2011年01月一覧

DSi スーパーオークション落札情報

ベル・コンシェルジュ
『★1月23日終了★ニンテンドー Nintendo DSi 本体★レッド★RED★赤★任天堂★プレゼントに最適★新品★【1円スタート】【送料無料】』
12,000円で落札されていました。(入札件数:42)

過去のゲーム機スーパーオークションの落札相場情報はゲーム機ごとにカテゴリ分けしてあります。落札するためには過去の相場を知る事が重要です。

DSi入札のための価格参考情報
DSリンク小DSi 楽天市場の最安値リスト
[自動更新]
表示された価格より安くなる価格で入札しましょう


現在開催中のクローズドオークション
楽天懸賞市場でゲーム機多数出品中


ゲーム最新情報 2011年1月23日のニュース

●ツイッターで、liquidzigong氏がPSPの公式ファームウェア6.35から5.00へとダウングレードに成功したとつぶやいていました。

●きまぐれblogで、takka氏がPSPのISO管理ツールiso_tool 1.960をリリースしていました。PIL_loaderの起動速度を改善、アイコン作成時にファイル名を制限にあわせて調整するよう変更、アイコン作成時にPARAM.SFOのDISC_IDも変更するよう修正、 アイコン作成時をキャンセルした際にゴミファイルが出来るのを修正、key.txtに0xD91618F0を追加したことが変更点です。

●PSX-sceneで、Dean氏がゲームやAVCHDのファイルマネージャー機能を持ちFTP機能や AVCHD、ブルーレイ再生機能をも統合したマルチ管理ツールmultiMAN 1.13.02をリリースしていました。更新履歴が01.13.01と一緒になってます。
[追記]
multiMAN 1.13.03がリリースされました。コピーやバックアップを約10%高速化、日本語含む全言語でのオンスクリーンキーボードのサポート、iniファイルにclear_activity_logsやload_custom_payloadのオプション追加、FW 3.55でフリーズしないよう”load_custom_payload=0″をデフォルト設定化、Experimenatal web browser in FILE MANAGERにウェブブラウザを実験的に内包、インターフェースの改良やダイアログ追加が変更点です。

●GX-Modで、zouzzz氏がPS3の公式ファームウェア3.55からカスタムファームウェアを作ることができるユーティリティCustom Firmware Maker v1.1bをリリースしたことを伝えていました。

●Google Codeで、hiroi01氏がPSPのXMBからseplugins内のvsh.txt/game.txt/pops.txtの設定を変更する事で使用するプラグインの有効/無効切り替えや追加・削除などができるユーティリティpprefs ver. 1.08およびpprefs ver.1.081をリリースしていました。1.08でメニューにms0(ef0):/seplugins/pergame.txtを編集するpergame編集を追加、vsh.txt/game.txt/pops.txtを64行まで読み込めるように変更、画面をリカバリーモードライク変更、十字キー上下ボタンを押し続けてもカーソル移動できるよう変更したそうです。また1.081でdefaultPathオプションを追加しms0:/plugins/内のtxtも編集できるよう変更したそうです。ただし、6.35PROにこのプラグインが対応しているわけではないそうです。

●GBAtempで、SupercardチームがNintendo DS用最新FlashcartであるSupercard DSTWOのシステムアップデートDSTWO EOS v1.09をリリースしたことを伝えていました。リアルタイムチートおよびリアルタイムガイドの表示バグを修正、__system_argvを利用しているHomebrewのバグを修正したことなどが変更点です。アップデート方法は
[DSi/DSi LL]
1. _dstwoフォルダとds2boot.datというファイルをmicroSDカードのルートにコピーする。
2. DSTWOをDSi/DSi LLに入れて起動する。1分ほどするとDSTWOのロゴが表示されるので待つ。その間絶対に電源は切らない。ロゴが表示されたらDSi/DSi LLを再起動する。

[DS/DS Lite]
1. _dstwoフォルダとds2boot.datというファイルをmicroSDカードのルートにコピーする。
2. DSTWOをDS/DS Liteに入れて起動する。メニューが表示されたらDS/DS Liteを再起動する。

●PS3haxで、smokin氏がPS3内に残っているログを完全に消去することでPSNに繋いでもアプリケーション起動履歴を調べられなくすることでプライバシーを守るためのユーティリティWipe History v1.2をリリースしたことを伝えていました。XMBから起動すると画面が黒くなったあとXMBに戻るという動作をするようです。

●Xbox-sceneで、Anon氏がFreestyle Dashのスキンファイルに使われているxzpファイルをパッキングしたり展開したりできるユーティリティXZP Tool v1.0をリリースしたことを伝えていました。

●Xbox-sceneで、Zouzzz氏がマイクロソフトからXbox 360のアップデータをダウンロードしてカーネルやダッシュボードの情報を得ることができるPC用ユーティリティUpdatespy v12625-1をリリースしたことを伝えていました。アバター関係に対応、ダウンロードコードを変更、レイアウトや表示を変更したそうです。

●PSX-sceneで、Quakes69氏がPS3公式3.55ファームウェアから簡単にCFWを作成することができるユーティリティGUI CMD CFW Patcher v1.0.8r3をリリースしていました。使い方は
1.CFWPatcher.exeをインストールして実行する
2.bspatchと公式ファームウェア3.55が入ったフォルダを指定する
3.CFW 3.55(PS3UPDAT.PUP)を保存する場所を指定する
4.パッチした3.55ファームウェアPS3UPDAT.PUPのあるフォルダを指定してパッチ(CFW_v3.55.PUP / PS3UPDAT.PUP.bsdiff / Wutangrza-3.55.patch)を選択する
5.Executeをクリックする

●PSP Hacksフォーラムで、c0mmiec0mma氏がPSPの公式ファームウェアで起動できるようHomebrewに署名を入れることができるユーティリティPSCRYPTER v2.1 For Windowsをリリースしていました。ユーザーモードHomebrewのみ対応で最大サイズ4MBなどPSCRYPTER v2.0と制限は変わりませんが、main.cのソースの中の一ヶ所を変えることでEBOOT.PBPの最大サイズが変えられるそうです。EBOOT.PBPに署名する部分はcarlosgs氏のPSCRYPTER v2.0と同じようですが、ソースコードも公開されており、Linux/Macでも環境があればコンパイルできるそうです。

●maxemなブログで、maxem氏が来週PSPのセーブデータの復号化や改造、GemekeyダンプなどができるプラグインMagicSaveの6.20 TN / 6.35 Pro対応版をリリースすると告知していました。

●A9VGフォーラムで、VirtuousFlame氏(liquidzigong氏)がPSP-2000v3とPSP-3000の5.03 HENのカーネルexploitを署名付きにした503kxploit_v5をリリースしていました。中国語なのでよく分かりませんが、クラッシュした後にCFWを入れ直さなくてもいいようなことが書いてある気がします。

●PSPKingで、flofrucht氏がTotal_Noob氏の6.20 TN-Cを簡単にインストールすることが出来る6.20 TN-C HEN Easy Installerをリリースしていました。

●ツイッターで、neur0n氏が6.35PRO上で起動するPSPのカスタムファームウェア6.35Custom_v5をリリースしていました。Nid Resolverをアップデートし、PSPLinkが動作可能、Recovery Menuのアップデートが変更点です。
[追記]
6.XX(6.35以下)の要求ファームウェアのゲーム(UMD/PSN)が起動できなかった問題を修正した6.35Custom v5_fixがリリースされています。flash0:/kd/にノンオリジナルな.prxが存在するとゲームが起動できない仕組みになっていたらしく、それを修正することでゲーム起動ができるようになったようです。neur0nさんGJです。

●wololo.netで、wololo氏が今までユーザーモードexploitを利用してしか起動しなかったHomebrewローダーであるHBLに署名をすることでノーマルPSPで起動させることができるHalf Byte Loader R113 for OFW 6.37をリリースしていました。
httpv://www.youtube.com/watch?v=yNUOwGnKBjg


ゲーム最新情報 2011年1月22日のニュース

●PSPGENで、Total_Noob氏が6.20TN-C(HEN)をリリースしたことを伝えていました。変更点は
・PRXEncrypterで署名付きにしたためHBLは不要でXMBから直接起動
・PSP-2000/3000/Goの追加メモリーの利用が可能に
・PSNでのオンラインプレイに対応
・TN Network Updateでオンラインアップデート機能を追加
・VSHMenuでCPUの周波数がdefaultの時に設定が変更できなかった不具合を修正
・デジタルコミックがクラッシュする不具合を修正
・VSHMenuからFAKE index.datを削除(機能は残っており、代わりにversion.txt をms0:/sepluginsに入れることで動作する)(naoさん情報ありがとね)

●TeknoConsolasで、Waninkoko氏がCFW 3.55 Waninkoko V2を近くリリースすると伝えていました。PS3 Slimでbrickするという報告が挙がっていますが、今度のはFat、Slimともbrickしないようです。内容秘密のペイロードが含まれているという話もあるようです。またHermes氏も独自のCFW 3.41を開発しており、テスト中であることも伝えています。
[追記]
PSX-sceneで、Hermes氏がHermes CFW 3.41 version 1.0 (BETA)(payload v4含む)をリリースしていました。ただし、二人しかテストした人がいないそうで、注意が必要です。
httpv://www.youtube.com/watch?v=fLPW-IaqRYM

●Dukioで、Miigotu氏がWiiのグラフィカルローダーWiiFLOWのPS3バージョンとなるバックアップマネージャーPS3FLOWが近くリリースすることを公開したと伝えていました。

●PSX-sceneで、Dean氏がゲームやAVCHDのファイルマネージャー機能を持ちFTP機能や AVCHD、ブルーレイ再生機能をも統合したマルチ管理ツールmultiMAN 1.13.01をリリースしていました。CFW 3.55(KMW/WTG/WNK/GH)と最新のPL3(kmeaw)のサポートなどが変更点です。

●VG247で、ソニーが1月27日に東京で「Playstation Meeting」を開催することを伝えていました。前回の「Playstation Meeting」は2005年7月25日に開催されており、PlayStation3が発表されています。今回の情報源は株式会社ティー・アイ・ダヴリュ(TIW)の代表でアナリストでもある藤根靖晃氏のツイートのようです。

ソニー・コンピュータが6年ぶりに「Playstation Meeting」を1月27日に開催します。任天堂の3DSへの対応(話題をソニーに向ける)という見方も出来ますが、ソニーの3Q決算発表(2月3日)の前になるだけに、思わぬ大発表があるかもしれませんね。

以前からの噂を総合すれば、新型携帯ゲーム機の可能性大です。

●Xbox-sceneで、Team FSDがXbox 360 HomebrewのためのダッシュボードFreeStyle Dash v2.0 RC1.7をリリースしたことを伝えていました。ダウンロードのレジューム機能追加など変更多数です。

●PSX-sceneで、Backup ManagerベースとなるPS3のバックアップマネージャーGaia Manager v2.04がリリースされたことを伝えていました。安定性増加、きちんと動作していなかったDirect Boot機能を削除、最新のlv2 patchを統合が変更点です。

●GBAtempで、Yellow Wood Goblin氏がニンテンドーDS用Flashcart R4とクローンのR4iDSN、Acekard R.P.GのオープンソースファームウェアWood Firmware v1.23(Wood R4 v1.23/Wood R4iDSN v1.23/Wood R.P.G. v1.23)をリリースしたことを伝えていました。セーブファイルのタイムスタンプをゲーム起動時に更新、fatfsを0.08bにアップデートしたことが変更点です。また、R.P.G.とR4のみmicroSDの読み込み速度が向上したようですが、Sandisk製は目立った改善がされないようです。


ゲーム最新情報 2011年1月21日のニュース

●Xbox-sceneで、Xbox 360のダッシュボードがアップデートされることを伝えていました。’Boot to Disc’という新プロテクトが搭載され、直接ディスクを起動するオプションという名目でバックアップディスクが起動しないような対策を投入するのではないかとしています。

●Xbox-sceneで、Team Xecuterがダッシュボードアップデートの対策はパッチだけで可能なため、リリースされるまではアップデートは避けてほしいとコメントしていたことを伝えていました。
ダッシュボードアップデートの内容に関しては以下のように記載されています。
・Black Ops、Modern Warfare 2、Halo Reachが起動しなくなる
・AP2.5 Updateが含まれてるが、AP2.5非対応の初期のHitachiドライブやSamsungドライブには影響がないようです。
・iXtreme LT+ではBANされる可能性は低い

●PSX-sceneで、Dean氏がゲームやAVCHDのファイルマネージャー機能を持ちFTP機能や AVCHD 、ブルーレイ再生機能をも統合したマルチ管理ツールMultiman v1.13.00をリリースしたことを伝えていました。CFW 3.55kmeaw(lv2 patcher不要)や最新PL3のサポート、パーミッションチェック機能追加、FW 3.55においてR1ボタンで選択したゲームのアクセスパーミッションリセット機能追加などが変更点です。

●PSX-sceneで、drizztbsd氏がPS3のBackup ManagerベースとなるPS3のバックアップマネージャーGaia Manager v2.02をリリースしたことを伝えていました。Payloadローダー機能を変更したそうです。

●CVGで、Nintendo UK社長David Yarnton氏がアムステルダムで行われたニンテンドー3DSのイベント会場で3DSは唯一無二であり、ライバル(PSP2)のことは全く気にしてもしていないと述べ、3DSへの自信を示したことを伝えていました。

●Endless Paradigmで、OMightyBuggy氏がPSPのバッテリーをパンドラ化したりノーマルに戻したりやMMS作成などができるHellcat氏のユーティリティHellcat’s Pandora Installer Revision 4Bの署名バージョンをリリースしていました。PSP-1000/2000の6.37からのダウングレードにも対応したようです。

●Dukioで、Kmeaw氏がPS3でBackup managerを起動させるために必要なLV2 Patcher(v4)をリリースしたことを伝えていました。クラッシュする不具合を修正したそうです。なお、Kmeaw氏によると、正式にはバージョン番号付けておらず、v4というのはDukioが付けただけだそうです。。

●PSX-sceneフォーラムで、ManuNg氏がFTP経由でPS3ゲームのリスト管理などができるユーティリティPs3Win v0.9.8をリリースしたことを伝えていました。ファイルネーム変更時にスペースを”_”に自動変更するようになるなどが変更多数です。

●Rogero氏がPS3のBackup ManagerベースとなるバックアップマネージャーRogero Manager 7.9aKmeaw/Waninkoko 3.55 CFWに対応、3.41 OFW.にも対応、Kmeaw Payload Loader / Lv2 Patcherをビルトイン、Payload.binをUSBから直接メモリへ読み込むオプション追加、PSNへ繋いでも安心なステルスパッケージ追加などが変更点です。


ゲーム最新情報 2011年1月20日のニュース

●ソフマップ楽天市場店が、ニンテンドー 3DS コスモブラックニンテンドー 3DS アクアブルー25,000円(送料込)で本日9:30より予約受付を開始することを伝えていました。

●ツイッターで、plum氏がFW6.35PRO、FW6.35Customの両方で起動する簡易VSHMENUとなるLIGHT VSH MENU 0.4fixをリリースしていました。LOCK POWER SWITCH機能を有効にして、スリープ、シャットダウン、リブート、リスタート機能を使用するとブラックアウトしてしまうバグを修正したそうです。修正版の修正版も公開されたようです。

●Dukioで、Kmeaw氏が任意のペイロードをKmeaw CFWに追加するためのKmeaw LV2 Patcher Package V2をリリースしていました。Jailbreak PayloadやHermes Payroadも使えるようになり、AsbestOSの起動もできるようになったそうです。

●Kmeaw CFWで外付けHDDからPS3のバックアップゲームを起動する際にフリーズする問題があったようです。その原因がPL3のファイルパーミッションのようですが、Dukioでfestizio氏がパーミッションを修正するFIX_PERMISSIONS_Waninkoko_Kmeaw_CFW_3.55.pkgをリリースしたことを伝えていました。

●PSX-sceneで、PS3のBackup ManagerベースとなるPS3のバックアップマネージャーGaia Manager v2.013.55 CFW(Wutangrza/kmeaw CFW)に対応し、Kmeaw氏のlv2 patcherでバックアップ起動に対応したようですが、本来毎回lv2 patcherを起動する必要があったのをdrizztbsd氏が自動化したようです。
httpv://www.youtube.com/watch?v=JHZpYk-jV-M

●ソニーがPSPシステムソフトウェア バージョン6.37をリリースしていました。システムソフトウェアにおいて動作の安定性を改善、エクストラx-Radar Portableを追加が変更点です。(なさん、naoさん情報ありがとね)
J416氏によると、対策されたのは
ULES00387 Sudoku Coach(EU)
UCJS10094 みんなのスッキリ(製品版と体験版違うんだけどなぁ)
NPUG80524 
NPUG80527
NPUG80528
NPUG80529
NPEG00046
NPEG00047 
NPEG00048
NPEG00049
UCAS40290 Everybody’s Stress Buster(スッキリのアジア版?)
ULES00388 Carol Vorderman’s Sudoku(EU)(←ザマ見ろ)
ULES00389 Professor Sudoku(EU)
ULUS10126 Carol Vorderman’s Sudoku(US)

Sukkiri exploitは日本版なのでNPJG90047ですし、ゲームの種類によって体験版が何種類かありますが、すべてバイナリ見るとNPJG90047です。’E’になっているのが???ですし、他のIDも分かりません。製品版スッキリには体験版と同じexploitはありませんが、シリーズものとして対策されています。空白なものは他の体験版かもしれません。
Mathieulh氏によると、“Signed” usermode apps just run fine mind you. (although they fixed a couple of (now useless) usermode exploits.)(“署名付き”ユーザーモードアプリは動作するから大丈夫。(そのかわり今は用無しだけどいくつかユーザーモードexploitを対策したね。))、To all the people that care about kernel mode on psp, the scepower exploit is fixed in the 6.37 firmware . Avoid the update.(PSPのカーネルモードはどうなの、とご心配のみなさん。6.37でscepower exploitが対策されました。アップデートはしないようにね。)だそうです。
scepower exploitは6.20 HENなどで使われているカーネルモードexploitのことです。
[追記]
Mathieulh氏に用無しと言われて完全に書くのを忘れてましたが、見ての通り日本のゲームで見つかっているexploitは対策リストには入っていません。

●Geohot氏がgeohot.com/でWindows 7 phoneを買ってJailbreak宣言をしていました。それに関してCVGでは、自称マイクロソフトに出向中らしい(マイクロソフトで働いていることになる)Brandon Watson氏もしWindows phone 7でいいもの作りたいなら、メールくれればWindows phone 7あげるよ、とツイッターでつぶやきWindows phone 7のJailbreakを歓迎していたことを伝えていました。単に個人の意見かもしれませんが、Jailbreak被害者(?)のAppleやソニーとは一線を画す方針をマイクロソフトが持っているのだとしたらそれはそれで楽しそうな世界が待っている?AndroidやiPhoneに完全に押されて話題にもならないWindows phone 7の起死回生の悪あがきだという穿った見方をしてはいけません(笑)

●PS3NEWSで、ソニーが違法コピーゲーム対策としてブルーレイディスクに起動させるためのシリアルキー方式(PCのソフトなどに利用されている、シリアル番号を入れないとインストールできないあれみたいです)を採用してくるかもしれないと伝えていました。情報源はSFKU氏で、隠し機能ですでにあるとか・・・

●きまぐれblogで、takka氏がPSPのISO管理ツールiso_tool 1.959をリリースしていました。(999さん情報ありがとね)

●Joystiqで、ニンテンドーオブアメリカのプロダクトマーケティングマネージャーBill Trinen氏がニンテンドー3DSはDSiウェアをサポートすると同時に、DSiで購入したDSiウェアを3DSへ移行できると語ったことを伝えていました。KOTAKU JAPANでは3DS間でも移行可能(ただし回数制限などあり)と伝えています。

●MaxConsoleで、ニンテンドー3DSには内蔵ブラウザのアップデート機能があると伝えていました。