフォワーダーをDSiで作成することができるユーティリティNDSForwarder-DSi v0.1.3をリリースしていました。

●GitHubで、nebiun氏が1970年代に作られた、発光するLEDを使った携帯ゲーム機をエミュレートしたLedHEADをNintendo Wiiに移植したLedHeadWii v1.2をリリースしていました。

●GitHubで、WerWolv氏がリバースエンジニアリング用途のWindows/Linux/macOS向けHexエディタImHex v1.14.0をリリースしていました。ファイルの中にデータをインサートできるようにしたことなどが変更点です。

●GitHubで、MAME開発チームのcuavas氏が過去のゲーム機やコンピュータの技術保存を目的として、MAME(Multiple Arcade Machine Emulator:マルチアーケードマシンエミュレータ)という名前のまま進化しているマルチシステムエミュレータMAME 0.240をリリースしていました。SNKがリリースしていたブロック崩し麻雀ゲーム『マージャンブロック ジャンボウ 2』追加などが変更点です。ちなみにMAMEはまもなく25周年だそうです。