hekate – ipl一覧

GameGaz Daily 2018.12.7

●GitHubで、CTCaer氏がbootloader/package1のリプレイスペイロードhekate_iplを 全NAND(USER/BOOT0/BOOT1パーティション)をダンプするようにしたMOD版hekate – CTCaer mod v4.5をリリースしていました。6.2.0のサポートやYouTube HDCPの不具合の修正などが変更点です。

●GitHubで、tumGER氏が旧SDFilesSwitchから名称を変更したNintendo Switch向けのペイロードhekateやAtmosphereを実行するために必要なファイルをまとめたオールインワンパッケージツールKosmos v11.5をリリースしていました。hekate最新版に対応したことやAtmosphereのアップデートなどが変更点です。

●GitHubで、MenosGrante氏がAndroidデバイスを使ってNintendo SwitchでFusée Geléeペイロードを起動することができるペイロードランチャーRekado 2.5.1をリリースしていました。Hekateのアップデートなどが変更点です。

●GitHubで、Maschell氏がNintendo Wii Uのディスクイメージを復号・展開することができるJavaツールJWUDTool 0.2をリリースしていました。

●Xbox Japan Blogで、マイクロソフトが2018年12月10日(月)から2018年12月31日(月)まで、Xbox One本体を5,000円(税抜)引きで販売する「Xbox One 本体どれでも5,000円OFFセールキャンペーン」を実施すると発表していました。


GameGaz Daily 2018.7.2

●GitHubで、Kevoot氏がファミコンエミュレータをSwitchに移植したLaiNESwitch 1.2.0をリリースしていました。スレッディングを追加してフルスピードで動作するようにしたことが変更点です。

●GitHubで、xyzz氏がPS VitaのゲームカードをmicroSDアダプターとして利用するためのカーネルプラグインgamecard-microsd v1.3をリリースしていました。3.68に対応しています。

●GitHubで、CTCaer氏がbootloader/package1のリプレイスペイロードhekate_iplを 全NAND(USER/BOOT0/BOOT1パーティション)をダンプするようにしたMOD版hekate-ipl (CTCaer mod v3.0)をリリースしていました。カスタムロゴ表示の自動起動に対応したことやAtmosphèreのフルサポートなどが変更点です。メジャーアップデートになります。

●GitHubで、MRGhidini氏がVitaのCMA(コンテンツ管理アシスタント)で使われるバックアップイメージファイルを復号、展開、再パック化することができるYifan Lu氏が開発したWindows向けコマンドラインユーティリティpsvimgtoolsのGUI版 Psvimgtools Easy FrontEnd 1.7.9をリリースしていました。h-encoreのbitter smile pkgのための”Extraction of pkg to h-encore”オプション追加などが変更点です。
[使い方]
1. bitter smileをダウンロードする
2. pkgをダウンロードしたらPsvimgtools-Easy-FrontEndフォルダの下記画像のパスのところへコピーする
Psvimgtools Easy FrontEnd 1
3. アカウントを選択しExtraction of pkg to h-encoreのラジオボタンをクリックする
Psvimgtools Easy FrontEnd 2
自動的に終了するのでQCMAでVitaにアプリを転送する
Psvimgtools Easy FrontEnd 3

●GitHubで、Zarklord1氏がWii UのディスクやUSB HDDの代わりにSDカードからゲームファイルを読み出すことができるユーティリティSDCafiineのnightly build版SDCafiine-WUPS-v1.4-nightly-5b0cecbをリリースしていました。


GameGaz Daily 2018.5.22

●GitHubで、CTCaer氏がbootloader/package1のリプレイスペイロードhekate_iplを 全NAND(USER/BOOT0/BOOT1パーティション)をダンプするようにしたMOD版hekate-ipl (CTCaer mod v1.5)をリリースしていました。3.0.0 CFWの起動をサポートしたことやダンプアルゴリズムの改良などが変更点です。

●GitHubで、rajkosto氏がbootloader/package1のリプレイスペイロードhekate_iplのMOD版hekate_ipl (rajkosto mod) v6をリリースしていました。rajkosto氏は具体的な変更点を書くのではなく、どこそこまでの修正分をマージしたという表現を使っているのでわかりにくいのですが、現時点での修正をコミットしたバージョンになります。

●evi氏が、CFWで起動しているニンテンドー3DS向けのオープンソースeショップクローンアプリケーションの非公式アップデート版freeShop 4.1.3をリリースしていました。ロシア語にすると起動時にクラッシュする不具合の修正や日本語翻訳の改善などが変更点です。

●GBATempで、Joel16氏がSwitch上で起動させるだけでそのSwitchのシステムやハードウェア情報、言語設定やリージョンなどを表示することができるユーティリティSwitchIdent v0.1をリリースしていました。Joel16氏は3DSident/VITAidentと同様のプロジェクトとしてSwitchで開発に挑んでいます。
SwitchIdent

●GitHubで、SimonMKWii氏がNintendo SwitchのNCAファイルを直接任天堂のCDN(Content Delivery Network:コンテンツデリバリーネットワーク)から入手することができるユーティリティHACDN v5をリリースしていました。


GameGaz Daily 2018.5.15

●GitHubで、CTCaer氏がbootloader/package1のリプレイスペイロードhekate_iplを 全NAND(USER/BOOT0/BOOT1パーティション)をダンプするようにしたMOD版hekate-ipl (CTCaer mod v1.3)をリリースしていました。4.xx/5.xxファームウェア起動のサポートのための変更やSDHC/SDXCカード関連の修正などが変更点です。

●GitHubで、rajkosto氏がbootloader/package1のリプレイスペイロードhekate_iplのMOD版hekate_ipl (rajkosto mod) v5をリリースしていました。現時点での修正をコミットしたバージョンだそうです。昨日も同じようなv4ありましたけど。

●GitHubで、emu_kidid氏がSD GeckoやIDE-EXIからゲームキューブのバックアップを起動させることができるオープンソースユーティリティSwiss 0.4r449をリリースしていました。Nintendontの2ディスクタイトルのサポートが変更点です。

●PlayStation.Blogで、今年で20周年を迎える「グランツーリスモ」シリーズが全世界累計実売8,040万本を突破したと発表していました。


GameGaz Daily 2018.5.7

●ツイッターで、cfwprophet氏がPS4 True Proper Homebrew with Jailbreakというタイトルの動画を公開していました。

●GitHubで、CTCaer氏がbootloader/package1のリプレイスペイロードhekate_iplを 全NAND(USER/BOOT0/BOOT1パーティション)をダンプするようにしたMOD版hekate – ipl (CTCaer mod v1.2)をリリースしていました。SDカードへの書き込みエラー発生時に続けるかやり直すかを選択できるようにしたことや、Samsung製などの一部動作対応できていなかったSDカードのサポート追加などが変更点です。

●GBATempで、natinusala氏がWindows/ Mac/ Linux/ Androidのどれからでも、あれこれセットアップしなくても簡単にNintendo SwitchでLinuxを起動することができるPainless Linuxをリリースしていました。

●Team OpenXboxが、Xbox Oneで使われているSmartGlassや通信プロトコルを解析し、PythonライブラリとするなどXbox Oneで使えるオープンソースのXbox OneツールOpenXboxをリリースしていました。Xbox Oneの電源を消し忘れて外出してしまった時に、帰宅するまで電源を消せないのをなんとかできないかと考えたことが開発のきっかけだそうです。