CFW5.00M33に対応したiR Shell v4.7リリース





PSP-HACKSで、PSPの最新CFWである5.00M33に対応したiR Shellが発表されたと公表していました。【記事

iR ShellとはPSP上で動くマルチタスクOSみたいなものです。

ここしばらくiR Shellは出ていなかったのでうれしいお知らせですね。

iR Shell 4.7 feature summary:
iR Shell 4.7の主な機能

– Support Dark_AleX latest 5.00M33-3 CFWs. Users of original 5.00M33 & M33-2 should upgrade to M33-3 to avoid incompatibility issues. The latest Popsloader 5.00 is also supported.
Dark_AleX氏の最新CFWの5.00M33-3をサポートしました。5.00M33と5.00M33-2は互換性に問題がありますのでM33-3で使用してください。最新のPopsloader 5.00もサポートしています。

– An Infrared learning remote is added for PSP Phat. You no longer need to hunt pronto codes for your appliances. Just point your remote unit at the PSP and it will learn the iR code. It is available under higher firmwares and not fw 1.5 mode. Refer to the Release Note for usage details.
PSP-1000での赤外線学習リモコン機能を追加しました。もう機器のリモコンコードを探し回る必要はありません。学習させたいリモコンをPSPに向けるだけで赤外線のコードを読み取ることができます。動作カーネルは1.50でなくても動作します。詳細はリリースノートを見てください。

– The nethostfs connection handling has been redesigned to be more robust. However, iR Shell 4.7 and onwards can only connect to the new nethostfs PC server v2.1. Make sure you’ve updated the nethostfs PC server.
nethostfs接続をより強固にするために再設計しました。しかしiR Shell 4.7は新しいnethostfs PC server v2.1にしか接続できません。nethostfs PC serverを確実にアップデートしておいてください。

– Enhance UMD/ISO game compatibility via nethostfs MAX mode. Most previous failed games will probably work.
nethostfs MAXモードでのUMD/ISO起動の互換性をアップしました。今までは動かなかったものがほとんど起動します。

– Usbhostfs & nethostfs host redirection under XMB has returned.
UsbhostfsとnethostfsのXBM上でのホスト再接続ができるようになりました。

– The Adhoc PC connection for nethostfs was broken since fw 3.71. This feature has been brought back for PSP Phat.
nethostfsのアドホックモードでのPCへの接続はFW3.71から機能していませんでしたが、この機能をPSP-1000でも使えるようにしました。

– Enhance the HTML Plugin (by Dark_AleX) to allow direct launching of flash games with extension SWF.
Dark_AleX氏によるHTMLプラグインを強化し、SWFのフラッシュゲームを直接起動できるようにしました。

Download:
iR Shell v4.7
iR Shell Skin Pack
USBHostFS / NetHostFS (for Windows/Linux/Mac…)

肝心のPSP-3000へのCFW導入についてはまだまだみたいですが、周辺の開発はどんどん進んでいるようです。


Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です