Lockpick一覧

GameGaz Daily 2019.9.11

●GitHubで、 Zarh氏がPS3のIDPS(PS3本体ごとに持つ固有の16バイトのID)を変更してCEX/DEXのダンプデータを作成することができるユーティリティIDPSet 0.91をリリースしていました。4.85 CEXのサポートが変更点です。

●PlayStation.Blogで、PlayStationStoreにおいて9月11日(水)から9月25日(水)までの期間限定で「東京ゲームショウ2019」出展タイトルの過去作・関連作などが最大85%OFFとなる「TOKYO GAME SHOW 2019開催記念セール」を開催することを発表していました。85%OFFはあくまでも最大値で、実際にはいいとこ50%OFFという感じに見えます。
TOKYO GAME SHOW 2019 SALE

●PSX-Placeで、zecoxao氏が本人曰く「10年来の夢だった」というPS3のsysconファームウェアキーの取得に成功したことを伝えていました。sysconファームウェアキーが分かると何ができるのかについてzecoxao氏はパッチやファームウェアに署名を入れたり暗号化できたりすると答えていますが、すぐに何らかの成果が出てくる状況ではないようです。

●Eurogamerで、任天堂がSwitchの改造方法などを提供している4つのウェブサイトに対して著作権侵害を訴えていた裁判でイギリス高等法院が Sky、BT、EE、Talktalk、Virgin Mediaという5つのプロバイダーに対してサイトへのアクセスの遮断命令を出したことを伝えていました。Switchのセキュリティを迂回するためのデバイス(SX Proなどのことだと思われる)の販売を違法と認定しています。

●GitHubで、piepie62氏がニンテンドーDS/3DS向けのポケモンタイトルのセーブデータエディタPKSM 7.0.1をリリースしていました。『ポケモンオメガルビー』『ポケモンアルファサファイア』で間違ったゲーム名を表示してしまう不具合修正などが変更点です。

●GitHubで、shchmue氏がNintendo Switchのゲームタイトルキーのダンプや暗号化キーをプロセスメモリから入手することができるユーティリティLockpick v1.2.6をリリースしていました。新ハードウェアでのbis key生成の不具合修正が変更点です。

●GitHubで、 HookedBehemoth氏がNintendo Switchでスクリーンショットをlewd.picsへ直接アップロードすることができるユーティリティscreen-nx v1.1をリリースしていました。
lewd.pics

●Wiidatabaseで、FlashHaxstr2haxで知られるFullmetal5氏がネットワーク接続機能がなくSDカードスロットもないためハッキングができていなかったWiiの廉価版Wii miniで非書名コードの実行に成功したことを伝えていました。いままでHomebrew Launcherを起動する術がなかったためハックが不可能だったWii miniに大きな転換点が訪れそうです。ただしそれ以上の詳細な情報やリリース日などの情報は今回公表されていません。

●ツイッターで、マイクロソフトが2019年9月13日(金)から29日(日)までXbox One本体から5,000円(税抜)引きで販売する「Xbox One本体5,000円OFFサマーセール」キャンペーンを実施すると発表していました。消費税増税前にどうしてもXbox Oneが欲しい方は狙い目です。


GameGaz Daily 2019.7.10

●GitHubで、aldostools氏がバックグラウンドでPS3のタスクを実行できるVSH PRXloader向けのプラグインとしてPS3のファイルやフォルダをウェブ(AndroidやiPhone、PCなど)経由で閲覧したり、リモートやXMBからISOをマウントしたりすることができるユーティリティwebMANの非公式アップデート版webMAN MOD 1.47.25をリリースしていました。ファイルマネージャーでファイルタイプにアイコンを追加したことやバグ修正などが変更点です。

●ファミ通.comで、SIEが2019年7月15日に開催する「PlayStation祭 TOKYO 2019」の詳細を発表したことを伝えていました。

●GitHubで、shchmue氏がNintendo Switchのゲームタイトルキーのダンプや暗号化キーをプロセスメモリから入手することができるユーティリティLockpick v1.2.5をリリースしていました。Hekate vのfuseダンプをサポートしたことなどが変更点です。

●GitHubで、julesontheroad氏がNintendo SwitchのNSPファイルからチケットや証明書類を消去したりマルチコンテンツXCI/NSPファイルを作成することができるユーティリティNSC_BUILDER v0.87cをリリースしていました。タイトルキーなしでnsxファイルからxciファイルへ変換するときの正しいオリジナルタイトルキーチェックを追加したことやローマ字変換後のチェック機能追加などが変更点です。

●GBATempで、Robz8氏がSDカードにも対応したNintendo DS/DSi向けビデオプレーヤーRocketVideoPlayer v1.1をリリースしていました。サポートしている動画ファイルは専用の.rvid(RocketVideoフォーマット)で、動画ファイルを.rvidに変換するWindows向けユーティリティVid2RVID v1.2も併せてリリースしています。
Rocket Video Player


GameGaz Daily 2019.6.17

●GitHubで、devnoname120氏がVitaで直接HomebrewをダウンロードすることができるユーティリティVita Homebrew Browser(vhbb) v0.90をリリースしていました。Vita Homebrew Browser(vhbb)自動アップデートのサポートやHomebrewを検索するサーチ機能の実装、リスト閲覧時の移動でジョイスティックをサポートしたことなどが変更点です。
[追記]
アイコン展開の不具合を修正したVita Homebrew Browser(vhbb) v0.91がリリースされています。

●GitHubで、ShaolinAssassin氏がPS3HENに対応した最新のHomebrewをPS3でダウンロード・インストールすることができるユーティリティHENBrew Store 2019.06.16をリリースしていました。sMANやHEN Toolboxの追加、Flappy BirdsなどのHomebrewゲーム追加などが変更点です。

●nuagedan100氏が、PlayStation Classicのゲーム追加や変更などを行うことができるユーティリティPS Classic Mini Ultimate v2をリリースしていました。

●ツイッターで、m4xw氏がNintendo SwitchでNANDからSDカードへリダイレクトすることでいわゆるemuNANDを実現できるemuMMCのリポジトリをGitHubで公開したと発表していました。リポジトリはhttps://github.com/m4xw/emuMMCです。Happy June 15th!と言っているので完全にAtmosphèreのプロジェクトに組み込まれた感じですね。詳細が明日公表されるようです。

●GitHubで、sacredbanana氏がEpic GamesのWindows向けFPSゲーム『Ken’s Labyrinth』の無料配布版をNintendo Switchに移植したKen’s Labyrinth 4.0.0をリリースしていました。

●GitHubで、shchmue氏がNintendo Switchのゲームタイトルキーのダンプや暗号化キーをプロセスメモリから入手することができるユーティリティLockpick v1.2.4をリリースしていました。emunandファイルシステムのメモリレイアウトをサポートしたことなどが変更点です。

●GitHubで、developersu氏がSwitchのTinFoil(USBおよびネットワーク対応)とGoldLeaf(USB対応)のJava環境PC向けNSPインストーラーNS-USBloader 0.51をリリースしていました。バグ修正などが変更点です。


GameGaz Daily 2019.4.16

●ツイッターで、Lapy05575948氏がPS4向けのビデオ再生ユーティリティPS4 Player 1.01を今日(火曜日に)リリースすることを公表していました。

●GitHubで、julesontheroad氏がNintendo SwitchのNSPファイルからチケットや証明書類を消去したりマルチコンテンツXCI/NSPファイルを作成することができるユーティリティNSC_BUILDER v0.82bをリリースしていました。エラーの修正などが変更点です。ベータ版の安定版になります。

●GitHubで、RetroGamer74氏がNintendo Switch向けのカスタムファームウェアを選択して起動するブートマネジャーRetroReloaded CFW 1.57をリリースしていました。ldn_mitmモジュールを1.2.0へアップデートしたことなどが変更点です。
[追記]SX OS 2.6.2 BetaへのアップデートをしたRetroReloaded CFW 1.58がリリースされました。

●GitHubで、retronx-teamがNIntendo Switchでのプレイモードごと(TVモード/携帯モード)とアプリケーション毎(タイトルIDごと)にCPU/GPU/メモリのクロック周波数(オーバークロック/アンダークロック可)をConfigファイルで設定することができるユーティリティsys-clk 0.12.1をリリースしていました。今後に備えてより多くのプロファイル保存を可能にするためにリファクタリングしたことなどが変更点です。

●GitHubで、badda71氏がコモドール64エミュレータ C64をNintendo 3DSに移植したvice3DS v1.0をリリースしていました。自動連射をサポートしたことなどが変更点です。

●GitHubで、RocketRobz氏がDS/DSi/3DS/2DS向けのオープンソースメニューTWiLight Menu++ v8.0.0をリリースしていました。使い方を知るためのマニュアルを追加したことや3DSテーマのローディング画面を追加したことなどが変更点です。

●GitHubで、Root-MtX氏がNintendo SwitchのNRO形式のファイルをNSP形式にビルドすることができるWindows向けユーティリティNro2Nsp 3.3.4 Fixをリリースしていました。アイコン変換部分を修正したようです。

●GitHubで、shchmue氏がNintendo Switchのゲームタイトルキーのダンプや暗号化キーをプロセスメモリから入手することができるユーティリティLockpick v1.2.3をリリースしていました。新しいlibnx暗号ライブラリのためにmbedtlsへの依存を解消したことなdが変更点です。

●GitHubで、RocketRobz氏がニンテンドー3DSでFlashcartなしにndsファイル(バックアップファイル)をSDカードから起動することができるユーティリティnds-bootstrap v0.18.0をリリースしていました。SDK1-4を使って開発されたゲームの読み込み時間の改良などが変更点です。

●VG247で、マイクロソフトが今週ディスクレスXbox One Sの
ディスクレス版については2019年4月中旬に予約を開始し5月上旬に発売するとの情報がありましたが、今回は一部販売店のデータベースに「Xbox One S All-Digital」が登録され、外箱の画像が流出しています。
Xbox One S All-Digital


GameGaz Daily 2019.3.6

●PSX-Placeで、C7PH3R_CG氏がPS3 CFW 4.80から4.84(CEX & DEX)に対応したPS3オリジナルの起動ロゴと起動サウンドOriginal PS3 Gameboot & Soundsをリリースしていました。
PS3 Logo

●GitHubで、julesontheroad氏がNintendo SwitchのNSPファイルからチケットや証明書類を消去したりマルチコンテンツXCI/NSPファイルを作成することができるユーティリティNSC_BUILDER BETA v0.81-bをリリースしていました。個々のプロセスごとやマルチコンテンツ分解でNCAを展開しなくても済むダイレクト生成機能を追加したことなどが変更点です。
[追記]
v0.81-bの不具合を修正したNSC_BUILDER BETA v0.81-cがリリースされています。
[追記]
v0.81-cでx64とx86の設定が正しくなっていなかった不具合を修正したNSC_BUILDER BETA v0.81-dがリリースされました。

●GitHubで、shchmue氏がNintendo Switchのゲームタイトルキーのダンプや暗号化キーをプロセスメモリから入手することができるユーティリティLockpick v1.2.2をリリースしていました。 masterkey07にある既存のキーファイルを上書きしてしまわないようにしたことなどが変更点です。

●Xbox Japan Blogで、マイクロソフトがシャア専用の マリオカラーの 鮮やかな赤色本体デザインの『Xbox ワイヤレス コントローラー (スポーツ レッド)』を2019年3月21日(木)に6,980円(税抜)で数量限定にて発売すると発表していました。
Xbox_SportRed
あ、いや、やっぱりマリオの帽子にしか見えなくなってきた…

Mario cap

●Windows Centralで、独自の情報筋による話としてマイクロソフトがXbox One Sのディスクレス版として「Xbox One S All-Digital Edition」を2019年4月中旬に予約を開始し5月上旬に発売することを伝えていました。ディスクレスに踏み込む初の本格的据え置きゲーム機となります。次世代機の市場調査のつもりかもしれません。

●Nintendo Insiderが、マイクロソフト系情報サイトThurrottの幹部編集者Brad Sams氏の話としてXboxアプリのNintendo Switch対応について近いうちに実現する話ではないとの情報を掲載していました。


GameGaz Daily 2019.2.26

●GitHubで、joel16氏がPSP向けのファイルマネージャーCMFileManager PSP v2.00をリリースしていました。最新環境でビルドしたことや古いlibpng/libjpegやoslibに依存せずモディファイ版g2dlibを使うようにしたこと、.BMPイメージの表示をサポートしスクリーンショットも.BMPで保存するようにしたことなどが変更点です。

●GitHubで、pearlxcore氏が PS4のPKGファイルをリネームしたりPKG内のファイルリストをエクスポートしたりすることができるWindows向けユーティリティPKG Tool GUI v2をリリースしていました。ネームフォーマット選択追加が変更点です。
[追記]
リネーム中のエラー回避のためpkgをゲーム/パッチ/アドオンのカテゴリに分類するようにしたPKG Tool GUI v3がリリースされています。

●GitHubで、RetroGamer74氏がNintendo Switch向けのカスタムファームウェアを選択して起動するブートマネジャーRetroReloaded CFW 1.32をリリースしていました。AtmosphereからリブートしてRetroReloadedのBootManagerを起動しCFWを選択できるようになったことが変更点です。

●GitHubで、noahc3氏が旧SDFilesSwitchから名称を変更したNintendo Switch向けのペイロードhekateやAtmosphereを実行するために必要なファイルをまとめたオールインワンパッケージツールKosmos v11.10.2をリリースしていました。Kosmos Toolboxが起動時にクラッシュする不具合の修正などが変更点です。

●GitHubで、shchmue氏がNintendo Switchのゲームタイトルキーのダンプや暗号化キーをプロセスメモリから入手することができるユーティリティLockpick v1.2.1をリリースしていました。master keyなしでのbis key生成に対応したことやhekate v4.8のTSECダンプサポートのためファイルサイズチェックをアップデートしたことなどが変更点です。

●Engadgetで、Western DigitalとMicronが記憶容量1TBのmicroSDカードを発表し、ついに1TBの大台に突入したことを伝えていました。Western DigitalはSanDiskブランドのmicroSDXCで読み込み速度は160MB/s、書き込み速度90 MB/sで、Micronは読み込み速度は100 Mb/sとWestern Digitalに劣るものの書き込み速度は95 MB/sと少し高速のようです。ちょうどSD Associationが最高転送速度が985MB/sの次世代のmicroSD Express規格を発表しましたが、それと比べると遙かに低速ではあります。SanDiskの1TB Extreme UHS-I microSDは4月発売で450ドル(日本円で約5万円)、Micronは価格未発表で今年の第2四半期発売が予定されています。
1TB-microSDXC

●GitHubで、ONEluaチームがVitaのeCFW 6.61Adrenalineのバブルアイコンを作成・管理することができるユーティリティAdrenaline Bubble Manager v5.19をリリースしていました。Adrenaline 6.8に対応したことが変更点です。