GameGaz Daily 2022.12.26

●GitHubで、SiSTRo氏がPS3の最新ファームウェア4.89に対応したHomebrew Enabler GoldHEN v2.3をリリースしていました。プラグインのサポートやFPSカウンターの追加などが変更点です。

●GitHubで、illusion0001氏がPS3のHomebrew Enabler GoldHENに対応したプラグイン集GoldPlugins 1.155をリリースしていました。プラグインは
・ファイルを/data/にリダイレクトするAFR (Application File Redirector)
・○と×のボタンを入れ替えるButton Swap
・フレームレート制限を削除するFliprate Remover
・ゲーム起動前にパッチをするGame Patch
・ウォーターマークを取り除いたり動画やスクショを共有できないようブロックする機能を取り除くNo Share Blocks
が含まれています。

●GitHubで、bucanero氏がPS4のGoldHENに導入されたチート機能を利用するためにチートデータベース更新等の管理をすることができるユーティリティGoldHEN Cheats Manager v1.0.2をリリースしていました。ゲーム名やタイトルIDでのゲームのソート機能追加やパッチのオフラインインストール機能追加などが変更点です。

●Ko-fiで、ShininGami(ScriptSK)氏がPS4でチートデータを作成したり共有したりするためのデバッガなどの機能を持たせたユーティリティReaper Studioを更新していました。GoldHEN v2.3に対応したことなどが変更点です。

またShininGami氏はJailbreakしたPS4でチートファイルを読み込んでゲームをカスタマイズすることができるユーティリティMultiTrainer 1.1.7.5 BISもリリースしていました。GoldHEN v2.3に対応したことなどが変更点です。

●GitHubで、cy33hc氏が同一LAN環境下でファイル共有を行うためのPS4向けのSMBクライアントPS4 SMB Client v1.02をリリースしていました。16文字までで切り捨てられていた”Share”(共有)の名称を最大255文字までにしたことなどが変更点です。

●GitHubで、LightningMods氏がMasterzoragと共にオープンソースツールで開発したPS4のHomeメニューとPS4のゲームマネージャーItemzFlow 1.02をリリースしていました。2年前から開発に取り組んでいたそうです。

●ツイッターで、Ifaicompa氏がPS5で/systemパーティションを書き込み権限で再マウントすることができるBD-JB ELF Loaderを使って読み込ませることができるペイロードsystem-mountをリリースしていました。

●GitHubで、njzydark氏がWebサーバに対してファイル共有や編集行うためのWebDAVを利用してネットワーク経由(リモート)でPS4にパッケージ ファイルをインストールすることができるWindows/ Linux/ macOS向けユーティリティPS4RPS 1.0.0-beta.8をリリースしていました。再帰クエリのサポートなどが変更点です。

●GitHubで、JoseAaronLopezGarcia(Acid_Snake)氏がPS VitaのePSP向けカスタムファームウェアARK(eCFW ARK)をPSPに移植したARK-4 Version 4.19.2をリリースしていました。SystemControl APIとSDKライブラリの修正や、毎年12月25日になると”Merry Christmas!”とメッセージをカスタムランチャーやリカバリーに表示する機能を追加したことなどが変更点です。

●GitHubで、RocketRobz氏がニンテンドー3DSでFlashcartなしにndsファイル(バックアップファイル)をSDカードから起動することができるユーティリティnds-bootstrap v0.68.0をリリースしていました。DS/DS Liteでのゲーム互換性向上(DSi/3DSのSDカードと同レベルの互換性確保)などが変更点です。

●GitHubで、RocketRobz氏がDS/DSi/3DS/2DS向けのオープンソースメニューTWiLightMenu++ v25.7.0をリリースしていました。Flashcartから起動時に本体のSDカードスロットからの設定を使用するにはprimaryと言うファイルをsd:/_nds/に作成して対応するようにしたことなどが変更点です。

●GitHubで、Rambo6Glaz氏が任天堂共通のネットワークコードの脆弱性 ENLBufferPwnを悪用されないようWii UのENLBufferPwn未対策対象ゲームに対策パッチをすることができるAromaプラグインRCE patchesをリリースしていました。脆弱性を悪用して外部からWii Uを第三者が悪用することを防ぐために利用するというもので、システムをハックする目的ではありません。サポートタイトルは『Mario Kart 8』と『Splatoon』です。

●GitHubで、Vita3KプロジェクトチームがWindows/Linux向けのPlayStation VitaエミュレータVita3K Build: 2960をリリースしていました。vulkanでVK_KHR_image_format_listをサポートしたことが変更点です。