LibHac一覧

GameGaz Daily 2021.6.17

●Bloombergで、関係者の話としてソニーの次世代VRヘッドセットPlayStation VR2(仮)はSamsungの有機ELディスプレイを採用し、2022年の年末商戦期に発売されると伝えていました。Bloombergの記事のメインの話題は実はPSVRの話ではなく、2022年発売はちょろっと書いてあるだけです。
通常VRデバイスは応答性を重視しPS VR2含め有機ELを採用することが今は多いが、VRゴーグル市場はスマートフォンなどとは異なり大きくない、つまり有機ELパネルメーカーにとっては市場が小さ過ぎることから積極的に参入しないため、iPhoneが有機ELに移行したことが原因で液晶パネル生産が減ったものの高精細で視野角の広い液晶パネル製造の技術を持つJDI(ジャパンディスプレイ)は、VR向け液晶パネル供給を強化していきたいとしている、という内容です。コストメリットからBloombergでは今後しばらはVRヘッドセットに使われるディスプレイは有機ELではなく液晶ディスプレイになるとしています。

●ツイッターで、karo_sharifi氏がブラウザアクセスで簡単にゲームMODを可能にするウェブサイトのオフライン版PS4Trainer Offline 16.06.2021をリリースしたことを公表していました。

●GitHubで、 dylwedma11748氏がSwitchをRCMモード(リカバリーモード)でUSB接続しfuseeペイロードを起動するGUI版ペイロードランチャーJTegraNX v1.6.5をリリースしていました。Incognito_RCMをトレイに追加(忘れてた模様)したことなどが変更点です。

●GitHubで、PoloNX氏がNintendo Switchのカスタムファームウェアで非署名NSPや変換XCIをインストール・起動するために必要な署名パッチ(sigpatch)をSwitch上で直接ダウンロードすることができるユーティリティSigpatch-Downloader v1.2.0をリリースしていました。インターネット接続がないときにダウンロードしようとするとエラーメッセージを出すようにしたことなどが変更点です。

●GitHubで、XITRIX氏がMoonlight(NVIDIA GameStreamというNVIDIAが公式に用意したNVIDIA SHIELD向けストリーミング機能を汎用デバイスで使用できるようにしたオープンソースアプリケーション)をNintendo Switch向けに移植したMoonlight-Switch v0.0.1をリリースしていました。Moonlight-NXからストリーミングのコードを借用しているそうですが、Moonlight-NXのフォークではありません。

●GitHubで、Thealexbarney氏がNintendo Switch向けのファイルフォーマットを読み込むための.NET/ .NET CoreライブラリLibHac v0.13.0をリリースしていました。

●GitHubで、Genwald氏がNintendo SwitchのMiiをインポート/エクスポートすることができるユーティリティMiiPort 0.1.0をリリースしていました。QRコードによるMiiのエクスポートに対応したことなどが変更点です。

●NintendoLifeで、ソフトウェアエンジニアでSNES ROMハッカーのVitor Vilela氏(Project FastROMの開発者です)が『Super Mario World』のウルトラワイド化に取り組んでいることを伝えていました。近日中にリリースする予定だそうです。

●PSX-Placeで、alexparrado氏がPS2のHomebrew LauncherであるOpenTuna向けのFreeMCBoot FMCB 1.9 for OpenTuna 1.0をリリースしていました。

●Xbox Wireで、先日まで開催されていたE3でマイクロソフトが発表したXbox & Bethesda Games Showcaseの情報を記事として公開していました。その公式日本語翻訳版も公開されています。その中でXboxクラウドゲーミングを活用し『Microsoft Flight Simulator』を含む次世代のゲーム体験をXbox One向けにも提供する予定出あることを発表していました。旧世代機で次世代機のゲームタイトルが、ストリーミングサービスを通じで楽しめるという今までのゲーム機ではあり得なかったことが実現することになります。


GameGaz Daily 2020.8.19

●GitHubで、Crementif氏がWii UでiosuhaxとMocha CFWを利用しWii Uのゲームディスクダンプやダウンロードタイトルのゲーム本体やアップデート、ダウンロードコンテンツのダンプやCemuのオンラインプレイのセットアップに使うためのファイルをダンプすることができるユーティリティdumpling v2.0.2をリリースしていました。ゲームダンプデータがゲームごとのサブディレクトリに保存されなかった不具合の修正などが変更点です。

●GitHubで、Thealexbarney氏がNintendo Switch向けのファイルフォーマットを読み込むための.NET/ .NET CoreライブラリLibHac v0.12.0をリリースしていました。不具合修正が変更点です。

●GitHubで、V10lator氏がWii Uのコンテンツを任天堂のアップデートサーバー(NUS: Nintendo Update Server)から直接Wii Uにダウンロード・インストールすることができるユーティリティNUSspli v1.16をリリースしていました。速度をB/sで表示するようにしたことなどが変更点です。

●GitHubで、tomvita氏がNintendo Switchのセーブデータダンプやインジェクトを行うことができるユーティリティEdiZonの改良版EdiZon-SE 3.6.8bをリリースしていました。リスト切り替え時に切り替え前のポジションを記憶するようにしたことなどが変更点です。

●ツイッターで、notzecoxao氏がPS4のeap_hdd_keyを利用てPS4 HDD/SSDのコンテンツへアクセスすることができるPythonスクリプトhdd_script.pyhdd_script.py v2をリリースしていました。eap_hdd_keyは6.72以下のPS4の場合はカーネルexploitを使ったソフトウェアダンプで、カーネルexploitが存在しないファームウェアの場合はハードウェアFlasherを使ってsflash0(フラッシュメモリ)をダンプすればeap_hdd_keyを入手できるそうです。

●Redditで、osama_yo_momma氏がPS4のNetflixとYouTubeアプリを5.05へバックポートしてPSN接続を不要にするためのパッチNetflix (CUSA00129) 1.41とYoutube (CUSA01015) 2.06 patchをリリースしていました。

●ツイッターで、m4xw氏がNintendo Switch向けのRetroarchでPSPエミュレータPPSSPPを起動することができるPPSSPPコアPPSSPP Standalone Switch Public Betaをリリースしていました。PPSSPPの”HOME”ボタンの修正などが変更点です。

●ツイッターで、RyujinxチームがNintendo SwitchエミュレータRyujinxにオーディオレンダラーを実装したコードネーム”Amadeus”を発表していました。RyujinxチームのブログにAmadeus実装前と実装後の比較動画が公開されています。

●ツイッターで、libretroチームがハッカーにサーバー攻撃を受けRetroArchのビルドボットとGitHubが損害を受けた件についてGithubリポジトリは手動で復旧が完了し、次のステップとして臨時に利用できるビルドボットを構築していることを公表していました。

●TweakTownで、マイクロソフトのXbox Seires Xの廉価版Xbox Seires SはXbox Series SのGPUはbox Series Xよりも61%劣っていると伝えていました。
xbox-series-specs-gpu-is-61-weaker-than-with-20cus

●VGChartzで、ドイツで開催されたXperion e-arena in SaturnというイベントでXbox Series Xの実機が展示されたことを伝えていました。
Xbox Seires X in Germany1

Xbox Seires X in Germany2

●GitHubで、vvanelslande氏がCitraをベースにしたWindows/Linux(Ubuntu)向けニンテンドー3DSエミュレータvvctre 36.5.0をリリースしていました。内外カメラ切り替え設定の追加などが変更点です。


GameGaz Daily 2020.6.7

●GitHubで、Thealexbarney氏がNintendo Switch向けのファイルフォーマットを読み込むための.NET/ .NET CoreライブラリLibHac v0.11.3をリリースしていました。ローカルFSエントリーが削除された際タイムアウトしないようにしたことなどが変更点です。

●GitHubで、nadrino氏がNintendo Swichで直接layeredFSを改変することでゲームModの有効/無効を適用しゲームを改造することができるユーティリティSimpleModManager v1.6.0をリリースしていました。Teslaモジュールに対応したことなどが変更点です。

●GitHubで、fincs氏がNintendo SwitchのHomebrew開発ヘルパーツールswitch-tools v1.7.0をリリースしていました。NPDM METAでのSystemResourceSizeプロパティのサポートなどが変更点です。

●GitHubで、Hartie95氏がNintendo SwitchでオーバーレイメニューTeslaを使って異なるペイロードでSwitchを起動させることができるユーティリティfastCFWswitch v1.1.0をリリースしていました。SDカードの/config/fastCFWSwitch/config.iniの設定ファイルに書かれたconfigファイルに沿ってペイロードを読み込んで起動します。
例:(

    [CFWS]
    type=section
    name=cfws

    [SYSNAND]
    name=sysnand
    path=/payloads/hekate_ctcaer.bin
    bootId=sysnand

    [EMUNAND]
    name=emunand
    path=/payloads/hekate_ctcaer.bin
    bootId=emunand

    [ATMOSPHERE]
    name=atmosphere
    path=/atmosphere/reboot_payload.bin

    [SXOS]
    name=SxOS
    path=/sxos/reboot_payload.bin

    [ANDROID]
    name=Android
    path=/payloads/hekate_ctcaer.bin
    bootPos=2

    [TOOLS]
    name=Tools

    [HEKATE]
    name=Hekate
    path=/payloads/hekate_ctcaer.bin

    [LOCKPICKRCM]
    name=Hekate
    path=/payloads/Lockpick_RCM.bin

fastCFWswitch

●GBATempで、masagrator氏が通常は自動でチェック判定されるSwitchの携帯モードとTVモードを入れ替えることでグラフィック設定などモード設定に依存している各種制限をリアルタイムに解除したりすることができるSaltyNXプラグインReverseNX-RT 1.0.1をリリースしていました。ReverseNXをリアルタイムに変更できるようにしたバージョンで、SaltyNXとTeslaオーバーレーメニューが必要です。
ReverseNX-RT1

ReverseNX-RT1

●GABTempで、mrdude氏がNintendo Switchのカートリッジダンプデータ(XCIフォーマット)の証明書の取り出しやインジェクト、ROMトリミングなどを行うことができるWindows向けユーティリティXCI Explorerをベースにxci/nspファイルのリネームやロードしたファイルのmd5表示、データベース追加などで改良したXCI-Explorer(1.50Mod)をリリースしていました。
XCI-Explorer1

XCI-Explorer2

XCI-Explorer3

●GitHubで、geni氏がNintendo 3DS向けのテトリスクローンゲーム3DStris v1.6.93DStris v1.6.10をリリースしていました。セーブデータのコピーの代わりに元のセーブデータを変更する形にしたこと(v1.6.9)や不要なものを削除したこと(v1.6.10)などが変更点です。

●GitHubで、Veritas83氏がhttp://hbdl.vts-tech.org/からPS2 HomebrewのelfファイルをダウンロードすることができるPS2向けHomebrewダウンローダーVTSPS2-HBDL v0.25をリリースしていました。USBサポートなどが変更点です。