RetroReloaded CFW一覧

GameGaz Daily 2019.3.8

●talkフォーラムで、Rinnegatamante氏がHENkaku環境のVita向けにFPSゲーム『Quake II』を移植したvitaQuakeII v.2.1をリリースしていました。MSAA 2xとMSAA 4x(Multisample Anti-Aliasing: マルチサンプリングアンチエイリアシング)をサポートしたことや、データファイル用にuma0:/パーティションをサポートしたことなどが変更点です。

●ツイッターで、CelesteBlue123氏がPS4 5.01のカーネルexploitの準備ができたと発言していました。これまたニッチなバージョンですね。

●PSXHAXで、Al Azif氏がPS4のライセンスファイルであるRIFファイルを書き換えてどうやら偽チケットをフリー扱いのチケットに変えてしまうことができ、Homebrewとして起動することを可能にするらしいRIF Renamerをリリースしたことを伝えていました。

●PSX-Placeで、littlebalup氏がUSBメモリやPS3の内蔵HDDに保存したバックアップゲームをマウントすることができるPS3のバックアップマネージャーManaGunZの非公式アップデート版ManaGunZ v1.34 unofficialをリリースしていました。4.84 CFWのサポート追加などが変更点です。

●PSX-Placeで、RandomDude氏がPS3のXMBをモディファイしたいユーザー向けに.PNGファイルをGIMファイルに変換したりファイルのダンプやコンパイルをすることができるWindows向けコマンドラインユーティリティRCOMAGE Mod 1.1をリリースしていました。データベース読み込みエラーのバグ修正が変更点です。v1.2を来週にもリリースするつもりで、GUI版にするつもりのようです。

●GitHubで、 MyLegGuy氏がVitaでマンガをダウンロードして読むことができるユーティリティMangaDownloader-Vita v2.5をリリースしていました。

●GitHubで、RetroGamer74氏がNintendo Switch向けのカスタムファームウェアを選択して起動するブートマネジャーRetroReloaded CFW 1.37をリリースしていました。Atmosphere 0.8.5のサポートなどが変更点です。チートをサポートしたAtmosphere 0.8.5については後ほど別記事にしようと思いますが、時間がなかった時に備えて・・・[追記]書きました→チートサポート Atmosphere 0.8.5
●GitHubで、SciresM氏がFusée Gelée(NVIDIA Tegraプロセッサの脆弱性を利用し起動時に任意のコードを実行するcoldboot exploit)を利用して起動することができるNintendo SwitchのカスタムファームウェアAtmosphere 0.8.5をリリースしていました。(agtmさん情報ありがとね)


GameGaz Daily 2019.3.4

●Team Rebugが、PS3 4.84ファームウェアをベースにした、DEX(デバッグファームウェア)の機能がないCobra機能付きCEX(市販のPS3)専用カスタムファームウェアRebug 4.84.1 LITE COBRA 7.55 EDITIONをリリースしていました。PS3のシステム情報表示やNORMAL/REBUGシステムモード切替、LV1パッチ選択、QA flagの有効化などを行うことができるユーティリティREBUG Toolbox 02.02.17 MULTI.16も公開しています。

●PSX-Placeで、Habib氏がPS3/PS2/PS1/PSPのISO起動をサポートするCobra 7.5をアップデートしたCobra 8.0の機能を付加し、PS3 4.84ベースのCFW StarbucksにRebug Liteを合体させた合わせ技(Starbuged = Starbucks + Rebug)カスタムファームウェア4.84.1 Starbuged + Cobra v8.00 CFWをリリースしていました。Cobra v8.00はカーネル権限で動作するペイロードとして実行され、起動時間が大幅に改善されたようです。
[追記]
Habib氏が動的メモリーペイロードをサポートするなどしたCobraを8.01に更新していました。CFW本体も4.84.2 Starbugedに更新されています。

●PSX-Placeで、psykosis氏がPS3のCFWユーザーの使用に特化したWindows向けプロキシサーバーアプリケーションPS3 Control Centerをリリースしていました。PS3の4.82以降のOFW/CFWに対応(DEXは非対応)しています。プロキシサーバー以外にもネットワーク上にあるISOファイルを起動できるようにするps3netsrvとPS3のバックアップをISOファイルに変換するGenPS3isoも統合されています。
PS3 Control Center

●GitHubで、RetroGamer74氏がNintendo Switch向けのカスタムファームウェアを選択して起動するブートマネジャーRetroReloaded CFW 1.36をリリースしていました。FTPサービスであるsys-ftpdが0バイトになっていて動作していなかった不具合の修正が変更点です。

●GitHubで、RetroGamer74氏がNintendo Switch向けのブートマネジャーRetroReloaded CFWのパッケージをアップデートすることができるユーティリティRetroReloaded Updater 1.5をリリースしていました。


GameGaz Daily 2019.3.2

●GitHubで、ShaolinAssassin氏がPS3Xploit Tools v3.0(HAN)をXMBに配置するアドオンツールHAN Toolbox v0.6.4をリリースしていました。フィンランド語とスウェーデン語に対応したことが変更点です。

●GitHubで、mrehkopf氏がスーパーファミコンのFlashカートリッジSD2SNESの公式ファームウェアSD2SNES Firmware v1.10.0SD2SNES Firmware v1.10.1をリリースしていました。スーパーファミコンの特殊チップであるS-DD1のサポート追加とSD2SNES Proのサポート(v1.10.0)や、実際にはSD2SNES Proで起動しなかっためそのバグ修正(v1.10.1)などが変更点です。

●GitHubで、RetroGamer74氏がNintendo Switch向けのカスタムファームウェアを選択して起動するブートマネジャーRetroReloaded CFW 1.35をリリースしていました。ビルトインSys-FTP機能の追加が変更点です。

●GitHubで、RetroGamer74氏がNintendo Switch向けのブートマネジャーRetroReloaded CFWのパッケージをアップデートすることができるユーティリティRetroReloaded Updater 1.4をリリースしていました。RetroReloaded CFW 1.35で必要なビルトインされているSys-FTPを有効化/無効化する機能の追加が変更点です。

●GitHubで、RetroGamer74氏がブラウザでアクセスするだけでハックできるウェブサイトPS4ADMINで使うことでペイロードバイナリーデータのパラメータを変更し温度を制御することでファンの速度を調整制御することができるペイロードPS4 Fan Boosterをリリースしていました。

●GitHubで、MenosGrante氏がAndroidデバイスを使ってNintendo SwitchでFusée Geléeペイロードを起動することができるペイロードランチャーRekado 2.6.1 [36]をリリースしていました。Hekateをv4.8にアップデートしたことなどが変更点です。

●GitHubで、cfwprophet氏がPS4ペイロードのバイナリーファイルをブラウザなどで使用できるようpayload.jsのJavaScriptに変換することができるユーティリティbin2js(Binary 2 JavaScript) v1.6をリリースしていました。バグ修正が変更点です。

●Githubで、d3m3vilurr氏がNVIDIAのGameStreamテクノロジーをオープンソース実装したMoonlight EmbeddedをHENkaku環境のVita向けに移植したvita-moonlight 0.5.0をリリースしていました。mDNSを使ってストリームサーバーを見つけるようにしたことなどが変更点です。

●GitHubで、nowrep氏がPS Vitaの画面右上にあるステータスバーにバッテリー残量をパーセンテージで表示することができるtaiHENプラグインvita-shellbat r10をリリースしていました。3.55をサポートしたことが変更点です。

●GitHubで、theheroGAC氏がVitaの20種類以上の各種プラグインをワンクリックでインストールしてconfig.txtも書き換えてくれるプラグインAutoplugin 3.80をリリースしていました。vita-shellbatのアップデートと日本語を含めた言語ファイルの更新が変更点です。


GameGaz Daily 2019.3.1

●ツイッターで、Lapy05575948氏がUnityで開発されたフルadministrator権限で動作するPS4 5.05向けのファイルエクスプローラアプリケーションWindows Explorer BETA 1.0をリリースしていました。

●YouTubeで、Proto氏がPS3のごく初期のファームウェア083.002(PS3 devwikiによると、プロトタイプの開発機向けらしい)をインストールして実際動作させた様子を撮影した動画を公開していました。なんとなくPSPっぽく感じます。

●PSX-Placeで、dazzaXx氏がPS3の画面右上にある時計表示をカスタマイズするPS3 Clock Mod V1をリリースしていました。
Modern Clock UI

●PSXHAXで、zecoxao氏がPS4 flashダンプデータからsflash0ファイルをアンパックすることができるユーティリティsflash0unpackをリリースしたことを伝えていました。

●GitHubで、RetroGamer74氏がNintendo Switch向けのブートマネジャーRetroReloaded CFWのパッケージをアップデートすることができるユーティリティRetroReloaded Updater 1.3をリリースしていました。メニュー管理の最適化と改善などが変更点です。

●GitHubで、RetroGamer74氏がNintendo Switch向けのカスタムファームウェアを選択して起動するブートマネジャーRetroReloaded CFW 1.34をリリースしていました。sigpatchサポートにより、ゲームインストールで問題が起こらなくなったことなどが変更点です。

●GitHubで、MAME開発チームのcuavas氏が過去のゲーム機やコンピュータの技術保存を目的として、MAME(Multiple Arcade Machine Emulator:マルチアーケードマシンエミュレータ)という名前のまま進化しているマルチシステムエミュレータMAME 0.207をリリースしていました。


GameGaz Daily 2019.2.28

●GitHubで、ONEluaチームがVitaのeCFW 6.61Adrenalineのバブルアイコンを作成・管理することができるユーティリティAdrenaline Bubble Manager v5.20をリリースしていました。追加設定メニューのPSボタンを追加したことなどが変更点です。

●GitHubで、RetroGamer74氏がNintendo Switch向けのブートマネジャーRetroReloaded CFWのパッケージをアップデートすることができるユーティリティRetroReloaded Updater 1.2をリリースしていました。
RetroReloaded Updater

●GitHubで、RetroGamer74氏がNintendo Switch向けのカスタムファームウェアを選択して起動するブートマネジャーRetroReloaded CFW 1.33をリリースしていました。RetroReloadedを使ってAtmosphereをモディファイしProdinfoの読み書きをサポートできるので、そのAtmosphereを使うためのアップデートです。

●任天堂が、Nintendo Switch向けポケモン新作『ポケットモンスター ソード』『ポケットモンスター シールド』を発表していました。2019年冬発売です。


GameGaz Daily 2019.2.26

●GitHubで、joel16氏がPSP向けのファイルマネージャーCMFileManager PSP v2.00をリリースしていました。最新環境でビルドしたことや古いlibpng/libjpegやoslibに依存せずモディファイ版g2dlibを使うようにしたこと、.BMPイメージの表示をサポートしスクリーンショットも.BMPで保存するようにしたことなどが変更点です。

●GitHubで、pearlxcore氏が PS4のPKGファイルをリネームしたりPKG内のファイルリストをエクスポートしたりすることができるWindows向けユーティリティPKG Tool GUI v2をリリースしていました。ネームフォーマット選択追加が変更点です。
[追記]
リネーム中のエラー回避のためpkgをゲーム/パッチ/アドオンのカテゴリに分類するようにしたPKG Tool GUI v3がリリースされています。

●GitHubで、RetroGamer74氏がNintendo Switch向けのカスタムファームウェアを選択して起動するブートマネジャーRetroReloaded CFW 1.32をリリースしていました。AtmosphereからリブートしてRetroReloadedのBootManagerを起動しCFWを選択できるようになったことが変更点です。

●GitHubで、noahc3氏が旧SDFilesSwitchから名称を変更したNintendo Switch向けのペイロードhekateやAtmosphereを実行するために必要なファイルをまとめたオールインワンパッケージツールKosmos v11.10.2をリリースしていました。Kosmos Toolboxが起動時にクラッシュする不具合の修正などが変更点です。

●GitHubで、shchmue氏がNintendo Switchのゲームタイトルキーのダンプや暗号化キーをプロセスメモリから入手することができるユーティリティLockpick v1.2.1をリリースしていました。master keyなしでのbis key生成に対応したことやhekate v4.8のTSECダンプサポートのためファイルサイズチェックをアップデートしたことなどが変更点です。

●Engadgetで、Western DigitalとMicronが記憶容量1TBのmicroSDカードを発表し、ついに1TBの大台に突入したことを伝えていました。Western DigitalはSanDiskブランドのmicroSDXCで読み込み速度は160MB/s、書き込み速度90 MB/sで、Micronは読み込み速度は100 Mb/sとWestern Digitalに劣るものの書き込み速度は95 MB/sと少し高速のようです。ちょうどSD Associationが最高転送速度が985MB/sの次世代のmicroSD Express規格を発表しましたが、それと比べると遙かに低速ではあります。SanDiskの1TB Extreme UHS-I microSDは4月発売で450ドル(日本円で約5万円)、Micronは価格未発表で今年の第2四半期発売が予定されています。
1TB-microSDXC

●GitHubで、ONEluaチームがVitaのeCFW 6.61Adrenalineのバブルアイコンを作成・管理することができるユーティリティAdrenaline Bubble Manager v5.19をリリースしていました。Adrenaline 6.8に対応したことが変更点です。