VitaShell

You are currently browsing articles tagged VitaShell.

GameGaz Daily 2017.10.3




●GitHubで、TheFlow氏がHENkaku環境のVita向け多機能シェルアプリVitaShell v1.75をリリースしていました。ファイル破損エラーの修正などが変更点です。(KOHさん情報ありがとね)

●GitHubで、OperationNT414C氏がPS Vita TVでカメラを使用するVita向けタイトルを起動した際カメラがない為にクラッシュする動作を回避することができるtaiHENプラグインFakeCamera 1.1をリリースしていました。解像度が誤った値になる不具合の修正やfakecamerabmp.suprxでカメラバッファにBMPイメージをロードできるようにしたことが変更点です。

●GitHubで、SilicaAndPina氏がPS VitaのゲームのトロフィーをアンロックすることができるtaiHENプラグインTropHAX v0.1をリリースしていました。トロフィーをアンロックしたいゲームを起動し、 START+SELECTでプラグインを有効にしてL+Rでトロフィーをアンロックできるようです。

●PlayStation.Blogで、SIEJAがPlayStation VRの最新モデル CUH-ZVR2を、PlayStation Cameraとセットにした「PlayStation VR PlayStation Camera同梱版」として、2017年10月14日(土)より44,980円 (税抜)で発売すると発表していました。
9月19日に開催された2017 PlayStation Press Conference in Japan』で10月14日からPS Camera同梱版を44,980円に値下げすることが発表されましたが、単なる値下げではなく新モデルからの価格変更だったようです。型番が変わっていることからも分かる通り、PSVRがモデルチェンジされています。
・VRヘッドセット後部にステレオヘッドホン端子を配置
・VRヘッドセットとプロセッサーユニットを繋ぐケーブルをよりスリムな一本のケーブルに集約
・プロセッサーユニットがHDR映像のパススルーに対応
そのほか、接続端子をmicroUSBに変更したPlayStation Move(CECH-ZCM2J)がPS4専用モデル(PS3には非対応)として発売されることが発表されています。販売店も倍増(といっても394店舗から913店舗)しますので、買いやすくはなると思います。プレイしたいコンテンツがないまま買って一度レビューしただけで放置している私の旧モデルとなる
PS VR「CUH-ZVR1」はメーカー出荷完了です。

●任天堂が、10月7日10時~17時59分に『Nintendo × JOYSOUND Wii カラオケ U』の無料開放デーを開催すると発表していました。

●Cemuチームが、ニンテンドーWii Uの市販ゲームのバックアップを起動することができるWindows向けWii Uエミュレータの正式版Cemu 1.10.0fをリリースしていました。音声処理を改良したことなどが変更点です。

Tags: , , , ,

GitHubで、TheFlow氏がHENkaku環境のVita向け多機能シェルアプリVitaShell v1.7をリリースしていました。リリース後に不具合が多数見つかり、すでに修正版もリリースされています。(KOHさん情報ありがとね)

「VitaShell v1.7x by TheFlow」の続きを読む

Tags: ,

TheFlow氏がHENkaku環境のVita向け多機能シェルアプリVitaShellのメジャーアップデートを開発中であることを発表していました。

「VitaShell v1.7 まもなくリリースへ」の続きを読む

Tags: ,

●/talkフォーラムで、VitaHEX games氏がPS Vitaのタッチパネルとオンスクリーンキーボード、メニュー操作用にリアパッドを活用するノートパッドアプリNotepad Vita 1.0をリリースしていました。作成したデータはux0:/data/Notes/ に .txtファイルとして保存されます。

●ツイッターで、Davee氏がPSP goなどで電源投入時から起動させることができるカスタムファームウェア6.61 Infinityのアップデートを来週末に公開すると予告していました。

●GitHubで、TheFlow氏がHENkaku環境のVita向け多機能シェルアプリVitaShell v1.63をリリースしていました。ビデオファイルのエクスポートとPSVSDのuma0: マウントのサポートや、ヘッドフォンプラグを差した際の不具合修正が変更点です。(しゃるんさん情報ありがとね)

●GitHubで、TheFloW氏がVitaでFakeライセンスを使ってDRM(デジタル著作権管理)を回避することができるHENkaku環境向けプラグインNoNpDrm v1.0をリリースしていました。(zakzakさん、しゃるんさん情報ありがとね)

●GitHubで、FIX94氏がHomebrewでWii U GamePad入力を実装するための開発者向けライブラリlibwiidrc v1.0をリリースしていました。起動時にWiiDRC_Initをコールし、パッド入力の都度WiiDRC_ScanPadsをコールというのが使い方だそうです。
なお、このlibwiidrcを活用しWii UのvWii(Wiiモード)でのバックアップローダーNintendontで、ローダー自体やバックアップゲームでWii U GamePadを利用できるようにするそうです。(yusakuさん情報ありがとね)
[追記]
●WiiDatabaseで、fix94氏がニンテンドーWii UのvWii(Wiiモード)でゲームキューブ起動を可能にするバックアップローダーNintendont v5.453をリリースしたことを伝えていました。WiiU GamepadをWiiU Wii VCタイトルでPlayer1のコントローラーとして使用できるようになったことなどが変更点です。

●GitHubで、Kannagi氏がマルチプラットフォーム3DライブラリLMP3D v0.1Aをリリースしていました。現在対象のプラットフォームはPlaystation 2、DreamCast、GameCube、XBOX、PSPです。

●GitHubで、RiiConnect24チームのlarsenv氏がWiimmfi(ニンテンドーWi-Fiコネクションサービス終了後に同様のサービス継続を目的に作られたサービス)を利用できるようWiiWareをパッチすることができるユーティリティAuto WiiWare Patcher v2.1.3をリリースしていました。Windows版のみWii Speak Channelへのパッチする機能を追加したことが変更点です。

Tags: , , , , , , ,

●GitHubで、riendlyanon氏がPS3のHomebrewなどをカスタムファームウェア上で起動する形式からData Transfer UtilityやTrueAncestor Backup Retailerを使い公式ファームウェア上で起動できる形式に変換することができるユーティリティCFW2OFW Helper v8をリリースしていました。設定が追加されたことが変更点です。

●GBATempで、theheroGAC氏がHENkaku環境のVita向けの多機能シェルアプリVitashellの非公式版Vitashell 1.63 unofficialをリリースしていました。ビデオファイルのエクスポート機能の追加やSD2Vita(ゲームカードのmicroSDアダプター)のuma0:へのマウント機能などが特徴です。(Realさん情報ありがとね)

●GBATempで、bubble2k16氏がニンテンドー3DS向けPCエンジン/TurboGrafx-16エミュレータTemperPCE v1.00b(beta version)をリリースしていました。ベータ版だからなのかわかりませんがGitHubでは公開されていません。不具合修正が変更点です。

●StapleButter氏が、Windows/Linux向けのニンテンドーDSエミュレータmelonDS 0.4をリリースしていました。2D/3Dの不具合修正と改良などが変更点です。

●arc13氏が、CFWで起動しているニンテンドー3DS向けのオープンソースeショップクローンアプリケーションの非公式アップデート版freeShop Release 3.1.3のソースコードをリリースしていました。システム全体の安定性向上などが変更点です。

●GitHubで、Robz8氏がニンテンドーDSiでDSとゲームボーイ(カラー含む)のバックアップROMをSDカードから起動することができるローダーSRLoader v1.7.0SRLoader v1.7.1をリリースしていました、Reboot into RocketLauncher設定の追加や、RocketLauncher関連の修正などが変更点です。また、RocketLauncherで使うUS版のMario Kart DSとSuper Mario 64 DSのbinファイルが公開されていることを紹介しています。

Tags: , , , , ,

●PSXHAXで、MrNiato氏がPS4テスト機 DUH-T1000AA DEX 4.71の動作の様子を撮影した動画を公開したことを伝えていました。

●PSXHAXで、中国のmbchip.com.cnというサイトでPS4のMODチップPS4 MTX Keyというものが42.5ドル(約4800円)で販売されていることを伝えていました。MODチップなので取り付けにはハードウェア改造が伴いますが、よくあるバックアップ起動のためのMODチップではなくダウンロードタイトルのPSN認証を回避してゲームをシェアするためのチップのようです。
MODチップの外観です。
MTX KEY PS4

PS4モデルによって配線場所が異なります。
For PS4 10 and 11 Models
Fpr PS4 12 SLIM PRO models

●ツイッターで、TheFloW氏が2年前の開発初期段階VitaShellの写真を公表していました。

●GitHubで、HaiHakkuIku氏がHenkaku EnsoのVitaでLまたはRボタンを押しながら起動することで呼び出すことができるリカバリーメニューHomeRecovery v0.1bをリリースしていました。Vita TVでメニューが使えるようになったことが変更点です。

●GitHubで、RiiConnect24チームのlarsenv氏がWii/Wii UのIOS31とIOS80にパッチをすることでRiiConnect24(WiiConnect24のサードパーティによる代替サービス)に接続するためのMac/Windows向けユーティリティIOS Patcher v1.6.0をリリースしていました。SDカードメニューが起動に失敗する不具合の修正が変更点です。

Tags: , , , ,

●GitHubで、TheFlow氏がHENkaku環境のVitaでファイルマネージャー/VPKインストール/ビルトインFTPなどの機能を有したLiveAreaの代わりとして利用出来る多機能シェルアプリVitaShell v1.62をリリースしていました。ヘッドフォンが刺さっているとカーソルの動きが早くなってしまう不具合の修正が変更点です。

●GBATempで、bubble2k16氏がニンテンドー3DS/2DS向けのファミコンエミュレータVirtuaNES for 3DS v0.92bをリリースしていました。マッパーの修正などが変更点です。

●GitHubで、Joel16氏がニンテンドー3DSのFIRM/OSのバージョン、モデル、リージョン、NANDサイズ、NNIDなどの情報を表示してくれるユーティリティ3DSident v0.7.4をリリースしていました。デフォルトではストレージ容量をMBではなくGB表記巣量にしたことなどが変更点です。(通りすがりさん情報ありがとね)

●GitHubで、nowrep氏がPS Vitaの画面右上にあるステータスバーにバッテリー残量をパーセンテージで表示することができるtaiHENプラグインvita-shellbat r5をリリースしていました。テストキットのSceShellにオフセットを追加したことが変更点です。

Tags: , , ,

« Older entries