SRLoader一覧

GameGaz Daily 2018.3.28

●wololo.netで、xorloser氏がPS4に実装されているWifi/Bluetoothチップのファームウェアを解析するためにelfファイルに変換することができる開発者向けスクリプトps4wifibtをリリースしたことを伝えていました。PS4のWifi/Bluetoothチップのファームウェアは暗号化されていないらしく、解析することで脆弱性が見つかるかもしれないとしています。

●GitHubで、Blastrock氏がmmozeiko氏の開発したNoNpDrmの偽ライセンスと共にVita上でpkgの直接ダウンロード・アンパック化、インストールを行うことができるpkgiをベースにダウンロードコンテンツとPSXを新たにサポートしたpkgj v0.09をリリースしていました。

●PSXHAXで、Mistawez氏がPS4API に統合されELFファイルの復号もサポートしたFTPサーバーアプリケーションFTPS4をリリースしたことを伝えていました。ソースコードはGitHubで公開されています。

●PSX-Placeで、PS3XploitチームがHANに対応したPS3の起動画面でカスタムウェーブをインストールすることができるユーティリティPS3Xploit v3 HAN XMB Waves Installerをリリースしていました。ソースコードはGitHubで公開されています。

●Universal Media Server公式サイトで、SubJunk氏がWindowsとLinux、MacOSX で利用できるPS3のメディアサーバーアブリケーションUniversal Media Server Version 7.0.0をリリースしていました。”Media Library”フォルダに”TV Shows”、”Movies”、”3D Movies”、”Unsorted”フォルダを追加したことなどが変更点です。

●GitHubで、Robz8氏がニンテンドーDSi/3DSでDSとゲームボーイ(カラー含む)のバックアップROMをSDカードから起動することができるローダーSRLoader v3.4.2をリリースしていました。Bボタン長押しで最後に起動したROMがスキップされた場合SRLoaderロゴが表示されるようにしたことなどが変更点です。

●Playstation.Blogで、PlayStation VR PlayStation Camera同梱版」(PS VR)の価格を、2018年3月29日(木)より44,980円(税抜)から34,980円(税抜)に価格改定すると発表していました。10000円の大幅値下げです。北米と欧州でも同時に100ドル/100ユーロ値下げされるため、全世界一斉値下げとなります。


GameGaz Daily 2018.3.9

●本日放送された「Nintendo Direct 2018.3.9」の中で、2018年中にNintendo Switch向けに『大乱闘スマッシュブラザーズ』が発売されることが発表されました。
Nintendo Direct 2018.3.9はこちら。エンディングで「もう一本映像をご用意している」と小泉氏に紹介されるというサプライズ扱いされています。

『大乱闘スマッシュブラザーズ』のみの映像はこちら。

●PSX-Placeで、PS3XploitではPS3 3000以降のモデルでHomebrewサポートはされないが内蔵エミュレータ(PS1/PS2/PSP)を利用しスーパーファミコンエミュレータを起動できることが確認されたと伝えていました。

●GitHubで、TheFloW氏がHENkakuのプラグインを単独で動作するようにするhenkaku plugins standaloneを公開していました。

●GitHubで、CelesteBlue氏がVitaのシステムを解析したりモディファイするた目のツール集PSVita-RE-tools (PSVita Reverse Engineering Tools) release1をリリースしていました。

●GitHubで、TheFloW氏がVitaで偽ライセンスを使ってDRM(デジタル著作権管理)を回避することができるHENkaku環境向けプラグインNoNpDrm v1.2をリリースしていました。3.65/3.67サポートが変更点です。

●GitHubで、Robz8氏がニンテンドーDSi/3DSでDSとゲームボーイ(カラー含む)のバックアップROMをSDカードから起動することができるローダーSRLoader v3.4.1をリリースしていました。フォルダを非表示にする機能を追加したことが変更点です。


GameGaz Daily 2018.3.6

●wololo.netで、SiSTRO氏とXvortex氏がPS4の4.05/4.55でUSB経由の外付けドライブからFake PKGを起動させることができるペイロードPS4 PKG2USB v1.0をリリースしていました。使うUSBドライブはexFATにフォーマットする必要があります。

●GitHubで、VV1LD氏がPS4 4.55向けのHomebrew Enabler PS4HENをリリースしていました。

●GitHubで、DavisDev氏がVitaのeCFW Adrenalineでバージョンが新しいAdrenalineでも以前の旧バージョンの状態で利用するなどの状態管理を行うことができるユーティリティAdrenaline States Manager v1.10をリリースしていました。Adrenaline v6のサポートなどが変更点です。

●GitHubで、Robz8氏がニンテンドーDSi/3DSでDSとゲームボーイ(カラー含む)のバックアップROMをSDカードから起動することができるローダーSRLoader v3.4.0をリリースしていました。FlashcardのUIライクにフォルダの操作をできるようにしたことなどが変更点です。


GameGaz Daily 2018.2.25

●GitHubで、ClusterM氏がNES/SNES Classic MiniでPCとUSB経由でゲームの追加などを行うことができるユーティリティhakchi2 v2.30をリリースしていました。madmonkey氏の改良版を統合したことやNES/SNES/ファミコンのマルチブートのサポート、USBストレージのサポートなどが変更点です。マルチブートにより、ファミコンミニとスーファミミニの違いは見た目だけ、となりそうです。給電に対応したmicroUSB OTGケーブルが必要ですが、USBストレージを利用することでゲームの保存領域を拡張できるようになります。

●PSXHAXで、Riccardo82氏がPS4のゲームをHDDヘダンプしてpkgを生成することができるWindows向けユーティリティPs4SwissKnife 1.5bをリリースしていました。
PS4SwissKnife

●ツイッターで、LightningMods氏がPS4のコントローラーのボタン動作の確認を行うことができるユーティリティControllerHomebrewをリリースしていました。

●PSXHAXで、stooged氏がPS4 4.05でPlayStation VRを利用できるようにするペイロードPS4 HEN VRをリリースしていました。

●GBATempで、Rinnegatamante氏がRPG Maker 2000/2003(RPGツクール2000/2003)で作成したゲームをプレイできるEasyRPG PlayerをSwitchに移植したことを伝えていました。(poppoさん情報ありがとね)

●GBATempで、8BitWonder氏がNintendo Switch向けのドローソフトPixel-Painter v1.4.2をリリースしていました。Homebrew Launcher Switchのリリースにより、Homebrewの登場が相次いでいますね。
Pixel-Painter-Switch

●GitHubで、Princess of Sleeping氏がPS Vitaの画面右上にあるステータスバーにバッテリー残量をパーセンテージで表示することができるtaiHENプラグインvita-shellbatの改良版shellbat-r2-mod 1.0をリリースしていました。

●GitHubで、Robz8氏がニンテンドーDSi/3DSでDSとゲームボーイ(カラー含む)のバックアップROMをSDカードから起動することができるローダーSRLoader v3.3.0をリリースしていました。GBARunner2での起動に対応したことなどが変更点です。

●GitHubで、Robz8氏がニンテンドー3DSでFlashcartなしにndsファイル(バックアップファイル)をSDカードから起動することができるユーティリティNDS-Bootstrap v0.7.2をリリースしていました。『クロノ・トリガー』など、海賊版対策回避パッチは必要なものの、バグのせいで起動しなかった不具合の修正などが変更点です。

●GitHubで、RPCS3チームがWindows/Linux/Mac OSX向けPS3オープンソースエミュレータRPCS3 v0.0.5 Alphaをリリースしていました。x64 CPUで動作するようになったことやネイティブユーザーインターフェースに対応したことなどが変更点です。

●PSXHAXで、PS4ゲームのチートコードサーチユーティリティPS4 Cheater 1.1がリリースされたことを伝えていました。
PS4Cheater1
PS4Cheater2


GameGaz Daily 2018.2.24

制限を受けてデータベース接続エラーでこのサイトにアクセスしにくかった期間中に投稿できなかったちょっと古めのニュースも混じってます。ご了承ください。

●GitHubがTLSv1/1.1のサポートを2月22日で終了しました。そのためGitHubを使ってHomebrew自体でアップデート機能を持っていたものは利用できなくなるものが出てきています。

●GitHubで、Robz8氏がニンテンドー3DSで.ndsファイルを起動することができるローダーTWLoader v6.6.0をリリースしていました。nesDSを利用したNES(ファミコン)サポートなどが変更点です。

●GitHubで、Steveice10氏がニンテンドー3DS向けのオープンソースCIAインストーラFBI 2.5.0をリリースしていました。コア部分のコードの調整やビルトインアップデートの機能修正などが変更点です。

●GitHubで、d0k3氏がニンテンドー3DSのSDカードやNANDパーティションのファイル/フォルダコピーや削除、リネームなどを行うことができるファイルブラウザGodMode9 v1.6.0をリリースしていました。PCXビットマップビューアーの追加などが変更点です。

●GitHubで、CTCaer氏がNintendo SwitchのJoy-Conの表示色を変更したりSPI flashメモリのバックアップなどをすることができるWindows向けユーティリティJoy-Con Toolkit v3.0.0Joy-Con Toolkit v3.0.1をリリースしていました。Windowsのカラーピッカーと決別してデザインを一新したこと(v3.0.0)やバグ修正(v3.0.1)などが変更点です。

●GitHubで、ClusterM氏がNES/SNES Classic Mini向けのマルチシステムエミュレーターRetroArch用モジュールretroarch-clover 1.1retroarch-clover 1.1bをリリースしていました。デモモードの修正(1.1)や最新のhakchi/hakchi2への対応などが変更点です。

●GitHubで、Robz8氏がニンテンドーDSi/3DSでDSとゲームボーイ(カラー含む)のバックアップROMをSDカードから起動することができるローダーSRLoader v3.2.2をリリースしていました。GBアイコンの色を修正したことなどが変更点です。

●Libretroチームが、マルチプラットフォームのマルチシステムエミュレーターRetroArch 1.7.1をリリースしていました。WindowsのDirect3D 11/12ドライバー実装などが変更点です。

なお、今回のリリースには含まれていませんが、次期バージョン1.7.2にはSwitchへの移植を検討しているようです。

●PlayStation.Blogで、SIEJAがPSN)の各機能をウェブブラウザで利用することができるウェブサービスMy PlayStationを公開したことを発表していました。フレンドの検索やフレンド依頼の送信、メッセージの送信がPCやスマホ、タブレットのブラウザから利用できるようになります。また、SENアカウントの管理もMy PlayStationに統合されるため、ブラウザ上から行うことができるようになります。

●IGN Japanで、東京ゲームショウ2018の開催概要が発表されたことを伝えていました。幕張メッセで2018年9月20日から23日まで開催され、eスポーツがメインテーマになりそうです。

●ツイッターで、plutoo氏がSwitch Homebrew LauncherでDNSサーバーを建てる時に利用するnx-hbexploit300をアップデートしたことを公表していました。システムの安定性が向上したそうです。

●GitHubで、pathway27氏がGekiHENコンテスト応募作品としてVita向けのドキュメントリーダーアプリケーションBookr Mod Vita v0.2.1をリリースしていました。ボタン選択が正しく保存されるようになったことなどが変更点です。

●GitHubで、TeamShinkansenがNES/SNES Classic MiniでPCとUSB経由でゲームの追加などを行うことができるユーティリティhakchi2 CE v1.1.0をリリースしていました。
hakchi2 CEはPCからNES/SNES Classic MiniへUSB経由でゲームの追加などを行うことができるClusterM氏のhakchi2改良版で、princess_daphie氏、DanTheMan827氏、skogaby氏の3人からなる、なぜか新幹線の名を持つTeamShinkansenが開発しているものです。UIの改良のみならず、hakchi2のコアを改良しUSBホストやSDカードのサポートなどを目標にしています。

●GitHubで、c0d3m4st4氏がRaspberry Pi(モデル問わず)を使い、exploitを発動するサーバーとして機能させたりファームウェアのアップデートをブロックしたりすることを想定したPiXploitHostをリリースしていました。現在はPS4のexploitのみ実装されていますが、ウェブブラウザでアクセスすることで発動するタイプのものはPS4に限らず利用できる可能性があります。

●GitHubで、BISOON氏がPS4に通知を送ることができるライブラリPS4Libをリリースしていました。

●PSXHAXで、Vultra氏がPS4 4.05で任意の情報を通知できるようにすることができるユーティリティPS4Notifyをリリースしたことを伝えていました。ソースコードはGitHubで公開されています。上記のPS4Libを利用しています。

●PS4 5.50 BETA3がテスター向けに配布されたようです。(サメットチャンさん情報ありがとね)


GameGaz Daily 2018.2.22

●GitHubで、Robz8氏がニンテンドーDSi/3DSでDSとゲームボーイ(カラー含む)のバックアップROMをSDカードから起動することができるローダーSRLoader v3.2.0SRLoader v3.2.1 (Rev 00)SRLoader v3.2.1 (Rev 01)をリリースしていました。フェードイン/フェードアウトの効果を追加したこと(v3.2.0)やDSiメニューに音楽を追加(v3.2.1 (Rev 00))で、そこまでのバグを修正したのが最新版のSRLoader v3.2.1 (Rev 01)です。

●GitHubで、Al-Azif氏がPS4 4.05 exploitを自分の環境で用意するためのPS4 Exploit Host v0.3.21をリリースしていました。exploit/ペイロードを更新したことなどが変更点です。