LCD Colour Space Changer一覧

GameGaz Daily 2020.9.25

●CBPS Forumsで、cuevavirus氏がLCDを搭載したVita 2000のPSPエミュレータアプリケーションで色空間設定を変更しOLEDエミュレーションモードすることができるプラグインLCD Colour Space Changer v1.1.0をリリースしていました。

●PSX-Placeで、デコンパイル版の『Super Mario 64 Port』がPS VitaとPSP、PS2、PS3に移植されたことを伝えていました。


●GitHubで、GerbilSoft氏がゲームROMやディスクイメージを管理するためのWindows/Linux向けエクスプローラ機能拡張(シェルエクステンション)ROM Properties v1.7.2をリリースしていました。SYSTEM.CNFがなくPSX.EXEが存在するディスク解析時にクラッシュしてしまう不具合修正などが変更点です。

●GitHubで、 Roet-Ivar氏がwebMAN MODをインストールしたPS3でPS1/PS2/PS3のISOをマウントして直接XMBから起動できるようにするためにPS1/PS2/PS3のISOをPS3へインストールするPKGに変換することができるWindows/Linux向けユーティリティwebMAN Classics Maker v2.1.1をリリースしていました。URLはv2.1.0になっていますがv2.1.1らしいです。

●GitHubで、hax0kartik氏がNintendo 3DSでローカルネットワークを介してWindows側のクライアントアプリケーションとamiiboデータをやりとりすることでAmiiboをエミュレートすることができるユーティリティwumiibo v2.0をリリースしていました。amiiboに埋め込みUIDを使わずにランダムなUIDを割り当てるようにしたことなどが変更点です。

●GitHubで、rdmrocha氏が任天堂のNNIDをオフライン状態でSwitchに登録されている既存のアカウントに紐付けまたは紐付け解除することができるユーティリティLinkalho v1.0.3をリリースしていました。マニュアルバックアップ作成時のマウントの不具合修正が変更点です。

●ツイッターで、Ryujinxチームが昨日配信が開始されたばかりのNintendo Switch『カービィファイターズ2』がNintendo SwitchエミュレータRyujinxで初日からプレイが可能だったことを公表していました。

●ITmediaで、マイクロソフトがクラウドゲームサービス「Project xCloud」を日本向けに2021年上半期に提供すると発表したことを伝えていました。東京ゲームショウ2020の公式動画配信で発表されました

●TheSixthAxisで、AmazonがPC、Mac、Fire TV、iPhone/ iPad(Webアプリにて)、Android(後日対応予定)向けのサブスクリプションクラウドゲーミングサービスLunaを発表したことを伝えていました。メインとなる100以上のゲームがプレイできる基本プランLuna+は月額5.99ドルです。チャンネルと呼ばれるサービスが別途用意され、現在はUbisoftチャンネルというUbisoftのタイトルがプレイできるサービスが近日登場と告知されています。
専用のLuna Controllerは49.99ドルで販売されますが、Xbox OneコントローラーやDualShock 4、キーボードもマウスでもプレイできるそうです。当面は招待制のアーリーアクセスがアメリカのみ展開されます。