NEWS一覧

ゲーム最新情報 2009年12月8日のニュース

●OzModChipsがNewスーパーマリオブラザーズWiiMODチップで起動させるためのWikiページを公開していました。通常のDVDディスクエリアではない領域にあるBCA(Burst cutting area)を5分おきにチェックし、データがないとディスクリードエラーを出すのが今回のプロテクトですが、ドライブのレーザーを通常のエリアではない部分を読み取らせるようにするのはDVDドライブをアップデートしたとしても難しく、ディスクのリッピングからして非対応ですので現状ではバックアップディスクからの単純な起動と言うのは難しそうです。【記事

●Yahoo!ニュースで、NewスーパーマリオブラザーズWii初週販売本数93万6734本を記録し、Wii用ソフトの中で歴代1位の初週販売数となったことを伝えていました。

●Joystiqで、アナリストのMichael Pachter氏が来年2010年にはもう一度Xbox360は値下げに踏み切るだろうと予測したことを伝えていました。値下げで勢いに乗るPS3に対して販売台数が下降しているための対応、がその理由のようです。Joystiqではその予測についてsurprising conclusion(意外な結論を出してきた)と表現していることから多少あり得ねーなーとは思っている節があります。

●任天堂がフランスでマジコンを製造するDivineoグループにマジコン裁判で敗訴した(ゲーム最新情報 2009年12月4日のニュース参照)ことについて、MCVでは一国の裁判結果が世界に影響を与えることは現実的にはあり得ないとして、マジコンがゲームの違法コピーの温床になっているという世界的なと認識は変わらないと伝えていました。また、MCVが任天堂にコメントを求めたところ、現在判決を確認中なのでコメントできないと答えたようです。

●VGChartzで、Xbox360で新たなダッシュボードアップデートが開発中であるようだと伝えていました。Xbox360モーションセンサーProject Natalに合わせたダッシュボードアップデートの可能性があるとしながらも、デザインは現状ベースだろうと伝えているため、コメント欄で新ダッシュボードじゃなくてダッシュボードの機能拡張だろ、と突っ込まれています。

●KOTAKUで、ソニーのモーションコントローラーでソニーが申請していた新たな図面を掲載していました。2台のコントローラーを連結するなどかなり奇抜ですが、単に特許を申請しただけの可能性が高いかと思います。

PS3_motion_controller_patent



ゲーム最新情報 2009年12月7日のニュース

●examinerで、Xbox360のゲーム「Call of Duty:Modern Warefare 2」に存在する”javelin missile exploit”(Javelinロケットを使い自分の周囲広範囲にいる的を殺してしまうexploit)をオンライン対戦で使ったユーザーに対して、Xbox LiveオンラインサービスPolicy and EnforcementディレクターStephen Toulouse氏がTwitter1日から数週間の間Xbox LiveからBANするが、場合によっては恒久的にBANする対応をとると語ったことを伝えていました。改造ユーザー含めてとにかくマイクロソフト的基準でに”フェア”なユーザー以外はオンラインから排除する方針のようです。

●WiiBREWで、Wiiのシステムメニューより前に起動するPreloaderの改造版Priiloader v0.2がリリースされたことを伝えていました。USBGecko利用時やdol/elfファイル読み込み時のバグ修正や、bootチェック、SDカードがないときのUSBサポート復活などの機能追加が行われたようです。

●ThatOtherDevで、逆スペースインベーダーのようなWiiのHomebrewゲーム1bit Invadersをリリースしていました。個人的にこういう発想のゲームが好みです。
Youtube: 1bit Invaders

●HackMiiで、Team Twiizersのbushing氏は年末にドイツのベルリンで開催される26C3(Chaos Computer Club :カオスコンピュータークラブ主催のハッカーが集う26th Chaos Communication Congress:第26回カオス通信会議)について、会議に参加はしたいが今年はWii関係は新たに発表するような事項はないし、DSiのハッキングについては報告できるような進展がないと伝えていました。ただうまく行けばここ最近取り組んできたプロジェクトをはじめWiiで少なくとも1点の発表、DSiのハッキングの進行状況なども報告できるかもしれないそうです。

●Nintendo Everythingで、Wii HDの存在を否定したニンテンドーオブアメリカ社長Reggie Fils-Aime氏に「Wii HDは存在するなどと言っているのはアナリストのMichael Pachter氏だけだ」(ゲーム最新情報 2009年11月7日のニュース参照)と名指しされたMichael Pachter氏はそれでも2010年にはWii PlusとしてHD版を出してくると思っていると語ったことを伝えていました。Wii Plusという名称はあり得ますね。

●Xbox-sceneで、JTAG Hack対策前Xbox360でストレージデバイスからパッチ済のXEX(Xbox360の実行形式ファイル)を起動することが出来るXeXLoader v0.12がリリースされたことを伝えていました。ストレージデバイスのファイルシステム管理やゲームのリッピングも可能なようですが、テスト環境は複数ファームウェア搭載に対応したMODチップCygnosとfreeBOOT利用だそうです。

●Xbox-sceneで、XBox360のダンプしたflashの復号化および展開、暗号化が可能な360 Flash Dump Tool v0.91がリリースされたことを伝えていました。Jasper基板の16MB NANDはサポートしたようですが、Large Blockに関しては目下作業中だそうです。



ゲーム最新情報 2009年12月6日のニュース

●Siliconeraで、PS3の北米版ゲーム”Record of Agarest War”(日本名:アガレスト戦記)はPSNでのダウンロード専売にもかかわらず、発売元のAksys Games公式サイトフォーラムがファイルサイズは最終的に8〜10GBになるだろうと述べていたことを伝えていました。非常に安定したインターネット回線をお持ちなのか出勤前にダウンロードしておけば昼休み頃にはダウンロードが終わっていると言い訳しているようですが、そんなものダウンロードする気も起こりません。使い込んだ初期型PS3の20GB版をお持ちの方はダウンロードすると大変なことになるでしょうね。

●Youtubeで、ファミコン用初代スーパーマリオブラザーズ全ステージを4分58秒でクリアする動画が公開されていました。当時は裏技ともてはやされたワープを使用しているものの、マリオの華麗な動きは必見です。

●neoGAFで、初めて北米で”任天堂”という言葉が登場したと思われる一般紙ニューヨークタイムズ1955年10月8日の切り抜きが掲載されていました。

Nintendo_1955_NewYorkTimes

任天堂という言葉は日本の辞書になく、英語へ翻訳も出来ないと書いてありますので確かに初めて聞いた言葉のような表現です。貴重な資料です。



ゲーム最新情報 2009年12月5日のニュース

●Xbox-sceneで、Surazal氏がXbox LIVE アーケードの無料体験版とダウンロード購入するフルバージョンとの違いを発見したことをXbox-sceneフォーラムに投稿していたことを伝えていました。バイナリエディタでちょこちょこっとすると体験版はフルバージョンになってしまうそうです。Surazal氏はYarisというゲームで発見したようです。それに合わせて体験版をフルバージョンにするためのArcade Demo to Full Converter (adfc) v0.1とYaris-Swap v0.02もあわせてリリースされたことも伝えられていました。

●PSP-Hacksは、PSP用のオープンソースカーネルを作るプロジェクトUtopia Projectはまだ進行中で現在協力してくれる人を募集していると伝えていました。

●DCEmuフォーラムで、BlazerRazor氏がニンテンドーDSでPCのマウスやキーボードをコントロールするユーティリティRemote Touch DS v0.3をリリースしていました。今後は無線LANの信号強度表示やctrl+C、ctrl+Pといったよく使うショートカットを入力できる機能などを追加したいとしています。

●Xbox-sceneで、Xbox360のマザーボードで若干変更が加えられたものが見つかったことを伝えていました。基板としてはJasperのようだがGPUのレビジョンとRF-モジュールが変わり、少しだけ配置が変更されているだけのJasper新レビジョンのようです。

●WiiのMODチップD-RIGHT公式サイトで、ニュースーパーマリオブラザーズWiiのプロテクトに対応したファームウェアD-RIGHT “FLATMODE” firmware 1.1をリリースしていました。USB programmerを使用してチップのファームを書き換えるようです。



ゲーム最新情報 2009年12月4日のニュース

●Maxconsoleで、任天堂がフランスのパリでDivineoグループをマジコンは違法と裁判で訴えた判決はマジコンを認めない任天堂の姿勢はDS開発者を排除する行為で、開発者自身が望めばWindowsのように自由にアプリケーション開発が可能な環境を提供すべきであるとして、事実上マジコンを合法と認めたものだと伝えていました。逆に任天堂が違法にDSのシステムを保護しているとの判決です。他のヨーロッパでの同様の裁判に影響を与えるのは必至です。

●Maxconsoleで、Gran Turismo 5の体験版が今月リリースされるだろうと伝えていました。

●PSPGENで、CFW5.50GEN-D3 / 5.03GEN-Cのリリース日をなぜ12月15日に設定したかについてこれから追加機能を盛り込むためだと説明していました。
15日に決めた最大の理由はアジアで要望が多い「機動戦士ガンダム ガンダムVS.ガンダムNEXT PLUS」(12月3日に発売で既に起動対応済み)の起動と「NARUTO-ナルト-疾風伝 ナルティメットアクセル3」(2009年12月10日発売)を起動できるようにするためとしています。
その他すでにカスタムファームウェアでのPSNオンラインプレイ実現とメモリースティックの速度改善は見通しが立っており、最新版で提供できる見通しだそうです。ただしマイクロソフトのXbox Liveで改造ユーザーをBANしているのと同様の対応をしてくる可能性は排除できないため、オンラインプレイをしたいユーザーはXLink Kaiを使った方が良い、としています。
どうも新しいソニーのCFW対策はファームウェア自体でゲームごとに対応しないと起動しないのかもしれません。面倒くささを生み出すことで対応を後手に回すDSのマジコン対策と同じだとすると、次に来るのは法的手段?

●Pocketgamerで、Lego Star Warsなどを開発したJon Burton氏がPSPゲームのダウンロード販売価格についてもっとダウンロード販売の価格を下げないとPSP goは終わると語ったことを伝えていました。値引きがないダウンロード販売より値引きしたUMDをアマゾンで購入したほうが良いし、更にリセールも期待できるがダウンロード購入するとそれができないから割高だという意見です。ごもっとも。

●WiiBREWで、DOL、ELF、WADファイルをLAN経由でWiiへ送信することができるPCユーティリティTransmitMii V1.0がリリースされたことを伝えていました。IPアドレスとプロトコルを設定しておけばPC上のexeファイルにDOL、ELF、WADファイルをドラッグアンドドロップするだけだそうです。



ゲーム最新情報 2009年12月3日のニュース

●CVGで、LogitechがPSP goの周辺機器として外付けUMDドライブを開発中であるという情報を掲載していました。情報元によると、かさばることだけが最大の欠点だということです。LogitechのUKオフィスによると、英国での企画ではないのでUSオフィスでやっているのだろう、とのことのです。CVGではUMDドライブの取り付け方についてメモリースティックポートを使うのではないかとコメントしています。
UMDを使用する以上ソニーの認可が必要になりますが実績からLogitechであれば問題ないでしょう。SAVEDATA exploit復活?
[追記]
Engadget 日本版がLogitechにことの真相を照会したところ開発はしていない、と噂を否定したそうです。(NAKKANさん情報ありがとね)
少なくともLogitech UKは開発していないと最初から言っているわけだし…

●YouTubeで、NEWスーパーマリオブラザーズWiiをWiiエミュレーターDolphinで1080P出力した動画が公開されていました。60FPSで音声も完璧に再生され、グラフィックのエラーもないようです。動画は60FPSの出力を30FPSで録画したもののため速度が遅いようです。

●SPONGで、ユニバーサルスタジオがブルーレイとDVDのハイブリッドディスク‘Flipper discs’を2010年1月19日に米国で発売すると伝えていました。Flipper discsは現時点で価格は未定、片面50GBのブルーレイ、反対面にDVDのハイブリッドディスクで、このフォーマットが一般化すればブルーレイドライブを搭載しているPS3の家庭用エンターテイメント機器としての地位は不動なものとなるだろうとしています。

●MarketWatchで、任天堂Wiiのパーツ供給メーカーは利益減少で苦境に立たされていると伝えていました。Wii本体の値下げのために任天堂からパーツ供給価格を下げるよう要請されて答えざるをえなかった結果は商業ヒエラルキーの末端企業の血のにじむような努力と犠牲により成り立っているのです。

●Xox-sceneで、Xbox360のZephyr、Falcon、Jasperの16MB基板に対応したXBReboot v0.05 8955_1 for Zephyr, Falcon and Jasper-16がリリースされたことを伝えていました。残るはJasper 256/512MB基板だけです。

●Xox-sceneで、MODFREAKz氏がXbox360のNANDを暗号化/復号化したりなどが可能なユーティリティ360 Flash Dump Tool v0.90をリリースしたことを伝えていました。今回のバージョンではJasper基板は未サポートのようです。

●moonlight氏がMoonShell version 2.08 stableをリリースしていました。今回も変更点の記載があります。

●Tehskeenで、オープンソースのPS2用ゲームローダーOpen PS2-Loader 0.5がリリースされたことを伝えていました。かつてはOpen USB-Loader Projectと呼ばれていたプロジェクトで、一部未対応ながらPS3もサポートしているようです。

●EurAsiaで、NEWスーパーマリオブラザーズWiiのバックアップISOに適用すればパッチすることなくMODチッププロテクトをバイパスできるGecko OS互換チートコードNSMB Gecko cheat code crack for modchipsをリリースしていました。

●PS3GENで、PS3でプレイステーションストアで販売しているPSPのゲームを起動するエミュレーターが密かに開発されていることを伝えていました。現時点ではその証拠となるものは提示できないが、時が来ればこの情報が正しかったことが分かるだろう、としています。