All-in-one dumper for PS4一覧

GameGaz Daily 2018.5.29

●GitHubで、valentinbreiz氏がAndroidデバイスからPS4のペイロードを読み込ませることができるアプリPS4 Payload Sender for Android v1.2.8をリリースしていました。スペイン語とドイツ語を追加したことが変更点です。

●GitHubで、RetroGamer74氏がWi-Fiに繋ぐだけでPS4 5.05をJailbreakできるESP8266 Wi-Fiモジュール基板向けのファームウェア5.05 FirmwareV5 ESP8266 Chipをリリースしていました。

●ツイッターで、c0d3m4st4氏がESP8266 Wi-Fiモジュール基板を使うことで Wi-Fiに繋ぐだけでPS4の5.05 exploitを発動させることができるESP8266向け ファームウェアESP8266XploitHost_v2.3をリリースしていました。5.05サポートです。

●RPCS3チームが、PS3オープンソースエミュレータRPCS3の2018年4月の開発進捗情報を公表していました。Playable(プレイ可能)が3割を超えました。

●GitHubで、xvortex氏がPS4向けのFTPサーバーペイロードFTPS4 1.3をリリースしていました。5.05に対応したことが変更点です。

●GitHubで、xvortex氏がPS4のゲームデータのダンプを行うことができるユーティリティAll-in-one dumper for PS4(ps4-dumper-vtx) 1.8をリリースしていました。PS4 5.05に対応したそうです。

●GitHubで、RSDuck氏がVBA-Next( Game Boy/Gameboy Color/Super Game Boy/Gamboy Advanceエミュレーター)をNintendo Switchに移植したvba-next-switch v0.5をリリースしていました。

●Maxconsoleで、ある匿名の開発者がNintendo Switchのカートリッジダンプデータ(XCIフォーマット)の証明書の取り出しやインジェクト、ROMトリミングなどを行うことができるWindows向けユーティリティXCI Explorerをリリースしたことを伝えていました。

●GBATempで、SuperrSonic氏がニンテンドーWiiのメディアプレーヤーユーティリティWiiMCの非公式版WiiMC-SS Update May 16, 2018をリリースしていました。Wiimpathy氏のautobootファイルサポートなどが変更点です。

●GBATempで、waywardson07氏がファミコンエミュレータをSwitchに移植したNES ClasSwitch Alpha v0.0.5をリリースしていました。

●GitHubで、Kevoot氏がファミコンエミュレータをSwitchに移植したLaiNES 1.1.0をリリースしていました。

●GitHubで、Joel16氏がニンテンドー3DS向けのGUIファイルマネージャー3DShellをNintendo Switchに移植したNX-Shell 1.00をリリースしていました、
NX-Shell

●Maxconsoleで、マイクロソフトがおよそ1年ぶりにXBox 360のシステムアップデート 17526をリリースしたことに伴いTeam XBLSがXbox 360のNANDイメージを作成することができるユーティリティxeBuild v1.19とXbox360でHomebrewソフトウェアを直接起動させることができるユーティリティDashLaunch v3.19をリリースしたことを伝えていました。

●Team-Xecuterフォーラムで、BenMitnicK氏がJTAG/RGH Xbox 360のNANDイメージを作成するXebuildの機能に加え、NAND読み書きなどもできるようにしたオールインワンユーティリティJ-Runnerの非公式アップデート版J-Runner v0.5をリリースしたことを伝えていました。
J-Runner


GameGaz Daily 2018.3.3

●GitHubで、 xvortex氏がPS4のゲームデータのダンプを行うことができるユーティリティAll-in-one dumper for PS4 1.7をリリースしていました。ps4-dumper v1.7とgengp4 v1.8両方ともバージョンアップしています。ファームウェアv4.55に対応したことが変更点です、

●GitHubで、LightningMods氏がPCでDNS設定を行わなくてもPS4のアップデートをブロックできるようにする、HENとDebug設定とFTPも可能な4.55に対応したオールインワンペイロードPS4-4.55-Update-Blocker-FTP v3.1をリリースしていました。不具合修正などが変更点です。

●GitHubで、Cpasjuste氏がアーケードエミュレータPFBA(Portable Final Burn Alpha)をNintendo Switchに移植したpFBA v1.5をリリースしていました。

●ツイッターで、TuxSH氏がNintendo Switch向けのFTPサーバーアプリケーションftpdをリリースしていました。3DS向けのftpdを移植したようです。

●PSXHAXで、Reazer氏がPS4のペイロードをインジェクトすることができるAndroid向けユーティリティPS4 Tool v1.02をリリースしたことを伝えていました。
PS4 Tool

●Xbox Japan Blogで、Xbox Oneの下位互換機能対応ゲームの中から新たに『ウィッチャー2』『Forza Horizon』『Fable Anniversary』『ライオット アクト』が「Xbox One X Enhanced」に対応したことを公表していました。Xbox 360ゲームはオリジナルの9倍のピクセル数で描画し画質を向上させるグラフィック設定が利用可能になりました。

●Eurogamerで、マイクロソフトがXbox OneのアップデートでストリーミングサービスMixer(マイクロソフトが買収)を使ったPCリモートプレイに対応すると伝えていました。


GameGaz Daily 2018.2.7

●glänheit氏が、ドラッグアンドドロップでPS4のカスタムテーマ用フォルダを作成することができるWindows向けユーティリティPS4 Theme Editor 0.1.1(beta)をリリースしていました。(yyoosskさん情報ありがとね)
以下はyyoosskさんがPS4 Theme Editorで作成したテーマのデモ動画です。

●GitHubで、 xvortex氏がPS4のゲームデータのダンプを行うことができるユーティリティAll-in-one dumper for PS4 1.6をリリースしていました。ps4-dumper v1.6とgengp4 v1.7が最新となっています。ペイロード設定ファイルを追加したことや不具合修正などが変更点です。

●GitHubで、Robz8氏がニンテンドー3DSで.ndsファイルを起動することができるローダーTWLoader v6.5.0をリリースしていました。DSi エンハンスドゲーム(DSi専用モードを持つゲーム)アイコンのアニメーション化などが変更点です。

●Cemuチームが、ニンテンドーWii Uの市販ゲームのバックアップを起動することができるWindows向けWii Uエミュレータの正式版Cemu v1.11.4をリリースしていました。互換性向上、メモリー使用量削減などが変更点です。


GameGaz Daily 2018.2.6

●GitHubで、motoharu氏がPS VitaのPFS(Perfect Forward Secrecy:鍵が漏洩しても解読されない方式)で暗号化されたファイルシステムをWindows/Linux上で復号することができるコマンドラインユーティリティpsvpfstools v2.0をリリースしていました。セーブデータやトロフィーなどのicv.dbフォーマットへの対応などが変更点です。

●GitHubで、 xvortex氏がPS4のゲームデータのダンプを行うことができるユーティリティAll-in-one dumper for PS4 1.4All-in-one dumper for PS4 1.5をリリースしていました。ps4-dumper v1.5とgengp4 v1.7が最新となっています。

●GitHubで、xvortex氏がPS4 4.05向けのFTPサーバーペイロードFTPS4 1.1をリリースしていました。通知機能を追加したことが変更点です。


GameGaz Daily 2018.1.31

●sharun氏が、VitaのHENkaku設定を拡張するtaiHENプラグインHENkaku Settings Modをリリースしていました。Console IDをux0:CID.binに保存する「Save Console ID」、パーティションのマウント設定をする「Mount Settings」、デバイスの再起動、シャットダウンを行う「Power option」が追加されます。(yyoosskさん情報ありがとね)
HENkaku Settings Mod

●GitHubで、DavisDev氏がPS Vitaのプラグインのダウンロード・インストールをすることができる管理ユーティリティPluginBox v0.20をリリースしていました。

●GitHubで、 xvortex氏がPS4のゲームデータのダンプを行うことができるユーティリティAll-in-one dumper for PS4 1.3をリリースしていました。ps4-dumperがv1.3に、gengp4がv1.6.1に更新されました。

●/talkフォーラムで、Rinnegatamante氏がHENkaku環境のVita向けFPSゲームvitaQuake v.2.7をリリースしていました。クラッシュする不具合の修正などが変更点です。

●PSXHAXで、ErikPshat氏がPS3のOFW 4.81 / 4.82でライセンスファイルLIC.EDATをバックアップデータの中に埋め込んでバックアップ起動することができるようにする方法を公開したことを伝えていました。

●GitHubで、Al-Azif氏がPS4 4.05 exploitを自分の環境で用意するためのPS4 Exploit Host v0.3.19をリリースしていました。またAl-Azif氏はOpenWrt(組み込みデバイス向けのGNU/Linuxディストリビューション)向けにps4-exploit-hostを移植したPS4 Exploit Host for OpenWRTもリリースしています。

●extreme-Moddingで、PS4 4.05向けのFakePKGをUSBやBDから起動するためのPS4 4.05 Database Modチュートリアルを公開していました。ファイルコピーとデータベースの編集でUSB/BD起動ができるようです。

●マイクロソフトが、Xbox One S 1TBのForza Horizon 3同梱版、Halo Collection同梱版、Minecraft リミテッドエディションの価格を2018年2月1日より5000円値下げすることを発表していました。
価格変更は以下の通りです。これで売れるようにかなXbox One…
Xbox One S 1TB (Forza Horizon 3同梱版) 34,980円 → 29,980円
Xbox One S 1TB (Halo Collection同梱版) 34,980円 → 29,980円
Xbox One S 1TB Minecraft リミテッドエディション 39,980円→ 34,980円