NEWS一覧

ゲーム最新情報 2009年10月17日のニュース

●IndustryGamersで、任天堂の宮本茂氏がニューヨークで行われた”Wii Fit Plus“と”New スーパーマリオブラザーズ Wii“についての特別座談会の中でWiiのHD化についてHD対応テレビの普及率向上に合わせて技術も進歩させていくと語り、将来のHD化に含みを持たせたことを伝えていました。ただし、高精細なグラフィックがゲーム自体を楽しくするものだとは考えていないようです。

●Joystiqで、任天堂の宮本茂氏は今後リトルビッグプラネットのようにユーザーがステージ作成できるようなゲームが一般的になってくるだろうと語ったことを伝えていました。ユーザーがステージ作成した横スクロール型スーパーマリオブラザーズなんて想像しただけでも楽しそうです。
New スーパーマリオブラザーズ Wiiについては“かなり難易度が高い”という認識を持っているそうです。そのためにヘルプシステム(ゲーム最新情報 2009年10月4日のニュース参照)があるのかもしれません。
また、自信を持って世に送り出したが市場に受け入れられなかったWii Musicについて、市場の反応と任天堂の期待の落差を埋めることが出来ればWii Musicにはまだ可能性があると語ったことを伝えていました。ただし、現時点で”Wii Music2″なる計画があるわけではないようです。

●GBAtempフォーラムで、WiiのPreloader v0.30をインストール/削除できるPreloader v0.30 Installer/Removal Tool Revision 4がリリースされたことを伝えていました。SDHCの互換性をより高めたようです。

●Tehskeenフォーラムで、brakken氏が最新のWiikey FusionやWODEといったWiiのMODチップがLG 8164Dドライブとしか互換性がないため、レビュー記事を書くために誰かLG 8164Dドライブを貸してほしいという記事を掲載していました。

●Joystiqで、サードパーティー製ゲームについてはUMDとプレイステーションストアでのダウンロード販売を単に奨励するだけで義務付けしていないためPSP goの発売後もUMDでのみ販売されるサードパーティー製ゲームが存在し、goユーザーはいつまで待っても購入&プレイできないゲームが存在することを伝えていました。
PSP go普及の鍵はプレイステーションストアでのゲームコンテンツの充実のはずですが、ソニーは本気でデジタルダウンロード販売に乗り出すつもりはないようです。
小売業界もこれは売れないと察知してか、新たな展開が始まろうとしています。
同じくJoystiqで発売後数週間しか経過していないPSP goが、米国のチェーン店Fry’s Electronicsで50ドルOFFの199ドルで販売されることを伝えていました。いきなり在庫整理ですか?

●PSPGENが、日曜日の夜にCFW 5.50GEN-Cをリリースすると予告していました。要求ファームウェアが5.55または6.00のゲームを起動するにはUMDをダンプ→Game DecrypterでBOOT.BINにパッチ→UMDGenでISO再構築というステップが必要ですが、それを一発でやってしまおうという意欲的なCFWだそうです。(P90さん初コメで情報ありがとね)【記事



ゲーム最新情報 2009年10月16日のニュース

●mediumgauge氏がPSPのUMDをダンプすることができるPSP用ファイラー バージョン6.4をリリースしていました。7zアーカイブに対応したようです。ただし展開後のファイルサイズの合計がPSPの メモリサイズ以下のものしか展開できないとのことです。

●数日前にRichDevX、Hellcat、SilverSpringの3氏がPS3のシステムファイル編集ユーティリティを48時間以内にリリースする(ゲーム最新情報 2009年10月13日のニュース参照)ことが告知されていましたが、HaxNetworkでPS3のシステムファイルであるPARAM.SFOを編集することができるHombrewed PS3 System File Editorをリリースしたことを伝えていました。【記事

●MCVUKで、任天堂ヨーロッパのLaurent Fischer氏がWiiウェアは小売店舗にもメリットがあるとして、デジタルダウンロード販売が小売業界に悪影響を及ぼすという意見を否定したことを伝えていました。
気軽にゲームができる環境はゲーム人口増加につながること、開発側がWiiウェアでのソフト開発経験を活かしてより技術を向上させることができるため結果として販売増加に寄与することがその理由のようです。

●米PlayStationブログで、11月3日にPS3Slimの250GB HDD搭載版を発売すると伝えていました。価格は349.99ドルで、HDD容量変更以外に120GB版との違いはないようです。日本で発売するかどうかは不明です。

●Joystiqで、New スーパーマリオブラザーズ Wiiブリキ缶貯金箱のついた限定バージョンが欧州で発売されることを伝えていました。

mariobros_Wii_tin

ソフトのみとは10ポンドほど値段が高くなるようです。

●PSP Communityで、PSPの公式6.10ファームウェアにBMPファイルでクラッシュするバグを発見されたことを伝えていました。
どうやら先月9月に6.00でクラッシュするバグということで動画を公開したようですが、6.10でも動作することが分かったようです。
YouTube : PSP crash (BMP) on firmware 6.10 overflow
ファイル自体は公開されていないようですが、ファイルも公開されていますしPSPLinkでの解析結果を代わりにも掲載しています。
$a1と$s0に注目、らしいですが、ジャンプアドレスの$raは???(NAKKANさん情報ありがとね)



ゲーム最新情報 2009年10月15日のニュース

●Eurasiaで、PS3のブルーレイドライブにJTAGポートが見つかったことを伝えていました。基板上にコネクターのない端子があり、どうやらそれがJTAGポートらしい模様です。今後何らかのハックに繋がるかもしれません。

●R4revolutionDSで、ニンテンドーDS用のHomebrewの人気投票結果ベストテンを発表していました。
結果は
1. Colors!
2. Mario Paint Composer: Paratroopa Release
3. Warhawk DS
4. NitroTracker
5. Warcraft: Tower Defence
6. Still Alive DS
7. Video Games Hero
8. Pocket Physics
9. Glubies Planet DS
10. Remote Touch DS
です。ダウンロードなどはリンク先をご覧ください。

●PS3の次のアップデートでボイスチャットを搭載するかも知れないという情報は以前お伝えしましたが(ゲーム最新情報 2009年9月26日のニュース参照)、KOTAKUでで、“Naughty Dogの開発者”を名乗るReklissAbandon氏が米公式プレイステーションフォーラムでCross-Gameボイスチャット機能が次のPS3ファームウェアアップデートで搭載される旨の発言を書き込み即刻削除されていたことを伝えていました。未リリース情報だから消されたのかもしれません。

●MajorNelsonで、Zune、Facebook、Twitterに対応したXbox LIVEプレビュープログラムを公開したことを伝えていました。

●Xbox-sceneフォーラムで、Nes6502氏がセガ系アーケードエミュレータ Final Burn v1.0 for Xbox1をリリースしたことを伝えていました。

●Xbox-sceneで、Cars Race o RamaがXbox 360のゲームで初めての’Wave 4′(Wave 3+8498 NXEアップデート)ディスクとなり、iXtreme v1.6では起動しないことを伝えていました。ビデオパーティションのCRCをチェックしないiXtreme v1.51にダウングレードすれば起動するようですが、Lite-onドライブでiXtreme v1.6を使わなければならない場合はチェックをバイパスするactivate.isoのブートディスクを使用する必要があるようです。

●GBAtempフォーラムで、phpgeek氏がPreloader v0.30 Installer / Removal Tool Revision 3をリリースしたことを伝えていました。Revision 3は起動中にWiiの電源が落ちる問題の修正版です。(+)でPreloaderのインストールまたはアップデート、(-)でアンインストール、さらに(B)同時押しでIOS249を使用、(HOME)で中止だそうです。

●まだやってました。
CFW 6.00MACをリリースすると言っていたTeam MACが新しい動画を公開して、FreePlay氏がまた反撃していました。
YouTube: Team MAC THE BEST PROOF THAT 6.00 MAC IS REAL (And possibly our last video)
YouTube: FreePlay Team Mack’s 6.00 CFW *DEBUNKED* … *AGAIN*
要は6.00MacはHEX-Edited 5.50GEN-Bということです。確かにTeam Macは途中でUMDを入れているような音が入っている感じがします。後半わざと画面見えなくしてるし、以前の動画はFAKEだったと認めています。FreePlay氏名指しで批判して中指立てていることから分かる通り単なるケンカふっかけ動画ですね。
Team Macは今回の動画を最後のビデオにする気らしいです。Revision7まで作る暇があるなら公開してみろっつうの!
見ている方は楽しいですけどね。
[追記]
Team FunnelChairを名乗る3r14nd氏も、6.00MACはパッチしたゲームを起動しているだけではないか、としてFreePlay氏と同じようなビデオを公開していました。
YouTube: 3r14nd Team Mac 6.00 CFW Fake…again. GO! Team FunnelChair

FreePlay氏も3r14nd氏も大事なことが抜けてます。
Team MACの動画ではテーマ設定のカラーの数を最後に見せてます。確かに5.50GEN-Bとは異なり6.00と同じく多くなってます。ここをFAKEと断定するのはどうやるのでしょうね。

●ファミ通.comで、Wii用アクションアドベンチャー『ポケパークWii 〜ピカチュウの大冒険〜』が発売されることを伝えていました。発売予定日は2009年12月5日で、価格は4800円だそうですが、これがもしかして密かに開発中のサプライズゲーム(ゲーム最新情報 2009年10月14日のニュース参照)?だとしたら個人的にはかなりがっかり。



ゲーム最新情報 2009年10月14日のニュース

●PSP-ITAで、公式には何の発表もないが5.50GEN-B2含むCFW搭載のPSPでプレイステーションネットワークに繋ぐとアップデートを要求されて接続できなくなったと伝えていました。
唯一PSNに接続できたはずのCFW5.50GENも対策された?

●IGN Videoで、PSP go購入初心者にありがちな日常を描いたような気がするビデオ:”PSPgo Uses UMDs?”が公開 されていました。このビデオ撮影に最低3万円は投資してますね。

●Fudzillaが、関係者筋からの情報としてマイクロソフトの次期XboxのGPU(グラフィックプロセッサ)にATIが選ばれたと伝えていました。ロードマップから予想すると次期XboxのGPUは28nmプロセスだとしています。

●Joystiqで、PS3のリモートプレイ機能を搭載した携帯電話Sony Ericssonの”Aino”が今日発売になると伝えていました。

sonyericsson_aino

●Alex’s Blog(AleXはアレのAleX氏とは別人)で、Xboxのアーケード基板バージョン”Chihiro”のBIOSのダンプに成功したことが伝えられていました。
セガが出していた旧Xbox基板ベースのアーケード基板が”Chihiro”と呼ばれているようです。

●Nintendo Everythingで、任天堂DSの次世代機にNVIDIA TegraのSoC(System-on-a-chip)プロセッサが採用されるかもしれないと伝えていました。現行のWiiよりパワフルなDSになるかもしれないとしています。
他にも次世代DSはDS/DSiのソフトと互換性があるだろうとし、2010年には何らかの形で次世代機が明らかになるかもしれない、とも伝えています。

●PSP.SceneBetaでtepsicore_93氏がFlash Enabler v0.1をリリースしていました。公式アップデータをPSPで展開してインストールするユーティリティのようで、なにやら将来的には新しいCFWのきっかけになるかもしれない開発者向けだと書いてあります。但し今は最後にbrickらしくパンドラ必須でもちろん対策基板PSPでは使えません。(NAKKANさん情報ありがとね)

●PS3centerで、ソニーがPSP goゲームをダウンロード購入するためのプリペイドカードを小売販売店で発売すると発表したことを伝えていました。
カードのクーポンコードで直接プレイステーションストアからダウンロードするものでPSNカードとは併売されるそうです。販売店総スカン対抗策臭いですが、直接ダウンロード購入と価格が同じなら販売店の中間マージンをソニーが負担する形になる…ならいいですが、便乗値上げはしないでね。

●Nintendo Everythingが、IGNのNintendo Voice Chat podcastでの話題として任天堂が新しい”サプライズゲーム”をひそかに開発していると伝えていました。内容については全く分かりませんが、すでにプレイ可能な状態まで開発が進んでいるそうです。



ゲーム最新情報 2009年10月13日のニュース

●Nintendo Everythingで、室内で楽しめるWiiのフルサイズ周辺機器”CYBERBIKE”が登場することを伝えていました。

wii_cyberbike

さすがに要らないなぁ。こんなでかいもの。

●PlayStation LifeStyleで、God of Warなどをゲーム開発を手がけるReady at Dawnが未発表のゲーム機での開発できる人材を捜していることを伝えていました。PlayStation LifeStyleではそれがPSP2ではないかと考えているようです。

●Xbox-Sceneで、Team CygnosがXbox 360用のMODチップCygnos360 v2を改良し、JTAG hackを統合したことを伝えていました。現時点ではXenon基板とFalcon基板でのみ動作確認しているようで、その他の基板でエラーが出る場合は後にアップデートで対応予定だそうです。

●Tehskeenで、Hermes氏がWaninkoko氏らのWii usbloaderをベースにしたuLoader v3.1をリリースしたことを伝えていました。新IOS 38ベースとなりDVDからの読み込みに対応した他、SDとUSBのFAT/FAT32対応(チートにも対応)、dolの読み込みにも対応など変更多数です。

●Wii用のニンテンドー64エミュレータ Wii64(ゲーム最新情報 2009年9月30日のニュース参照)を開発したWii64チームのメンバーであるtehpol氏がEmulateMiiでなるべく64のネイティブコードで作ったが、まだ完全ではなくフルスピードで動作しないゲームがあるため今後のリリースに向けて改良中であるという記事を掲載していました。期待ですね。

●先日お伝えした英Xbox LiveでFacebok/Twitter/Last.Fmの機能を実現するXbox 360のサービスは2009年11月17日に開始と告知されたニュース(ゲーム最新情報 2009年10月11日のニュース参照)について、MCVではマイクロソフトから噂や憶測の域を出ないと直接言われたと報じていました。また、Joystiqではマイクロソフトのサイトから11月17日の表記が削除され「2009年秋サービス開始」に訂正されていたことを伝えていました。マイクロソフトの担当者の勇み足なのでしょうか?

●最近PS3やPSP、Xbox360、Wiiと相次いで本体価格の値下げが実施されましたが、GamesIndustryで本体価格の値下げで新たに本体を購入するユーザーが一緒に購入するゲームは新品ではなく中古を購入する傾向があり新品ゲームが売れないと報じていました。確かにまもすけもPS3Slim購入時に中古のグランツーリスモ買いました…

●Engadgetで、Blaze社Wii風Motion Freedom 3D controllerなる、なんだか良く分からないパチもの臭いPS3用コントローラーを発売すると伝えていました。なんでも”思いもよらないようなゲームの可能性を引き出す”らしいです。

blaze-ps3-remote

●HAXNETWORKで、RichDevX、Hellcat、SilverSpringの3氏がPS3 System file editor (SFO)を48時間以内にリリースすると話したことを伝えていました。PS3のSFOファイルを編集する機能を持つエディターらしいのですが詳細は不明です。
該当記事のコメント欄にもなにこれ?という書き込みがありました。ホントに何これ?です。
他にはコメント欄に、PS3はディスク内のPARAM.SFOからタイトルIDを読み込んでデータベースに登録し、ゲーム起動時にもう一度チェックしてIDが一致するかのチェックがなされ、SWAPしたりなどされた場合にはID不一致エラーでXMBに戻ると書いてありました。ん????

PS3 System file editor



ゲーム最新情報 2009年10月12日のニュース

●Nintendo Everythingで、任天堂の宮本茂氏が年内に発売予定のニュースーパーマリオブラザースWiiは発売一年後も売れ続ける息の長いゲームとなるだろうと語ったことを伝えていました。自信作なんでしょうね。

●Arstechnicaで、PSP goの発売はユーザーにとって悪夢だという記事を掲載していました。
内容としては
・DRMがおかしいせいでPS3経由でPSP goへゲームをUSBで転送するとエラーになるが、解決策がまだない。
・用意すると言っていたUMDのデジタルコピーを早々とあきらめたが、著作権の問題は初めから分かっていただろうにいまさら何?
・メモリースティックの買い直し(M2Micro)をはじめ、すでにPSPを所有しているユーザーに何のメリットもない。
・Media Goインストール後にやれQuicktimeだAdobeだとアップデートを強要され、ゲームを楽しみたいだけなのにあれこれやることが多すぎる。
などをあげ、PSP goの発売を”販売店と客を敵に回すためのキャンペーンだ”としています。

●Tehskeenで、WiiPower氏がシステムメニュー4.1までのWiiにあったtrucha bugのあるIOSを復活させるTrucha Bug Restorer 1.1をリリースしたことを伝えていました。IOSバージョンをアップデートして、4.2 updateをサポートしたようです。なお、通常-1017と-2011のエラーコードはtrucha bugがないときに出るそうです。

●Tehskeenで、brkirch氏がWii用のGecko v1.9.3をリリースしたことを伝えていました。変更点はゲーム読み込み時にディスクが回転している必要なし、Homebrew Channelの新IDに対応、選択したhookタイプでチャンネルを読み込むよう修正、チャンネルの002エラー回避方法を改善、rebooterでcIOS使用をサポート、elf/dol読み込みの修正、システムメニュー4.2のサポート追加、です。