Steam Deck一覧

GameGaz Daily 2022.4.28

●Game Developerで、情報筋からの話としてSIEがゲームディベロッパに対して卸売価格が34ドル/33ユーロ/日本円だと4000円を超えるゲームについては最低でも2時間はお試しでプレイできるようにするトライアル版を制作することを要求していると伝えていました。(liyuqiさん情報ありがとね)

●ツイッターで、テスターを募集していたnobd updater(ブルーレイドライブ故障でアップデートできない本体を9.00にアップデートするためのアップデータ)のテストが完了し起動率100%だったとしてそれをペイロードの形でnobd_payloadをリリースしていました。今後ガイドを作成してウェブサイトで公開する計画もあります。

●GitHubで、Chronoss09氏がPS4のGoldHENに導入されたチート機能を利用して適用できるチートをゲームプレイ時にHOME画面でメニュー形式で表示し適用させることができるユーティリティGoldHEN Cheats Pack PKG v1.0.4をリリースしていました。”FINAL FANTASY XV POCKET EDITION HD”などのチートが追加されています。

●GitHubで、Rinnegatamante氏がYoYo Gamesのゲーム開発ツールGameMaker Studioで作成したAndroid向けゲームをVitaで動作するようにするためのローダーYoYo Loader Vita Nightly 2022-04-27をリリースしていました。アニメバナーの不具合修正などが変更点です。

●GitHubで、DRok17氏がPS VitaのLiveAreaバブルを簡単に作成することができるRetroBuilder(RetroArchとDaedalusX64用)/ FAKE08-Builder(ゲーム開発ツールPICO-8用)/ ScummVM-Builder(クラシックグラフィックアドベンチャーゲームエンジンScummVM用)/ Bubble-Builder(VitaのHomebrewやAdrenalineのPSP/PS1バックアップ)をまとめたWindows向けユーティリティMulti-Builder v1.1をリリースしていました。YoYo Loader Vita対応ゲーム(Game Maker Studioでビルドした.apkファイル)のためのモジュール追加などが変更点です。

●GitHubで、Inori氏がPC向けのPlaystation 4エミュレータGPCS4 v0.1.0をリリースしていました。仮想CPUの導入などが変更点です。

●GitHubで、xemuチームがWindows/macOS/Linux(Ubuntu)向けの初代Xboxエミュレータxemu 0.6.3-8-g30a872fa83をリリースしていました。

●GitHubで、wavemotion氏がNintendo DS/DSi向けのコレコビジョンエミュレータColecoDS 7.0をリリースしていました。1982年に発売されたVTechのCreatiVisionサポートなどが変更点です。

●Valveが、ポータブルゲーム機Steam DeckのSteam OSおよびファームウェアのアップデートをリリースしていました。Windows 11用にfTPMサポートを提供する新BIOSが準備中とされていましたが、今回の注目はそのfTPMのアップデートによりWindows 11のインストールを可能にしたことです。Windowsドライバーは既に提供開始されています。

●ツイッターで、NXTeam Studiosが、ゲームの互換性を向上させたAndroid向けのNintendo SwitchエミュレータEgg NS Emulator 3.0 Beta4をリリースしていました。まだ最終版ではなく、あくまでもベータ版となっています。

●PushSquareで、SIEが6月1日から開始するPS PlusとPS NOWを統合した新サービス”PlayStation Plus”(PS Plus)の上位サービスPlayStation Plus Premiumでプレイできるゲームが公式サイトから流出し始めていると伝えていました。ゲームのボックスアートがソニーのサーバー上にあって見える状態になっていることが海外掲示板のRedditで話題になっています。リージョン毎にプレイできるゲームが異なるため日本でリリースされるかどうかは分かりませんが、少なくとも北米では『Tekken 2』『Ridge Racers 2』『Mr. Driller』が存在するようです。

●GitHubで、balika011氏がPS2のSCPH-5000XからSCPH-90000XまでのモデルでMechaconチップのデータを書き換えることによりリージョンチェックの無効化してPS2ディスクを起動したりバックアップPS1ディスクを起動したりすることができるMechaPwn 3.0 Release Candidate 2 (RC2)をリリースしていました。PSX DESRのサポートやUSB HDDのシャットダウンサポートなどが変更点です。3.0 RC1も存在したようですが、バグがあったため引き下げたようです。


GameGaz Daily 2022.3.20

●Arstechnicaで、マイクロソフトがLinux向けの新ブラウザMicrosoft Edgeのベータ版ではStadiaやXbox Cloud GamingなどのウェブベースのクラウドゲーミングをサポートするのでValveのポータブルゲーム機Steam Deckにインストールして利用するのに適していると伝えていました。Steam Deckでのパッドやジョイスティック入力をMicrosoft Edgeがサポートするためにゲームプレイが可能という内容で、プリインストールされているFirefoxやChromeではサポートされていないためクラウドゲーミングサービスを利用できません。
Steam Deckには先日ValveからWindowsドライバーが提供されたものの、現時点ではデュアルブートウィザードを表示するSteamOSインストーラーが準備中のためSteamOSとWindowsのデュアルブートには非対応で、OS乗り換えという形(戻す場合には要リカバリー)しか対応できていません。デュアルブート環境が用意できれば好きなOSでゲームがプレイできますが、現状でもLinuxベースのSteamOSのままMicrosoft Edgeを使えばクラウドゲーミングサービスが使えるというのは魅力的です。

●GitHubで、JoseAaronLopezGarcia(Acid_Snake)氏がPS VitaのePSP向けカスタムファームウェアARK(eCFW ARK)をPSPに移植したARK-4 Release 10をリリースしていました。SystemControlとInfernoドライバーの改良などが変更点です。

●PSX-Placeで、zecoxao氏がPS3のOSとゲーム動作の安定性を確保しつつPS3専用カスタムGPUであるNVIDIA RSXをオーバークロックで動作させゲームとVSHでフレームレートを倍増させるFPSブーストを実現するためのProject RSX Boostを発表していました。これを反映させたCFWを作れないか、というのがテーマになっています。

●GitHubで、njzydark氏がハック可能なPS4でUSBドライブなどのストレージを使わずネットワーク経由(リモート)でパッケージファイルをインストールすることができるflat_z氏が開発したユーティリティRemote PKG InstallerをOpenOrbis SDKに移植したps4_remote_pkg_installer-OOSDK v1.02をリリースしていました。IPアドレスとポートを表示する通知を追加したことなどが変更点です。

●PSXHAXで、illusion0001氏がPS3/PS4のゲームにパッチしてMODを適用することができるWindows/Linux向けユーティリティpy-patcher 1.04をリリースしていました。Mod自体はillusion0001氏が自身のブログであるillusion’s Blogで公表しています。

●ツイッターで、CTCaer氏が次回のL4T Switchリリースでビデオのハードウェアアクセラレーションが追加されることを公表していました。CTCaer氏がコーデックの調整をしたそうで、Switchに限らず全てのTegraを採用したデバイスで有効だそうです。

●GitHubで、Laf111氏がNintendo Wii U向けのFTPサーバーアプリケーションWiiUFtpServer V9-2をリリースしていました。ftp.cとvrt.cのソースコードの中に残っていたデバッグ用コードの削除やCRC32ワーニングのタイムアウト値10秒を追加したことなどが変更点です。

●GitHubで、RiiConnect24チームのSketchMaster2001氏がWiiConnect24のサードパーティによる代替サービスRiiConnect24を簡単にインストールするためのWindows/Unix向けユーティリティRiiConnect24 Patcher v1.4.5-v1.1.2をリリースしていました。NUSチェックの不具合修正(Windows版)などが変更点です。

●GBATempで、valx76氏がニンテンドー3DS向けのカスタムファームウェアLuma3DSにPINコードを利用して一定の時間が経過すると本体をロックする機能を追加したカスタムビルド版ファームウェアLuma3DS-Timelockをリリースしていました。目的は「子供に長時間触らせないようにするため」だそうです。

●GitHubで、tomvita氏がNintendo Switchのセーブデータダンプやインジェクトを行うことができるユーティリティEdiZonの改良版EdiZon-SE 3.8.34cをリリースしていました。不具合修正が変更点です。


GameGaz Daily 2022.3.14

●GBATempで、Windows/Linux向けのPS2エミュレータPCSX2に今まではユーザーが個々にPCSX2 Wikiで調べて手動で行っていた作業をゲーム毎に必要な設定の調整をコミュニティにより作成されるGameDB(ゲームデータベース)を参照して自動で適用される機能が実装されたことを伝えていました。現在GameDBはユーザーがGitHubへ投稿し、PCSX2チームにより承認されないと登録されませんが、仕組みとしては画期的です。

●GitHubで、avan06氏がPS4のゲームのチートコードを探すためのWindows向けユーティリティPS4CheaterNeo 0.9.5.8-betaをリリースしていました。Hexエディタで現在の16進数の値を逆アセンブルする機能を追加したことが変更点です。

●ツイッターで、dparrino(bucanero)氏がPS4のGoldHENに導入されたチート機能を利用するためにチートデータベース更新等の管理をすることができるユーティリティGoldHEN Cheats Manager (PS4)をリリースしていました。

●GitHubで、OPL Development TeamがPS2のISOイメージファイルを読み込むことができるPS2互換のPS3モデルにも対応したバックアップローダーOpen PS2 Loader v1.2.0-Beta-1834-e738988をリリースしていました。言語ファイル生成の不具合修正が変更点です。

●GitHubで、lifehackerhansol氏が3DSのHomebrewとして3DSのHOMEから直接DSのndsファイルを起動できるようフォワーダーにすることができるWindows/ Linux/ macOS向けユーティリティYANBF(Yet Another nds-bootstrap Forwarder) v1.4.0をリリースしていました。Python依存を廃止したことなどが変更点です。

●Valveが、ポータブルゲーム機Steam DeckのWindowsドライバーの提供開始を発表していました。Steam Deckはデュアルブートに対応しているものの現時点でデュアルブートウィザードを表示するSteamOSインストーラーが準備中のためSteamOSからWindowsへの乗り換えという形(戻す場合には要リカバリー)になります。また現時点でインストールできるのはWindows 10のみとなっており、Windows 11用にfTPMサポートを提供する新BIOSが準備中で近日リリースとなっています。オーディオドライバーはAMDやその他の企業と提携して開発が進められていますが、現時点ではBluetoothまたはUSB-Cオーディオのみ対応です。