SNES9x 3DS一覧

GameGaz Daily 2016.9.20

●GitHubで、d0k3氏がニンテンドー3DSのコンテンツをダンプしたり復号したりすることができるユーティリティDecrypt9WIP all-in-one 20160919をリリースしていました。バグ修正やチケットダンパー機能実装などが変更点です。

●Githubで、bubble2k16氏がSnes9x v1.43をベースに旧3DS向けに最適化したスーパーファミコンエミュレータSNES9x 3DS v0.51をリリースしていました。擬似ハイレゾモード対応などが変更点です。

●PSXHAXで、RedEyeX32氏がPS4のPKGを展開することができるユーティリティPS4 PKG unpackerを開発していることを伝えていました。RedEyeX32氏はPKGをツリー構造で展開しているスクリーンショットを公開したたけですが、RedEyeX32氏はpkgファイルであればどれでも展開可能で、PS4のファームウェアは1.76ではなく全てのファームウェアに対応としています。詳細については不明ですが、RSA暗号化ブロック以外は暗号化を解除してファイルを復号するところまではできないそうです。

●Libretroチームが、マルチプラットフォームのマルチシステムエミュレーターRetroArchをウェブブラウザ上で起動することができるRetroArch Web Playerをリリースしていました。
ブラウザで以下のURLヘアクセスします。
https://buildbot.libretro.com/web/

●ツイッターで、LibretroチームがVita向けマルチシステムエミュレーターRetroArch VitaでVita TVで4人までプレイすることができるようになったと発表していました。


GameGaz Daily 2016.9.18

●GitHubで、d3m3vilurr氏がHENkaku環境のVitaで復号化された状態のゲームセーブデータをダンプ/リストアすることができるユーティリティVita Save Manager v0.4.1をリリースしていました。一部のゲームで復号できない不具合を修正したそうです。

●PSX-Placeで、 GekiHENコンテスト応募作品としてRinnegatamante氏がテキストチャットをするためのVita HENkaku環境向けIRCクライアントLuaIRC v 1.1をリリースしたことを伝えていました。プライベートメッセージのサポートやバグ修正などが変更点です。

●PSX-Placeで、 GekiHENコンテスト応募作品としてcpasjuste氏が縦スクロールゲームのOpenTyrian(もともとはDOS向けのゲームTyrianをオープンソース化したもの)をVitaに移植したvOpenTyrianをリリースしたことを伝えていました。

●Githubで、codestation氏がAndroid端末をHENkakuサーバーとして動作させるためのアプリケーションHENkaku Android 1.6をリリースしていました。HENkaku Release 6とVitaShell v1.00に対応したことが変更点です。

●PPSSPP公式サイトで、Henrik Rydgard氏がオープンソースのAndroid/Windows向けPSPエミュレータPPSSPP 1.3をリリースしていました。Android TVでの不具合の修正やTegra K1/X1でのレンダリングの不具合をはじめとしたバグ修正が主な変更点です。

●Githubで、francesco2013氏がPS3のバックアップマネージャーPS3-Manager 0.41aをリリースしていました。スクリプトの改良などが変更点です。

●GitHubで、Cruel氏がCFWで起動しているニンテンドー3DS向けのオープンソースeショップクローンアプリケーションfreeShop v2.1.2をリリースしていました。リリース日時ごとの並び替えに対応したことなどが変更点です。

●GitHubで、d0k3氏がニンテンドー3DSのコンテンツをダンプしたり復号したりすることができるユーティリティDecrypt9WIP all-in-one 20160823をリリースしていました。CTRNAND転送方法が変更されました。

●Githubで、bubble2k16氏がSnes9x v1.43をベースに旧3DS向けに最適化したスーパーファミコンエミュレータSNES9x 3DS v0.5をリリースしていました。グラフィックレンダリングの最適化機能の実装などが変更点です。

●PSX-Sceneで、soywiz氏がJavaをVitaのHENkaku環境で起動させることに成功したと伝えていました。

run-java-on-ps-vita

●/talkフォーラムで、BeatPlay氏がHENkaku環境のVitaでCPU/BUS/GPUクロック周波数を最大444/222/222MHzにオーバークロックさせることができるプラグインBetter Amphetamin Plugin v3.2をリリースしていました。GPU XBAR周波数の追加や設定ファイルの追加、バッテリーの温度表示の追加などが変更点です。(哘さん情報ありがとね)


GameGaz Daily 2016.9.2

●GitHubで、ZombieWizzard氏がHENkakuが有効な3.60のままのVitaをソニーのサーバーに接続してアクティベートを行ってくれるユーティリティVita Activator v1.1をリリースしていました。2段階認証への対応や、稀なケースで起こりうるバッファーフローの修正などが変更点です。(R2さん情報ありがとね)

●wololo.netで、TheFloW氏がVitaminを今後もアップデートを継続することとし、さらには次回のアップデートでより多くのゲームのダンプと復号化が可能になりバックアップ起動への互換性を向上させる予定であることを発表したことを伝えていました。
何人かの方からコメントを頂いておりますが、Vitaのゲームダンプはうまくいくものといかないものが存在します。Vitaminのアップデートでより多くのゲームがダンプできるようになるかもしれません。

●PSX-Placeで、Orion90氏がVitaのシステム情報表示や起動したゲームやエラーの履歴消去、メモリーカードスワップ、OXのボタン機能入れ替えなどができるHENkaku環境のVita向けユーティリティVita Toolbox v0.2​をリリースしていました。Vita Toolboxの背景画像を追加したことやVita IDPSダンプ機能の追加、Vitaを再起動する機能の追加などが変更点です。

●ABCanG氏が、nasneのエラーを監視してslackに通知するスクリプトnasne-checke v1.1.3をリリースしていました。

●ツイッターで、HaiHakkuIku氏がVitaのvpkファイルを転送しやすいようファイルサイズを小さくすることができるWindows/Mac/Linux向けユーティリティVPKShrink V3をリリースしていました。既に不具合を修正して使いやすくしたVPKShrink V3 Bをリリースしています。

●任天堂が、「はじめてのゲーム機」というキャッチコピーで3DSから筐体折りたたみと3D表示を捨てて廉価版としたニンテンドー2DSを9月15日に9800円で発売すると発表していました。過去にはポケモンをバンドルした限定版の発売はありましたが、単体もしてようやく日本でも正式販売開始です。(オレクラスさん情報ありがとね)

●Githubで、bubble2k16氏がSnes9x v1.43をベースに旧3DS向けに最適化したスーパーファミコンエミュレータSNES9x 3DS v0.40をリリースしていました。実験的にチート機能を追加したことや、ゲームごとにボタン連射機能の設定ができるようにしたことなどが変更点です。