Wiimms SZS Tools一覧

ゲーム最新情報 2013年10月6日のニュース

●KaKaRoTo氏が、Cobra ODE向けPS3のHomebrewマネージャーEleganzをリリースしていました。Cobra ODE向けですので、いわゆる公式ファームウェアでHomebrew起動が簡単にできるようになります。今後CFW向けにも移植する計画があるそうです。

●Wii-Homebrewフォーラムで、Wiimm氏がマリオカートWiiやスーパーマリオギャラクシーのモディファイをするためのWindows/Linux/Mac用コマンドラインユーティリティWiimms SZS Tools v1.23a r4682をリリースしていました。

●PSX-Sceneで、Evilnat氏(=Nathan_r32_69氏)がPS3のバックアップマネージャーIris Managerの非公式版Evilnat’s Manager v1.00Uをリリースしたことを伝えていました。CFW 4.50でのバックアップ起動対応や、PS3の温度に応じてファンの速度を管理してくれるControl Fan Utilityへの対応などが盛り込まれました。なお、Googleに「攻撃サイト」として扱われていたPSX-Sceneへアクセスできるようになっていました。


ゲーム最新情報 2013年9月15日のニュース

●PS3-Hacksで、PS3のXMBからレトロゲームを直接起動できるようにしたRetroXMB v3 Betaがリリースされたことを伝えていました。Retroarchがサポートするシステムがサポートされた他、PSOne/PS2ゲームもサポートされました。

●Wii-Homebrewフォーラムで、Wiimm氏がマリオカートWiiやスーパーマリオギャラクシーのモディファイをするためのWindows/Linux/Mac用コマンドラインユーティリティWiimms SZS Tools v1.22a r4602をリリースしていました。BMGサポート強化などが変更点です。


ゲーム最新情報 2013年9月7日のニュース

●NeoGAFで、PS4のコントローラーDualShock 4はPCとmicroUSB接続するだけでPC上で動作することが可能だと伝えていました。タッチパッドもPCのタッチパッドとして利用できるそうです。
http://www.youtube.com/watch?v=FKwL4lrDmA0

●NintendoLifeで、ニンテンドーオブヨーロッパのビジネスディベロップメントマネージャーのEd Valiente氏がMiiverseがまもなくニンテンドー3DSで利用できるようになると語ったことを伝えていました。

●Wii-Homebrewフォーラムで、Wiimm氏がマリオカートWiiやスーパーマリオギャラクシーのモディファイをするためのWindows/Linux/Mac用コマンドラインユーティリティWiimms SZS Tools v1.21a r4578をリリースしていました。ビルトインヘルプシステムの改良などが変更点です。

●Homebrew Connectionで、Siz氏がXbox 360のプログラムライブラリであるlibxenonライブラリを用いMplayer(オープンソースメディアプレーヤー)をベースに開発したXbox 360のビデオプレーヤーXMPlayer V0.0.3をリリースしたことを伝えていました。Corona基板でのビデオ再生をサポートしたことなどが変更点です。


ゲーム最新情報 2013年7月22日のニュース

●/talkフォーラムで、GBOT氏がVHBLのオリジナルメニュー138Menu v1.1をリリースしていました。カスタムオンスクリーンキーボード追加や、背景カスタマイズの設定追加などが変更点です。

●ツイッターで、SvenGDK氏がPS3とPSPのGUIであるXMBをWindowsPC上でエミュレートしPS3のコントローラーで操作することができるXMBエミュレーターXMBPC System Update v1.0.6をリリースしていました。XMBPCストアのオープンに対応したことや、システムアップデートの通知に対応したことが変更点です。
[追記]
XMBPC System Update v1.0.7もリリースされました。XMBPCストアにアドオンやツールのカテゴリを追加したことなどが変更点です。

●Wii-Homebrewフォーラムで、Wiimm氏がマリオカートWiiやスーパーマリオギャラクシーのモディファイをするためのWindows/Linux/Mac用コマンドラインユーティリティWiimms SZS Tools v1.20a r4548をリリースしていました。コマンドのオプション追加やエラーメッセージをより正確な表示にしたことなどが変更点です。


ゲーム最新情報 2013年6月15日のニュース

●Tortuga Coveで、Rogero氏がPS3の4.40ファームウェアベースとなるカスタムファームウェアRogero CFW 4.41 v1.00をリリースしていました。4.41ベースとなるのは始めてです(過去にニセモノが出回ったことがあります)。OFW 3.55からのインストールか、CFW 3.55/4.21/4.30/4.40/4.41からのインストールに限ります。

●Wii-Homebrewフォーラムで、Wiimm氏がWiiやゲームキューブのバックアップISOイメージやWBFSコンテナのモディファイなどができるWindows/Linux/Mac用コマンドラインユーティリティWiimms ISO Tools v2.20a r4399をリリースしていました。今回が最終版で、今後新機能を追加して行く予定はないそうです。
[追記]
Wiimms ISO Tools v2.21a r4489がリリースされています。デフォルトイメージフォーマットをWDFからWBFSに変更したことなどが変更点です。

●Wii-Homebrewフォーラムで、Wiimm氏がマリオカートWiiやスーパーマリオギャラクシーのモディファイをするためのWindows/Linux/Mac用コマンドラインユーティリティWiimms SZS Tools v1.19b r4482をリリースしていました。バグ修正などが変更点です。

●Destructoidで、任天堂がE3のアナリスト向けブリーフィングで今年度中にFree to Play(基本プレイ無料)のタイトルを発売予定であると説明していたことを伝えていました。プラットフォームの言及がなかったそうですが、Wii Uと3DS向けである可能性が高く、マリオシリーズやポケモンシリーズといった人気シリーズでの展開は考えていなさそうです。

●GamesIndustryで、マイクロソフトがXbox OneのパワーはXbox 360の10倍だ、と性能のアピールに必死だと伝えていました。中古ゲームに対するマイクロソフトの指針や24時間に1回ながらネットワーク接続を要求するXbox Oneは、それかない上に100ドルで安いPS4と比較されて酷評されていますが、更にクラウドの活用により無限の力を発揮するのだと高性能のアピールで巻き返しをはかります。

●ファミ通.comで、PS3向けに発売が告知されている『グランツーリスモ6』のプロデューサー山内一典氏へのインタビュー記事を掲載していました。「レースゲームとしてのベースを、もう一度構築することを目指して開発」と、ソースコードやモデルデータといった根本からの見直しを行い進化させることを目指しているそうです。また、PS4盤については「このタイミングでPS4対応についてはまったく考えていません、というのもバカみたいじゃないですか(笑)」と、「待たせすぎることもないし、早すぎることもない」時期にPS4版を発売するそうです。

●NextMontで、Toxy)! 氏がPSP向けのツイッタークライアントアプリケーションpsTwit beta7をリリースしていました。Lite版は1000/Vita向けです。

beta7
・StreamingAPI有効時にRT/Favの通知を受け取れるようにした(Lite版では非対応)
・拡張メモリを使用しない1000/Vita向けのLite版
・その他多くのバグフィックス


ゲーム最新情報 2013年5月1日のニュース

●PS3Crunchで、Team REBUGがPS3のカスタムファームウェアREBUG 4.41.1 LITE EDITIONとREBUG 4.30.2 D-REX EDITIONをリリースしたことを伝えていました。LITE EDITIONはDEX(デバッグファームウェア)の機能がないCFWで、4.4xのデバッグファームウェアが流出していないため市販機向けの通常の4.41 CEXアップデータのうち一部を4.30 DEXのファイルに置き換えて作られています。D-REX EDITIONはDEX機に変換またはDEXそのものをインストールするCFWです。

●PSM Developer Forumsで、SCEがAndroid端末をはじめとする認定端末でPSOneコンテンツなどを楽しめるPlayStation Mobileの開発キットPlayStation Mobile SDK 1.11.01をリリースしたことを伝えていました。

[Publishing Utility] 大きなサイズのマスターパッケージを提出するときにエラーが発生することがある問題を修正しました。
[Vita] 複数のスレッドを使うときアプリケーションがフリーズすることがある問題を修正しました。

●Wii-Homebrewフォーラムで、Wiimm氏がWiiやゲームキューブのバックアップISOイメージやWBFSコンテナのモディファイなどができるWindows/Linux/Mac用コマンドラインユーティリティWiimms ISO Tools v2.20a r4399をリリースしていました。4年に渡って開発を続けてきたWiimms ISO Toolsですが、バグ修正を除き、基本的には最終版だそうです。

●GABTempで、Crediar氏がアーケードゲーム基板TriforceのゲームをWiiのSDカードから起動することができるエミュレータQuadForce v2.0をリリースしたことを伝えていました。今までプレイ可能だったMario Kart GP、GP 2に加えて F-Zero AXに対応したことが変更点です。

●VG247で、マイクロソフトがプレE3イベントとしてE3前日の6月10日(月)に南カリフォルニア大学キャンパスでプレスカンファレンスを行うことを伝えていました。

●Team-Xecuterフォーラムで、Ubergeek氏がXbox 360 PhatをJtag HackでもなくReset Glitch Hackでもない3つめの新たなexploitでHackするR-JTAGを公開していました。初期バージョンの対応基板はZephyr/Opus Falcon, jasperとなっています。Xenonについても専用版を今後リリース予定です。

●Wii-Homebrewフォーラムで、Wiimm氏がマリオカートWiiやスーパーマリオギャラクシーのモディファイをするためのWindows/Linux/Mac用コマンドラインユーティリティWiimms SZS Tools v1.18a r4404をリリースしていました。アルゴリズムを一新したことなどが変更点です。