Reset Glitch Hack一覧

ゲーム最新情報 2012年2月23日のニュース

●CVGで、SCE UKのマネージングディレクターFergal Gara氏がPlayStation Vitaの値下げは今我々のレーダー上にない、と明確に否定したことを伝えていました。視界にないのではなくレーダー上にないそうです。現時点ではPS Vitaの価格はエントリークラスのタブレットの半額でハイエンドスマートフォンより安いとしてゲーム機ではないデバイスを価格の比較対象に挙げています。

●SPONGで、SCE UKのマネージングディレクターFergal Gara氏がPS Vitaはゲーム開発が簡単だと言われるが、実はPS3が物凄く手がかかるものだったので開発をしてもらうには簡単にする必要があったと語ったことを伝えていました。過去の反省が色々活きているようです。

●ツイッターで、plum氏が日付やバッテリー残量をPSPのHOME画面(ゲームを終了しますか?と聞かれる画面)で表示するプラグインDayViewerForGame v1をリリースしていました。XMBの画面右上に年月日、曜日、バッテリー%などを表示するDayViewerプラグインと同様の機能をHOME画面に表示できるようにしたそうです。
[追記]
DayViewerForGame v2がリリースされました。

文字列を右寄りに指定している時に3行以上の改行がズレていたバグを修正
設定ファイルに[set_standard_pos]と[hide_battery_icon]を追加した

●Google Codeで、stfour氏がWiiのpriiloaderにあるオートブート機能を拡張し、任意のHomebrewを起動できるランチャーとしての機能によりあらかじめ設定したアプリケーションを起動できるようにすることでWiiのSystem ChannelやHomebrewChannelの代わりとして利用したりすることを可能にするユーティリティpostLoader 3.66.1をリリースしていました。3.66.0でカバーをサポートしたがバグがあったため修正したことなどが変更点です。

●Team Xecuterが、Reset Glitch Hack対策がされたXbox 360の最新ダッシュボード2.0.14717.0で、事前にNANDダンプやCUP Keyを入手していなくてもSlimモデルでReset Glitch Hackを再び有効にすることができたと発表していました。Phatモデルに関してはReset Glitch Hackを再び有効にするため現在調査中だそうです。

●Xbox-sceneで、Rogero氏がXbox 360のJtag / ECC / Reset Glitch HackのNANDイメージを作成することができるWindows向けGUIユーティリティ360 Multi Builder v0.8をリリースしたことを伝えていました。CB Labelsの削除やダッシュボード14717対応のためにxeBuildをv1.01へアップデート、LinuxローダーXell Reloaded v0.991へのアップデートなどが変更点です。


Xbox 360 新ダッシュボード 2.0.14717.0はiXtreme対策ではなかった

c4eva speaksで、C4Eva氏が先日リリースされたXbox 360の新ダッシュボード2.0.14717.0はCFW対策と言う面では特段変更がなかったことを伝えていました。

→→→この記事の続きを読む


ゲーム最新情報 2012年2月17日のニュース

●PS3NEWSで、先日PS3 3.70 SDKとPhyreEngineが流出したことに続きravi_h_m17というハンドルネームの人物がPS3の開発キット4.00 SDKを流出させたことを伝えていました。

●PS3NEWSで、nathanr3269氏がPS3の各種CFW(Hermes/Kmeaw/Rebug/JFW-DH)でシステムソフトウェアのバージョンを9.99に偽装することで不用意なアップデートを回避することができるバージョン偽装ユーティリティPS3 Spoofer Enabler / Disabler 9.99をリリースしていました。Spoofer Enablerでバージョン偽装を有効にし、Spoofer Disablerで無効化できるようです。各種CFW向けごとにPS3 Spoofer Enabler / Disablerは個別ファイルになっていますので注意が必要です。近くメニューで偽装有効/無効を選択できるようにするそうです。

●IGNで、2月22日のPS Vita発売と同時にダウンロード購入可能になるゲームの一部は一つ購入するだけでPS VitaとPS3両方でプレイできるクロスプラットフォーム型タイトルがあることを伝えていました。対応タイトルは『MotorStorm RC』『Hustle Kings』『Top Darts』『WipEout HD』『WipEout 2048のダウンロードコンテンツ』『Ultimate Marvel vs. Capcom 3のダウンロードコンテンツ』で、既に同タイトルを所有している場合は無料でクロスプラットフォーム対応の同コンテンツをダウンロードできるため、二度買い不要だとしています。

●Major Nelsonで、昨日リリースしたXbox 360のダッシュボードアップデートはパフォーマンス向上のためのもので、特定のユーザーで発生していた色の問題の修正などを実施したと発表していました。実はそれだけじゃなくReset Glitch Hack対策もあったみたいです。

●Team Xecuterが、最新のXbox 360ダッシュボードアップデート2.0.14717ではReset Glitch Hackが無効化されたが、Phatモデルにはもう少し調査が必要だがSlimモデルに関してはパッチにより有効化することが出来たことを伝えていました。出来るだけ早くリリースするとしています。

●Team Xecuterが、Team Jungleと共にJTAG/RGH Xbox 360向けのアプリケーションNAND読み書きなどができるJ-Runnerを始め、新しいプロジェクトに取り組んでいると伝えていました。