PS4 Temperature一覧

GameGaz Daily 2020.10.15

●CBPS Forumsで、Graphene氏がNVIDIAのGameStreamテクノロジーをオープンソース実装したMoonlight EmbeddedをHENkaku環境のVita向けに移植したVita Moonlightに1920×1080と1280×720のネイティブ解像度サポートなどを追加した改良版Vita Moonlight HD 0.9.0をリリースしていました。HDMI出力を備えるVita TVには特に必要ありませんが、携帯機のVitaにはカーネルプラグインSharpscaleが必要です。

●GitHubで、 Roet-Ivar氏がwebMAN MODをインストールしたPS3でPS1/PS2/PS3のISOをマウントして直接XMBから起動できるようにするためにPS1/PS2/PS3のISOをPS3へインストールするPKGに変換することができるWindows/Linux向けユーティリティwebMAN Classics Maker v2.1.2 beta-11webMAN Classics Maker v2.1.2 beta-12webMAN Classics Maker v2.1.2 beta-13をリリースしていました。複製処理の改良やデバッグログ出力の進行状況のパーセンテージカウンター追加などが変更点です。

●ツイッターで、VitaHex氏がPS Vita向けの(多分)バックアップマネージャーVitaFlowを現在開発中であることを公表していました。今回はVitaFlowの動作の様子を撮影した動画のみが公開されています。VitaFlowという名称は最終決定ではないため変更される可能性があります。アルファ版を来週公開予定だそうです。

●ツイッターで、Lapy05575948氏がPS4でファンが回り始める温度を設定しPS4のプロセッサーユニットの温度を表示することができるユーティリティPS4 Temperature 1.02をリリースしていました。バグ修正が変更点です。

●ツイッターで、OfficialAhmed氏がPS4のファームウェアがゲームをプレイできる要求システムバージョンを満たしているかどうかをゲームの発売日とファームウェアのリリース日との比較で判定するためのユーティリティCheck Game Firmware (CGFw) v2.07をリリースしていました。検索エンジンの実装などが変更点です。
https://twitter.com/OfficialAhmed0/status/1316302487985496064

●PurePlaystationで、PlayStation 4のシステムソフトウェア バージョン8.00リリースと同時にPlayStation VRのデバイスソフトウェアのアップデート 5.00も公開されたと伝えていました。アップデート方法ですが、PS4にPS VRを接続したときのみ表示されるメニュー([設定]>[周辺機器]>[PlayStation VR])で[PlayStation VRデバイスソフトウェアのアップデート]を選ぶとインターネット経由で最新のデバイスソフトウェアの有無を確認し、新しいバージョンのアップデートファイルがあるときだけダウンロードしてインストールする仕組みになっています。

●GitHubで、tomvita氏がNintendo Switchのセーブデータダンプやインジェクトを行うことができるユーティリティEdiZonの改良版EdiZon-SE 3.7.11EdiZon-SE 3.7.12をリリースしていました。UIの改良などが変更点です。

●GitHubで、RocketRobz氏がDS/DSi/3DS/2DS向けのオープンソースメニューTWiLightMenu++ v16.5.0をリリースしていました。ダーク3DSスキンの追加やDSTWOカーネルを使ってゲームを起動するために必要なファイルがなくなっていたものを追加したことなどが変更点です。

●GitHubで、vvanelslande氏がCitraをベースにしたWindows/Linux(Ubuntu)向けニンテンドー3DSエミュレータvvctre 38.1.3をリリースしていました。DSP LLEやDSP HLEの修正などが変更点です。


GameGaz Daily 2020.10.8

●PlayStation.Blogで、PlayStation 5本体の分解映像を公開していました。発売前に自ら分解動画を公開するなど、異例の広報活動です。デッカいファンやヒートシンク、液体金属による冷却システム、SSD増設のためのPCIe 4.0 NVMe接続M.2インターフェースなどを映像で見せてくれています。設計チームを統括した鳳 康宏(おおとり やすひろ)氏自らの出演です。

●PlayStation.Blogで、10月8日(木)より順次トロフィーレベルを”1~999″に変更するなどトロフィーシステムの大きな改良を行うことを発表していました。

●Engadget 日本版で、SIEの社長兼CEOのJim Ryan氏がPlayStation 5は初年度に、PlayStation 4発売時よりも多く売れると考えている」と語っていたことを伝えていました。PS4は2013年11月に北米や欧州等で、翌年2月に日本で発売し、4月には実売700万台を達成したことから、PS5も2021年3月末までに700万台以上の販売を見込んでいることになります。それだけを見るとPlayStation 5の生産は順調というように感じられますが、ブルームバーグ報道のSoCの生産の問題で2021年3月期の生産台数を400万台下方修正して1100万台と想定している話との整合性は数字の上では取れています。

●バッファローが、生産を終了していたネットワークレコーダー&メディアストレージnasne(ナスネ)をSIE協力のもと継承して2021年春に発売すると発表していました。これは驚きのうれしいニュースです。

●GitHubで、HamletDuFromage氏がNintendo Switchでカスタムファームウェア(Atmosphere/ ReiNX and SXOS)やsigpatch(署名パッチ)、チートコードをダウンロードしてアップデートすることができるユーティリティAIO-switch-updater 1.2.4をリリースしていました。アップデートでアプリ自身を上書きできなかった不具合の修正が変更点です。変更履歴にはv1.2.3と書かれていますがGitHubのReleaseのバージョンはv1.2.4と不思議なことになっています。

●GitHubで、julesontheroad氏がNintendo SwitchのNSPファイルからチケットや証明書類を消去したりマルチコンテンツXCI/NSPファイルを作成することができるユーティリティNSC_Builder v1.01bをリリースしていました。nszとxczが表示されない不具合の修正などが変更点です。

●GitHubで、tomvita氏がNintendo Switchのセーブデータダンプやインジェクトを行うことができるユーティリティEdiZonの改良版EdiZon-SE 3.7.9をリリースしていました。ブックマークインポートの動作を変えたことが変更点です。

●GitHubで、tomvita氏がJavaによるNintendo Switch向けのマルチプラットフォームグラフィカルリモートデバッガNoexes 1.4.149をリリースしていました。32ビットポインタダンプの不具合修正が変更点です。

●GitHubで、tomvita氏がNintendo Siwtchのメモリダンプデータを使いチートのためのポインタサーチを行うことができるユーティリティPointerSearcher-SE 0.5.4aをリリースしていました。Noexesシステムモジュールを1.4.149に更新したことなどが変更点です。

●ツイッターで、Lapy05575948氏がUnityで開発されたフル管理者権限で動作するPS4向けのファイルエクスプローラアプリケーションPS4-Xplorer 1.25をリリースしていました。ファイルの新規作成メニューの追加やテキストエディタでの□ボタン長押しで文字の連続削除が可能になったことなどが変更点です。

●ツイッターで、Lapy05575948氏がPS4でファンが回り始める温度を設定しPS4のプロセッサーユニットの温度を表示することができるユーティリティPS4 Temperature 1.01をリリースしていました。

●GitHubで、ohhsodead氏が定期的に更新されるPS3のゲームModやHomebrew、テーマなどのデータベースを閲覧し、ftpで直接インストールなどを行うことかできるWindows向けユーティリティModioX Beta 1.4.4をリリースしていました。ゲームModをDocumentsフォルダへダウンロードされるようにしたことなどが変更点です。

●GitHubで、 Roet-Ivar氏がwebMAN MODをインストールしたPS3でPS1/PS2/PS3のISOをマウントして直接XMBから起動できるようにするためにPS1/PS2/PS3のISOをPS3へインストールするPKGに変換することができるWindows/Linux向けユーティリティwebMAN Classics Maker v2.1.2beta-5をリリースしていました。PSP ISOの起動に対応したことなどが変更点です。

●GitHubで、Marat-Tanalin氏が画素整数比スケーリングやPNGスクリーンショットに対応するなどしたWindows向けのスーパーファミコンエミュレータの改良版bsnes-mt 1.3.3をリリースしていました。ビルトインホットキーについての修正などが変更点です。

●ツイッターで、CTCaer氏がNintendo Switch向けのLinuxディストリビューションSwitchroot Ubuntu 3.2.0をリリースしたことを発表していました。

●ツイッターで、68Logic氏がPS4からウェブサイトにアクセスしてPS4をJailbreakすることができるオンラインウェブサーバーPS4HostCS v 3.0.2をリリースしていました。MiraTempReportの追加などが変更点です。


GameGaz Daily 2020.10.6

●GitHubで、Saad-Alareqi氏がPS4からAndroidデバイスへアクセスしてJailbreakする6.72 Exploit HostのためのAndroid向けサーバーアプリケーションAndroid PS4 Exploit Host v1.3.8をリリースしていました。leeful v8で一部ペイロードがキャッシュされなかった不具合の修正などが変更点です。

●ツイッターで、Lapy05575948氏がPS4でファンが回り始める温度を設定しPS4のプロセッサーユニットの温度を表示することができるユーティリティPS4 Temperature 1.01を近くリリースすると発表していました。スクリーンショットしか公開されていませんが、見た感じ1.01ではカラフルになって履歴が追加されるようです。
https://twitter.com/Lapy05575948/status/1313259477869748225

●ツイッターで、VitaHEX氏がAtariから任天堂やPlayStationまでのゲーム機の3Dモデルと情報をまとめたVita向けデジタル百科事典Consolepedia 3D v0.3をリリースしていました。先行してリリースされていたPatron版の一般公開版となります。Sega Master System、Sega Saturn、Sega Dreamcast、Nintendo GameCube、PS Vitaの5種類を追加したことや、Selectボタン押下でゲーム機の3Dスライドショーを見ることができる「スライドショー」の追加などが変更点です。

●GitHubで、HamletDuFromage氏がNintendo Switchでカスタムファームウェア(Atmosphere/ ReiNX and SXOS)やsigpatch(署名パッチ)、チートコードをダウンロードしてアップデートすることができるユーティリティAIO-switch-updater 1.2.0AIO-switch-updater 1.2.1をリリースしていました。多言語対応(1.2.0)やペイロードを設定(/bootloader/update.bin)できるようにしたこと(1.2.1)が変更点です。

●GitHubで、RiiConnect24チームのKcrPL 氏がWiiConnect24のサードパーティによる代替サービスRiiConnect24を簡単にインストールするためのWindows向けユーティリティRiiConnect24-Patcher v1.3.1RiiConnect24-Patcher v1.3.2をリリースしていました。自動でサーバーに送られるエラーリポートの追加'(v1.3.1)やIOSがパッチされていなかった不具合の修正(v1.3.2)などが変更点です。