Autoplugin一覧

GameGaz Daily 2019.2.15

●PSX-Placeで、Nathanr3269氏(=Evilnat氏)がCFWをインストールしたPS3でバージョン偽装を利用することによりPSN/SENへ接続できる設定を有効化/無効化することができるユーティリティSEN Enabler v6.2.1をリリースしていました。Cobraでの起動時に’/dev_flash’でのwebMANをサポートしたことや4.84偽装などが変更点です。

●GBATempで、KiiWii(DefaultDNB)氏がPS4 5.05でXMBライクなUIでペイロードを選択することができるユーティリティX-Project v1.5.5をリリースしていました。バージョンナンバーを複数箇所に表示するようにしたことやインフォメーションパネルの改良などが変更点です。
x-project

●GitHubで、crc-32氏がNintendo Switch向けのインターネットブラウザアプレットをNSPファイル内で起動させることができるユーティリティBrowseNX v0.3.1をリリースしていました。手動でインストールする場合は不測の不具合を回避するためにSDカードの/atmosphere/titles/01FF415446660000のフォルダを削除する必要があります。AppStore版は自動でそれを行うため問題はありません。

●GitHubで、theheroGAC氏がVitaの20種類以上の各種プラグインをワンクリックでインストールしてconfig.txtも書き換えてくれるプラグインAutoplugin v3.77をリリースしていました。プラグインアップデートの不具合修正やVGiとVitaGrafixのアップデート、Yifan Lu氏のVitaでPSNへのログイン要求を回避することができるNetcheck_bypassの追加などが変更点です。

●GitHubで、nicoboss氏がNintendo Switch向けダンプゲームフォーマットファイルを圧縮/伸張してストレージでの使用容量を削減することができるWindows向けユーティリティnsZip 1.1.0をリリース していました。NDV0が断片的にトリミングされ分割された複数NCAファイルのサポートが変更点です。


GameGaz Daily 2019.2.9

●GitHubで、 devnoname120氏がVitaの画面の輝度を標準設定の下限よりもさらに暗くすることができるプラグインvitabright v1.0をリリースしていました。PS Vita 2000モデルのLCDスクリーンをサポートしたことなどが変更点です。

●GitHubで、theheroGAC氏がVitaの20種類以上の各種プラグインをワンクリックでインストールしてconfig.txtも書き換えてくれるプラグインAutoplugin v3.76をリリースしていました。カスタムブートスプラッシュの不具合の修正やVitabrightのアップデートなどが変更点です。

●GitHubで、XorTroll氏がNintendo Switch向けのNSPインストールやNAND/SDブラウズ、タイトルやチケット管理などを行うことができるマルチツールGoldleaf v0.4をリリースしていました。Atmosphère v0.8.3の機能であるペイロードの再起動をGoldleafにも実装したことやウェブブラウザへのアクセスを可能にしたことなどが変更点です。


GameGaz Daily 2019.2.8

●GitHubで、theheroGAC氏がVitaの20種類以上の各種プラグインをワンクリックでインストールしてconfig.txtも書き換えてくれるプラグインAutoplugin v3.75をリリースしていました。Adrenalineプラグインをインストールするオプションの追加やkouchan氏のご尽力による日本語を含む全言語の翻訳ファイルのアップデートなどが変更点です。

●GitHubで、motoharu-gosuto氏がVitaのゲームカードをダンプしそのダンプデータを仮想ゲームカードから起動するためのアプリケーション&カーネルプラグインpsvgamesd v2.0をリリースしていました。3.63以降のファームウェアサポートが変更点です。

●GitHubで、PS3itaチームがPS4向けのLinuxカーネルを公開していました。

●GitHubで、crc-32氏がNintendo Switch向けのインターネットブラウザアプレットをNSPファイル内で起動させることができるユーティリティBrowseNX v0.3.0をリリースしていました。
BrowseNX


GameGaz Daily 2019.2.3

●GitHubで、theheroGAC氏がVitaの20種類以上の各種プラグインをワンクリックでインストールしてconfig.txtも書き換えてくれるプラグインAutoplugin 3.74をリリースしていました。翻訳関連の不具合修正や言語ファイルのアップデートなどが変更点です。

●GitHubで、nikolaevich氏が23氏がPS3Xploit v3を利用してPS3のバックアップを作成することができるユーティリティMake Pkg Han Tools 3.2.2をリリースしていました。

●PSXHAXで、7he D4RK H4CK氏がGBAエミュレータTempGBAのPS2移植版をPS4で起動させることができるGBAエミュレータTempGBA emulator PS2 port for PS4をリリースしたことを伝えていました。

●GBATempで、nicoboss氏がNintendo Switch向けダンプゲームフォーマットファイルを圧縮/伸張してストレージでの使用容量を削減することができるすることができるWindows向けユーティリティnsZipをリリースしていました。NSZというファイル形式で圧縮を行います。ビルド版はnsZip v1.0.1が公開されています。
nsZip

●GitHubで、eliboa氏がNintendo SwitchをRCMモード(リカバリーモード)でUSB接続しfuseeペイロードを起動するWindows向けペイロードランチャーTegraRcmSmashをGUI化したTegraRcmGUI_v2.5をリリースしていました。TegraRcmSmashのv1.2.1-3へのアップデートや内蔵eMMC NANDとmicroSDカードにアクセスすることができるfuseeペイロードmemloaderのv3へのアップデート、BIS keyをダンプするFusée Geléeペイロードbiskeydump v7追加などが変更点です。


GameGaz Daily 2019.1.31

●GitHubで、FAPS TeamがVitaのダウンロードをバックグランドで行うことができるユーティリティBGDL PoCをリリースしていました。BGDLはたぶんバックグランドダウンロードの意味だと思います。PoCですので今回は動作していることを公表するためのデモンストレーションです。ビルド版は配布されていませんが、ソースコードを見てアプリに実装してもらうのも目的としているようなので、他のHomebrewに実装される可能性が高そうです。

●GitHubで、theheroGAC氏がVitaの20種類以上の各種プラグインをワンクリックでインストールしてconfig.txtも書き換えてくれるプラグインAutoplugin v3.73をリリースしていました。設定のない解像度でのゲームの表示を行うことができるプラグインreRescalerやVitaのホームボタンの青色LEDを消灯することができるプラグインnoled、PKGJ config configurationの追加などが変更点です。

●PSXHAXで、DragonSurfer氏がHomebrew起動が可能なPS2ファイルマネージャーuLaunchElfとPS2向けDOSエミュレーターDOSbox 0.74をPS4で起動できるようPKGとして移植したDOSBox 0.74 PS2 on PS4をリリースしていました。
Ulaunch Elf with Dosbox

●Bitbucketで、SilicaAndPina氏がYoYo Gamesのゲーム開発ツールGameMaker StudioのプロジェクトをPS4向けにPKGで出力することができるユーティリティGayMaker: Studio v1.0をリリースしていました。出力したPKGはハックした5.05のPS4で動作します。

●Playstationhaxで、RiPPERD氏がNintendo Switch向けAtmosphereなどのCFWやHomebrew Menuなどの各種アプリケーションに必要なファイルをSDカードにインストールすることができるWindows向けユーティリティSwitch Mega Installer AIO v1.4をリリースしていました。SXOSとArgonNX追加やその他アプリアップデートなどが変更点です。
Switch Mega Installer AIO_14_1
Switch Mega Installer AIO_14_2

●GitHubで、julesontheroad氏がNintendo SwitchのNSPファイルからチケットや証明書類を消去したりマルチコンテンツXCI/NSPファイルを作成することができるユーティリティNSC_BUILDER BETA v0.80-cをリリースしていました。32ビット版ビルドのdllの不具合修正などが変更点です。