Iris Manager一覧

ゲーム最新情報 2013年4月17日のニュース

●Elotroladoで、Estwald氏(Hermes氏)がHManagerをベースにしたオープンソースバックアップマネージャーIris Manager v2.35をリリースしていました。LV2やRAM編集機能などを持つArchive Managerの改良やディスクレスモード追加などか変更点です。

●ツイッターで、任天堂が今日2013年4月17日の23時よりNintendo Direct Luigi special 2 2013.4.17を録画放送すると発表していました。ルイージ関連タイトルの情報や3DS/Wii Uタイトルの情報と共に、来週Wii U本体更新をリリースすることも今回発表され、その話も出てくるようです。

●TeknoConsolasで、x360glitchipチームがXbox 360全マザーボードに対応しNANDのダンプや書き換えをすることができる製品x360 SpiFlasher v2.1を発表したことを伝えていました。

●SCEJAが、nasneシステムソフトウェア バージョン1.71 アップデートをリリースしていました。

システムソフトウェア バージョン1.71で更新される主な機能

PlayStation VitaのデータをWi-Fi 経由で”ナスネ”にバックアップしたりコピーしたりできるようになりました。

この機能は、PS Vitaのシステムソフトウェア バージョン2.10で搭載されたもので、nasneの1.71アップデート待ちでした。これでフルにVita 2.10/2.11の機能が使いこなせます。

●Universal Media Server公式サイトで、SubJunk氏がWindowsとLinux、MacOSXで利用できるPS3のメディアサーバーアブリケーションUniversal Media Server v2.6.1をリリースしていました。安定性向上やバグ修正などが変更点です。

●PSX-Sceneで、SvenGDK氏がPS3とPSPのGUIであるXMBをWindowsPC上でエミュレートしPS3のコントローラーで操作することができるXMBエミュレーターXMBPC v0.8.2 RCをリリースしたことを伝えていました。アップデートチェックオプションの追加が変更点です。


ゲーム最新情報 2013年4月7日のニュース

●ABCanGの自作物置き場で、ABCanG氏がゲーム中にPSPのHOMEボタンを押したときにゲーム終了以外にゲームの再起動やPSPのシャットダウン、スリープなどが選べるよう拡張メニューを表示することができるプラグインCustomHOME1.3.3をリリースしていました。

1.3.3(update 2013/04/07)
・壁紙が最初しか表示されないバグを修正

1.3.2(update 2013/04/06)
・一部のゲームで終了ができなくなるバグを修正
・PSPStatesのメニューの操作方法を変更
(また、prxcmlib_packを最新のものに更新しておいてください。)

●PS3 Media Serverフォーラムで、Raptor399氏がWindowsとLinux、MacOSXで利用できるPS3のメディアサーバーアブリケーションPS3 Media Server 1.80.0をリリースしていました。およそ5ヶ月ぶりのアップデートになります。

●XDA Developersで、xerpi氏がPS3のコントローラーのMACアドレスを入手することができるAndroid向けアプリAndPairをリリースしていました。XDA Developersのトピックにはダウンロード先がリンクになっていないので一応書いておきます。
[APKダウンロード]http://www.mediafire.com/?9eej2uvr3jx854k
[ソースコード]http://www.mediafire.com/?u7udv4a6l4gk6rl

使い方は
1) コントローラーを繋がずにアプリを起動する
2) Androidデバイスにコントローラーを繋ぐ
3) Scanボタンを押すとコントローラーのMACアドレスがセットされる
となっています。スクリーンショットは以下のようになってます。

SONY Tablet Sで起動してみたところ、入力カーソルが最初から出てくる関係で強制的にソフトウェアキーボードが出現、画面の下半分がキーボードで隠れてしまい何のアプリだかさっぱり分からない状態で相当悩みましたが、本当の画面はこうなっていました。

AndPair_Screenshot

●Elotroladoで、Estwald氏(Hermes氏)がHManagerをベースにしたオープンソースバックアップマネージャーIris Manager v2.30をリリースしていました。CFW 4.40での不具合修正やGUIの変更、UTF-8のサポート(日本語OK)などが変更点です。


ゲーム最新情報 2013年4月6日のニュース

●PSX-Sceneで、TeamSGKがPS3のカスタムファームウェアCFW 4.40.4をリリースしたことを伝えていました。PS3のシステム情報表示やNORMAL/REBUGシステムモード切替、LV1パッチ選択、QA flagの有効化などを行うことができるREBUG TOOLBOX機能の追加やデバッグメニュー追加などが変更点です。

●PS3ITAチームが、PS3のデバッグファームウェア 4.21DEXをベースにしたカスタムファームウェアCFW PS3ITA 4.21-DEX v2.2をリリースしていました。4.40のバージョン偽装に対応した他、PS3のNAND Flashに保存されているIDPSというデータを切り替えることができるChange IDPS All Region 4.21の統合などが変更点です。また、PS3起動時の機能を管理することで本体IDの恒久書き換えなどが可能になるユーティリティPS3ITA Loader v0.1もリリースされています。

●PSX-Sceneで、M3hDiR氏がPS3のゲームIDやPARAM.SFOの中のデータを使ってゲームの最新アップデータを探しダウンロードすることができるWindows向けユーティリティPS3 Game Updates Finder v1.0をリリースしたことを伝えていました。

●PSX-Sceneで、SvenGDK氏がPS3/PS2/PSPゲームバックアップの読み込みやHDD/メモリースティックへのコピー、PKGの署名、FAT32のHDDフォーマット、PARAM.SFOの編集などのためのツールをまとめたWindows/Mac用ユーティリティPS Multi Tools v10.1をリリースしたことを伝えていました。テキストが一部読み易くなったことや、Easy PS2 SMB Setupというファイル共有の設定が簡単にできる仕組みを用意したことが変更点です。

●Elotroladoで、Estwald氏(Hermes氏)がHManagerをベースにしたオープンソースバックアップマネージャーIris Manager 2.25をリリースしてました。HDD0からの4GB以上のpkgインストールのサポートやファイルマネージャーの追加などが変更点です。

●PS3NEWSで、Labuse氏とRaymanvtwo氏がPS3のFlashメモリー内に存在する固有の値を持つIDPSデータを変更してFlashメモリーに書き戻すことでPSNでBANされたPS3
でも安全にPSN接続できるようにするするIDPS Proj3ctを発表していました。動画が公開されただけですが、ダンプデータを変換等してIDPSを生成する等「知識が要求される」内容だとして対価を要求しているようです(というか、有料)。

●PS3Haxで、Mistawes氏がPS3起動時に出る警告画面の文字を自由に入れ替えるためのチュートリアルを発表したことを伝えていました。
『ご注意:説明書に書かれている、健康と安全に関する注意事項をよく読みのうえ…』というテキストを入れ替えることができるようになります。
http://www.youtube.com/watch?v=sSMDtP2j250

●ツイッターで、DestructoidのライターなどをしているJonathan Holmes氏が任天堂がWii U開発キットを無償配布しているとつぶやいていました。


任天堂が無償でWii U開発キットを配ってるとあちこちで聞いてる。開発者にはいいことだよね。おかげでうまく行くかもしれないし。
さすがに大手にまでは配っていないと思いますが、インディーズタイトルを増やすべく小規模な開発スタジオに、というなら納得です。

●Google Codeで、Crediar氏がWiiでのUSB/SDカードからの起動をサポートしたゲームキューブのバックアップローダーDIOS MIOS v2.9をリリースしていました。パッチコードの変更などが修正点です。また、SDカードからの起動のみをサポートしたDIOS MIOS Lite v2.9も合わせて公開されています。

●Glitch360 Teamが、Xbox 360のReset Glitch Hackを行うための製品Glitch360Key Ultra等のファームウェアを書き込むためのWindows向けユーティリティGlitch360Key Updater 1.0.6.62をリリースしていました。

●PS3Haxで、CaptainCPS-X氏がPS3でPS2 Classicsゲームの管理やゲームの起動もすることができるユーティリティPS2 Classics Manager v1.01をリリースしていました。ゲームの削除モジュールを追加したことや分割バックアップファイルのコピーやインポートのサポートなどが変更点です。


ゲーム最新情報 2013年3月31日のニュース

●PS3Haxで、solidspike氏がstoker25氏の開発したPlayStationごとに割り振られているIDであるPSIDをメモリー上でパッチ(そのため恒久的なパッチではない)して、仮にPSNでBANされても復活させることができるかもしれないユーティリティPSIDPatch 1.6をベースにRogero/Miralatijeraなどの 4.40CFW向けにしたPSIDPATCH for 4.40 CFWをリリースしたことを伝えていました。

●Elotroladoで、Estwald氏(Hermes氏)がHManagerをベースにしたオープンソースバックアップマネージャーIris Manager 2.22Bをリリースしていました。ペイロードのオフセット修正などの不具合修正が変更点です。

●aldostools氏がPS3の各種ツールを集めたPS3 Tools Collection 2.3をアップデートしていました。以下のユーティリティが更新されています。

    ・PS2 ClassicsのISO.BIN.ENCファイルの復号化・暗号化が行えるPS2 Classics GUI 2.0

●PSX-Sceneで、Dean氏がbdRESET6、gameDATA6、lastGAME6、stDISC4といったmultiMAN向けツールを集めたmmTOOLSをリリースしていました。multiMANのWEBカラムに表示させることができるShowtime 04.03.128も合わせて公開されています。

●PS3Haxで、uf6667氏がPS3のNANDやNORフラッシュメモリーの読み出し/書き込みができるProgSkeet v1.2/v1.21向けのBitstreamsデータProgSkeet_12_130330_1909.datをリリースしたことを伝えていました。書き込み時の不具合を修正したそうです。


ゲーム最新情報 2013年3月24日のニュース

●PS3Crunchで、Dean氏がPS3のバックアップマネージャーmultiMAN ver 04.20.04 UPDをリリースしていました。04.20.04というバージョンは変わっていませんが、4.40CFWがサポートされました。

●TheSixthAxisで、SCEがPS3のシステムソフトウェア バージョン4.40でウェブブラウザから直接コンテンツをダウンロードする機能に対応したようだと伝えていました。

●任天堂が、サポートページにニンテンドー3DSのパッケージ版からダウンロード版にセーブデータを移動するためのツール『ダウンロード版にセーブデータを移動』(無料)を3月27日から配信すると記載していました。ただし、コピーではなく移動であるため、一度ダウンロード版へデータを移動させるとパッケージ版へは戻せないことと、移動完了後にパッケージ版のデータが消去させるので注意が必要です。

●GBATempで、damysteryman氏がvWiiのシステムチェックを回避するためにパッチを施してカスタムチャンネルをSDカードからインストールできるようにするPatched IOS80 Installerをリリースしていました。

●PS3NEWSで、IngPereira氏がPS2タイトルをPS2クラシックスとしてPS3で起動できるよう変換することができるWindows向けコマンドラインユーティリティPS2Classic Finalをリリースしたことを伝えていました。ISO9660チェック機能や仮想メモリーカードの復号/暗号化にも対応しています。

●Elotroladoで、Estwald氏(Hermes氏)がHManagerをベースにしたオープンソースバックアップマネージャーIris Manager v2.22をリリースしていました。CFW 4.40 MiralaTijeraのペイロード追加が変更点です。