ゲーム最新情報 2010年11月22日のニュース





●Engadget 日本版で、出るかもしれないと言われているPSP Phoneについてソニー・エリクソンのCEO Bert Nordberg 氏が「多くの煙が立っている。どこかに火があるからだ」と語り、PSP Phoneの存在を示唆する発言をしたことを伝えていました。スマートフォンは「ゲームに最適化されていない」。「ソニーはいうまでもなく強力なブランドで、われわれが使わない手はない」「コンテンツを含むゲームは非常におもしろいテーマ」といった発言もしており、積極的な”否定しない発言”に正式発表がそんなに遠い話ではないことがうかがえます。

●PSX-sceneで、JailbreakツールであるP3GoのSDKがオープンソースとして公開されたことを伝えていました。ユーザーが自分で好きなファームウェアをコンパイルできるとし、他のPS Jailbreakクローンとの差別化を図るようです。

●PSX-sceneで、KaKaroToKS氏がPS3のハードウェアを直接制御するhypervisorとなるlevel-1 syscallのダンプに成功したことを伝えていました。GameOSやOtherOSはlv1 hypervisorで動作するlv2(level2)であるため、PS3完全掌握にまた一歩近づいたようです。

●HBLフォーラムで、neur0n氏がHBLオリジナルメニューとなるVisualMenu for HBL v1.3をリリースしていました。Homebrew表示数を40から80に変更、wavファイル再生時に問題があったのを修正したようです。

●Xbox-sceneに、C4Eva氏によるiXtreme LT+の最新情報が掲載されていました。
・バックアップISOは焼く前に新たなAP2.5 (Anti-Piracy v2.5)のSS(セキュリティセクタ)が必要
・オリジナルディスクでプレイするのは問題ない
・ドライブにハード的改造をする必要は基本的にはない(SlimのドライブBIOS 0225は別)
・BENQ版はLiteOn版と同時リリース
・BENQ版は完成目前で、まもなくテスターに提供予定
・今後リリースされるABGXではAP2.5 SSv3をチェック可能
・最新ダッシュボードではオフラインであってもAP2.5チェックでバックアップは動作しない
・samsung MS25/MS28ドライブは手つかず
・Slim版のLiteOnはまだ手つかず

●Wii-Homebrewで、atze96氏がWiiを任意の状態で再起動できるユーティリティShutMiiReboot 1.1をリリースしたことを伝えていました。
– Wiiをスタンバイモードにする(LEDは赤点灯、WiiConnect24オフ)
– Wiiをスタンバイモードにする(LEDはオレンジ点灯、WiiConnect24オン)
– Wii通常のリブート
– システムメニューのリスタート
– Homebrew Channelで起動
– Wiiリモコンとゲームキューブコントローラー対応

●Arikado’s Blogで、Arikado氏がWiiにインストールするIOSを選択できNANDの中身を変更できるユーティリティDOP-Mii WiiBrew Edition v14.3をリリースしていました。また同時にパッチ機能やパッチ済みIOSインストール機能があるDOP-Mii 14もリリースしています。

●PSX-sceneで、zAxis氏がPS3をダウングレードするためのオープンソースユーティリティPSGrade(ただきkeyがないため今は動かない)をリリースしていました。zAxis氏氏自身が3.15のPS3を持っていないため、代わりにLinuxが動作するPS3でPSGradeを起動させ、Linuxでリブート後HVをダンプして送ってくれる人を探しています。keyが抜き出してkey.hに入れれば動作するようです。


TWITTER
  1. qwertyu’s avatar

    SECRET: 0
    PASS:
    Wololo氏が6.20TNについて発言しています。もう98%は動くらしいです。
    http://wololo.net/wagic/2010/11/23/tn-hen-almost-there/

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です