2019年09月18日一覧

Team Xecuterは1ヶ月音沙汰なし SX OSのアップデートは?

Switchの9.0.0リリース以降、SwitchシーンはAtmosphèreを中心に開発が進んでおり、修正版libnxによる再コンパイルでHomebrewも9.0.0に続々と対応してきました。

ところが、有料のためサポートを継続すべき立場のはずであるTeam XecuterのSX OSは現時点で音沙汰なしのためSX OSは8.1.0をサポートしたSX OS v2.8 Betaが最新版のままです。

現状SX OSがどうなっているのか、少し調べてみました。

・・・この記事の続きを読む


GameGaz Daily 2019.9.18

●GitHubで、shchmue氏がNintendo Switchの暗号鍵を抜き出すことができるSwitch向けペイロードLockpick_RCM v1.5.0をリリースしていました。sysNANDとemuMMCのどちらからキーをダンプするか選択できるようにしたことや5.0.0のリリース以降に販売されたSwitchでのBISキー生成の不具合修正が変更点です。

●GitHubで、masagrator氏が通常は自動でチェック判定されるSwitchの携帯モードとTVモードを入れ替えることでグラフィック設定などモード設定に依存している各種制限を解除したりすることができるSaltyNXプラグインReverseNX 0.33をリリースしていました。Disabled(無効化)モードの実装などが変更点です。

●GitHubで、julesontheroad氏がNintendo SwitchのNSPファイルからチケットや証明書類を消去したりマルチコンテンツXCI/NSPファイルを作成することができるユーティリティNSC_BUILDER v0.90cをリリースしていました。バグ修正などが変更点です。

●GitHubで、XorTroll氏がNintendo Switch向けのNSPインストールやNAND/SDブラウズ、タイトルやチケット管理などを行うことができるマルチツールGoldleaf 0.7.1をリリースしていました。9.0.0のサポートやJavaによるクラスプラットフォームPCクライアントアプリケーションQuarkの公開などが変更点です。

●GitHubで、RetroGamer74氏がNintendo Switch向けのカスタムファームウェアを選択して起動するブートマネジャーRetroReloaded CFW 2.40をリリースしていました。9.0.0をサポートしたldn_mitm 1.25とGoldleaf 0.7.1の更新が変更点です。

●GitHubで、KranKRival氏がNintendo Switchの起動時に音を鳴らすことができるシステムモジュールBootSoundNX 1.1.0をリリースしていました。タイトルIDを変更(v1.0.0から使っている場合はatmosphere/titles/AA200000000002AAのディレクトリを削除必要)したことや起動音のパスをsdmc://config/BootSoundNX/sound/bootsound.mp3にしたことが変更点です。

●GitHubで、pearlxcore氏が公式サーバーにあるソニーPS4のアップデート情報を含むXMLファイルから情報を入手して最新ファームウェアをチェックすることができるWindows向けユーティリティPS4 Firmware Checker v3をリリースしていました。