TinyVNC一覧

GameGaz Daily 2020.10.13

●GitHubで、 badda71氏がNintendo 3DS向けのVNCビューアアプリケーションTinyVNC 1.0をリリースしていました。.3dsx版に加えて.cia、.3ds版を用意したことやhttpプロトコルでのmp3ストリーミングオーディオのサポート、オンスクリーンキーボード追加などが変更点です。

●任天堂が、2020年11月6日(金)よりJoy-Con(L) / (R)の単品価格を4,480円(税抜)から3,740円(税抜)に改訂すると発表していました。740円の値下げになります。理論上Nintendo Switch本体の値下げがあってもおかしくないですが、そのような全く発表はありません。
price pf single Joy-Con will drop down

●GitHubで、chrismaltby氏がコーディングの知識がなくてもドラッグアンドドロップでゲームボーイ向けのHomebrewを開発することができるWindows/ Mac/ Linux向けユーティリティGB Studio v2.0.0-beta4をリリースしていました。

●GBATempで、 RiiConnect24チームのLarsenv氏がWii/ 3DS/ Wii U/ Miitomo/ SwitchのMiiをMiiスタジオで読み込めるファイルに変換することができるPythonで開発されたコマンドラインユーティリティmii2studioをリリースしていました。

●GitHubで、 Roet-Ivar氏がwebMAN MODをインストールしたPS3でPS1/PS2/PS3のISOをマウントして直接XMBから起動できるようにするためにPS1/PS2/PS3のISOをPS3へインストールするPKGに変換することができるWindows/Linux向けユーティリティwebMAN Classics Maker v2.1.2 beta-10をリリースしていました。

●PSXHAXで、_AlAzif氏がソニーのSDKを使わず独自のオープンソース開発環境を使用するPS4向けの開発ツールOpenOrbis PS4 Toolchainを使ったサンプルPKGとしてHello Worldをリリースしたことを伝えていました。


GameGaz Daily 2020.9.23

●GBATempで、Badda氏がNintendo 3DS向けのTinyVNC 0.9 betaをリリースしていました。一月ほど前にPCでCemuを起動して3DSで表示するVNCビューアを近く公開することが公表されていました。そのTinyVNCの実際のリリースになります。
TinyVNC

●GitHubで、DarkMatterCore氏がNintendo Switchのゲームカードダンプをすることができるユーティリティnxdumptool v1.1.11をリリースしていました。復号に関する手法を変更したことNSPファイルダンプの不具合修正が変更点です。

●CBPS Forumsで、CreepNT氏がPS Vitaでシステム起動後にLinuxローダーを自動的に起動することができるカーネルプラグインBootMenu 0.1をリリースしていました。Ensōでの利用が推奨されています。
BootMenu

●GitHubで、FMudanyali氏がVitaでプレイした時間を表示するプラグインBetterTrackPlug 1.0.3.1をリリースしていました。32KBのシステムメモリ削減のためにDolceSDKを使うようにしたことが変更点です。

●GitHubで、xerpi氏がVitaの画面をUSB経由でPCにストリーミング送信するためのカーネルプラグインPSVita UDCD USB Video Class plugin(udcd_uvc) v1.7をリリースしていました。プラグインが多数読み込まれた時に不具合を起こさないよう初期ディレイ値を15秒にしたことなどが変更点です。


GameGaz Daily 2020.8.15

●GitHubで、zaksabeast氏がNintendo Switch『ポケットモンスター ソード・シールド』をプレイ中にTeslaを使ってポケモンのデータなどを表示することができるオーバーレイメニューCaptureSight v0.8.0をリリースしていました。ポケモンサマリースクリーンにポケモンの雄雌表示を追加したことなどが変更点です。

●Creckeryop氏がPS Vitaで漫画を読むことができるコミックリーダーNOBORU 0.65をリリースしていました。セーブデータを保存するドライブ(uma0: またはux0:)を変更する設定を追加したことなどが変更点です。

●GitHubで、GrapheneCt氏がPS Vitaでスレッドの優先度や使用するコア数を指定するアフィニティマスクを調整するためのプラグインおよび設定アプリケーションThreadOptimizer v1.51をリリースしていました。CoreUnlocker80000HのプラグインをCapUnlockerに名称変更したことに伴いプラグインの表示名を修正したことが変更点です。

●ツイッターで、PepeCobain95氏がPS4にインストールすることができるLinuxディストリビューションPS4 Gentooの改良版PS4 Gentoo MODをリリースしていました。スタートアップでRetroArchをキーボードを接続せず起動できる設定にすることができます。

●ツイッターで、LightningMods_氏が5.50から6.20のPS4でブルーレイドライブが動作しない状態で6.72へアップデートすることができるユーティリティNoBD 6.20 updaterをリリースしていました。

●Cemuチームが、ニンテンドーWii Uの市販ゲームのバックアップを起動することができるWindows向けWii Uエミュレータの正式版Cemu 1.20.2bをリリースしていました。グラフィックのバグ修正やフリッカー低減などが変更点です。

●GBATempで、Wii Uエミュレータ Cemuを3DSに移植したと思われる動画(Cemu3DS)が話題になっています。動画しかありません。本物っぽく見えますが、Wii UをエミュレートするPCと3DSのスペックが同等ということは考えにくいです。

[追記]
動画を投稿したBadda氏がコメントを出していました。(PPSSPPさん情報ありがとね)
Fakeではないものの、3DSでゼルダを実際起動させているわけではなく、ノートPCでCemuを起動し、VNC viewerであるTinyVNCでプレイ画面を受信しているようです。TinyVNCを使うとボタン制御は3DSから可能になるので、操作しているのは3DSになりますが、cemu自体はPCで動いています。
ということで、本物と言えば本物です。
またBadda氏はGBATempでスレッドを立て、3DSのHomebrewとしてのTinyVNCを準備ができ次第リリースすることを発表しています。