GameGaz Daily 2017.3.19




●GitHubで、TheFlow氏がHENkaku環境のVitaでファイルマネージャー/PKGインストール/ビルトインFTPなどの機能を有したLiveAreaの代わりとして利用出来る多機能シェルアプリVitaShell v1.61をリリースしていました。データベースが破損してクラッシュする不具合をはじめとしたバグ修正が変更点です。(sharunさん、mtiyumさん情報ありがとね)

●Maxconsoleで、公式Raspberry Piマガジンが小型PCボード「Raspberry Pi」が5年間で1250万台販売されたと発表したことを伝えていました。Maxconsoleでは多分いい意味で相当数売れたのだという意図で「Wii U並みに売れた」と表現しています。

●任天堂が、Android版『Super Mario Run』の配信日を3月23日にすると発表していました。

●GitHubで、 joel16氏がVitaでWi-Fi接続したネットワークのプロファイルやWi-Fiパスワードを表示することができるユーティリティVITA Net Check v0.1をリリースしていました、

●PSX-Placeで、Arkanite氏がGekiHENコンテスト公募作品としてVita向けのテキストエディタ(ソースコードエディタ用途)アプリケーションVitaPad++ v0.3をリリースしたことを伝えていました。ソースコードはGitHubで公開されています。
VITAPAD++

●GBATempで、AnalogMan氏がN2 Elite(Amiiqo)、Datel PowerTag、NaMiiMoのAmiiboエミュレートデバイス向けにランダムに生成したタグシリアルをAmiiboバックアップファイルのBINファイルに埋め込み暗号化を行い利用できるようにするWindows向けユーティリティAmiibo BIN Serial Changer v2をリリースしていました。Pythonスクリプトのため利用にはPython 3のインストールが必要です。本物のAmiiboのデータや空のNFCタグには利用できません。

●Cemuチームが、ニンテンドーWii Uの市販ゲームのバックアップを起動することができるWindows向けWii UエミュレータCemu 1.7.3をリリースしていました。パッチとダウンロードコンテンツのサポートや互換性の向上、グラフィックの改良、バグ修正が変更点です。(LLKさん情報ありがとね)

●BenMitnicK氏が、VitaShell 1.51をベースに機能を追加したVitaToolBox 1.22をリリースしていました。壁紙選択のフィルター追加が変更点です。(哘雅楽乃さん情報ありがとね)

Tags: , , , , , , ,

●SIEJAが、PS3の現行機として販売されている最後のモデル『PlayStation 3 チャコール・ブラック 500GB』(CECH-4300C)を近日出荷完了予定と発表していました。(yo.さん情報ありがとね)

●IGN Japanで、Nintendo Switchはクラウドセーブ機能に対応している可能性があると伝えていました。Switchを修理に出したユーザーからの報告で、修理後アカウントはそのままになっているにもかかわらずセーブデータが消えていたものが、そのゲームを起動するとアップデート要求され、アップデート後には消えていたはずのセーブデータが復活していたという事実からの推測にすぎません。

●GamesIndustryで、任天堂関係者の話としてNintendo Switchの来年度の生産計画を800万台から1600万台に増産する計画だと伝えていました。

●Maxconsoleで、Nintendo Switchのゲームカードの解析が始まっていると伝えていました。すでにピンの役割調査の段階だそうです。

●GBATempで、Nintendo SwitchにはShield TVと同じNvidia Tegra X1がそのまま使われていると伝えていました。特にSwitch向けにカスタマイズされているわけではないようです。
ちなみにNvidia Tegra X1は
・8コアCPU (4 x Cortex A57 と 4 x Cortex A53)
・GPUはGM20B Maxellコア
というスペックです。
また、SwitchとShield TVは完全同一ではなく以下のようにスペックは異なっています。
 RAM Switch: 4GB Shield TV: 3GB
 CPU Switch: 1Ghz Shield TV: 2Ghz
 GPU Switch: 3モード:307.2Mhz/384Mhz/768Mhz  Shield TV: 1Ghz

Tags: , ,

GitHubで、TheFlow氏がHENkaku環境のVitaでファイルマネージャー/PKGインストール/ビルトインFTPなどの機能を有したLiveAreaの代わりとして利用出来る多機能シェルアプリVitaShell v1.60をリリースしていました。

過去に何度かアップデート予告されていましたので待っていた方も多いのではないでしょうか。そのVitaShellのメジャーアップデートがようやくリリースされました。今までもGitHubには、ビルドされての配布こそされていませんでしたが1.60の更新履歴だけは書かれていたのでバージョンも次は1.6なのだろうと予想もついていました。

変更点は以下です。

・uma0のマウント機能及びuma0:をux0:として利用する機能
・ゲームカードをUSBデバイスとしてマウント
・LiveAreaのリフレッシュに対応
・ロングファイル名のテキストスクロール
・コンテキストメニュー(Rトリガーコンボは廃止)に並べ替え追加
・テーマセレクターの追加及びVitaShellコンテスト優勝テーマの追加
・その他不具合修正

uma0マウントは今回の目玉機能で、これがUSBデバイスのマウント機能となります。USBメモリーは問題なくサポートしていますが、USB HDDの場合は別途電源供給が必要になる場合があります。

ただし、PS VitaでUSBメモリーサポートというには異論がありそうです。


何回言わせれば気が済むのか知りませんがPSTV専用ですよ。USBペンドライブをPSTVに刺さずにどこに差すの?

PS Vitaの場合にはUSB OTGケーブルを使ってもUSBホストに対応という話でもないためサポート対象外のようです。

Tags: ,

●hexkyz氏(Molecule Teamのxyz氏)が、自身のブログでVitaのlv1ハック情報が流出したことを公表していました。
hexkyz氏によると、まず0x12F SMCというものを使うVitaのメモリーリークを発見し、その後共有メモリエリアが何なのかを1月に発見。そこに8バイト制限が存在してた所で壁に当たっていた折、突然匿名の人物からその情報に関するメールが届いたそうです。内容はちょうどその脆弱性を利用してVitaのlv1コードの実行を可能にするための情報提供でしたが、その人物とやりとりしたVitaのlv1ハック情報が流出したということのようです。
なお、hexkyz氏は今はSwitchの調査を始めていることを明らかにしています。

●GitHubで、Reisyukaku氏がニンテンドー3DS向けのオープンソースカスタムファームウェアReiNAND v5.1をリリースしていました。3DSの11.3以降をサポートしたことが変更点です。

●Maxconsoleで、WiiUBruチームがNintendo Switchの隠されたウェブブラウザをPCを経由したりすることなくSwitch本体だけで簡単にフルで利用できるようにするためのカスタムDNSサーバーSwitchBru DNSを公開したしたことを伝えていました。Switch本体でDNSを45.55.142.122に設定するだけです。
公式サイトはhttp://switchbru.com/dns/です。

●GitHubで、marco-calautti氏がニンテンドーWii UのCFWでリージョンフリー機能を強化し強制的に任意のリージョンに固定させることにより、任意のリージョンのゲームを確実に起動させることができるようにするユーティリティSpiik v0.1bをリリースしていました。

●GitHubで、mariohackandglitch氏が3DSのNTR CFWでゲームのromfsをSDカード内にあるデータにリダイレクトさせることによりゲームMODを可能にするユーティリティOnionFS v1.2をリリースしていました。(通りすがりさん情報ありがとね)

Tags: , , , ,

ReSwitchedチームが、Nintendo Switchのブラウザexploitを利用したツールキットPegaSwitchをリリースしていました。(通りすがりさん情報ありがとね)

「Switchのexploit PegaSwitch by ReSwitched」の続きを読む

Tags: , ,

●米PlayStation.Blogで、PS3タイトルのストリーミングゲームサービスPlayStation NowがPS4タイトルにも対応し、1契約でPS4とWindows PCどちらでもPlayStation Nowが利用できるようにすると発表していました。PS4でゲームをプレイして、続きをWindows PCで(またはその逆)ということも可能になります。
[追記]
日本版のPlayStation.Blogで、2017年3月21日(火)よりWindows PC対応サービス「PlayStation Now for PC」を開始すると正式に発表されました。

●PSX-Placeで、Dean氏がPS3向けのランチャープラグインsLaunchにファイルやフォルダをウェブ経由で閲覧したりリモートやXMBからISOをマウントするwebMANを融合して1つにしたプラグインsMAN v1.10nをリリースしたことを伝えていました。今まではベータ版でしたが今回からは安定版扱いのようです。

●PSX-Placeで、Berion氏がPS3のXMBで多彩な機能を実現するXMB Manager PlusのMOD版XMB Manager Plus 2017 Release 1をリリースしていました。WebMAN/WebMAN Modメニューを追加したりなどの改良が施されています。

●PSX-Placeで、Rinnegatamante氏がGekiHENコンテスト応募作品としてSyobon action(しょぼんのアクション)をVitaに移植したOpenSyobon Vita​ v1.0をリリースしたことを伝えていました。しょぼんのアクションはHomebrewとして様々なゲーム機に移植されていますが、OpenSyobon Vita​は3DS版がベースだそうです。
OpenSyobon Vita​

●ツイッターで、TheFloW氏がVitaShellにテーマ切り替えができるよう機能を実装したことを公表していました。

Tags: , , , ,

●PSXHAXで、theorywrong氏がPS4のプロセスからのダイレクトシステムコールを可能にするPS4 Syscallカーネルパッチを公開していました。ゲームのモディファイに有効だそうです。

●GitHubで、aldostools氏がバックグラウンドでPS3のタスクを実行できるVSH PRXloader向けのプラグインとしてPS3のファイルやフォルダをウェブ(AndroidやiPhone、PCなど)経由で閲覧したり、リモートやXMBからISOをマウントしたりすることができるユーティリティwebMANの非公式アップデート版webMAN MOD 1.47.04をリリースしていました。NTFSとNETISOのゲームがプラグインでマウントできるようになったことなどが変更点です。

●PlayStation.Blogで、3月25日よりPlayStation VRの追加販売を実施すると発表していました。

Tags: ,

« Older entries § Newer entries »