RetroReloaded CFW一覧

GameGaz Daily 2019.4.29

●rajkosto氏が、Nintendo Switchのファームウェアパッケージをfuseを焼かずにmicroSDから直接インストールすることができるユーティリティChoiDujourNX v1.0.2をリリースしていました。bis_protectチェックとAutoRCMの無効化設定を追加したことなどが変更点です。

●GitHubで、suchmememanyskill氏がNintendo Switch向けのカスタムファームウェアAtmosphereが持つスイッチメニューから実行できるカスタムリブート/シャットダウン機能(Reboot to Payload)でペイロードを読み込むペイロードランチャーPayload Launcher v1.1.4をリリースしていました。終了時にクラッシュする不具合の修正が変更点です。

●GitHubで、RetroGamer74氏がNintendo Switch向けのカスタムファームウェアを選択して起動するブートマネジャーRetroReloaded CFW 2.03をリリースしていました。Atmosphere 0.8.9やReiNX 2.2.1へのアップデートなどが変更点です。

●GitHubで、AtlasNXチームがNintendo Switch向けのペイロードhekateやAtmosphereを実行するために必要なファイルをまとめたオールインワンパッケージツールKosmos v12.1.2をリリースしていました。Atmosphere 0.8.9へのアップデートやhid-mitmのボタン設定編集でtoolboxがクラッシュする不具合の修正が変更点です。

●GitHubで、exelix11氏がNintendo Switchのcommon.szsにパッチをしてBNTX(Binary NX Texture)ファイルをリプレイスすることでテーマを変更することができるユーティリティSwitch Theme Injector v4.0をリリースしていました。8.xサポートやテーマでのアニメーションサポートなどが変更点です。同時にszsに加えnxthemeフォーマットのカスタムテーマをSwitch上で直接インストールしたりすることができるユーティリティNXThemes Installer 1.5もリリースされています。

●GitHubで、RocketRobz氏がニンテンドー3DSでFlashcartなしにndsファイル(バックアップファイル)をSDカードから起動することができるユーティリティnds-bootstrap v0.19.0をリリースしていました。本バージョンで最初にゲームを起動したときに関数のオフセット値をpatchOffsetCacheというキャッシュとしてフォルダに保存するようにすることで次回以降のゲーム起動を高速化したことなどが変更点です。
[追記]
nds-bootstrap v0.19.1がリリースされました。ゲームごとにfatTable.binファイルが生成され、次回起動時にpatchOffsetCacheFile.binと共に読み込まれ、より高速に起動するようになったことや、『Mario vs Donkey Kong 2』でpatchOffsetCache.binのファイル生成が原因でクラッシュしたためこのゲームでは使わないようにしたことが変更点です。

●GitHubで、RocketRobz氏がDS/DSi/3DS/2DS向けのオープンソースメニューTWiLightMenu++ v8.1.0をリリースしていました。設定で正確なボリュームコントロールを有効にするか無効にするかを決められるようにしたこと(DSiユーザー向け)などが変更点です。


GameGaz Daily 2019.4.26

●ツイッターで、Lapy05575948氏がUnityで開発されたフル管理者権限で動作するPS4向けのファイルエクスプローラアプリケーションPS4-Xplorer BETA 1.12をリリースしていました。タイトルIDを変えた(旧バージョンはアンインストール必要)ことなどが変更点です。

●GitHubで、RetroGamer74氏がNintendo Switch向けのカスタムファームウェアを選択して起動するブートマネジャーRetroReloaded CFW 2.02をリリースしていました。8.0.0/8.0.1をサポートしたReiNXのアップデートなどが変更点です。ただしReiNXにはsigpatchが抜けているとRetroGamer74氏は言ってます。

●GitHubで、bearoso氏がLibretroコアとして使用するスーパーファミコンエミュレータSnes9x 1.60をリリースしていました。最適化よる若干のスピードアップなどが変更点です。

●GitHubで、rsn8887氏が輸送会社の社長となって鉄道やバス、トラック、列車、船、飛行機を使い街を発展させ資金を稼ぐシミュレーションゲームTransport Tycoon Deluxe(トランスポートタイクーンDX)をSwitchに移植したOpenTTD port for Switch v1.03をリリースしていました。AI互換スクリプトファイルをバンドルしたことなどが変更点です。

●ツイッターで、Team RebugのAboshi2011氏(evilsperm氏)がSwitchME向けペイロードhekate ctcaer 4.10.1J.uf2をリリースしていました。

●任天堂が、過去に販売したゲーム機すべての2019年3月末時点での販売実績データを公式サイトで公表していました。バカ売れしたNinendo DSがいかに凄かったのかが分かります。ファミコン+スーファミ+64+ゲームキューブでようやくDS超えるレベルです。なお、Switchの販売台数はすでにNINTENDO 64を超えました。
なお、IRカレンダーによると昨日4月25日(木)に2019年3月期 決算発表があり(今日は2019年3月期 決算説明会)、日経は古川俊太郎社長が「スイッチが非常に早いペースで売れている」と語ったものの、Switchが3年目に入り、Wiiでさえ3年目には売れ行きが失速した「魔の3年目」を超えるために持ち運びが一段と容易なスイッチの小型版を投入する計画であると伝えています。
小型版SwitchについてはE3での発表が期待される流れですが、発表会に参加したと思われるコンサルティングビジネス会社カンタンゲームズのCEOであるSerkan Toto氏のツイートによると、決算発表の場で任天堂は6月のE3では新ハードの発表はないと明言したようです。

●Xbox Japan Blogで、マイクロソフトがゴールデンウィーク期間中の2019年4月27日(土)から2019年5月6日(月)まで、Xbox One本体を5,000円(税抜)引きで販売する「Xbox One 本体どれでも5,000円OFFセールキャンペーン」を実施すると発表していました。「Xbox One S 1TB All-Digital Edition」は発売前のため対象外です。

●GitHubで、Reisyukaku氏がNintendo SwitchのカスタムファームウェアReiNX v2.2.1をリリースしていました。8.0.xのスリープモードバグの修正が変更点です。


GameGaz Daily 2019.4.23

●PSX-Placeで、DeViL303氏がPS3のdev_blindなど読み書き可能なパーティションにあらゆるファイルを直接ダウンロードできるようにするプラグインExtended Download Plugin v1.00をリリースしていました。

●ツイッターで、Lapy05575948氏がPS4向けのビデオ再生ユーティリティPS4 Player 1.02をリリースしていました。ビデオのアスペクトレシオの不具合修正が変更点です。
PS4_Player_102

●ツイッターで、DevDavisNunez氏とGdljjrod氏がVitaJam2019参加作品としてローカルおよびアドホック通信に対応したマルチプレイ対応チェス対戦ゲームChess 3D v00.10をリリースしていました。
Chess 3D
[追記]
VitaJAM2019応募作品については、締め切り間際で応募ラッシュなので、記事で取り上げてると切りがないかつ面倒なので、ツイッターで見付けたらリツイートすることにしました。

●PSX-Placeで、Veritas83氏がPS2のISOイメージファイルを読み込むことができる、PS2互換のないPS3モデルにも対応したPS2バックアップローダーOpen PS2 Loader(OPL)のCFG設定ファイルを集めたリポジトリPS2 OPL CFGを公開したことを伝えていました。

●GitHubで、RetroGamer74氏がNintendo Switch向けのカスタムファームウェアを選択して起動するブートマネジャーRetroReloaded CFW 2.01をリリースしていました。Atmosphere 0.8.8を使用した8.0.0のサポートなどが変更点です。

●GitHubで、spacemeowx2氏がSwitchでローカルワイヤレスプレイに対応しているゲームをオンラインでプレイすることができるユーティリティldn_mitm v1.2.2をリリースしていました。Atmosphèreのlibstratosphere(システムモジュール開発向けC++ライブラリ)アップデートが変更点です。


GameGaz Daily 2019.4.18

●Amazonで、プレイステーション クラシックを62%OFFの4100円で販売していました。一時はプレミアが付いたとは思えない投げ売りセールです。持ってない方は今が購入のチャンスかも。

●/talkフォーラムで、 Rinnegatamante氏が2001年にPC向けに発売されたFPSゲーム『Return to Castle Wolfenstein』をVitaに移植したvitaRTCW v.0.1をリリースしていました。
vitaRTCW

●GitHubで、TheDarkprogramer氏がPS4でアプリケーションを開発するためのUnity/Windows向けオープンソースユーティリティPS4 Tools v1.1 betaをリリースしていました。PS2 Classicsのオンザフライビルドに対応したことなどが変更点です。

●IGN Japanで、ピエール瀧が麻薬取締法違反容疑で逮捕され、出演作『JUDGE EYES:死神の遺言』の販売が自粛された件についてピエール瀧の差し替えキャラクターが海外向けに公開されたことを伝えていました。海外版ではグラフィックだけでしたが、日本版の場合は声の差し替えも出てくるため差し替え作業の時間はもっとかかると思われます。

●GitHubで、RetroGamer74氏がNintendo Switch向けのカスタムファームウェアを選択して起動するブートマネジャーRetroReloaded CFW 2.00をリリースしていました。初めて2.00へアップグレードする場合やRetroReloaded CFW自体を初めて使う場合にはmicroSDカードにあるatmosphereとReiNXフォルダは削除する必要があります。

●GitHubで、FuryBaguette氏がNintendo SwitchでAmiiboを切り替えることができるユーティリティAmiiSwap v0.1.2をリリースしていました。emuiiboとswitch-nfp-mitmで使用できます。

●GitHubで、RetroGamer74氏がNintendo Switch向けのブートマネジャーRetroReloaded CFWのパッケージをアップデートすることができるユーティリティRetroReloaded Toolkit v1.8をリリースしていました。操作の改良などが変更点です。

●ツイッターで、hexkyz氏がTeam XecuterのSX OS v2.6.2のデータをアンパック・復号化するスクリプトtxunpack.pyとtxdecompress.pyをリリースしていました。

●ユービーアイソフト公式ブログUBIBLOGで、ノートルダム寺院でおきた火災に関して再建のため50万ユーロを寄付することに加えノートルダム寺院の美しさと荘厳さを感じてもらうため、PC版『アサシン クリード ユニティ』を1週間無料で配布すると発表していました。無料期間は4月25日の16時までです。Uplay PCまたはUbisoft ストアでダウンロード購入できます。
Assassin’s Creed Unity

●AKIBA PC Hotline!で、レトロアイテム専門店「BEEP 秋葉原店」に「ニンテンドー3DS LL」の開発機が入荷し販売されていたことを伝えていました。販売価格は32,184円(税込)。24日(日)時点では在庫があったものの26日(火)夕方には売り切れていたようです。個人的な話で恐縮ですが、東京に出張で行くと帰りに秋葉原行って大抵はBEEP寄ります。

●大乱闘スマッシュブラザーズ公式ツイッターで、Nintendo Switch『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』のVer.3.0アップデートで「ステージ作り」のモードを追加することを発表していました。公式動画でそれとなく公表していた機能のリリースになります。なお、Ver. 3.0.0ではVer. 2.0.2以前とリプレイの互換性がないそうですのでご注意を。

●ファミ通.comで、元ニンテンドーオブアメリカ社長で先日退任したReggie Fils-Aime氏がTwitterアカウントを開設したことを伝えていました。ファミ通の記事執筆時点ではフォロワーが35万だったようですが、今日の朝8時時点では37万を超えています。

●Maxconsoleで、YouTuberのModern Vintage Gamer氏がハッカーグループがXboxのディスクをPCのDVDドライブでリッピングしていたとの情報を動画で公開したことを伝えていました。Kreonでリッピングできるようになると公表される以前から実はリッピングできていたようです。

●IGN Japanで、XboxのE3 2019プレスカンファレンス「Xbox E3 2019 Briefing」の詳細が公開されたことを伝えていました。E3のメインイベント前の日曜日に開催されます。プレスカンファレンスの模様は日本時間年6月10日朝5時より生配信されます。

●Thurrottで、マイクロソフトがオンラインマルチプレイのための有料サービスXbox Live Goldと月額9.99ドルで対応Xbox Oneタイトルがプレイし放題のXbox Game Passのサービスを統合した月額制プランXbox Game Pass Ultimateを発表したことを伝えていました。Xbox Game Pass Ultimateは月額14.99ドルです。日本ではXbox Game Pass自体が提供されていないのでサービス対象外です。


GameGaz Daily 2019.4.17

●ツイッターで、Lapy05575948氏がPS4向けのビデオ再生ユーティリティPS4 Player 1.01をリリースしていました。.ASS/.SSA字幕のサポートや、USBデバイスの差し替え時にR3を押すとリフレッシュして読み直しをする機能を追加したことなどが変更点です。

●GitHubで、aldostools氏がEstwald氏(Hermes氏)が開発したオープンソースバックアップマネージャーIris Managerの非公式アップデート版IRISMAN 4.84.3をリリースしていました。MAMBA 3.xペイロードのアップデートなどが変更点です。

●GitHubで、XorTroll氏がSwitchのバックグランドプロセスとしてamiiboをエミュレートするカスタムファームウェア向けカスタムプロセスemuiiboをリリースしていました。

●GitHubで、RetroGamer74氏がNintendo Switch向けのカスタムファームウェアを選択して起動するブートマネジャーRetroReloaded CFW 1.59をリリースしていました。emuiiboの追加などが変更点です。

●GitHubで、RetroGamer74氏がNintendo Switch向けのブートマネジャーRetroReloaded CFWのパッケージをアップデートすることができるユーティリティRetroReloaded Toolkit v1.7をリリースしていました。FTP、LanPlay、Emuiiboの有効/無効を管理するためのサービスメニュー追加などが変更点です。

●GitHubで、RiiConnect24チームがWiiConnect24のサードパーティによる代替サービスRiiConnect24を簡単にインストールするためのWindows/macOS/Linux向けユーティリティRiiConnect24-Patcher v1.0.8をリリースしていました。今回はWindows向けだけが更新されたようです。トラブルシューティングメニューの追加などが変更点です。


GameGaz Daily 2019.4.16

●ツイッターで、Lapy05575948氏がPS4向けのビデオ再生ユーティリティPS4 Player 1.01を今日(火曜日に)リリースすることを公表していました。

●GitHubで、julesontheroad氏がNintendo SwitchのNSPファイルからチケットや証明書類を消去したりマルチコンテンツXCI/NSPファイルを作成することができるユーティリティNSC_BUILDER v0.82bをリリースしていました。エラーの修正などが変更点です。ベータ版の安定版になります。

●GitHubで、RetroGamer74氏がNintendo Switch向けのカスタムファームウェアを選択して起動するブートマネジャーRetroReloaded CFW 1.57をリリースしていました。ldn_mitmモジュールを1.2.0へアップデートしたことなどが変更点です。
[追記]SX OS 2.6.2 BetaへのアップデートをしたRetroReloaded CFW 1.58がリリースされました。

●GitHubで、retronx-teamがNIntendo Switchでのプレイモードごと(TVモード/携帯モード)とアプリケーション毎(タイトルIDごと)にCPU/GPU/メモリのクロック周波数(オーバークロック/アンダークロック可)をConfigファイルで設定することができるユーティリティsys-clk 0.12.1をリリースしていました。今後に備えてより多くのプロファイル保存を可能にするためにリファクタリングしたことなどが変更点です。

●GitHubで、badda71氏がコモドール64エミュレータ C64をNintendo 3DSに移植したvice3DS v1.0をリリースしていました。自動連射をサポートしたことなどが変更点です。

●GitHubで、RocketRobz氏がDS/DSi/3DS/2DS向けのオープンソースメニューTWiLight Menu++ v8.0.0をリリースしていました。使い方を知るためのマニュアルを追加したことや3DSテーマのローディング画面を追加したことなどが変更点です。

●GitHubで、Root-MtX氏がNintendo SwitchのNRO形式のファイルをNSP形式にビルドすることができるWindows向けユーティリティNro2Nsp 3.3.4 Fixをリリースしていました。アイコン変換部分を修正したようです。

●GitHubで、shchmue氏がNintendo Switchのゲームタイトルキーのダンプや暗号化キーをプロセスメモリから入手することができるユーティリティLockpick v1.2.3をリリースしていました。新しいlibnx暗号ライブラリのためにmbedtlsへの依存を解消したことなdが変更点です。

●GitHubで、RocketRobz氏がニンテンドー3DSでFlashcartなしにndsファイル(バックアップファイル)をSDカードから起動することができるユーティリティnds-bootstrap v0.18.0をリリースしていました。SDK1-4を使って開発されたゲームの読み込み時間の改良などが変更点です。

●VG247で、マイクロソフトが今週ディスクレスXbox One Sの
ディスクレス版については2019年4月中旬に予約を開始し5月上旬に発売するとの情報がありましたが、今回は一部販売店のデータベースに「Xbox One S All-Digital」が登録され、外箱の画像が流出しています。
Xbox One S All-Digital