Sigpatch-Updater一覧

GameGaz Daily 2023.12.31

●The Guardianで、記事を担当したKeza MacDonald氏が京都の任天堂本社を訪れマリオの生みの親として知られる任天堂の宮本茂氏へのインタビューを行い記事を掲載していました。インタビューでは宮本茂氏が入社してから今に至るまでの話を聞いています。宮本氏はあまりメディアに出ることが好きではないらしく、確かに宮本氏の経歴についてのインタビュー記事は目にした記憶がありません。宮本氏は71歳で通常なら引退する年齢ですが、「引退することは考えたことがないですが、倒れたときのことは考えてます。物事は5年スパンで考えないといけませんから何かあったときに誰に託すか、ですね」と語っていたのが印象的でした。倒れるときが必ず来ますから、任天堂が宮本氏と共に倒れるようなことがないよう願っています。

●GitHubで、ITotalJustice氏がAtmosphereやHekate / Kosmosで必要なsigpatch(Nintendo Switchで公式に署名されていないパッケージファイルに署名をするパッチ)をSwitch本体で直接ダウンロードすることができるユーティリティSigpatch-Updater v0.3.0をリリースしていました。パッチのダウンロードURL更新やダウンロードのキャンセルに対応したことなどが変更点です。

●GitHubで、 BernardoGiordano氏がチートエンジンを実装した3DSのLuma3DS 9.1以降に対応したGatesharkチートコードマネージャーSharkive run-5-956e6e237e90838f43f493c87a9d86095f2362baをリリースしていました。build-cheats.ymlを更新したそうです。

●GitHubで、SKGleba氏がPS Vitaが持っている「SDブートモード」で使用するハードウェアの回路図や起動に使うペイロード、スクリプトなどをまとめたプロジェクトpsp2sdbootを更新し、ツールやガイドも公開していました。psp2sdbootはPS VitaでPSPのパンドラバッテリーのようなサービスモードを利用できるようにするものです。以前はまだリポジトリの完成には時間がかかるとされていましたが、ようやく完成です。「買ってきて付けるだけ」「ダウンロードして実行するだけ」とは別次元ですので気軽に手を出せる方は限られます。ご注意を。併せて使うJigに関してはクライアントと回路がhttps://github.com/SKGleba/bertで公開されています。ポン付けではなく要複数ハンダ付けです。

●GitHubで、stooged氏がワンボードマイコンRaspberry PIをPS5でDNSサーバーやウェブサーバー、exploitホストとして利用するPS5 PI Serverをリリースしていました。

●GitHubで、aldostools氏がバックグラウンドでPS3のタスクを実行できるVSH PRXloader向けのプラグインとしてPS3のファイルやフォルダをウェブ(AndroidやiPhone、PCなど)経由で閲覧したり、リモートやXMBからISOをマウントしたりすることができるユーティリティwebMANの非公式アップデート版webMAN MOD 1.47.45を更新していました。prepISO_1.31.pkgと webMAN_MOD_1.47.45_Installer.pkgが更新されています。

●GitHubで、jimbob4000氏がPS VitaのゲームをランダムでプレイすることができるランチャーアプリケーションRandom Vita Game Launcher v1.0をリリースしていました。デフォルトではVitaのゲームだけが選ばれますが、設定でHomebrewを追加したり起動したくないゲームを外したりできます。
Random-Vita-Game-Launcher

●GitHubで、JoseAaronLopezGarcia(Acid_Snake)氏がPS VitaのePSP向けカスタムファームウェアARK(eCFW ARK)をPSPに移植したARK-4 v1703983144をリリースしていました。

●GitHubで、 Northfear氏が『X-COM: UFO Defense』のオープンソース版『OpenXcom』をPS Vitaに移植したOpenXcom-vita(OpenXcom Extended) v.7.10.0-vita.1をリリースしていました。

●ScummVMチームが、クラシックグラフィックアドベンチャーゲームエンジンScummVM 2.8.0をリリースしていました。RetroArch移植のリライトによりAtariがネイティブにハードウェアとやりとりするようになったことなどが変更点です。

●GitHubで、WinterMute氏がWii/GameCube Homebrew開発用Cライブラリlibogc 2.5.0をリリースしていました。実際のSHAブロックサイズと混同しクラッシュしたりしないよう定義名を修正したことなどが変更点です。

●GitHubで、Nintendo Switchエミュレータyuzu開発チームがyuzuのAndroid版 yuzu-android-177をリリースしていました。


GameGaz Daily 2023.5.22

●GitHubで、HamletDuFromage氏がNintendo Switchでカスタムファームウェア(Atmosphere/ ReiNX and SXOS)やsigpatch(署名パッチ)、チートコードをダウンロードしてアップデートすることができるユーティリティAIO-switch-updater 2.22.0をリリースしていました。オンスクリーンキーボードで文字列長を最大に増やしたことなどが変更点です。

●GitHubで、ITotalJustice氏がAtmosphereやHekate / Kosmosで必要なsigpatch(Nintendo Switchで公式に署名されていないパッケージファイルに署名をするパッチ)をSwitch本体で直接ダウンロードすることができるユーティリティSigpatch-Updater v0.2.0をリリースしていました。ダウンロードURLをまた新しくしたことなどが変更点です。

●GitHubで、PoloNX氏がNintendo Switchカスタムファームウェアオールインワン詰め合わせセットAtmoPack-Vanillaを利用してCFW(Atmosphere)をアップデートすることができるユーティリティAtmoPackUpdater 1.9.0をリリースしていました。アプレットモードでファームウェアをダウンロードして解凍プロセスが始まるとアプリがクラッシュしてしまう不具合の修正などが変更点です。

●GitHubで、HiddenRamblings氏が小型のNTAG215タグに3DSからAmiiboのダンプファイルを書き込みすることができるユーティリティThenaya 57a0edd(v0.8.3)を更新していました。

●GitHubで、aldostools氏がバックグラウンドでPS3のタスクを実行できるVSH PRXloader向けのプラグインとしてPS3のファイルやフォルダをウェブ(AndroidやiPhone、PCなど)経由で閲覧したり、リモートやXMBからISOをマウントしたりすることができるユーティリティwebMANの非公式アップデート版webMAN MOD 1.47.45を更新していました。webMAN_MOD_1.47.45_Installer.pkgが差し替わっています。

●PSX-Placeで、Iridule氏がPS3のドライブをLinuxデバイスにマウントすることができるLinux向けのスクリプトDrive Tool Beta 2.0をリリースしていました。

●GitHubで、 jimbob4000氏がカバー画像からPS Vitaの向けのゲームやHomebrewを起動することができるVitaHex氏のランチャーアプリケーションHexFlow-Launcherをベースにカバーフローを3D化しRetroArchとDaedalusX64から起動できるレトロゲームにも対応したRetroFlow-Launcher Nightly-2023-05-21をリリースしていました。2Dビューをオフにする設定に対応したことなどが変更点です。

●GitHubで、OPL Development TeamがPS2のISOイメージファイルを読み込むことができるPS2互換のPS3モデルにも対応したバックアップローダーOpen PS2 Loader v1.2.0-Beta-1991-f1146ebを更新していました。searchfileセクターの検索の不具合修正が変更点です。

●GitHubで、FCEUXチームのzeromus氏がWindowsとQt/SDL向けのファミコンエミュレータfceux interim-buildを更新(2023-05-21T22:41:24.0000000Z)していました。

●GitHubで、WerWolv氏がリバースエンジニアリング用途のWindows/Linux/macOS向けHexエディタImHex v1.29.0をリリースしていました。レイアウトの保存や読み出しをサポートしたことなどが変更点です。


GameGaz Daily 2022.1.21

●IGN Japanで、京都・鍵屋町正面通の任天堂旧本社社屋がホテル「丸福樓(まるふくろう)」として2022年4月に開業することを伝えていました。既に公式サイトが開設され予約受付もできるようになっていますが、1泊料金が10万とか20万、GW中だと30万など気軽に宿泊できるホテルではないことは分かりました。
marufukuro

●GitHubで、CTCaer氏がNintendo Switch向け多機能ブートローダーとなるbootloader/package1のリプレイスペイロードhekate v5.7.0 & Nyx v1.2.0をリリースしていました。13.2.1のサポートやHOS起動やペイロード起動の高速化(hekate v5.7.0 )、eMMCの低バス速度初期化サポートやOLED 64GBのサポート(Nyx v1.2.0)などが変更点です。(marumoさん情報ありがとね)

●GitHubで、ndeadly氏がNintendo SwitchでBluetoothで純正以外のコントローラーをネイティブに使用することができるカスタムモジュールMissionControl 0.6.4をリリースしていました。HOS 13.2.1のサポートや不具合修正などが変更点です。

●GitHubで、ITotalJustice氏がAtmosphereやHekate / Kosmosで必要なsigpatch(Nintendo Switchで公式に署名されていないパッケージファイルに署名をするパッチ)をSwitch本体で直接ダウンロードすることができるユーティリティSigpatch-Updater v0.1.4をリリースしていました。新しい署名パッチのためのダウンロードURL変更です。

●GitHubで、yyoossk氏がNintendo SwitchのカスタムファームウェアAtmosphereをベースに必要なツールをまとめた初心者に優しいオールインワンパッケージAtmosphere-with-Hekate 13.2.1をリリースしていました。Atmosphere 1.2.6およびhekate v5.7.0 & Nyx v1.2.0に合わせたアップデートです。

●GitHubで、 Team-NeptuneがNintendo SwitchのカスタムファームウェアAtmosphereを中心にオールインワンパッケージツールKosmos同様必要なものをすべてSDカード内に用意することで機能的に内包するような形にしたカスタムファームウェアオールインワン詰め合わせセットDeepSea v3.5.0をリリースしていました。Atmosphere 1.2.6とHekate 5.7.0、aio-switch-updater 2.16.3へのアップデートが変更点です。

●GitHubで、 mistervampi氏がNintendo Switchのカスタムファームウェア起動に必要なものをすべてSDカード内に用意することで機能的に内包するような形にしたオールインワンカスタムファームウェアパッケージツールNeXT 2.12をリリースしていました。Atmosphere 1.2.6、MissionControl v0.6.4へのアップデートなどが変更点です。

●GitHubで、carcaschoi氏がNintendo SwitchのカスタムファームウェアAtmosphereを中心に必要なものをすべてSDカード内に用意することで機能的に内包するような形にしたカスタムファームウェアオールインワン詰め合わせセットShallowSea v2.8.0をリリースしていました。Atmosphere 1.2.6へのアップデート変更点です。

●GitHubで、avan06氏がPS4のゲームのチートコードを探すためのWindows向けユーティリティPS4CheaterNeo 0.9.4.4-betaをリリースしていました。SectionToolでのセクション初期化の不具合修正などが変更点です。