Switch-Streaming一覧

GameGaz Daily 2022.4.24

●GitHubで、Rinnegatamante氏がYoYo Gamesのゲーム開発ツールGameMaker Studioで作成したAndroid向けゲームをVitaで動作するようにするためのローダーYoYo Loader Vita Nightly 2022-04-23をリリースしていました。ここのところほぼ毎日Nightlyビルドとしてアップデートされています。バージョン管理されているわけではなく、前回のNightlyビルドでどこまで書いてあったか覚えてないと変更履歴が追っかけられなくなりました。ツイートしてくれていればわかりやすいのですが…なので今回省略します。そのうちNightlyビルドではない正式版になるはず。

●GitHubで、OSM-Made氏がPS4向けのHomebrew開発ツールOrbis Suite 3.0をリリースしていました。GUIを一新して作り直したそうです。

●GitHubで、cazwacki氏がNintendo SwitchでPCのウェブブラウザを介しリモートプレイを可能にする実験的ユーティリティSwitch-Streaming v2.0.0をリリースしていました。Linuxサーバー自体にHDMIキャプチャカードでSwitchの映像出力を入力してストリーミングを行うという仕組みになっています。

●GitHubで、borntohonk氏がNintendo SwitchのAtmosphereでタイトルマネージャーTinfoilをネイティブサポートすることを目的としたモディファイ版カスタムファームウェアNeutOS 1.3.1-62eb4d698 for FW version 14.1.0をリリースしていました。以前のバージョンであるNeutOS 1.3.1-62eb4d69からNeutOS 1.3.1-62eb4d698になっています。ハッシュがAtmosphere 1.3.1のものに変わっていることくらいしか違いが分かりません。

●xbinsで、Team CerBiosが初代Xbox(Xbox V1.0 -1.5のみ)向けのカスタムBIOS CERBIOS Beta V2.00をリリースしていました。RetailとHybrid Debugという2つのBIOSバイナリをリリースしたことなどが変更点です。

●GitHubで、solemnwarning氏がリバースエンジニアリング用途をターゲットに開発したクロスプラットフォーム(Windows/ Linux/ Mac)HEXエディタrehex(Reverse Engineers’ Hex Editor) 0.5.0をリリースしていました。”View”メニューに”x86 disassembly syntax”を追加したことが変更点です。