TrueAncestor SELF Resigner一覧

GameGaz Daily 2019.8.30

●PSX-Placeで、Bobby_Downgrades氏がPS3 4.85ベースのカスタムファームウェア 4.85 OVERFLOW Standard (CEX)などをリリースしていました
リリースされているのは以下の7種類です。
4.85 OVERFLOW Standard CEX edition
4.85 OVERFLOW Dual Boot edition
4.85 OVERFLOW Standard CEX no Blueray edition
4.85 OVERFLOW Standard CEX no Bluetooth edition
4.85 OVERFLOW Cobra CEX edition
4.85 OVERFLOW Cobra CEX no Blueray edition
4.85 OVERFLOW Cobra CEX no Bluetooth edition

●PSX-Placeで、JjKkYu氏がPS3のEBOOTに再署名することができるSCEToolのスクリプトTrueAncestor SELF Resigner v1.98をリリースしていました。メニューにMagic Patch EBOOT/SELF/SPRX機能を追加したことが変更点です。
TrueAncestor SELF Resigner

●GitHubで、Freakler氏がPS Vitaのシステム情報に表示されるMACアドレスを偽装表示することができるプラグインvita-macspoofer v1.0をリリースしていました。
TrueAncestor SELF Resigner

vita-macspoofer2

●GitHubで、theheroGAC氏がVitaの20種類以上の各種プラグインをワンクリックでインストールしてconfig.txtも書き換えてくれるプラグインAutoplugin v3.97をリリースしていました。3.72のサポートやvita-macspooferの追加などが変更点です。

●ツイッターで、fincs氏がNintendo Switch向けHomebrewで特殊なコードを使うことで実現できるグラフィック表示のデモ動画を公開していました。Tegra X1のハードウェアレンダリングだと思いますが、Ⅰ年前にOpenGLによる60fpsのレンダリングデモ動画を公開しており、今回はあれから1年経って、今度は260KB以下で動画のようなレンダリングができるようになったということのようです。Homebrewの開発に大きな影響を与えるかもしれません。

●GBATempで、ctrninja氏がNintendo SwitchでMIDIファイルを再生することができるユーティリティnx-midi v1.0をリリースしていました。.sf2ファイルと.midファイルをそれぞれdefault.sf2とdefault.midというファイル名にしてSDカードのルートに配置しておくことで再生できる仕組みのため、複数のMIDIファイルを再生できるものになはっていません。


GameGaz Daily 2015.10.29

●PSX-Placeで、JjKkYu氏がPS3のEBOOTに再署名することができるSCEToolのスクリプトTrueAncestor SELF Resigner v1.97をリリースしたことを伝えていました。EBOOT.BINの復号/再署名の前にrapファイルのチェック機能を追加したことなどが変更点です。

●PS3Haxで、Unk氏がPS3開発者向けの各種ツール(Generic Signature Generator/ Eboot Tool/ Developer Tools)をリリースしたことを伝えていました。

●SCEJAが、11月11日(水)までの期間中ゲーム本編、追加アイテム、映画、アニメなどのコンテンツを合計2,000円以上購入し、応募券を取得すると抽選で数量限定グッズや「PS Storeチケット」をプレゼントする「ゲームの秋、到来! PS4ライフ応援フェア」を実施すると発表していました。


ゲーム最新情報 2012年12月20日のニュース

●PS3NEWSで、JjKkYu氏がPS3のEBOOTに再署名することができるSCEToolのスクリプトTrueAncestor SELF Resigner v1.85をリリースしたことを伝えていました。デフォルトで圧縮データスイッチをONにしたことやSELF/SPRXの復号メニューを追加したことなどが変更点です。

●GBATempで、Actar氏がWiiのHomebrewをその公式サイトから、wadファイルをNUS(任天堂のアップデートサーバー)から直接ダウンロードしてSDカードに保存することができるWindows用ユーティリティWiiDownloader 2.2.8をリリースしていました。ANSIフォーマットでない場合でもwilbrandがきちんと起動するようになったことが変更点です。

●PS3NEWSで、0x00氏がPS3でソニーからBANされたPS3のBAN状態を外すことができるらしいユーティティPS_Unban v0.1をリリースしていました。3.55用と4.22用がありますのでファームウェアごとに使い分けする必要がありますが、4.21用は3.55でも使えるそうです。

●PS3Crunchで、ソニーが改造したPS3のBANを始めたことを伝えていました。

●PS3NEWSで、VSPROD氏がオンラインストリーミングサービスNetflixのPS3用最新アプリケーション(4.10のkeyで暗号化されている)をCFW 3.55向けに再暗号化して移植したNetflix for PS3 CFW 3.55をリリースしたことを伝えていました。ただし、CFW 3.55で接続することからPSN接続できるような環境にしてやる必要があります。
httpv://www.youtube.com/watch?v=2pVQ3z57QOA


ゲーム最新情報 2012年12月12日のニュース

●aldostools氏がPS3の各種ツールを集めたPS3 Tools Collection 2.0.51をリリースしていました。以下のユーティリティがアップデートされています。

    ・multiMAN向けリモートアクセスサービスクライアントmmRAS 01.00.00
    ・セーブデータのキーを見つけてセーブデータ改造後に再署名できるBruteforce Save Data 1.2.0
    ・ドングルレスで使えるようになったPS3UserCheat向けのチートコード編集ユーティリティPS3 Cheats Editor 2.3.3

●PS3NEWSで、Team SGKがRogero 4.30をベースにした改良版カスタムファームウェアCFW 4.31 v3.2をリリースしたことを伝えていました。4.31のkeyやXMBSGKなるものを追加してあるそうです。

●PS3Crunchで、Dean氏がPS3のバックアップマネージャーmultiMAN 04.15.00をリリースしたことを伝えていました。aldostools氏のultiMAN向けリモートアクセスサービスクライアントmmRASを使ったリモートアクセス機能に対応したことなどが変更点です。

●PSX-Sceneで、Flat_z氏がPS3のセーブデータの復号化/暗号化などを行うことができるユーティリティpfdtool 0.2.2をリリースしたことを伝えていました。

●PS3NEWSで、seeman氏がRogero 4.30 v2.03をベースにモディファイを施したカスタムファームウェアROGERO 4.30 v2.03-MCLOW MOD v0.07の動画を公開していました。
http://www.youtube.com/watch?v=i7Ize6KWAb4

●PS3Crunchで、PatrickBatman氏が複数のPS3でダウンロードコンテンツをダウンロードした時のアカウントがなくても再アクティベートして使えるようにすることができるRebug 4.21向けオフラインPSNライセンスジェネレーターreactPSN 2.23 for 4.21をリリースしたことを伝えていました。

●PS3NEWSで、JjKkYu氏がPS3のEBOOTに再署名することができるSCEToolの スクリプトTrueAncestor SELF Resigner v1.81をリリースしたことを伝えていました。コントロールフラグスイッチを標準てオンにしたことなどが変更点です。

●GBATempで、Actar氏がWiiのHomebrewをその公式サイトから、wadファイルをNUS(任天堂のアップデートサーバー)から直接ダウンロードしてSDカードに保存することができるWindows用ユーティリティWiiDownloader 2.1.8をリリースしていました。Hackmii Installer 1.0またはHackmii Installer 1.2のダウンロードに対応したことが変更点です。

●Wii Infoで、dimok氏やgiantpune氏らがWaninkoko氏のWiiのUSB LoaderをベースにしたWiiのGUI版USBローダーUSB Loader GX v3.0 rev 1205をリリースしたことを伝えていました。Homebrew Channel v1.1.1以降のサポートやDIOS MIOS (Lite)のv2.6のバージョン検出などが変更点です。

●Homebrew-Connectionで、Team FSDがリジナルダッシュボードFreestyle 3のプラグインFreestyle 3 rev 483をリリースしたことを伝えていました。プラグインが市販機や開発機で動作するようになったことやDEVLINKを必ずオフにする必要があることなどが変更点です。なお、今回のアップデートは強制アップデートになっているので旧バージョンをお使いの方はご注意ください。


ゲーム最新情報 2012年12月6日のニュース

●PS3NEWSで、JjKkYu氏がPS3のEBOOTに再署名することができるSCEToolの スクリプトTrueAncestor SELF Resigner v1.8をリリースしたことを伝えていました。TrueAncestor EBOOT Resignerを改名したもので、SELF/SPRXファイルをサポートしたことなどが変更点です。

●PS3Crunchフォーラムで、Dean氏がPS3のバックアップマネージャーmultiMANでのアプリケーション起動を/dev_hdd0/game/ではなくapp_home/PS3_GAME/から行うステルス機能を搭載したmultiMAN ver 04.14.04 STEALTH (20121205)とmultiMAN ver 04.14.04 UPD CEX (20121205)をリリースしたことを伝えていました。アップデートで80010009エラーが出るタイトルのサポートなどが変更点です。ステルスバージョンをstealthMANと呼ぶようです。

●朝日新聞デジタルで、任天堂の岩田聡社長がゲーム機本体の価格を抑え、ソフトの販売で利益を出すビジネスモデルで市場に挑むWii Uが来年度にも黒字化するとの見方を示したことを伝えていました。先行発売した北米での販売が校長で、今週土曜日に発売される日本でも予約が順調のようです。3DSでの反省が活かされてます。

●GoNintendoで、Wii U GamePadの価格は85ドルと伝えていました。任天堂から新品のWii U GamePadを送ってもらったユーザーのところに85ドルの請求書が入っていたそうです。また、Wii U(プレミアムセット本体)の修理で175ドルの請求書が届いたことも伝えています。

●ニコニコインフォで、ニコニコ動画がWii U向け無料ソフト「ニコニコ」をWii U本体の発売と同日の12/8よりリリースすると伝えていました。