PegaScape一覧

GameGaz Daily 2019.6.27

●PSX-Placeで、PS3Xploit Teamのesc0rtd3w氏がPS3でCFW化ができなかったnonCFWモデル(後期SlimモデルおよびSuperSlimモデル)でもHomebrew起動を可能にする4.82 OFWまたは4.84 HFWに対応したHomebrew Enabler PS3HEN v2.3.0をリリースしていました。exploitのプロセス動作の高速化やクラッシュすることがあった不具合の修正などが変更点です。

●/talkフォーラムで、Rinnegatamante氏が1997年に発表されたアクションFPSゲームHeXen IIをVitaに移植したvitaHexenII v.2.1をリリースしていました。MSAA( Multisample Anti-Aliasing: マルチサンプリングアンチエイリアシング)のサポート(MSAA 2xとMSAA 4xは設定で選択可)やデータファイルのuma0でのサポート追加などが変更点です。

●GitHubで、noahc3氏が旧SDFilesSwitchから名称を変更したNintendo Switch向けのペイロードhekateやAtmosphereを実行するために必要なファイルをまとめたオールインワンパッケージツールKosmos v12.99をリリースしていました。ldn_mitm、emuiibo、lockpick、lockpick_RCMのアップデートが変更点ですが、実際にはPegascapeリリースに向けたプレリリースの意味合いが強いようです。

●GitHubで、SwitchでDéjà Vu exploitを利用することでFusée Geléeが使えないSwitchでもソフトウェアハックしてCFWを起動することができるCaffeine 1.1をリリースしていました。対象のファームウェアは2.0.0-3.0.0および4.01-4.1.0です。

●ツイッターで、Team AtlasNXがPegaSwitchスクリプトを実行するためのハッキングポータルサイトPegaScapeを公開したことを発表していました。Caffeineにも対応しているため、スクリプトは1.0.0、2.0.0-3.0.0、4.0.1-4.1.0に対応しています。要するに、Fusée Gelée対策Switchでも4.1.0までならAtmosphèreを起動できるようになりました。(FOWさん情報ありがとね)

●GitHubで、RetroGamer74氏がNintendo Switch向けのカスタムファームウェアを選択して起動するブートマネジャーRetroReloaded CFW 2.24をリリースしていました。PegaScapeをサポートすることで対策SwitchでCFWサポートをしたことが変更点です。

PegaScape公開によりCaffeineでSwitch 4.1.0までのウォームブートハックが可能になったことは別記事で書こうかなと思ってますが、時間なさ過ぎでちょっと無理かも。

●GitHubで、RocketRobz氏がニンテンドー3DSでFlashcartなしにndsファイル(バックアップファイル)をSDカードから起動することができるユーティリティnds-bootstrap v0.21.2をリリースしていました。Flashcartからセーブファイルを読み込めるようにしたことなどが変更点です。

●GitHubで、RocketRobz氏がDS/DSi/3DS/2DS向けのオープンソースメニューTWiLightMenu++ v8.5.0をリリースしていました。スプラッシュ画面に2周年記念の「2nd Anniversary」の文字を入れたことや一部Homebrewでタッチ入力を復活させたことなどが変更点です。


PegaScape〜Nintendo Switch 1.00-3.00向けソフトウェアハック

ツイッターで、noahc3氏がNintendo Switch初期のファームウェア1.00から3.00までで動作するソフトウェアハックPegaScapeの動画を公開していました。

・・・この記事の続きを読む