Wiimms ISO Tools一覧

ゲーム最新情報 2013年6月23日のニュース

●facanferff氏がShowtimeでYouTubeを観るためのプラグインShowtime Plugin Youtube v2.2をリリースしたことを伝えていました。HLS形式のライブストリーミングビデオをサポートしたことなどが変更点です。

●Wii-infoで、Wiimm氏がWiiやゲームキューブのバックアップISOイメージやWBFSコンテナのモディファイなどができるWindows/Linux/Mac用コマンドラインユーティリティWiimms ISO Tools v2.22a r4516をリリースしていました。”wit DOLPATCH”コマンドで新しくテキストやデータセクションを作成できるようになったことなどが変更点です。

●Google Codeで、stfour氏がWiiのpriiloaderにあるオートブート機能を拡張し、任意のHomebrewを起動できるランチャーとしての機能によりあらかじめ設定したアプリケーションを起動できるようにすることでWiiのSystem ChannelやHomebrew Channelの代わりとして利用したりすることを可能にするユーティリティpostLoader 4.4.10をリリースしていました。DMLがオートに設定してある時のgameBrowser実行の不具合の修正が変更点です。

●ツイッターで、Crediar氏がPS3コントローラーなどを利用できるようにするHIDTestv4をリリースしていました。ニンテンドーWii UのvWii(Wiiモード)でゲームキューブを起動するNintendontで使うためにBluetoothのHIDプロファイルを利用してコントローラーを使えるようにするためのテストを行っているようです。SDカードのルートに配置したcontroller.iniでコントローラーの設定を読み込めるようになっています。

●Dolphin Teamが、Windows向けのGamecube/WiiのエミュレータDolphin v3.5-1501をリリースしていました。

●Engadgetで、NVIDIAが開発していたTegra 4搭載Androidゲーム機「Shield」の発売日を6月27日、価格も349ドルから299ドルへと価格改定を発表したことを伝えていました。WSL JAPANでの日本円の価格は54800円(5月末に予約してあると特別価格47800円)でしたが、現状では価格は変更されていません。


ゲーム最新情報 2013年6月18日のニュース

●ABCanG氏が、PSPのフォントを差し替えた時などに内蔵フォントを確認することができるユーティリティFontConfirmation0.1をリリースしていました。

●ツイッターで、SvenGDK氏がPS3とPSPのGUIであるXMBをWindowsPC上でエミュレートしPS3のコントローラーで操作することができるXMBエミュレーターXMBPC v1を近日中に公開予定であると発表していました。追加機能のアイディアを募集しています。

●aldostools氏がPS3の各種ツールを集めたPS3 Tools Collection 2.3.8をアップデートしていました。以下のツールが更新されています。

    ・Edatファイルに含まれるKlicenseeを探し出すBruteforce Edat 1.2.1

●Wii-infoで、Wiimm氏がWiiやゲームキューブのバックアップISOイメージやWBFSコンテナのモディファイなどができるWindows/Linux/Mac用コマンドラインユーティリティWiimms ISO Tools v2.21b r4492をリリースしたことを伝えていました。バグ修正が変更点です。

●Destructoidで、任天堂幹部のScott Moffitt氏がE3期間中のインタビューでWii Uを値下げする予定はないと語ったことを伝えていました。E3前のニンテンドーダイレクトで発表したタイトルが当たるといいですね。

●Pocket-lintで、Xbox Oneのファーストパーティタイトルの価格は60ドルになると伝えていました。

●Eurogamerで、Major NelsonことマイクロソフトのLarry Hryb氏がHDMI入力ポートを持つXbox OneについてXbox 360やPCのHDMI出力をHDMI入力ポート接続することができると語ったことを伝えていました。ゲーム機としてはいままでにない仕様なので、面白い使い方ができるかもしれませんね。


ゲーム最新情報 2013年6月15日のニュース

●Tortuga Coveで、Rogero氏がPS3の4.40ファームウェアベースとなるカスタムファームウェアRogero CFW 4.41 v1.00をリリースしていました。4.41ベースとなるのは始めてです(過去にニセモノが出回ったことがあります)。OFW 3.55からのインストールか、CFW 3.55/4.21/4.30/4.40/4.41からのインストールに限ります。

●Wii-Homebrewフォーラムで、Wiimm氏がWiiやゲームキューブのバックアップISOイメージやWBFSコンテナのモディファイなどができるWindows/Linux/Mac用コマンドラインユーティリティWiimms ISO Tools v2.20a r4399をリリースしていました。今回が最終版で、今後新機能を追加して行く予定はないそうです。
[追記]
Wiimms ISO Tools v2.21a r4489がリリースされています。デフォルトイメージフォーマットをWDFからWBFSに変更したことなどが変更点です。

●Wii-Homebrewフォーラムで、Wiimm氏がマリオカートWiiやスーパーマリオギャラクシーのモディファイをするためのWindows/Linux/Mac用コマンドラインユーティリティWiimms SZS Tools v1.19b r4482をリリースしていました。バグ修正などが変更点です。

●Destructoidで、任天堂がE3のアナリスト向けブリーフィングで今年度中にFree to Play(基本プレイ無料)のタイトルを発売予定であると説明していたことを伝えていました。プラットフォームの言及がなかったそうですが、Wii Uと3DS向けである可能性が高く、マリオシリーズやポケモンシリーズといった人気シリーズでの展開は考えていなさそうです。

●GamesIndustryで、マイクロソフトがXbox OneのパワーはXbox 360の10倍だ、と性能のアピールに必死だと伝えていました。中古ゲームに対するマイクロソフトの指針や24時間に1回ながらネットワーク接続を要求するXbox Oneは、それかない上に100ドルで安いPS4と比較されて酷評されていますが、更にクラウドの活用により無限の力を発揮するのだと高性能のアピールで巻き返しをはかります。

●ファミ通.comで、PS3向けに発売が告知されている『グランツーリスモ6』のプロデューサー山内一典氏へのインタビュー記事を掲載していました。「レースゲームとしてのベースを、もう一度構築することを目指して開発」と、ソースコードやモデルデータといった根本からの見直しを行い進化させることを目指しているそうです。また、PS4盤については「このタイミングでPS4対応についてはまったく考えていません、というのもバカみたいじゃないですか(笑)」と、「待たせすぎることもないし、早すぎることもない」時期にPS4版を発売するそうです。

●NextMontで、Toxy)! 氏がPSP向けのツイッタークライアントアプリケーションpsTwit beta7をリリースしていました。Lite版は1000/Vita向けです。

beta7
・StreamingAPI有効時にRT/Favの通知を受け取れるようにした(Lite版では非対応)
・拡張メモリを使用しない1000/Vita向けのLite版
・その他多くのバグフィックス


ゲーム最新情報 2013年5月1日のニュース

●PS3Crunchで、Team REBUGがPS3のカスタムファームウェアREBUG 4.41.1 LITE EDITIONとREBUG 4.30.2 D-REX EDITIONをリリースしたことを伝えていました。LITE EDITIONはDEX(デバッグファームウェア)の機能がないCFWで、4.4xのデバッグファームウェアが流出していないため市販機向けの通常の4.41 CEXアップデータのうち一部を4.30 DEXのファイルに置き換えて作られています。D-REX EDITIONはDEX機に変換またはDEXそのものをインストールするCFWです。

●PSM Developer Forumsで、SCEがAndroid端末をはじめとする認定端末でPSOneコンテンツなどを楽しめるPlayStation Mobileの開発キットPlayStation Mobile SDK 1.11.01をリリースしたことを伝えていました。

[Publishing Utility] 大きなサイズのマスターパッケージを提出するときにエラーが発生することがある問題を修正しました。
[Vita] 複数のスレッドを使うときアプリケーションがフリーズすることがある問題を修正しました。

●Wii-Homebrewフォーラムで、Wiimm氏がWiiやゲームキューブのバックアップISOイメージやWBFSコンテナのモディファイなどができるWindows/Linux/Mac用コマンドラインユーティリティWiimms ISO Tools v2.20a r4399をリリースしていました。4年に渡って開発を続けてきたWiimms ISO Toolsですが、バグ修正を除き、基本的には最終版だそうです。

●GABTempで、Crediar氏がアーケードゲーム基板TriforceのゲームをWiiのSDカードから起動することができるエミュレータQuadForce v2.0をリリースしたことを伝えていました。今までプレイ可能だったMario Kart GP、GP 2に加えて F-Zero AXに対応したことが変更点です。

●VG247で、マイクロソフトがプレE3イベントとしてE3前日の6月10日(月)に南カリフォルニア大学キャンパスでプレスカンファレンスを行うことを伝えていました。

●Team-Xecuterフォーラムで、Ubergeek氏がXbox 360 PhatをJtag HackでもなくReset Glitch Hackでもない3つめの新たなexploitでHackするR-JTAGを公開していました。初期バージョンの対応基板はZephyr/Opus Falcon, jasperとなっています。Xenonについても専用版を今後リリース予定です。

●Wii-Homebrewフォーラムで、Wiimm氏がマリオカートWiiやスーパーマリオギャラクシーのモディファイをするためのWindows/Linux/Mac用コマンドラインユーティリティWiimms SZS Tools v1.18a r4404をリリースしていました。アルゴリズムを一新したことなどが変更点です。


ゲーム最新情報 2013年3月29日のニュース

●Tortuga Coveで、Rogero氏がPS3のNOR/NANDをE3 FlasherやProgSkeetで書き戻すためにNOR/NANDメモリーのダンプにパッチを施すことができるWindows用ユーティリティPS3 Nor and Nand Auto Patcher v0.04をリリースしていました。Rogero CFW4.40 v1.02パッチの追加などが変更点です。

●aldostools氏がPS3の各種ツールを集めたPS3 Tools Collection 2.3をリリースしていました。以下のユーティリティが更新されています。

    ・PKGファイルのコンテンツIDを閲覧できるPKG ContentID 2.3.1
    ・セーブデータのキーを見つけてセーブデータ改造後に再署名できるBruteforce Save Data 3.7.3
    ・PS2 ClassicsのISO.BIN.ENCファイルの復号化・暗号化が行えるPS2 Classics GUI 1.7
    ・multiMANのmmOSやRebugのToolboxを使って作成したLV1またはLV2ダンプデータからPSIDやConsoleIDを探して表示してくれるPS3 ConsoleID 1.0.2
    ・ドングルレスで使えるようになったPS3UserCheat向けのチートコード編集ユーティリティPS3 Cheats Editor 2.8.4

●Wii-Homebrewフォーラムで、Wiimm氏がWiiやゲームキューブのバックアップISOイメージやWBFSコンテナのモディファイなどができるWindows/Linux/Mac用コマンドラインユーティリティWiimms ISO Tools v2.13a r4298をリリースしていました。INSTALL.txtやnstall.shのスクリプトの更新などが変更点です。

●Wii-Homebrewフォーラムで、Wiimm氏がマリオカートWiiやスーパーマリオギャラクシーのモディファイをするためのWindows/Linux/Mac用コマンドラインユーティリティWiimms SZS Tools v1.15a r4300をリリースしていました。INSTALL.txtやnstall.shのスクリプトの更新などが変更点です。