PlayStation Now一覧

GameGaz Daily 2020.2.2

●ファミ通.comで、2020年2月6日から台湾で開催予定だった台北ゲームショウが新型コロナウイルスの影響で延期が発表されたことを伝えていました。
その他eスポーツ大会の実施延期が相次いでいることも報じられています。

●ファミ通.comで、SIEが定額制のクラウドゲーミングサービスPlayStation Nowを7日間実質無料で体験できるサービスを期間限定で開始したことを伝えていました。利用権をPlayStation Storeにて100円(税込)で販売、後日100円分がウォレットへ還元される仕組みです。期間はは2020年1月31日*(金)~3月31日{火)までで、既にサービスを利用している方や以前実施した7日間体験をすでに試している方は利用できません。

●Engadget 日本版で、ソニーがNintendo SwitchでのPS4リモートプレイのニーズを探る調査を行っていることを伝えていました。ソニーからの意見調査メールを受け取った海外ユーザーがいるようで、その設問の中にSwitch、Apple TV、Android TVやXbox Oneでのリモートプレイという項目があったようです。SwitchでのPS4リモートプレイは任天堂がソニー製アプリをニンテンドーeショップで配信を許可することが必要になるため、Engadgetでは実現性については極めて薄いのではないかとしています。

●Cemuチームが、ニンテンドーWii Uの市販ゲームのバックアップを起動することができるWindows向けWii Uエミュレータの正式版Cemu 1.17.0eをリリースしていました。vulkanのクラッシュする不具合の修正が変更点です。

●GitHubで、 dborth氏がニンテンドーWii向けのスーパーファミコンエミュレータSnes9x GX 4.4.5をリリースしていました。デフォルトでROM情報を非表示にしたことなどが変更点です。

●GitHubで、MAME開発チームのcuavas氏が過去のゲーム機やコンピュータの技術保存を目的として、MAME(Multiple Arcade Machine Emulator:マルチアーケードマシンエミュレータ)という名前のまま進化しているマルチシステムエミュレータMAME 0.218をリリースしていました。

●GitHubで、DacoTaco氏がWiiの起動プロセスやメモリへパッチすることができるユーティリティPriiloader 0.9 Beta 3をリリースしていました。

●GitHubで、Extrems氏がSD GeckoやIDE-EXIからゲームキューブのバックアップを起動させることができるオープンソースユーティリティSwiss v0.4r775-1をリリースしていました。シリアルポート2のSDカードが検出されない不具合の修正などが変更点です。


PlayStation Now値下げ 月額1,180円へ

PlayStation.Blogで、定額制クラウドゲームサービスPlayStation Nowを10月2日(水)から価格改定を行うと同時に3ヶ月間の期間限定でゲームタイトルを追加すると発表していました。

→→→この記事の続きを読む


GameGaz Daily 2018.8.16

●PlayStation.Blogで、8月15日から8月30日までの期間限定でストリーミングゲームサービス「PlayStation Now」 1ヶ月利用権を980円(税込)で販売すると発表していました。通常価格は2,500円(税込)ですが、サービスの自動更新を停止しないと1ヶ月後に2,500円になるので注意が必要です。ただし重複購入が可能ですので、複数回購入すると期間を追加する形で継続できます。PS Nowお試しにはちょうどいいチャンスです。
PS Now

●ツイッターで、hexkyz氏がTeam XecuterのSX OS v1.5のデータをアンパック・復号化するスクリプトtxunpack.pyとtxdecompress.pyをリリースしていました。v1.5ではROMMENUとLoaderが変更になっていることが分かっているそうです。

●GitHubで、tumGER氏がNintendo Switch向けのペイロードhekateを実行するまでに必要なファイルをまとめたオールインワンパッケージツールSDFilesSwitch v7.3SDFilesSwitch v7.3.1をリリースしていました。エラーリポートに関する不具合の修正(v7.3)やhblのrtld.stub再追加(v7.3.1)などが変更点です。

●GitHubで、StudentBlake氏がNintendo Switchのカートリッジダンプデータ(XCIフォーマット)の証明書の取り出しやインジェクト、ROMトリミングなどを行うことができるWindows向けユーティリティXCI Explorer v1.4.1をリリースしていました。nstoolmodが不要になったことなどが変更点です。

●GitHubで、DarkMatterCore氏がWiiのNANDにあるコンテンツ(IOSやチャンネル、cIOS、バーチャルコンソール、Wiiウェアなど)をNANDからWADファイルとしてSDカードやUSBストレージに抜き出したりセーブデータを復号した状態でバックアップやリストアを行うことができるユーティリティYet Another BlueDump MOD (YABDM) v1.85をリリースしていました。最新のdevkitPro + libogcでビルドした際のワーニングとエラーの不具合の修正などが変更点です。

●Maxconsoleで、EZTEAMがGBA/ニンテンドーDS SLOT2向けのFlashcart EZ-FLASH OMEGAのカーネルとファームウェアのアップデートKernel 1.04とFirmware 6.0をリリースしたことを伝えていました。ファームウェアの内部構造変更や省電力化などが変更点です。