Fake PKG Generator一覧

GameGaz Daily 2020.1.22

●PlaySation Storeが、1月21日から2月3日までの期間限定で対象タイトルが最大8割引となる「ホットウィンターセール」を開始していました。

●PSXHAXで、cfwprophet氏がPS4のフェイクパッケージファイルを作成することができるユーティリティFake PKG Generatorをリリースしたことを伝えていました。

●GitHubで、 cuevavirus氏がPS VitaのPSボタンを長押しして出るクイックメニューでボリュームを変更することができるプラグインQuick Volume v1.2.1をリリースしていました。3.65のh-encoreではQuick Volumeが動作せずEnsoでしか動かなかった不具合の修正が変更点です。

●GitHubで、KuromeSan氏がYoYo Gamesのゲーム開発ツールGameMaker StudioのプロジェクトをPS4向けにPKGで出力することができるユーティリティGayMaker: Studio v1.2をリリースしていました。不具合修正が変更点です。

●GitHubで、KuromeSan氏がYoYo Gamesのゲーム開発ツールGameMaker StudioのプロジェクトをVitaのHomebrewとしてエクスポートするためのユーティリティGayMaker 1.7.5をリリースしていました。不具合修正が変更点です。

●endrift氏が、マルチプラットフォームゲームボーイアドバンスエミュレータmGBA 0.8.0をリリースしていました。安定版になります。GBAゲームの高解像度レンダラーサポートなどが変更点です。昨日1〜2週間以内にリリース予定と発表されましたが、結局その翌日のリリースとなりました。

●GitHubで、CompSciOrBust氏がamiiboをエミュレートするSwitchのカスタムプロセスemuiiboをGUI版にしたAmiigo 1.5.3をリリースしていました。Emuiiboが起動していないときのチェックを追加したことなどが変更点です。

●GitHubで、KMFDManic氏がファミコンミニ・スーパーファミコンミニ・メガドライブミニのRetroArch向けモジュールKMFDManic Mini Classic Xtreme Core/HMOD Set v.3.7-01-21-2020をリリースしていました。バグ修正などが変更点です。

●GitHubで、minkcv氏がVapor SpecというWindows/Linux向けのオリジナル仮想ゲームプラットフォームをNintendo Switchに対応させたVapor Spec for Nintendo Switch 1.1.0をリリースしていました。ライブラリアップデートによるパフォーマンス改良が変更点で、コード自体には変更がないそうです。

●GitHubで、CompSciOrBust氏がNintendo Switch向けのファイルブラウザN-Xplorer 0.6.2をリリースしていました。ロジックとインプットをGUIからスレッドを分けたことなどが変更点です。

●GBATempで、averne氏がNintendo Switchの画面表示の色調整を行うことができるユーティリティFizeau v1.0.0をリリースしていました。
Fizeau
Fizeau2


GameGaz Daily 2018.6.14

●ツイッターで、AluProductions氏がPS4の4.05でHomebrewを起動できるようにするFake PKG Generator 3.38をリリースしていました。カスタムPKGキーやFake SELFサポートのためのパッチ適用などが変更点です。

●GitHubで、xemio氏がPS4 5.05向けのJailbreakカーネルパッチjkpatch 5.05をリリースしていました。

●GitHubで、GerbilSoft氏がゲームROMやディスクイメージを管理するためのWindows/Linux向けファイルブラウザROM-Properties v1.3.1をリリースしていました。Windows版でサポートしているファイル内の画像の幅が8の倍数でない時にエクスプローラーがクラッシュする不具合の修正などが変更点です。


GameGaz Daily 2018.6.8

●Switchエミュレータyuzu公式ツイッターアカウントによると、最新のyuzu nightll builfdでは『スプラトゥーン2』が動いているようです。

●ツイッターで、AluProductions氏がPS4の4.05でHomebrewを起動できるようにするFake PKG Generator 3.12 hotfixをリリースしていました。Fake SELF Patchの修正などが変更点です。

●GitHubで、ONEluaチームがVitaのeCFW 6.61Adrenalineのバブルアイコンを作成・管理することができるユーティリティAdrenaline Bubble Manager v5.04をリリースしていました。8ビットイメージ変換の無効化に対応したことなどが変更点です。

●GitHubで、Al-Azif氏がPS4 exploitを自分の環境で用意するためのps4-exploit-host v0.4.3をリリースしていました。5.05 exploit/ペイロードを含むようにしたことなどが変更点です。

●GitHubで、FIX94氏が開発したオリジナルのファミコンエミュレータfixNES Alpha v1.1をリリースしていました。より効率的に動作するようコードを改良したことなどが変更点です。

●GitHubで、rajkosto氏がbootloader/package1のリプレイスペイロードhekateiplのMODhekate_ipl (rajkosto mod) v11をリリースしていました。

●GitHubで、ONEluaチームがPS VitaのeCFW向けオリジナルメニューONEMenuをVitaのLiveareaの代わりとして利用できるようVitaへ移植したONEMenu for PSVita v3.02をリリースしていました。ゲームのインストール/アンインストールに合わせux0:data/ONEMENU/savesからセーブデータをバックアップ/リストアを行うことができるようにしたことなどが変更点です。

●ツイッターで、Xbox 公式アカウントが今年のE3 2018の開催に合わせ、Xbox E3ブリーフィングを日本時間6月11日午前5時からMixerのXbox公式チャンネルなどでライブストリーミング中継すると発表していました。


GameGaz Daily 2018.6.6

●ツイッターで、Draqen氏がESP8266 Wi-Fiモジュール基板をWi-Fiに繋ぐだけでPS4の4.55 exploitを発動させることができるESP8266向けファームウェアDraqen-Esp8266-fw505-V1.18をリリースしていました。ReactPsPlusのペイロード追加が変更点です。

●プレイステーション公式ツイッターが、E3 2018に合わせて開催される「PlayStation E3 2018 Showcase」を日本時間6月12日午前10時よりストリーミング中継すると発表していました。

●任天堂公式ツイッターが、E3 2018に合わせ6/13(水)午前1時より「Nintendo Direct:E3 2018」を放送すると発表していました。

●ツイッターで、AluProductions氏がPS4の4.05でHomebrewを起動できるようにするFake PKG Generator 3.12をリリースしていました。以前のバージョンは4.50 SDK,ベースでしたがこのバージョンは5.00 SDKベースです。

●GitHubで、GerbilSoft氏がゲームROMやディスクイメージを管理するためのWindows/Linux向けファイルブラウザROM Properties v1.3をリリースしていました。
ROM Properties

●VG247で、マイクロソフトがE3期間中Xbox One Xを公式としては初めてとなる値下げを発表すると伝えていました。値下げ額は50ドルです。Xbox One Sについては6月7日から50ドル値下げされるようです。


GameGaz Daily 2018.1.12

●GitHubで、idc氏がFlatz氏のfself/pkgを扱う方法の解説記事を受け早速PS4の4.05で実際fself/fpkgを読み込むためのパッチやフックとしてfakeinstallerとfakepayloadをリリースしていました。

●ツイッターで、cfwprophet氏がPS4の4.05でHomebrewを起動できるようにするFake PKG Generator for PS4をリリースしていました。
[追記]
cfwprophet氏がfake pkgのビルドの仕方の動画を公開していました。

●ツイッターで、PS4 4.05でLinuxを起動させるPS4-Linux-Loaderをリリースしたvalentinbreiz氏が他のモデルでもPS4 Linuxが起動できるよう開発中で、CUH-11XXX モデルのテスターを募集していました。

●ツイッターで、任天堂が「Nintendo Direct mini 2018.1.11」の公開を発表していました。miniは初の試みです。Switch発売予定のソフトを紹介しています。下記ダイレクトをはじめ、ゲームごとにDirectが用意されています。そのためNintendo Direct mini 2018.1.11のページが用意されていて、全体を紹介した下記動画の他に個別のゲーム紹介をした詳細動画がhttps://www.nintendo.co.jp/nintendo_direct/20180111/index.htmlに用意されています。